新着Pick
SPD2U44LYKG64T36
各種受託システム開発
JPN

各種受託システム開発 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
システム開発
>
各種受託システム開発
特定の顧客業種を問わず、顧客の要望に応じ、システムをオーダーメイドで開発する受託型の開発を主としている企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
日立製作所、鮮やかかつ理想的な「選択と集中」断行…富士フイルムとウィン・ウィン取引達成
ビジネスジャーナル
|
12月18日、富士フイルムホールディングスが、日立製作所の画像診断関連事業を買収すると発表した。買収金額は約1790億円と予定されている。今回の買収成立により、富士フイルムは画像診断システム(MRI、CTなど)、電子カルテなどの研究開発・販売などの事業を取得する。
7Picks
AI自動運転用地図データ、どこまで作製は進んでいる?(深掘り!自動運転×データ 第9回)
自動運転ラボ
|
自動運転の開発といえば、車両に搭載される技術に注目が集まりがちだが、自動運転を縁の下から支えるデジタルインフラ「高精度3次元地図」の開発も国内では一つの区切りを迎え、次の段階に入りつつあるようだ。 自動運転システムが利用 […]
3Picks
遠隔操縦と自動化の組み合わせが可能なグラインダーロボットシステム
MONOist
|
川崎重工業は、遠隔操縦型のグラインダーロボットシステム「Successor-G」を発表した。各種作業の遠隔操縦と自動運転を組み合わせて、製造ラインを自動化できる。また、画像処理で仕上げ状況を自動判定することで、品質の安定化が図れる。
3Picks
鉄道ローカル線生き残りの切り札に?進化する自動運転の未来 - News&Analysis
Diamond Online
|
JR九州が目指すローカル線でのドライバレス運転。システムが運転制御し、乗務員が車掌業務や非常時対応を担うものだ。技術開発も進み、今や自動列車運転装置による運行は、運転士によるものと大差ないという。人手不足が進む中、ローカル線生き残りの切り札の1つとなる可能性を秘めている。
14Picks
部屋のイメージからAIが物件探し アヴァントなどが開発
財経新聞
|
不動産業者向けのシステム開発などを手がけるアヴァント(東京都中野区)は14日、「おしゃれ」「落ち着く」などといった主観的なイメージからAIが不動産物件を検索するシステムを、電気通信大学(東京都調布市)と共同で開発したと発表した。
16Picks
アルツハイマー病患者との「会話をサポート」自動対話システムを開発(AI×医療) 【論文】
アイブン
|
アルツハイマー病の患者と円滑に話したい アルツハイマー病(AD)は進行性の神経変性病であり、認知、社会的、活動機能を損傷させる。重度になるとヘルパーによる介護が不可欠になる。実際、北アメリカでは、AD患者関連の市場が約10兆円規模にまで膨れてきた。こうした状況の中、ヘルパーや患者関係者が破綻をきたすことなく会話を続けるシステムの開発が望まれていた。 こうした状況に着目した米国トロント大学のHami
42Picks
卓球ボール「リアルタイムで追跡」システムを開発
アイブン
|
既存のボール追跡システムは精度が低い 昨今、様々なスポーツとITを掛け合わせたという話題をよく耳にする。卓球においても、ボールを追跡するシステムがすでに存在している。しかし、既存の追跡システム(ヒューリスティックアルゴリズム)では、誤ったボールの検出が多い。特に、検出はできていても外れ値が多いという問題がある。 ドイツにあるダルムシュタット工科大学のSebastian Gomez-Gonzalez
24Picks
NTNがインホイールモーターで新パートナー募集!中国・EVベンチャーが量産せず
ニュースイッチ
|
NTNは自社開発の電気自動車(EV)向けインホイールモーター(IWM)駆動システムの事業計画を見直す。技術供与契約を交わした中国のEV開発ベンチャー、長春富晟汽車創新技術(FSAT、吉林省)が2019年としていた量産EVへの採用が計画通りに進んでいない。NTNはFSATとの契約内容を見直したもようだ。IWM駆動システムを採用するEVメーカーを新たに探し、事業計画を立て直す。 NTNが開発した...
13Picks
デンソーが明かす、なぜ自動運転の技術開発に「ゲーム開発基盤」が役立つのか
ビジネス+IT
|
人手不足や高齢化が進み、さらに「所有」から「共有」へと消費者意識が変わる社会において、自動車のあり方は大きく様変わりすると予想されている。そこで鍵を握るのがADAS(先進運転支援システム)と、それを進化させたAD(自動運転)だ。自動車関連メーカーやIT企業までもが、こぞってAD/ADASの開発競争に身を投じている。こうした状況において今、ゲーム業界の技術がにわかに注目を集めているという。それ...
11Picks
凸版印刷の「AI校閲・校正支援システム」、みずほ銀行で運用開始
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
凸版印刷は同社が開発した、「AI校閲・校正支援システム」がみずほ銀行に採用され運用開始することを発表した。 みずほ銀行では、制作したパンフレットなどの原稿において、専門用語などのレギュレーションチ…
10Picks
自動運転OS開発のティアフォーと韓国LGが自動運転のクラウドシミュレーターで戦略的提携
TechCrunch Japan
|
オープンソースの自動運転ソフトウェア「Autoware」を開発・提供しているティアフォー(Tier IV)は1月8日、韓国LGエレクトロニクスとの戦略的提携を締結した。LGが自動運転向けに開発したLGSVLシミュレータを利用して、Autowareの各種実証実験をさらに進めていく。 ティアフォーの創業者でCTO、Autoware Foundationの理事長を務める加藤真平氏。2019年11月...
66Picks
空飛ぶクルマはまずどこから導入される?
ニュースイッチ
|
これまではフィクションの世界でのみ語られてきた空飛ぶクルマが、技術開発の躍進により、まもなく実用化を迎えようとしている。本書では、機体のメカニズムや要素技術、交通システムやインフラ開発の要点を一冊に集約し、実現までの道のりを解説する。 空飛ぶクルマが必要とされる8 テーマ(図1)について、その背景と理由、実現できたときのイメージ像と社会的メリット、および、そのとき検討が必要とされる課題を説明...
17Picks
無線通信とAIで高齢者の急病や危険予測 大分の企業開発
西日本新聞
|
無線通信で人や物を自動認識する技術「RFID」を活用し、介護施設で高齢者の危険を感知、予測するシステムを大分市の企業が開発した。タグを付けた高齢者の急病や徘徊(はいかい)をセンサーが認識し、職員へ連絡。動線データはシステムに蓄積して人...
113Picks
デンソーの「CASE」シフトが止まらない
ニュースイッチ
|
デンソーは1月1日付で自動運転やコネクテッドカー(つながる車)を手がける専門部署を新設する。競争が激化するCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)領域の競争力を高める狙い。専門部署で全社のCASE戦略に横串を通し、開発・営業の効率化につなげる。 自動運転ではMaaS(乗り物のサービス化)分野の深耕を軸足に置く「先進モビリティシステム事業開発部」を新設する。社長直轄の組織とし、...
17Picks
Google、AIの乳がん判定精度が専門家を上回ったと発表。患者や放射線科医の負担を減らすため
Engadget 日本版
|
BSIP via Getty Images Googleは乳がんの画像診断につき、AIシステムが人間の専門家よりも高い精度でガン性組織の前兆を検出できたとの調査結果を発表しました。同社が関わったガン対策研究の成果としては、2018年に転移性乳がんを99%の確率で発見できるAIツールを開発したことに続くかたちです。 今回の研究はAlphabet傘下のDeepMindがインペリアル・カレッジ・ロ...
19Picks
5Gを越えて世界はすでに6Gを巡って競争が始まっている
The Motley Fool Japan
|
次世代移動通信システムである5Gをご存知の方が多いと思います。携帯電話などに使われる超高速通信技術で、情報通信における遅れがほとんどなくなります。実は、5G技術に関しては米国ではなく中国が先端を走っています。米国は焦っているようで、すでに国を挙げて6G技術の開発に取り組み始めています。
55Picks
スポーツ選手の動きを見える化する“シャツ”の仕組み
ニュースイッチ
|
スポーツ中の身体の動きと力を計測できるとシミュレーションで筋肉一つひとつの出力を推定できる。特定の筋肉への負荷やバランスの良い身体の使い方などを調整できる。計測とシミュレーションの融合が注目される。 計算力学研究センター(東京都品川区)は自転車トレーニング支援システムを開発した。カメラで身体を撮り、人工知能(AI)技術で身体骨格を認識して動きを計る。出力はタイヤの回転負荷を測る。一般に筋骨格...
199Picks
もうフィクションじゃない?空飛ぶクルマ実現の道のり
ニュースイッチ
|
これまではフィクションの世界でのみ語られてきた空飛ぶクルマが、技術開発の躍進により、まもなく実用化を迎えようとしている。本書では、機体のメカニズムや要素技術、交通システムやインフラ開発の要点を一冊に集約し、実現までの道のりを解説する。 図 は、「空飛ぶクルマ」という言葉で表される4 つの定義を示しています。「空陸両用車」は機能の視点、「電動垂直離着陸機(eVTOL(イーブイトール):elec...
51Picks
防衛省、北の新型ミサイル対応で新迎撃システム開発へ
産経ニュース
|
防衛省は、北朝鮮などの弾道ミサイルの脅威が高まっていることを受け、新たな迎撃ミサイルシステムを開発する検討に入った。陸上自衛隊の03式中距離地対空誘導弾(中SAM)を改修し、弾道ミサイル迎撃能力を付与する研究を来年から始める。北朝鮮が開発している変則軌道で飛来する新型ミサイルなどに対応する性能を目指す。
11Picks
AIによる分散システム「Ray」を開発するAnyscaleが22億円超を調達
TechCrunch Japan
|
オープンソースは今や現代のソフトウェアの重要な要素だ。米国時間12月1日、新たなスタートアップがステルスを脱してオープンソースの新しい分野を商機にしようとしている。人工知能や複雑な科学計算など大規模なコンピューティングのプロジェクトで近年多く利用されている、分散アプリケーション環境の構築と管理という分野だ。 カリフォルニア大学バークレー校で分散プログラミングのフレームワークProject R...
各種受託システム開発 概要
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム