新着Pick
SPD2U44LYKG64T36
各種受託システム開発
JPN

各種受託システム開発 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
システム開発
>
各種受託システム開発
特定の顧客業種を問わず、顧客の要望に応じ、システムをオーダーメイドで開発する受託型の開発を主としている企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
345Picks
新薬を21日間で設計可能にするAIスタートアップの実力
Forbes JAPAN
|
香港に本拠を置く「Insilico Medicine」は9月2日、独自開発したディープラーニングシステムを用いて、人間の肺などの臓器に発生する線維症の治療薬開発が可能であると発表した。「GENTRL(generative tensorial・・・
16Picks
大企業からスタートアップ、芸術家まで駆け込むDMM.make AKIBAのモノづくり哲学
MONOist
|
さまざまなモノづくりを支援するDMM.make AKIBAの運営に携わる人たちにスポットを当て、世の中にないものを生み出そうとする現場の最前線を追う。第1回は、機材の運用から試作相談、受託開発までサポートするテックスタッフたちを紹介する。
11Picks
個人の能力を伸ばすことこそがIoTの真価――自立分散型IoTプラットフォーム「リアルワールドOS 」とは?
gemba-pi.jp
|
東京工業大学情報理工学院の出口弘教授は「小企業の工場をフランチャイズ化させないためには、人やモノのマイクロマネジメントを可能とする低コストのIoT機器の開発が必要」だと説く。出口教授が開発するIoTシステムは中小製造業の救世主となるのか。
23Picks
三菱電機が鉄道を軸にした「MasS」を加速する
ニュースイッチ
|
三菱電機はIoT(モノのインターネット)共通基盤を活用し、鉄道を軸としたMaaS(乗り物のサービス化)向けソリューション開発を加速する。社会インフラ分野のIoT事業推進組織を新設し、鉄道会社のサービス向上に役立つ価値提供を目指す。鉄道や自動車などの“移動革命”の実現に対してIoTや人工知能(AI)技術で貢献する。 三菱電機は社会システム事業本部内に「社会インフラ・プラットフォーム事業推進プロ...
10Picks
暗闇、悪天候などで隠されていたものが見えるように!画像鮮明化のすごさ
ニュースイッチ
|
画像鮮明化アルゴリズム開発、関連機器&ソフト・システム開発販売を行う株式会社ロジック・アンド・デザイン(神戸市中央区)が手掛ける画像鮮明化装置「LISr」(ロジカル・イメージ・センシタイザーシリーズ)が
61Picks
推しの香りに包まれる…!アニメやゲームなどのキャラの香りを再現するサービス
ニュースイッチ
|
シーナリーセント(大阪市中央区、郡香苗社長、06・6202・8022)は、人工知能(AI)を使ってアニメやゲームなどのキャラクターの香りを再現するサービス「バーチャルフレグランス」を始める。2019年末に試作品を公開し、20年夏をめどに本格展開する予定。 シーナリーセントは現在、東京のIT企業と協力してシステム開発を進めている。同社では自社の調香師を中心に約500種類の香料をそれぞれ「優しい...
125Picks
AIで施行管理作業を自動化し、働き方改革をすすめる竹中工務店
<PR>マイナビニュース
|
[提供:日本マイクロソフト] 建設業界は「人手不足」という深刻な課題をかかえています。竹中工務店は、AIシステムの開発・活用を行い、現場作業員の作業効率化に取り組んでいます。
28Picks
就労1万時間削減目指す!キリンが本格導入するRPA
ニュースイッチ
|
キリンビールは国内9工場でRPA(ソフトウエアロボットによる業務自動化)の本格導入を始めた。購買業務や労務管理、設備保全といった社内システムへの登録とダウンロードなどの作業をRPAに置き換える。名古屋工場(愛知県清須市)で先行して8案件を導入。これらを全国各工場に水平展開する。RPAを積極的に推進するため、工場・部門単位でRPAをルールの範囲内で開発できる新制度も導入する。 名古屋工場の購買...
13Picks
PoCを乗り越えたAIプロジェクトが「本番開発」で失敗する理由
ビジネス+IT
|
これまでの連載では、AIのPoCとITのシステム開発の違いについて述べてきた。PoCのあとにはシステム開発が待っていることを理解しなければAIプロジェクトを本当の意味で成功に導けるとは言いがたい。そこで今回は、PoCを乗り越えながらも、本番のシステム開発フェーズに入って失敗した例をもとに、AI導入という目標は同じであるものの、仕事の進め方が変わることを提示したい。
273Picks
誤差5センチ以下、自動運転社会を支える高精度地図「DeepMap」とは
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
カーナビや地図アプリなどに利用されてきた地図システムは、人が目視することを前提として作成されてきたが、将来の自動運転車の普及を見込んで、通信機器に読み込ませるための高精度な地図の開発が進んでいる。HD
23Picks
強い顧客接点のために「1→10」フェーズでやるべきこと
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
マーケティングシステムコンサルティング局(MSC局)は、「広告の外側」にある生活者接点を構想、開発、運用することを目的に博報堂内に立ち上がった新しい組織です。MSC局で、CRM構築のコンサルティ...
35Picks
大きな余震に自宅は耐えられるか…自動判定、実用化へ
NHKニュース
|
建物が地震に襲われた後、大きな余震に耐えられるかどうかを自動で判定するシステムの開発が実用化に向けた最終段階を迎えていま…
11Picks
顧客数300万人超、クライアント企業700社超。データとテクノロジーを武器に躍進するイングリウッドCEO・黒川氏に訊く、「あえて資金調達しない」経営術
FastGrow
|
EC販売、ECコンサル、デジタルマーケティング、AIシステム開発と、順調に事業を積み上げながら、増収・増益を続けている企業がある──イングリウッドだ。同社は資金調達を行なったことがなく、メディアに出る機会も少ないが、EC市場を中心に、エンドユーザーとクライアント双方から、圧倒的な評価を勝ち得ている。自社で運営するスニーカーのEC事業は、創業以来、15期連続で増益。自社事業で培ったノウハウを活...
19Picks
ソニックブームのない音速飛行へ、NASAの超音速機X-59の仮想コックピットのテストが完了
TechCrunch Japan
|
NASAは研究開発用の超音速航空機「X-59」で、最終的には静かな超音速飛行による商業航空の実現を目指している。同機はこのほど、パイロットに大空の完全に仮想的な視野視界を与えるシステムのテストに成功し、夢の実現に一歩近づいた。 そのシステムはeXternal Visibility System(頭字語の先頭にXを付けたがるNASAの好みに合わせるとXVS)と呼ばれ、前を向いたカメラとディスプ...
13Picks
AIで複雑な雑誌誌面のレイアウトを自動生成 大日本印刷が建築雑誌社と共同開発し、実作業に適用を開始
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
大日本印刷はAI技術を利用して雑誌の誌面レイアウトを制作するシステムを開発した。最大の特徴は、建築雑誌のように写真や図を多く用いる自由度の高い誌面レイアウトに適用できること。
23Picks
体温環境でDNAが5000倍?!東北大が作製した人工細胞とは
ニュースイッチ
|
東北大学大学院工学研究科の野村・M・慎一郎准教授、佐藤佑介大学院生(現東京工業大学特別研究員)らは、標的のデオキシリボ核酸(DNA)を5000倍以上に増やせる人工細胞を作製した。人の体温と同等の温度である37度Cの環境でDNAを増やすことが可能で、光によって増幅を制御することもできる。生命システムの再構成や分子ロボットの開発に貢献する。 脂質などから作られる人工細胞の機能の制御には、大量の信...
13Picks
金属製ナノフィルムの上に塩水が流れるだけで発電可能なシステムが開発される
GIGAZINE
|
近年では風力や太陽光といった再生可能エネルギーによる発電や、核融合発電などの他にも、「チーズ作りの副産物」や「マッシュルームとバクテリア」など、さまざまなものを使った発電方法が考案されています。ノースウェスタン大学の化学教授であるフランツ・ガイガー氏らの研究チームは、金属コーティングを施したガラスやプラスチックの板の上に、「塩水」を流すことで発電するという方法を開発しました。
13Picks
NTTデータがVR会議システム開発、75gの軽量メガネ型デバイス「GLOW」登場ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース
MoguraVR
|
「週間振り返りVR/AR/MRニュース」では、Mogura VR News / MoguLiveで掲載したニュ […]
11Picks
【自動車×AI最前線】非ディープラーニング自動運転用アルゴリズム【人工知能最新論文】
アイブン
|
ラスベガスのメルセデスベンツは自動車専用の新しい処理システムを開発することにより、次世代のAI搭載車のビジョン…
105Picks
村田機械が米スタートアップと組み、「ロボ倉庫」を10月投入
ニュースイッチ
|
村田機械は、ロボット倉庫システム「アルファボット」を開発した米スタートアップのアラートイノベーション(マサチューセッツ州)と戦略的パートナーシップ契約を結んだ。同システムは小売り世界最大手の米ウォル
各種受託システム開発 概要
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム