新着Pick
SPD2QNJR3UOMFCMH
産業用空調機器
JPN

産業用空調機器 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
業務用機械製造
>
産業用空調機器
工場、大型ビル、商業施設等で利用される業務用の空調機器(暖房・冷房機を含む)を製造する企業群。空調機器のプロセス用熱源となる吸収冷温水機・冷凍機、クリーンエアーシステムも含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
福島大、生理用ナプキン無料提供 国立大初、トイレに機器導入
福島民友新聞
|
福島大は1日、女性用個室トイレと多目的トイレに、生理用ナプキン無料提供サービス「OiTr(オイテル)...
4Picks
ハクバ、スマホも使える入門用三脚 「Velbon EX-230 II」を発売
BCN+R
|
ハクバ写真産業は、三脚ブランドVelbon(ベルボン)から、スマホも使える入門用アルミ三脚「Velbon(ベルボン)ファミリー三脚3段 EX-230 II +スマートフォンホルダー」を11月26日に発売した。
4Picks
電子部品出荷額が26%増。値上げが進んだ品種は?
ニュースイッチ
|
電子情報技術産業協会(JEITA)が発表した日本メーカーによる4―9月の電子部品世界出荷額は前年同期比26%増の2兆1526億円と2年ぶりにプラスとなった。需要拡大と価格上昇が電子部品の出荷額を押し上げた。自動車やスマートフォン(スマホ)、産業機器などで好調な受注が続いたほか、顧客が在庫を積み増す動きも拡大。需給の逼迫(ひっぱく)を背景に、一部品種では値上げも進んだ。ただ9月単月では前年から...
1Pick
【防災用ポータブル電源SABUMA】防災産業展2021に出展します。
@Press
|
株式会社アピロス(本社:東京都港区)は、自宅でも避難所でも安心して充電が可能なポータブル電源「SAB...
17Picks
ズーム:米ズームを東京地裁に提訴、商標権侵害差し止めで
Bloomberg.com
|
音楽用電子機器を販売するズーム(本社:千代田区)は30日、米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズを相手取り、商標権侵害の差し止めなどを求める訴訟を東京地裁に提起したと発表した。
2Picks
家庭用のルームランナーを“ハッキング”するユーザーたちと、ブロックするメーカーとの攻防の理由
WIRED.jp
|
家庭用のルームランナーに搭載された大画面のディスプレイで、NetflixやYouTubeの動画などを視聴できたら──。そう考えたユーザーたちが裏技を使って機器を“ハッキング”したところ、メーカー側は自動アップデートで抜け道をふさいでしまった。「修理する権利」にも関連して内部構造に手を加える自由を主張するユーザー側と、安全性の担保などを理由に改造を禁じるメーカー側。攻防の行方はいかに?
23Picks
大企業も注目のプラズマ技術で家庭用美顔器を開発、美容スタートアップの挑戦
MONOist
|
数多くのハードウェアスタートアップやメイカースペース事業者などを取材してきた越智岳人氏が、今注目のスタートアップを紹介する連載。今回は、小型の家庭用プラズマ美顔器「Un」を開発し、既存の美容機器市場に一石を投じ、価格破壊を起こすDENSHINDO(傳心堂)の開発ストーリーを取り上げる。
15Picks
ソニーのプレステも標的に、ブルーレイ音声特許巡る米訴訟で
Bloomberg
|
ソニーは家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)」を含むブルーレイディスクを再生できる機器でコンテンツ保護技術を使用し特許を侵害しているとして、MZオーディオ・サイエンシズから特許使用料を求める訴訟を起こされた。
71Picks
クアルコム、自律走行車用半導体で成長へ アップル向け減でも
Reuters
|
[16日 ロイター] - 米通信用半導体大手クアルコムは16日、米アップルへの半導体供給は今後数年間で徐々に減少するものの、自律走行車やその他の接続機器向けの半導体が順調に成長するとの見通しを示した。これを受け、クアルコムの株価は7.9%上昇し、過去最高値で引けた。
12Picks
日本製紙、15%以上値上げ 燃料高で 来年1月1日出荷分から
毎日新聞
|
日本製紙は4日、印刷用紙、情報用紙、産業用紙をいずれも15%以上値上げすると発表した。来年1月1日出荷分から適用する。ボイラーの燃料として使う石炭の価格高騰を反映させる。新型コロナウイルス禍で需要が低迷しており、利幅を確保する狙いもある。
131Picks
医療AIのわかりやすい事例、「診断支援」「ヘルスケア」「医薬」の違いとは?
