新着Pick
SPD2QNJR3UOMFCMH
産業用空調機器
JPN

産業用空調機器 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
業務用機械製造
>
産業用空調機器
工場、大型ビル、商業施設等で利用される業務用の空調機器(暖房・冷房機を含む)を製造する企業群。空調機器のプロセス用熱源となる吸収冷温水機・冷凍機、クリーンエアーシステムも含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
シチズン電子がレーザー市場参入、自動車など向けセンシング用光源に
ニュースイッチ
|
シチズン電子(山梨県富士吉田市)は、ドライバーを内蔵した小型VCSEL(垂直共振器面発光レーザー)でレーザー市場に参入する。1月下旬から順次、パッケージやモジュールのサンプル出荷を始める。VCSELは3次元(3D)センシング用の光源で産業機器やロボット、自動車など採用先は幅広い。高性能化や低コスト化を強みに、2022年に約3億円の売り上げを目指す。 パッケージの大きさは4・5ミリメートル四方...
2Picks
産業用組み込みアプリケーション向けeMMC
EDN Japan
|
スマートモジュラーテクノロジーズは、産業用組み込みアプリケーション向けのeMMCファミリー「BGAE440」を発表した。3D NANDフラッシュメモリを搭載し、JEDECの「eMMC v5.1」規格に準拠。153および100ボールのBGAパッケージに対応する。
4Picks
「車載を含め、中国向け事業が飛び抜けて好調」。日本電産社長の強気の根拠
ニュースイッチ
|
―2021年の事業環境と成長施策は。 「車載を含め、中国向け事業が飛び抜けて好調だ。特定地域に偏らない経営方針だが、家電・商業・産業用製品の中国への入り込みが足りない。携帯電話の振動モーターから、原子力発電所向けまで製品は幅広く、拡大余地は十分にある。中国は風力発電も積極的。関連モーターなども拡大できる」 ―世界で脱炭素社会の動きが加速します。 「世界の発電電力の約半分をモーターが消費してお...
30Picks
高温ガス炉で水素製造、30年めどに技術開発/政府
電気新聞ウェブサイト
|
◆天然ガス価格並み目指す 政府は2050年カーボンニュートラルに向け、高温ガス炉を活用した水素製造の技術開発に注力する。今年、再稼働を見込む高温工学試験研究炉「HTTR」などを活用し、30年をめどに水素製造の技術開発を進める。「実質ゼロ」達成にはカーボンフリー水素が必要で、原子力技術を活用すれば大量、安価に供給できる可能性がある。発電、産業用の熱供給と併用することで、50年に天然ガス価格並み1ノ
2Picks
地方のLPガス利用家庭にIoT新サービス!岩谷産業の独自サービスの中身
ニュースイッチ
|
岩谷産業は液化石油(LP)ガスを利用する地方の家庭などを対象にIoT(モノのインターネット)プラットフォーム「イワタニゲートウェイ」を使った新サービスを4月に始める。独自開発の通信機能付きガス漏れ警報器・ガスメーターを介し、多様な機器とインターネット接続する。ガス供給者側はガス残量を遠隔で確認しガスボンベの効率配送につなげたり、利用者側には防災情報の提供や見守りサービスなどの提供を目指す。 ...
16Picks
産業用センサー大手Teledyneが赤外線カメラのFLIRを約8300億円の現金と株式で買収へ
TechCrunch Japan
|
産業用センサー大手のTeledyneは、センサーメーカーのFLIRを株式と現金合わせて約80億ドル(約8300億円)での買収を予定しており、買収は年内に完了する見込みだ。Teledyneはプレスリリースで、FLIRの事業は既存の製品と競合するのではなく、補完的なものになると述べている。 FLIRのテクノロジーはiPhoneを含むモバイルデバイス向けに設計されたアドオンサーマルカメラを通じて、...
12Picks
協働ロボットで製造現場「再構築」へ、ファナックや安川電機の提案力
ニュースイッチ
|
協働ロボットが製造現場を「再構築」するカギになる。産業用ロボットは自動化や生産性向上を実現する最も有効な手段だが、コストやスペースの制約から、設備のレイアウトを大きく変える必要がある。そこで産ロボメーカーは人とともに作業が可能な協働ロボットを提案。既存設備を利用しながら人の代わりに活用できる。新型コロナウイルス感染対策の「3密」回避や省人化など、生産ラインも変化する環境への対応が求められる。...
22Picks
ハネウェル、生命科学ソフトウエア会社買収へ-全額現金13億ドル
Bloomberg
|
米複合企業ハネウェル・インターナショナルはライフサイエンスに特化した産業用ソフトウエア会社のスパルタシステムズを13億ドル(約1350億円)で取得することで、同社と合意した。ハネウェルのダリウス・アダムチック最高経営責任者(CEO)が2017年に就任して以降、最大規模の買収となる。
33Picks
中国ファーウェイ、国外初の通信機器工場 仏に建設へ
AFP
|
【12月18日 AFP】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ、Huawei)は17日、中国国外で同社初となる携帯電話用ネットワーク機器の製造工場をフランスに建設すると発表した。
32Picks
GEから学ぶメーカのサービス事業化を成功させるためのモノづくりの強化
note(ノート)
|
デジタルクロス様でのロボットコラムの6回目を書きました。今回のテーマは「ロボットのビジネスモデル」ということで、はやりのRaaS;Robot as a Serviceなど事例なども紹介しています。良ければ是非! IoTデータが変えるロボットのビジネスモデル【第6回】  ロボットは基本的には、モノを販売して終わる、いわゆる“売り切りビジネス”が主流だった。特に産業用ロボットなどは、主な顧客 d...
40Picks
竹中平蔵氏が提案のベーシックインカムが少子化対策になる理由
ニュースイッチ
|
先ごろ竹中平蔵氏が「国民全員に毎月7万円支給」というベーシック・インカム論を紹介したところ、SNS上で広がり炎上したというニュースが話題になった。まあ、制度化するとなればいろいろ問題はあるのだろうが、ぼくは近い将来かなり現実味のある話だと思っている。 ユヴァル・ノア・ハラリが言うように、AIや産業用ロボットによって人類の大半は無用階級(Useless Class)になる。それ以前にコロナ禍に...
69Picks
中国農業用ドローン「XAG」が業界最高額の190億円を調達、ソフトバンク・ビジョン・ファンド2号出資
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
農業用ドローン開発大手「XAG(極飛科技)」は、新たに12億元(約190億円)を調達したことを明らかにした。出資を主導したのは「百度資本(Baidu Capital)」とソフトバンク・ビジョン・ファンド2で、ほかに「創新工場(Sinovation Ventures)」「越秀産業基金(Yuexiu Industry In
26Picks
産業用ロボット市場、再び成長軌道に 2021年見通し
フロンティア・マネジメント
|
米中貿易摩擦、新型コロナウィルスの影響によって、成長を続けてきた産業用ロボット市場にも逆風が吹いている。新型コロナウィルスの感染者が欧米で再拡大していることで、ロボット市場にも不透明感がでてきて...
19Picks
米クアルコム、4G半導体のファーウェイへの販売許可取得
Reuters
|
[13日 ロイター] - 携帯端末用半導体大手の米クアルコム<QCOM.O>は13日、米政府から中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]への現行通信規格「4G」携帯電話向け半導体製品の販売許可を得たと発表した。
13Picks
Oculus創業者の軍事テック企業が開発中、「戦争用OS」が実現する世界
WIRED.jp
|
「Oculus Rift」の生みの親として知られるパーマー・ラッキーの軍事テック企業、アンドゥリル。米国とメキシコの国境を監視する“スマートボーダー”のシステムで知られる同社が新たに取り組んでいるのが、「戦争用OS」の開発だ。あらゆる軍事機器をネットワーク化して人工知能(AI)に情報収集や意志決定の一部を任せるというシステムは、米軍の戦い方をどう変えていくのか。
14Picks
コロナ禍で再認識された3Dプリンタの価値、製造業の成長とイノベーション創出に欠かせない存在に
MONOist
|
HPは、グローバルイベント「HP INNOVATION SUMMIT 2020 ASIA」をオンライン開催した。同イベントでは、HPが行ったデジタルマニュファクチャリング/産業用3Dプリンティングに関する調査レポート「HP Digital Manufacturing Trend Report」の内容に触れつつ、3Dプリンタをはじめとするデジタルマニュファクチャリング技術を活用するパートナー企...
133Picks
まさにウィズコロナ時代のフィットネス!Fitness mirrorが新登場
ライフハッカー[日本版]
|
世の中にはさまざまなトレーニング機器やダイエット機器がありますが、まったく新しいトレー二ング用デバイス「Fitness mirror(フィットネスミラー)」が登場しました。ウィズコロナ時代に適応した新しいフィットネスの形、と言えるのではないでしょうか?
75Picks
ロボットの台頭が本格化、「ロボット密度」の高い国はどこか
Forbes JAPAN
|
マシンの台頭はすでに本格化している。国際ロボット連盟(IFR)が2020年9月24日に公表した最新データによると、2019年に全世界の工場で稼働していた産業用ロボットは270万台で、史上最多となった。2019年の世界全体のロボット出荷台数は・・・
(14件の記事)
12Picks
高出力な全固体電池の実用化へ!大阪技術研が厚さ10分の1の固体電解質シート
ニュースイッチ
|
大阪産業技術研究所(ORIST)は、厚みが30マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以下と薄膜ながら強度を備えた自立型のリチウムイオン電池用固体電解質シートを開発した。量産技術もめどをつけた。従来の固体電解質に比べ厚みが10分の1以下で、電気抵抗が小さいのが特徴。電極とともに積み重ねられ、大容量、高出力の全固体電池の実用化へ応用が期待される。 全固体電池は電気自動車(EV)やIoT(モ...
10Picks
韓国LG系列社、日本企業が独占する磁性素材・フェライトの開発に成功
コリア・エレクトロニクス
|
LGイノテック、OLEDの核心素材を国産化…日本との対決 日本企業が事実上独占してきた電子機器·自動車用磁性素材「フェライト」をLGグループの部品系列会社であるLGイノテックが開発したと発表した。同社は14日、「世界最高水準の性能で独自開発に成功した」とし、「早ければ来年初めにフェライトを量産し、グローバル電子機器·完成車ブランドに供給する目標」であると明らかにした。 フェライトは酸化鉄が主な原料
産業用空調機器 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
ベトナム
アメリカ合衆国