新着Pick
SPD2U44LYKG64T36
各種受託システム開発
JPN

各種受託システム開発 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
システム開発
>
各種受託システム開発
特定の顧客業種を問わず、顧客の要望に応じ、システムをオーダーメイドで開発する受託型の開発を主としている企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
385Picks
ソフトバンク、面接合否をAIが判断-新卒採用選考で導入へ
Bloomberg
|
国内通信大手のソフトバンクは新卒採用の選考で、新たに開発した人工知能(AI)システムを5月末から導入する。動画面接の際の合否判定に使うことでより客観的な評価が可能になるほか、従来に比べ選考時間を約70%短縮できる。
6Picks
SI需要に影を落とし始めた新型コロナウイルス--コロナ時代のビジネスモデルを模索
ZDNet Japan
|
新型コロナウイルスの感染拡大がSI(システムインテグレーション)需要に影を落とし始めた。調査会社のIDC Japanは、2020年のIT支出を6%程度の減少と予測するが、受託ソフト開発を含めたSIはそれ以上に落ち込みそうだ。
7Picks
いよいよ日本で「レベル3」の自動運転が解禁 世界初の採用車がホンダになるって本当? - webCG
webCG
|
いよいよ日本で公道走行が解禁された「レベル3」の自動運転。このシステムは既出の技術と何が違うのか? 私たちドライバーは何に気をつければいいのか? そもそも開発はどこまで進んでいるのか? 自動車技術のスペシャリストが解説する。
3Picks
ソフトバンク、新卒採用の選考にAI活用 選考時間削減と客観的評価を目的 - Ledge.ai
BLOGOS - 最新記事
|
ソフトバンク株式会社は5月25日、同社の新卒採用選考にAIシステムを2020年5月末から導入すると発表した。このAIシステムは、株式会社エクサウィザーズとソフトバンクが共同開発したものだ。開発したAIシステムは、ソフトバンクで現在実施している動画面接での評価に活用する。AIシステムが合格基準を満たすと判定した動画については、合格として次の選考に進む、というものである。動画面接の選考作業にかか...
13Picks
IT技術者の担当範囲を書いてみた。
note(ノート)
|
お疲れ様です。むぎです。 就活サイトや転職サイトを見ると、IT業界の求人がたくさんあって、どこの何をやっているのかが、いまいちイメージがしづらいと思ったので、システム開発工程と、よくあるIT技術者(職種)の担当範囲を書いてみました。 職種や担当範囲は、会社やプロジェクトによって違いがあるし、全て書きだしたわけではないです。細かくすると有りすぎて語り切れない。。。 なので、一例として、新サービ...
8Picks
20〜30代の女性、コロナ収束後に洋服を「買いに行きたい」が6割超/伊藤忠ファッションシステム調査
ECzine
|
伊藤忠ファッションシステム マーケティング開発第1グループでは、20〜50代の男女1,106名を対象にウェブアンケート調査を実施。「コロナ後のニューノ...
19Picks
大阪コロナ追跡システム開発費は80万円 吉村知事「国会議員の文書通信費より安い」 - スポニチ Sponichi Annex 芸能
スポニチ Sponichi Annex
|
大阪府の吉村洋文知事(44)が18日、TBS系「ひるおび!」(月~金曜前10・25)にゲスト出演し、大阪府が独自に開発している「大阪コロナ追跡システム」の開発費が約80万円であることを明かした。
368Picks
Suicaでマンションのオートロックを開錠可能。JR東日本が新宿区に賃貸物件
Engadget 日本版
|
JR東日本とジェイアール東日本都市開発は、Suicaなどの交通系ICカードを利用して、マンションのオートロックを開錠できる12階建ての大規模賃貸住宅「びゅうリエットグラン新宿戸山」を5月下旬にオープンすると発表しました。 同物件に採用する入退室管理システム「セントリックス」は、JR東日本、JR東日本メカトロニクス、セントラル警備保障が共同開発しており、JR東日本グループの賃貸住宅として初の採...
16Picks
今が熱いマーケティングテクノロジー・プロデューサーという仕事
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
マーケティングシステムコンサルティング局(MSC局)は、「広告の外側」にある生活者接点を構想、開発、運用することを目的に博報堂内に立ち上がった新しい組織です。同局には大きく2つの機能があり、その...
13Picks
サイバーエージェント、広告活動に限定しない、マーケティングのDXを推進する専門組織を設立
Social Game Info
|
サイバーエージェント<4751>は、インターネット広告事業において、広告活動に限定しない、マーケティングのDXを推進する専門組織「DX Opportunity Center (ディーエックス・オポチュニティセンター) 」を5月1日に設立したことを発表した。「DX Opportunity Center」は、サイバーエージェントの保有するAI技術やサービス・システム開発のナレッジを活かし、従来の...
27Picks
かつての期待はどこへ…パナソニック、困難続きの車載機器事業が足かせに
ニュースイッチ
|
パナソニックは車載電池や運転席周辺のシステムなどを手がける車載機器事業で苦境が続いている。かつては津賀一宏社長が成長戦略の柱に据え、大きな期待を背負った。だが、米テスラと協業する電気自動車(EV)用電池工場の生産立ち上げや車載機器開発の費用がかさみ、営業赤字の状態を抜け出せない。事業立て直し方針を示しているが、今度は新型コロナウイルス感染拡大などの新たな困難に見舞われている。(取材=大阪・錦...
16Picks
IoT活用の見守り端末で高齢者を支える“在宅ナースコール”の魅力
ニュースイッチ
|
福岡県は2019年に地元発のIoT(モノのインターネット)製品をアピールして事業展開の支援につなげる「福岡県IoT認定製品」事業を始めた。優位性や独創性を選定委員会が審査したものなど第1弾に19社の28製品を認定した。その一つがE&I(福岡市博多区、宇多博之社長、092・409・1605)のシステムによるサービスだ。 同社はシステム開発メーカーで医療福祉分野に力を入れている。同事業の認定製品...
10Picks
マスク着用でも本人特定、NECが「顔と虹彩」認証を統合
ニュースイッチ
|
NECは14日、利便性の高い顔認証技術と、高度な個人識別が可能な虹彩認証技術を組み込んだマルチモーダルの生体認証端末を開発したと発表した。身体的特徴の多様性への対応が必要な大規模システムや厳格な本人確認が必要な利用環境において、高い精度で高速に認証できる。2021年度までに、まずは決済や入退室用途での提供開始を目指す。 顔認証と虹彩認証それぞれの照合結果を統合して判断する独自開発のアルゴリズ...
107Picks
CT読影が10秒で完了、精度は99% 中国の医用画像AIが世界の頂点に立つ理由
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
2018年から胸部デジタルX線(DR)検査機器の開発を手がける中国企業「視見科技(Imsight Technology)」は、新型コロナウイルスの感染爆発を受け、肺のCT画像診断を補助するAIシステム
13Picks
DX時代のプロジェクトマネジメント Vol.1「Digital Transformationをプロジェクマネジメントする」
PR Table
|
NTTデータ 製造ITイノベーション事業本部の三宅 恒司です。デジタルマーケティング領域を中心とするシステム開発案件のプロジェクトマネージャー(以下、PM)として、日々お客様の事業成長とテクノロ...
20Picks
世界最小・最軽量級の「ドップラ気象レーダー」、異常気象に挑む古野電気
ニュースイッチ
|
古野電気は2013年に気象観測レーダーシステム事業に参入した。売上高の約8割を占める船舶用電子機器で培った技術を応用。従来の気象レーダーに比べ3分の1以下に小型化し、世界最小・最軽量級となるドップラ気象レーダーを開発した。国内外の大学や自治体を中心に約60件の運用実績がある。世界初の魚群探知機を実用化した古野電気。「見えないものを見る」技術は海から空へと広がっている。 低層で検知 ゲリラ豪雨...
426Picks
学習アプリ「N予備校」申込者全員に1年間無料で提供
Engadget 日本版
|
角川ドワンゴ学園N高等学校(以降N高)とドワンゴは、N高で導入しているオンライン学習アプリ「N予備校」を1年間の無料開放するキャンペーンを実施します。 N予備校は、ドワンゴがN高と連携し独自に開発した、授業、教材(問題集・参考書)、Q&Aシステムが一つになった学習アプリです。インターネットを活用することで、いつでもどこでも学習ができます。科目は大学受験コース、中学復習講座、プログラミングコー...
10Picks
新型コロナ 世界のPCR検査は日本の技術が支えているのに日本では活躍できない岩盤規制の皮肉(木村正人)
Yahoo!ニュース 個人
|
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い論争が激化しているPCR検査について、開発ベンチャー会社プレシジョン・システム・サイエンスが全自動PCR検査システムの共同開発で駐日仏大使から感謝状を送られました。
18Picks
ボルボが採用した「先進的なセンサー」が、市販車での“完全自動運転”の実現を加速する
WIRED.jp
|
ボルボがレーザー光を用いたセンサー「LiDAR(ライダー)」によるシステムを採用し、2022年から高速道路上での完全自動運転を可能にすると発表した。技術を開発したのは先進的な技術で知られるスタートアップのルミナー(Luminar)だ。
11Picks
サッカー選手の「頭の中」をAIで言語化 J1鳥栖が独自システム開発へ
西日本スポーツ
|
J1鳥栖は8日、人工知能(AI)を活用した試合分析のシステム開発を進めると発表した。フェンシング日本代表などにAIを活用した業務支援を...
各種受託システム開発 概要
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム