新着Pick
SPD2S8IEPP9MZM67
API(医薬品原薬)
ALL

API(医薬品原薬) 業界

世界
業界一覧
>
医薬・バイオ
>
バイオ・医薬品製造
>
API(医薬品原薬)
医薬品製造で使用されるAPI(医薬品原薬)を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
米国バイオ医薬品原薬製造工場を買収
AGC
|
AGC(AGC株式会社、本社:東京、社長:島村琢哉)は、AstraZeneca社が米国コロラド州ボルダーに保有するバイオ医薬品原薬製造工場を買収しました。本買収により、AGCのバイオ医薬品生産能力は大幅に増強され、商用段階に最適なラインが2つ加わります。なお同工場は停止した状態で譲り受けるもので、2021年4月からの本格的な受託製造開始を目指しています。
7Picks
「コロナでも増益」のAGCがバイオ医薬品製造工場を買収した理由…成長分野「受託製造」事業を拡充へ
Business Insider Japan
|
AGCは6月2日、アストラゼネカ社が米コロラド州に保有しているバイオ医薬品原薬製造工場を買収したことを発表した。 製薬業界では近年、医薬メーカーが製造工場を売却して研究開発にリソースを割く一方で、製造プロセスの開発や実際に商用に移る際の製造を他社に委託する「CDMO」の流れが進んでいる。 AGCのバ...
203Picks
カネカ、「アビガン」の原薬供給で富士フイルムと合意 7月から供給
Reuters
|
[東京 17日 ロイター] - カネカ<4118.T>は16日、新型コロナウイルス感染症への治療効果が期待される抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」の原薬を供給することで富士フイルムと合意したと発表した。設備投資、人員配置転換や生産計画調整で製造体制を整え、7月から供給を開始する。
31Picks
2018年国内スタートアップ、資金調達金額ランキングTOP10
STARTUP DB MEDIA(スタートアップデータベース メディア)
|
2018年に国内でもっとも多くの資金を調達したのは、特殊ペプチド原薬の研究開発を行うバイオスタートアップ、ペプチスターであった。ペプチスターは2018年5月に、200億円の超大型資金調達を行なった。2019年秋には工場が完成し、特殊ペプチドを用いたがんや、アルツハイマーなどの創薬の難しい疾患に効く医薬品の開発を進めていく。 また、資金調達金額TOP10スタートアップのうち半分がFintech...
14Picks
ジェネリック薬メーカー、足腰強く安定供給‐城経済課長「価格帯は複数必要」
薬事日報ウェブサイト » HEADLINE NEWS : 薬事日報ウェブサイト
|
厚生労働省医政局の城克文経済課長は本紙のインタビューで、ジェネリック医薬品(GE薬)メーカーに「とにかく足腰強く、多少揺さぶられても持ちこたえられるようになってもらいたい」と期待を寄せ、原薬調達について「日本の規模だと...
9Picks
新薬メーカーの半分は工場譲渡の余地がある!?
ニュースイッチ
|
旭化成ファーマ(東京都千代田区、堀一良社長)は、大仁医薬工場(静岡県伊豆の国市)で原薬製造設備の一部を小型化する。特許の切れた医療用医薬品が後発薬に押されて需要が低下しており、コストを抑えつつ供給責任を果たす狙い。約8億円を投じて発酵用タンクの置き換えなどを行い、当該医薬品の製造費用を約10%低減する。効率的な生産体制を築くことで、新薬の開発や供給の強化につなげる。 菌を発酵させて原薬をつく...
5Picks
中国製薬会社、心臓病の薬を全世界でリコール 原料に発がん物質
CNN.co.jp
|
中国の製薬会社が、自社の手掛けた原材料を含む心臓病の薬を欧州や北米の薬局から自主回収していたことが31日までに分かった。材料となる「原薬」に微量の発がん物質が含まれていることが確認されたためだという。
5Picks
第一三共の印子会社ランバクシー、原薬工場でも米禁輸措置
Reuters
|
[東京 24日 ロイター] - 第一三共<4568.T>は24日、連結子会社の印ランバクシー・ラボラトリーズ<RANB.NS>の原薬工場であるトアンサ工場(パンジャブ州)で製造された原薬に対し、米国食品医薬品局(FDA)が米国への輸入禁止措置を発表したことを明らかにした。
5Picks
医薬品原薬・中間体市場に関する調査を実施(2017年) - 市場調査とマーケティングの矢野経済研究所
市場調査とマーケティングの矢野経済研究所
|
プレスリリース 医薬品原薬・中間体市場に関する調査を実施(2017年)
4Picks
宇部興産、「アビガン」の中間体を供給へ 7月から生産
Reuters
|
[東京 22日 ロイター] - 宇部興産<4208.T>は22日、宇部ケミカル工場(山口県宇部市)内の医薬品工場で、新型コロナウイルス感染症への効果が期待される抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」の原薬の主骨格を成す中間体の製造・供給を開始すると発表した。7月から生産する。
4Picks
材料選びから厳格!?ジェネリック医薬品がつくられる過程と品質確保 - MEDLEYニュース
MEDLEY(メドレー)
|
一般的にジェネリック医薬品は先発医薬品に比べ安価です。品質が劣るのではと思えるかもしれませんが、ジェネリック医薬品は先発医薬品同様、材料=原料(原薬)選びから始まる厳格な工程によって品質を確保されています。 ジェネリック医薬品は後発医薬品とも呼ばれ、新薬として認可された薬の特許が切れた後で発売される医薬品です。ジェネリック医
4Picks
てんかん薬成分でも無届け変更 山本化学工業
朝日新聞デジタル
|
多くの風邪薬で使われているアセトアミノフェン(AA)に安価な中国製AAを無届けで混入させていた原薬メーカー「山本化学工業」(和歌山市)が、てんかん発作の治療薬に使われる「ゾニサミド」の製造でも混ぜる…
3Picks
新型コロナ対策に効果が期待の「アビガン」、原料の供給強化も進む
MONOist
|
新型コロナウイルス感染症が広がる中、治療薬として期待されている富士フイルムグループの抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠」(一般名ファビピラビル、以下アビガン)の原薬供給の強化も進んでいる。2020年4月2日には、デンカが原料となるマロン酸ジエチルの生産を再開することを発表した他、同年4月16日にはカネカが原薬供給を行うことを発表している。
API(医薬品原薬) 概要
世界
中華人民共和国
台湾
マレーシア
インドネシア
ベトナム
インド