新着Pick
SPD2U44LYKG64T36
各種受託システム開発
JPN

各種受託システム開発 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
システム開発
>
各種受託システム開発
特定の顧客業種を問わず、顧客の要望に応じ、システムをオーダーメイドで開発する受託型の開発を主としている企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
パートナー連携で車載システム開発を加速するルネサス
EE Times Japan
|
ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2019年10月16日、「R-Carコンソーシアム 2019」の開催にあわせ、報道関係者向けに車載事業戦略などの説明会を実施。新たなパートナープログラムの開始など、パートナーとの連携を重視した展開を進めることを強調した。
5Picks
「マネジメント=管理」ではない――どうやったら「昭和時代の古いマネジメント」から脱却できるのか
データのじかん
|
アジア諸国でもDXが進まない国として知られる日本。一つの理由として諸外国と異なるSI業界の産業構造とも。IT化を進めていく際に、企業とSIerはどのような関係を築くべきなのか。「納品のない受託開発」という新たなSIビジネスモデルを掲げるソニックガーデン倉貫氏に話を伺った。
7Picks
freee、日本初の会計システム開発用SDKを提供開始
freee株式会社 コーポレートサイト
|
freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は、freee オープンプラットフォーム戦略の一環として、日本で初めて(※1)会計システムにおけるAPI開発者向けのSDK(注)をリリースしました。 第一弾としてC#、Java版の「会計freee C# SDK」「会計freee Java SDK」をリリースいたします。 SDKはクラウド会計ソフトfreeeとシス...
5Picks
NEDO、国際石油開発帝石、日立造船:CO2活用メタン合成試験設備を完成、試運転開始
motor-fan.jp
|
NEDOは、CO2有効利用技術開発事業に取り組んでおり、国際石油開発帝石、日立造船と共に、二酸化炭素(CO2)と水素からメタンを合成する試験設備を国際石油開発帝石長岡鉱場の越路原プラント敷地内に完成させた。今後、試運転を経て、各種試験および連続運転を2019年度末まで実施する。
13Picks
日本IBMとパナソニックが「半導体事業タッグ」を組む理由……2030年までに売上目標250億円
Business Insider Japan
|
日本IBMとパナソニックは10月15日、半導体製造工程の効率向上や品質向上を実現するための仕組みを共同で開発・提供することで協業すると発表した。 パナソニックが販売する半導体製造向けの装置とIBMのデータ分析やMES(製造実行システム=Manufacturing Execution System)な...
10Picks
日立、人の流れをAIで予測してエレベーターの運行を効率化
ZDNet Japan
|
日立製作所と日立ビルシステムは10月8日、人の流れを予測してエレベーターの運行を効率化するシステム「FI-700」を開発したと発表した。
564Picks
Apple Watch、医療現場でも活躍。医師が口述で電子カルテを自動入力
Engadget 日本版
|
米カリフォルニア州にて、臨床医がApple Watchにより電子カルテに自動入力できるシステムが導入されたと報じられています。このシステムはヘルスケア企業のAltaisが、カリフォルニアに拠点を置く医療プランプロバイダーBlue Shieldおよび医療機関向けAIサービスのNotable Healthと提携して開発したもの。患者を診察する医師がApple Watchを装着し、機械学習により一...
108Picks
テスラが買収したAIスタートアップ「DeepScale」のポテンシャル
Forbes JAPAN
|
テスラが設立4年のAIスタートアップ「DeepScale」を買収したことが明らかになった。DeepScaleは、自動運転車向けの知覚システムの開発を手掛け、これまでに1800万ドル(約194億円)を調達している。同社は、マスマーケット向け衝・・・
12Picks
パナソニックが深層学習カメラでバレーパーキング、トヨタ「LQ」で採用
MONOist
|
パナソニックは2019年10月11日、自動バレーパーキングシステムと大型AR HUD(拡張現実ヘッドアップディスプレイ)を開発したと発表した。開発技術はトヨタ自動車が「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日~11月4日、東京ビッグサイト他)において披露するコンセプトカー「LQ」に搭載される。
510Picks
「Aを轢けばBが助かる」そのとき自動運転車は誰を殺すのか?――「トロッコ問題」が提起する倫理的ジレンマ
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
自動運転車の開発が本格化している。トヨタは2020年の東京オリンピックで“お披露目”すると発表、ホンダはグーグル傘下のIT企業ウェイモと提携し、2025年までにはレベル4(システムによる主導運転)…
98Picks
【青木俊介】チームラボを辞めてロボットをつくりたい
NewsPicks編集部
|
「チームラボ」は初めての受託開発で得たお金でオフィスを借り、少しずつ会社として形づくられていきました。固定のオフィスができると、どんどん人材を集めることができます。当時は工学部をはじめとする理系...
746Picks
18億円の国のサイバー攻撃防止機能 未使用で廃止 使い勝手悪く
NHKニュース
|
サイバー攻撃などからの情報の漏えいを防ぐため、およそ18億円をかけて開発された国の情報管理システムが、運用を始めてから2…
17Picks
WBSとは?作り方の基本とガントチャートとの違いを解説
Backlogブログ
|
システム開発のプロジェクトでよく使われるWBS(Work Breakdown Structure:作業分解構成図)を“正しく”理解できていますか?WBSはプロジェクトマネジメントで必須のスキルです。本記事を読めば、WBSの定義と作り方、導入から運用などの活用方法まで理解できます。
82Picks
京セラが世界初のクレイ型リチウムイオン電池、粘土状の電極材料が違いを生む
MONOist
|
京セラは、「世界初」(同社)となるクレイ型リチウムイオン電池の開発に成功するとともに、採用製品の第1弾となる住宅用蓄電システム「Enerezza(エネレッツァ)」を2020年1月に少量限定発売すると発表した。クレイ型リチウムイオン電池は、粘土(クレイ)状の材料を用いて正極と負極を形成することから名付けられた。
12Picks
会計ソフトをAIで分析。国内初のバランスシート・レンディングシステムの提供開始
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
フィンテック技術者の団体、一般社団法人フィンテックガーデンが、国内初のバランスシート・レンディング特許を利用したフィンテックシステム「ローズガーデン(開発コードRoseGarden)」を地銀・信用…
13Picks
約10年の受託開発による知見をSaaS化へ、アプリマーケティング基盤「EAP」運営が1億円調達
TechCrunch Japan
|
モバイルアプリプラットフォーム「EAP」を展開するランチェスターは10月3日、XTech Venturesより1億円の資金調達を実施したことを明らかにした。 ランチェスターは普段TechCrunchで紹介することの多い“オーソドックスなスタートアップ”とは少し違ったタイプの企業といえるだろう。というのも今年で創業13年目を迎える同社は、2007年の創業より大手企業を中心とした受託開発事業を展...
14Picks
京セラ、クレイ型リチウムイオン電池を採用した家庭用蓄電システムを発売
マイナビニュース
|
京セラは10月2日、新たに開発したクレイ型リチウムイオン蓄電池を搭載した住宅用定置型蓄電システムを「Enerezza(エネレッツァ)」として、2020年1月より販売を開始することを発表した。
各種受託システム開発 概要
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム