新着Pick
SPD2U44LYKG64T36
各種受託システム開発
JPN

各種受託システム開発 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
システム開発
>
各種受託システム開発
特定の顧客業種を問わず、顧客の要望に応じ、システムをオーダーメイドで開発する受託型の開発を主としている企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
5Picks
理研、ヒューマノイドロボットとAIによる自律細胞培養システムを開発
デジタルシフトタイムズ
|
理化学研究所(理研)生命機能科学研究センターバイオコンピューティング研究チームの髙橋恒一チームリーダー、落合幸治大学院生リサーチ・アソシエイト、網膜再生医療研究開発プロジェクトの許沢尚弘大学院生...
5Picks
人型ロボットがピペット操作、AIで自律的に細胞培養 理研とJSTが開発
ITmedia NEWS
|
人型ロボットとAIを使って細胞の培養を自動化するシステムを、理研とJSTが開発。ロボットは2本の腕でピペットや培養プレートを操作。AIは増殖ペースの予測や進捗(しんちょく)管理などを行う。
11Picks
新方式植物工場のプランテックスが農業機械大手クボタから資金調達、大規模マザー工場を建設
TechCrunch Japan
|
人工光型植物栽培装置「Culture Machine」および植物成長管理システム「SAIBAIX」の開発を手がける植物工場スタートアップのプランテックスは11月30日、第三者割り当て増資による資金調達を発表した。引受先は、農業機械メーカー大手のクボタ。 今回調達した資金は、同社事業の旗艦となる新方式植物工場(マザー工場)を建設・運営するための資金として活用。マザー工場の建設・運営を通じて、同...
462Picks
【誤解あるある】システム開発の品質とスピードはトレードオフなのか?
NewsPicks Brand Design
|
 システム開発をマネジメントする際に、4つ要素がある。 案件によって条件は違えども、どれも大切だが、リソースが逼迫しているとする。 であれば、そのうちどれを削り、どこを死守するべきか、あなたは答...
55Picks
飲食店の無断キャンセル 1位は「場所確保」、2位に急浮上したのは?
ITmedia ビジネスオンライン
|
経済産業省によると無断キャンセルによる年間損害額は2000億円。飲食店向け予約・顧客管理システムの開発・提供等を行うTableCheckが、キャンセル理由を調査したところ、コロナ禍の影響で「体調不良」が急増していることが分かった。
126Picks
米ウーバー、自動運転技術部門の売却でオーロラと協議=関係筋
Reuters
|
[13日 ロイター] - 米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズは、自動運転技術の開発部門「アドバンスト・テクノロジーズ・グループ(ATG)」を自動運転のシステム開発を手掛けるオーロラに売却するため協議を行っている。関係者がロイターに明らかにした。
11Picks
ファナックがロボットの動きを簡単に設定できる機能開発、教示工数はどこまで減る?
ニュースイッチ
|
ファナックは生産現場でのロボットの動きを簡単に設定できる機能を開発した。自動化のため工作機械とロボットを組み合わせるシステム「CNC―QSSR」の機能を拡充するもので、新たにパソコン上でロボットの経路を自動生成する「QSSRオートパス」を開発した。12月末に提供を開始する。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で工場の人員低減や、IoT(モノのインターネット)を活用した自動化ニーズが増している。...
12Picks
PwCあらた、AIを活用した「イチゴ生産のイノベーションモデル」を受託
植物工場・農業ビジネスオンライン
|
PwCあらた有限責任監査法人は、栃木県より「AIいちご生産イノベーションモデル創出事業」を受託した。新品種「とちあいか(栃木i37号)」について、2倍の収穫量と需要期の出荷量増大を目指すシステムを向こう5年間で開発することを目標とする。
12Picks
後付け自動運転システムを開発する中国のスタートアップPony.aiが276億円の資金調達、評価額5476億円に
TechCrunch Japan
|
中国のスタートアップ、Pony.aiが自動運転車ビジネスに参入したのは比較的新しいが、2億6700万ドル(約276億円)のベンチャー資金の調達に成功して53億ドル(約5472億円)の会社評価額を達成した。 今回のラウンドはカナダの教員年金基金を運用するTIPがリードした。画期的なテクノロジーを持つ後期スタートアップの成長を助けることを主な目的としている。ラウンドには中国のFidelity C...
