新着Pick
SPD2RM130G9FQFO4
石油・ガス開発サービス
ALL

石油・ガス開発サービス 業界

世界
業界一覧
>
エネルギー
>
石油・ガス
>
石油・ガス開発サービス
石油・ガス開発における、探鉱、掘削、パイプライン建設、海洋建設、調達、検層・分析、メンテナンスなどのサービスの全部、または一部を石油・ガス開発会社に対して提供する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
67Picks
化石燃料事業への融資停止を検討 アジア開発銀行、脱炭素化加速
共同通信
|
化石燃料事業への融資停止を検討 【マニラ共同】アジア開発銀行(ADB、本部マニラ)が、石炭や石油、天然ガス関連事業に対する融資の停止...
331Picks
大気中のCO2直接回収技術を2兆円基金で支援へ 政府
産経ニュース
|
脱炭素社会に向けた機運が高まる中、政府が大気から直接、二酸化炭素(CO2)を分離・回収する「DAC」について、関連技術の開発支援を進めることが8日、分かった。脱炭素技術開発などを支援する2兆円の基金を活用。温室効果ガス排出量を2013(平成25)年度比で46%削減する目標期限の30(令和12)年度までに、CO2濃度が10~数%程度の大気からCO2を分離・回収する技術の実用化を目指す。
17Picks
地球の電力需要を満たす大きな可能性を持つ地熱テクノロジーでリーダーを目指す「Fervo」
TechCrunch Japan
|
地表の下に蓄えられた地熱を再利用可能エネルギーの生成に使う方法は、環境問題専門家や石油、ガス技術者らの注目を引きつけている未来に向けた新たなビジョンだ。それは、この技術が温室効果ガスを発生る炭化水素に依存しない発電方法であるからだけでなく、石油とガス産業が長年にわたって磨き続けてきたのと同じ技能と専門技術を使うからだ。
303Picks
トヨタ、米リフトの自動運転部門を買収 5.5億ドル
Reuters
|
[26日 ロイター] - トヨタ自動車は自動運転技術を担う子会社を通じ、米配車サービス大手リフトの自動運転部門「レベル5」を5億5000万ドルで買収する。トヨタとリフトが発表した。トヨタは同分野の開発体制を強化する。
46Picks
【D2C】構想から実行までを支援する共創サービスとその可能性
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
株式会社顧客時間と、D2Cブランド開発を手掛ける株式会社TO NINEは、2020年7月に業務提携を発表。D2C共創サービス「Engagement Force」の提供を開始しました。顧客時間の事...
124Picks
欧州ではすでに本格化、洋上風力発電事業に米石油大手が初の投資
Forbes JAPAN
|
v米エネルギー企業シェブロンが、米石油大手として初めて、洋上風力発電事業に投資することがわかった。同社は、ノルウェーの複合企業モールド(Moreld)と契約を結び、洋上風力発電タービンを開発するオーセルギー(Ocergy)を支援する。一方、・・・
20Picks
カタール国営石油が最大100億ドル起債計画、ガス事業拡張で-関係者
Bloomberg.com
|
カタール国営石油会社カタール・ペトロリアム(QP)は4-6月期中にも最大100億ドル(約1兆800億円)規模の債券を発行する計画だ。大規模な天然ガスプロジェクト向けの資金調達が目的。事情に詳しい関係者が明らかにした。
11Picks
2050年のCO2ネットゼロに向け「グリーンプレミアム」を指標にすべきだ──気候災害の回避をビル・ゲイツに訊く
WIRED.jp
|
地球温暖化をめぐる国際的な会議の場では「なぜ、研究開発の話が出ないのか」。温室効果ガスの削減に世界が着実に取り組むためにはビル・ゲイツいわく、クリーンな代替技術の導入に関係する「グリーンプレミアム」なる指標が重要だ。新著『気候災害を回避する方法』[未邦訳]を引っ提げ、2050年「CO2ネットゼロ」のためのロードマップを打ち出した彼に、高所得国のライフスタイルの維持と貧困支援を両立させるイノヴ...
36Picks
伊ENI、石油事業の分離を検討 再生可能エネルギー移行を図る
Reuters
|
[ミラノ/ロンドン 20日 ロイター] - イタリアのEni は、西アフリカおよび中東の石油・ガス事業の分離を検討し、新たな合弁会社を設立することを検討している。負債削減と低炭素社会への対応に向けた資金調達を図る。
58Picks
“紙のマニュアル”のデジタル化で2000社超を支援、スタディストが18.5億円調達で事業拡大へ
DIAMOND SIGNAL
|
マニュアル(手順書)作成・共有プラットフォーム「Teachme Biz」を展開するスタディストが事業を拡大している。2000社以上に同サービスを展開するほか、昨年11月には小売企業向けの新プロダクトを開発。今後さらに事業を拡大するべく、新たに18.5億円の資金調達を実施した。
23Picks
【ペット業界のDX】を実現するために進化する「ペット手帳」
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
全国の動物病院とペットオーナーをつなぐプラットフォーム「ペット手帳」。これまでになかったその画期的サービスの開発・運営を行っているのが、博報堂DYメディアパートナーズのグループ内ベンチャー企業、...
63Picks
【国内初】電動キックボード、4月下旬にシェアリングサービス開始へ。それでもLuup代表が「実は最適ではない」と語る真意
Business Insider Japan
|
いよいよ日本でも、電動キックボードのシェアリングサービスが始まる。 電動キックボードや小型電動自動車などの開発・シェアリング事業を行うLuupは4月15日に記者会見を開催。 同社が小型電動自転車のシェアリングサービスを実施している渋谷区、新宿区、品川区、世田谷区、港区、目黒区内で、4月下旬を目処に電...
229Picks
エンジニア向け「セキュリティ学習サービス」が国内外で加速、全開発者がセキュアコーディング学ぶ時代へ
DIAMOND SIGNAL
|
セキュリティエンジニアに限らず、プロダクトの開発に携わるすべての開発者がセキュリティ知識を習得する──。そんな流れが国内外で徐々に加速しつつある。特に海外ではエンジニア向けに「セキュアコーディングのトレーニングサービス」を提供するスタートアップが事業を拡大中だ。Secure Code Warrior、Immersive Labs、RangeForceなど累計で数十億円規模の資金を調達する企業...
114Picks
メルカリが暗号資産に後発で参入したワケ──メルペイ青柳CEOが語った「伏線回収」の真意
DIAMOND SIGNAL
|
フリマアプリ大手のメルカリは4月2日、暗号資産やブロックチェーンに関するサービスの企画・開発を行うことを目的とした新会社「メルコイン」を設立することを発表した。後発ながら暗号資産事業に参入した経緯をメルコインの代表取締役にも就任する青柳直樹氏が語った。
13Picks
“バイオテック領域のGitHub”通じて研究者を後押しへ、元研究者の起業家が目指す業界変革
DIAMOND SIGNAL
|
バイオインフォマティクス領域における「GitHub」のようなサービスを作る──。2021年2月創業のアンプラットではそのようなアイデアを形にするべく、プロダクトの開発を進めている。バイオインフォマティクスとは生命科学とデータサイエンスを掛け合わせた分野のことで、遺伝子解析などがその代表例。アンプラットが目指すのは、その専門家であるバイオインフォマティシャンを支えるプラットフォームを作ることだ。
64Picks
今求められる「テクニカルディレクターの役割」とDX成功への鍵
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
DXが急速に進む中、IoTサービスやサブスクリプションモデルといった新しい顧客接点を開発していくためには、システム・データ構築と顧客体験開発の連携が重要となります。プロモーション領域においても「...
12Picks
ソニーネット、ヘルスケアサービス開発を支援 AI活用の画像解析も実装
Engadget 日本版
|
ソニーネットワークコミュニケーションズは、ヘルスケアサービスの立ち上げや開発を支援する新サービス「X.SINCE(エクスシンス)」を開始しました。自社の保有コンテンツとの連携や、AI活用の画像解析などにより、付加価値のある新サービスを立ち上げに貢献できるとしています。 X.SINCEは、ヘルスケア関連の新サービスを開発する企業を対象に提供され、アプリの機能やUIなどを新サービスのコンセプトに...
39Picks
【注目】「ノーコード」で仕事と学びを革新するプロジェクト
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
プログラミングの知識がなくてもアプリやサービスを開発できる「ノーコード」と言われるデジタルツールが注目されています。このツールを活用して「仕事と学びをアップデートする」というコンセプトを掲げて2...
115Picks
デジタル格差ーーコロナ緊急融資審査に4ヵ月の日本、60秒のイギリス
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
コロナに対処して緊急融資が行われたが、融資が受けられるまで4ヵ月もかかる状態だった。ところが、イギリスでは、わずか60秒で審査ができるサービスが開発された。これは、銀行のデータをIT企業が利用する「オープンバンキング」の成果だ。日本ではコロナ対策の金額ばかりが強調されるが、スピードも重要な要件だ。4ヵ月もかかっては、待っている間に倒産してしまう。
27Picks
noteと博報堂が業務提携、法人向けブランディング支援サービスを共同開発し提供
TechCrunch Japan
|
noteと博報堂は4月7日、新たなブランディング支援サービス「new branding with note」の展開に向け、業務提携契約を締結したと発表した。noteは、今後もさまざまな企業と連携して、クリエイターが創作活動を続けられる場を作るとしている。
石油・ガス開発サービス 概要
世界
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン