新着Pick
SPD2QNJR3UOMFCMH
産業用空調機器
JPN

産業用空調機器 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
業務用機械製造
>
産業用空調機器
工場、大型ビル、商業施設等で利用される業務用の空調機器(暖房・冷房機を含む)を製造する企業群。空調機器のプロセス用熱源となる吸収冷温水機・冷凍機、クリーンエアーシステムも含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
産業用ロボットの累積出荷台数が50万台を達成
MONOist
|
安川電機の産業用ロボット「MOTOMAN」の累積出荷台数が、2021年2月に50万台を達成した。同社は、日本初の全電気式産業用ロボットに始まり、用途最適化、7軸、双腕、人の隣で作業できる人協働ロボットと、多様な産業用ロボットを製品化してきた。
15Picks
ダイキン、家庭用エアコンの国内販売台数17年ぶり首位へ コロナ後、換気できるエアコン人気
産経ニュース
|
ダイキン工業が令和2年度に家庭用エアコンの国内販売台数で約19%のシェアを獲得し、パナソニックを抜いて17年ぶりに首位を奪還する見通しとなったことが13日、関係者への取材で分かった。新型コロナウイルス感染拡大後、「業界唯一」という換気機能をアピールし販売を拡大した。空調機器メーカーで売上高世界首位のダイキンだが、国内の家庭用ではパナソニックの後塵(こうじん)を拝していた。
3Picks
“安全安心”な国産ドローンが1年弱で完成、産業用小型市場を開拓へ
MONOist
|
NEDOが2020年度から進めてきた事業「安全安心なドローン基盤技術開発」の成果について説明。同事業は、災害調査やインフラ点検における政府や公共部門のニーズに対応する、安全性や信頼性を確保した標準ドローンを設計・開発する内容で、コロナ禍の中1年弱で新たなドローンの開発にこぎつけた。
11Picks
全情報を“ウォッチ”するリュクスなヘルスケアデヴァイス:METHOD #17
WIRED.jp
|
睡眠や心拍数、歩数といったライフログに加え、血中酸素濃度の測定や心電図などを記録する家庭用医療機器としての機能が追加されたApple Watch。シリーズ最初期からコラボレーションを続けるエルメスは、ブランドの代名詞たる革製品の職人技術をもって、現代の生活において欠かすことができない無機質なガジェットにラグジュアリーさをもたらしてくれる。
10Picks
寄り付きの日経平均は反落、米株安を嫌気 自動車株はしっかり
Reuters
|
[東京 31日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比154円37銭安の2万9278円33銭となり、反落した。前日の米国株市場で主要3指数がそろって下落した流れを引き継ぎ、幅広い業種で売りが先行している。東証33業種では、輸送用機器、証券業以外の31業種で値下がり。海運業、医薬品、食料品などが値下がり率上位に入っている。
13Picks
半導体の供給不足の状況を調査、自動車だけでなく産業用機器への影響も広がる
MONOist
|
MONOist、EE Times Japan、EDN Japanのアイティメディア製造業向け3媒体は「半導体・電子部品の供給状況に関するアンケート」を実施した。調査期間は2021年2月17日~2021年3月16日。有効回答数は201件。本稿ではその内容について紹介する。
174Picks
再送-〔アングル〕半導体不足が電子産業全体に波及、高性能クアルコム製も需給ひっ迫
Reuters
|
[サンフランシスコ/上海 15日 ロイター] - 世界的に広がっている半導体不足は自動車産業のみならず、電子機器産業全体を揺るがす状況になってきた。品不足は米クアルコムが供給するスマートフォン向け半導体にも及んでおり、高性能製品でも需給ひっ迫の悪影響が懸念されている。
27Picks
想定より多い「7回接種可能」…ワクチン用注射器を国内2社が開発
読売新聞
|
新型コロナウイルスワクチン用の注射器について、国内の医療機器メーカー2社が、米製薬大手ファイザー製のワクチン1瓶から想定より多く7回接種できる製品を開発し、厚生労働省の承認を受けた。2社は2021年度中に4000万本以
55Picks
コロナ禍で家庭用ミシンが好調、200万円の超高級機も登場!
ニュースイッチ
|
200万円の超高級機も登場 新型コロナウイルス感染症の影響はマイナス面だけではない。これまで下降傾向だった産業に再び明かりをともした例もある。家庭用ミシンはその一つ。外出自粛などの「巣ごもり需要」を取り込み、好調の波に乗る。主要メーカーの業績も堅調に推移する。一方で工業用ミシンはコロナ禍によるアパレル業界の停滞が直撃し低迷気味。ただ、非アパレル需要の開拓や「縫い」の技術進化に向けた研究開発な...
23Picks
パッケージ基板・プリント配線板の21年回路業界の動きを探る
LIMO
|
2021年は、新型コロナ禍で加速したIT(情報技術)やICT(情報通信技術)化の流れがさらに勢いづく。感染拡大抑止のためリモートワークや遠隔授業などが普及し、PCをはじめタブレット、サーバーなどの電子機器需要が急増した。本来なら数年かけて移行するはずのデジタルトランスフォーメーション(DX)やIoT化の動きが、今回の新型コロナにより一気に加速しており、エレクトロニクス産業や電子回路・関連資機...
61Picks
米エヌビディア、2─4月期売上高は堅調見通し 半導体需要好調
Reuters
|
[24日 ロイター] - 米半導体大手エヌビディアは24日、第1・四半期(2─4月)について、市場予想を上回る売上高見通しを示した。ゲーム機器やデータセンター向けのグラフィックス用半導体需要が強いと見込む。
14Picks
京大など複数人の呼吸や心拍計測の非接触センサーを開発。乳幼児や高齢者の異常を発見
ニュースイッチ
|
京都大学大学院工学研究科の阪本卓也准教授らは、医療機器ベンチャーのマリ(京都市下京区)と、複数人の呼吸や心拍を計測できる非接触センサー「VitaWatcher=写真」を開発した。乳幼児や高齢者の窒息などの異常を発見しやすくする。2月下旬に半導体商社の丸文から主に研究用として発売する。消費税抜きの価格は約45万円。2021年中に医療機器承認取得を目指し、将来は保育園や介護施設で需要を見込む。 ...
13Picks
世界シェア6割守り抜く!ファナック・安川電機・川重の産業ロボット大手の供給責任
ニュースイッチ
|
重い供給責任 産業用ロボット大手3社は「生産を多極化」し、供給責任を果たすことを至上命令としている。顧客である国内外の自動車、半導体メーカーなどに対して「迷惑をかけない」ため、外部環境の変化へ迅速に対応しなければならない。日本のロボット産業は高い競争力を誇り、世界シェア6割弱を占める。この地位を守りきるためにも、生産体制の整備に余念がない。 「ビジネスを永続的にするためには供給責任は大事。こ...
12Picks
2025年までにEV用全固体電池の実用化目指す
月刊誌「Wedge」のウェブ版
|
電気自動車(EV)の普及に向けての動きが加速する中で、EV性能を大きく左右する高性能のバッテリー開発に熱い視線が注がれている。現在は液体の有機電解液が使われているリチウムイオン電池が主流だが、これに代わる新しいEV用バッテリーとして国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が2007年から同じリチウムイオン電池ではあるが、液体ではなく固体の無機電解質を使った全固体電池の開...
102Picks
米ロボットベンチャーOSAROが語る、「ロボットが苦手なもの」をピッキングできるワケ
ビジネス+IT
|
ピースピッキングや工場自動化を対象に、産業用ロボット向けの機械学習ソフトウェアを中心とした技術開発を行う米国のスタートアップOSARO(オサロ)。深層学習を使って従来は難しかったピースピッキングの自動化を可能にしようとしている会社だ。ばら積み、透明、光を反射する、変形しやすい物体はロボットが苦手としている。OSAROはこれらの物体のピッキングを安価なセンサーで実現可能にすることから、知る人ぞ...
22Picks
DXとAI時代の「製造業」のデジタル戦略~青田広幸×滝野一征×人見光夫×水上潔×島田太郎
GLOBIS知見録 最新記事
|
G1経営者会議2020 第6部 分科会 テクノベート「DXとAI時代の製造業のデジタル戦略」 (2020年11月23日開催/グロービス経営大学院 東京校) テクノロジーの進化によって、新しい製品やサービス、概念が生まれ、製造業のあり方も変化している。数年前から製造業では、工場の自動化・効率化を目的に、ファクトリー・オートメーション(FA)、センサーや産業用ロボットなどが活用されていた。一
81Picks
総合商社、コロナ禍の病院経営で問われる底力
東洋経済オンライン
|
幅広い産業分野で事業を展開する商社が、医療ビジネスへの取り組みを強化している。これまでも医療関連資材や福祉用具の取引に携わることはあったが、近年は特に病院運営事業に参画する企業が増えている。総合商社…
12Picks
「悪夢」を治療するアプリとは?
TABI LABO
|
悪夢を治療するアプリ「Nighware」が家庭用の医療機器として注目を集めている。睡眠中の心拍数と体の動きから悪夢を検知して、起こさない程度の軽い振動で夢を途切れさせるという仕組みだ。
10Picks
早大発ベンチャーが産業用ロボット向け3次元カメラを開発「高速高精度で安価」
MONOist
|
早稲田大学発ベンチャーの東京ロボティクスが産業用ロボット向けのセンサー事業に進出する。第1弾製品となる3次元カメラ「Torobo Eye」の「SL40」は、産業用ロボットの先端に取り付けられるサイズで、計測速度が業界最速クラスの10fps、奥行き計測のバラツキ誤差が±0.06mmの性能を実現。販売価格は100万~130万円を想定している。
産業用空調機器 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
ベトナム
アメリカ合衆国