94Picks
ファミマ、無人決済店舗を来春開店へ 小さな商圏への出店狙う
ITmedia ビジネスオンライン
|
ファミリーマートは11月4日、無人決済店舗のシステムを開発するTOUCH TO GO(東京都・港区)と業務提携したと発表した。2021年春頃に、ファミリーマートの無人決済店舗1号店を開店する予定だ。店舗の運営コストや従業員の作業負荷の軽減と、新たな店舗形態による商圏の小さな場所への出店を狙う。
12Picks
個人農家向け栽培管理アプリ「アグリハブ」がJA全農「Z-GIS」向けサービス開始
TechCrunch Japan
|
個人農家向け農作業管理アプリ「アグリハブ」(Android版・iOS版)の開発を行うAgrihub(アグリハブ)は10月30日、全国農業協同組合連合会(JA全農)提供の営農管理システム「Z-GIS」(ゼット・ジーアイエス)へ向けたサービスを開始した。 同サービスでは、同時リリースの「アグリハブWEB版」起動用URLと圃場情報を含むExcelファイルを、アグリハブから出力しZ-GISに取り込む...
13Picks
Oculus創業者の軍事テック企業が開発中、「戦争用OS」が実現する世界
WIRED.jp
|
「Oculus Rift」の生みの親として知られるパーマー・ラッキーの軍事テック企業、アンドゥリル。米国とメキシコの国境を監視する“スマートボーダー”のシステムで知られる同社が新たに取り組んでいるのが、「戦争用OS」の開発だ。あらゆる軍事機器をネットワーク化して人工知能(AI)に情報収集や意志決定の一部を任せるというシステムは、米軍の戦い方をどう変えていくのか。
51Picks
今求められる「テクニカルディレクターの役割」とDX成功への鍵
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
DXが急速に進む中、IoTサービスやサブスクリプションモデルといった新しい顧客接点を開発していくためには、システム・データ構築と顧客体験開発の連携が重要となります。プロモーション領域においても「...
14Picks
国産手術支援ロボット「hinotori」がIoTプラットフォームと連携、AI解析が可能に
MONOist
|
オプティムは、メディカロイドの手術支援ロボットシステム「hinotori サージカルロボットシステム」の運用支援などを行うネットワークサポートシステムのプラットフォームである「Medicaroid Intelligent Network System(MINS)」を、メディカロイド、シスメックスと共同開発したと発表した。
17Picks
京セラが「協働ロボット事業」参入、売上高300億円へ
ニュースイッチ
|
京セラは協働ロボット事業に参入する。独自の人工知能(AI)活用技術を使い、プログラミング作業を大幅に削減した協働ロボットシステムを開発した。2021年1月の発売を目指す。 同じ製造ラインで少量多品種を生産する食品や化粧品、医療品メーカーなどでの活用を想定。今後協働ロボアームメーカーや3Dカメラメーカーなどと協力し、サービスを構築する。5年間で協働ロボ事業の売上高を年300億円に育てる方針。 ...
45Picks
テスラ、Full Self Drivingベータ版を来週にも提供開始。ただし「エキスパートで慎重な人」が対象
Engadget 日本版
|
Engadget テスラのイーロン・マスクCEOが、来週にもFull Self Driving(FSD)システムのベータ版を限られたテスラオーナーに提供開始するとツイートしました。 マスクCEOは先月のBattery DayイベントでFSDを満足いくものにするにはAutopilotソフトウェアを全面的に書き直す必要があったと述べていました。しかし開発は順調なようで、10月20日には一部の「エ...
38Picks
聴診器がスマートフォンにつながれば、通院の多くは削減できる:ポーランド企業が考える新しい遠隔医療のかたち
WIRED.jp
|
スマートフォンにワイヤレス接続できる聴診器を、ポーランド企業が開発した。アルゴリズムがアルゴリズムが肺の異常音を検知し、疾病の可能性を早期に警告する。開発元が目指しているのは、このシステムによって医療費と不要な通院や往診が大幅に減り、多くの命が救われる未来だ。
47Picks
日本郵船の避航操船AIが学ぶ、「ベテラン船長の技」とは
MONOist
|
日本郵船は日本の大手“海運”会社の1つだ。そのグループ企業には船舶関連技術の研究開発に取り組む日本海洋技術とMTIがある。彼ら日本郵船グループが手掛ける研究開発案件は、自動運航関連からリモートメンテナンス、環境負荷低減、高効率舶用ハードウェア、船舶IoT、航海情報統合管理システム、操船支援システム、船陸情報共有プラットフォームなど多岐にわたる。
11Picks
ガソリンエンジンからADASへ、マツダのモデルベース開発の広がり
MONOist
|
アンシス・ジャパンは2020年9月9~11日の3日間、オンラインイベント「Ansys INNOVATION CONFERENCE 2020」を開催。初日(同年9月9日)の「Automotive Day」の事例講演では、マツダ 統合制御システム開発本部 首席研究員の末冨隆雅氏が「自動車制御システムのモデルベース開発」をテーマに、同社のSKYACTIV技術の開発に貢献したモデルベース開発の取り組...
各種受託システム開発 概要
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム