新着Pick
SPD2QNJR3UOMFCMH
産業用空調機器
JPN

産業用空調機器 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
業務用機械製造
>
産業用空調機器
工場、大型ビル、商業施設等で利用される業務用の空調機器(暖房・冷房機を含む)を製造する企業群。空調機器のプロセス用熱源となる吸収冷温水機・冷凍機、クリーンエアーシステムも含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
AWS、産業分野向けの機械学習サービス発表--機器の異常検知など効率化
ZDNet Japan
|
AWSが産業分野や製造業向けに機械学習を利用する5つのサービスを発表した。
1Pick
ダイキン工業の「ぴちょんくん」も赤色に 大阪府「赤信号」で
産経ニュース
|
大阪府が3日、独自基準「大阪モデル」で非常事態を示す「赤信号」の点灯を決めたことを受け、空調機器大手のダイキン工業は同日午後8時、大阪市北区と東淀川区にあるビル2棟それぞれの屋上に設置した看板のマスコットキャラクター「ぴちょんくん」の色を青から赤に変更した。
4Picks
全頭殺処分命令で混乱、デンマークの「ミンクゲート」 予防のため殺される動物たち
NewSphere
|
高級毛皮の代名詞のミンク。毛皮用のミンク飼育産業は、しばらく前からの逆風に加え、新型コロナウイルスの影響で風前の灯だ。というのも、一頭でも感染が確認されれば、全頭が殺処分になるからだ。コロナウイルスに感染する動物はほか […]
7Picks
医薬品業界の新たな課題「製造のデータインテグリティ」をどう解決するか
MONOist
|
産業用IoT(IIoT)の活用が広がりを見せているが、日本の産業界ではそれほどうまく生かしきれていない企業も多い。IIoT活用を上手に行うためには何が課題となり、どういうことが必要になるのか。本稿ではIIoT活用の課題と成果を出すポイントを紹介する。第6回では、医薬品業界で注目される「データインテグリティ」について解説する。
4Picks
AWS Re:Inventでアマゾンがクラウド化が遅れる産業界向けプロダクト多数発表
TechCrunch Japan
|
Amazon(アマゾン)は開催中の「AWS re:Invent」2020で産業部門のシステムや機器のさらなる効率化を目的としたサービスを多数発表した。クラウドコンピューティングで取り残されている印象があった分野の1つが産業部門だ。この分野ではクラウドにフィットしないレガシーデバイスや閉鎖的な独自システムが含まれていることが多かったためだ。アマゾンはこれを大胆に変えようと図っている。 Amaz...
8Picks
東芝がパワー半導体に1000億円の大型投資!
ニュースイッチ
|
東芝は2019―23年度の5年間でモーター制御などに使うパワー半導体の増産に約1000億円を投じる。23年度の生産能力は18年度末比で50%高まる。石川県能美市の既存工場を増設し、同社のパワー半導体としては初めて12インチウエハー対応の製造ラインも導入する。脱炭素社会の実現に向けて自動車や産業機器のさらなる省エネルギー化が不可欠で、積極投資により省エネのキーデバイス需要を取り込む。 東芝は製...
41Picks
竹中平蔵氏が提案のベーシックインカムが少子化対策になる理由
ニュースイッチ
|
先ごろ竹中平蔵氏が「国民全員に毎月7万円支給」というベーシック・インカム論を紹介したところ、SNS上で広がり炎上したというニュースが話題になった。まあ、制度化するとなればいろいろ問題はあるのだろうが、ぼくは近い将来かなり現実味のある話だと思っている。 ユヴァル・ノア・ハラリが言うように、AIや産業用ロボットによって人類の大半は無用階級(Useless Class)になる。それ以前にコロナ禍に...
67Picks
中国農業用ドローン「XAG」が業界最高額の190億円を調達、ソフトバンク・ビジョン・ファンド2号出資
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
農業用ドローン開発大手「XAG(極飛科技)」は、新たに12億元(約190億円)を調達したことを明らかにした。出資を主導したのは「百度資本(Baidu Capital)」とソフトバンク・ビジョン・ファンド2で、ほかに「創新工場(Sinovation Ventures)」「越秀産業基金(Yuexiu Industry In
26Picks
産業用ロボット市場、再び成長軌道に 2021年見通し
フロンティア・マネジメント
|
米中貿易摩擦、新型コロナウィルスの影響によって、成長を続けてきた産業用ロボット市場にも逆風が吹いている。新型コロナウィルスの感染者が欧米で再拡大していることで、ロボット市場にも不透明感がでてきて...
19Picks
米クアルコム、4G半導体のファーウェイへの販売許可取得
Reuters
|
[13日 ロイター] - 携帯端末用半導体大手の米クアルコム<QCOM.O>は13日、米政府から中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]への現行通信規格「4G」携帯電話向け半導体製品の販売許可を得たと発表した。
6Picks
アルミニウム合金同士を連続的に接合できる技術を確立――母材と同等の硬度を接合部で実現 大阪大学
fabcross for エンジニア
|
大阪大学は2020年11月26日、同大学接合科学研究所の研究グループが、アルミニウム合金同士を連続的に接合することができる「完全接合」技術を確立したと発表した。発表によると、世界初の成果だという。 アルミニウム合金は比重が鋼の約3分の1と軽く、自動車や鉄道車両、航空機といった輸送用機器での活用が期待されている。一方でアルミニウム合金の接合においては、接合時の温度上昇に伴う接合部の軟化を抑えるのが難
13Picks
Oculus創業者の軍事テック企業が開発中、「戦争用OS」が実現する世界
WIRED.jp
|
「Oculus Rift」の生みの親として知られるパーマー・ラッキーの軍事テック企業、アンドゥリル。米国とメキシコの国境を監視する“スマートボーダー”のシステムで知られる同社が新たに取り組んでいるのが、「戦争用OS」の開発だ。あらゆる軍事機器をネットワーク化して人工知能(AI)に情報収集や意志決定の一部を任せるというシステムは、米軍の戦い方をどう変えていくのか。
13Picks
コロナ禍で再認識された3Dプリンタの価値、製造業の成長とイノベーション創出に欠かせない存在に
MONOist
|
HPは、グローバルイベント「HP INNOVATION SUMMIT 2020 ASIA」をオンライン開催した。同イベントでは、HPが行ったデジタルマニュファクチャリング/産業用3Dプリンティングに関する調査レポート「HP Digital Manufacturing Trend Report」の内容に触れつつ、3Dプリンタをはじめとするデジタルマニュファクチャリング技術を活用するパートナー企...
12Picks
高出力な全固体電池の実用化へ!大阪技術研が厚さ10分の1の固体電解質シート
ニュースイッチ
|
大阪産業技術研究所(ORIST)は、厚みが30マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以下と薄膜ながら強度を備えた自立型のリチウムイオン電池用固体電解質シートを開発した。量産技術もめどをつけた。従来の固体電解質に比べ厚みが10分の1以下で、電気抵抗が小さいのが特徴。電極とともに積み重ねられ、大容量、高出力の全固体電池の実用化へ応用が期待される。 全固体電池は電気自動車(EV)やIoT(モ...
10Picks
韓国LG系列社、日本企業が独占する磁性素材・フェライトの開発に成功
コリア・エレクトロニクス
|
LGイノテック、OLEDの核心素材を国産化…日本との対決 日本企業が事実上独占してきた電子機器·自動車用磁性素材「フェライト」をLGグループの部品系列会社であるLGイノテックが開発したと発表した。同社は14日、「世界最高水準の性能で独自開発に成功した」とし、「早ければ来年初めにフェライトを量産し、グローバル電子機器·完成車ブランドに供給する目標」であると明らかにした。 フェライトは酸化鉄が主な原料
10Picks
産業用IoTゲートウェイが工場セキュリティの穴に、トレンドマイクロが警鐘
MONOist
|
セキュリティベンダーのトレンドマイクロは2020年10月13日、スマート化された産業制御システムのサイバーセキュリティリスクを明らかにするために行った実証実験の結果について、メディア向けオンラインセミナーで発表。産業用IoTゲートウェイがセキュリティ対策の盲点となっている状況があることを紹介した。
75Picks
ロボットの台頭が本格化、「ロボット密度」の高い国はどこか
Forbes JAPAN
|
マシンの台頭はすでに本格化している。国際ロボット連盟(IFR)が2020年9月24日に公表した最新データによると、2019年に全世界の工場で稼働していた産業用ロボットは270万台で、史上最多となった。2019年の世界全体のロボット出荷台数は・・・
(14件の記事)
131Picks
まさにウィズコロナ時代のフィットネス!Fitness mirrorが新登場
ライフハッカー[日本版]
|
世の中にはさまざまなトレーニング機器やダイエット機器がありますが、まったく新しいトレー二ング用デバイス「Fitness mirror(フィットネスミラー)」が登場しました。ウィズコロナ時代に適応した新しいフィットネスの形、と言えるのではないでしょうか?
28Picks
ロールスロイス、新たな資金調達計画を発表-最大50億ポンド目指す
Bloomberg
|
航空機用エンジンメーカーの英ロールスロイス・ホールディングスは、新規に最大50億ポンド(約6800億円)を調達する計画を明らかにした。航空産業は新型コロナウイルス感染拡大の影響で歴史的な打撃を受けており、ロールスロイスは資金調達で生き残りをかける。
19Picks
NvidiaのArm買収戦略を見ても、インテルが「勝てる」と考える理由。エッジAI市場を制するカギは?
Business Insider Japan
|
・クラウド上ではなく、末端のデバイス上で先進的な人工知能(AI)を動かす「エッジコンピューティング」は、自動運転車から産業用ロボットまで、ここ最近の大きなテクノロジーの進化の根幹をなすものだ。 ・インテルはエッジコンピューティング市場が2024年までに650億ドル(約6兆8000億円)規模に成長する...
産業用空調機器 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
ベトナム
アメリカ合衆国