ビジネス+IT
|
人工知能(AI)はさまざまな業界に大きな影響を与えていますが、その中でも注目度の高い業界が医療です。世界規模での慢性的な人手不足に、高齢化社会における高い需要、医療機器・医薬品への応用による高い利益率、AIの導入に必要な要素がすべてそろっています。そんな医療用AIにはどんなものがあるのかについて、簡単にご紹介していきたいと思います。
39Picks
ソフトバンクは「全固体」実証、通信大手が二次電池の開発に注力するワケ
ニュースイッチ
|
通信大手各社が二次電池の開発に力を注ぐ。ソフトバンクは2日、質量エネルギー密度を向上したリチウム金属電池や、全固体電池用正極材料の実証に成功したと発表した。電池を高性能化することで機器や設備の競争力を高め、革新的な通信サービスの普及にもつなげる狙いがある。NTTも“透けて曲がる二次電池”の研究を続けている。各社は安全性を確保した上で、どれだけ早期に実用化できるか試される。 「我々はHAPS(...
41Picks
フェイスブックのメタバース、Z世代が「暇じゃないと使うのキツい」と酷評の現実
ビジネス+IT
|
フェイスブックが仮想3次元空間「メタバース」構築に躍起だ。今後2年間で約5000万ドル(約55億円)を投資すると発表し、社名も「メタ(Meta)」へと変更。手始めとして、同社は2021年9月、バーチャルリアリティ(VR)機器「Oqulus Quest2」のビジネス会議用ソフト「Horizon Workrooms」を公開した。バーチャル会議室に参加者が分身のアバターとして集い、バーチャルなコミ...
43Picks
エアコンの省エネ性能、目標基準を15年ぶり改正へ…「脱炭素」で海外に売り込み
読売新聞
|
経済産業省は2022年度、省エネ法に基づく家庭用エアコンの省エネ性能の目標基準を15年ぶりに改正する方針を固めた。メーカーに対し、27年度までに現在より約3割高い省エネ性能を達成するよう義務付ける。冷暖房器具は家庭部門
58Picks
ダイキン、全空調で脱レアアース 25年度までに、調達不安を回避
共同通信
|
ダイキン工業が2025年度までに、全ての空調機器でレアアース(希土類)の使用量をほぼゼロにする方針で...
15Picks
Sofarと米国防高等研究計画局が「7つの海の天気予報」を得る海洋監視機器のオープン標準を策定
TechCrunch Japan
|
海は無数のさまざまな産業にとって重要だ。しかし、海全体がどのような状態にあるのかを常に把握することは、依然として難しい。Sofar Ocean TechnologiesとDARPA(米国防衛高等研究計画局)は、新世代の海洋観測フロートなどの機器の開発を促すために「Bristlemouth」呼ばれる海洋ハードウェアのオープン標準を策定している。
16Picks
世界の自動車メーカー、EV用電池工場へ巨額投資競争取り残された日本の自動車産業の危機
ビジネスジャーナル
|
ホンダはF1から撤退し、EV(電気自動車)専業メーカーとして邁進する。2040年には世界で販売する新車をすべてEVあるいはFCEV(燃料電池車)にすることを4月に発表した。その計画に伴いHEV(ハイブリッド車)の生産を中止する。エンジン車の生産は40年でゼロである。
78Picks
音楽機器のズーム社、商標権侵害でWeb会議「Zoom」提供のNECグループ会社を提訴 「和解金での解決を排除」
ITmedia NEWS
|
音楽用電子機器を販売するズームが、Web会議システム「Zoom」が商標権を侵害しているとして、日本でZoomを提供するNECネッツエスアイを提訴した。損害賠償は請求せず「和解金などでの解決を排除する姿勢」を見せている。
10Picks
マクセルが全固体電池で世界初!バイポーラ構造の硫化物系コイン型を開発
ニュースイッチ
|
マクセルホールディングス(HD)は16日、中核事業会社のマクセルが、バイポーラ構造の硫化物系コイン型全固体電池(写真)を世界で初めて開発したと発表した。11月からサンプル出荷を開始する。産業機器や非常用電源向けの採用を見込む。全固体電池事業の売上高を2030年に約300億円に増やす計画だ。 集電体の片面に正極を、もう一方の面に負極を塗って「バイポーラ電極」とし、これを複数枚重ねる構造。マクセ...
26Picks
米モノ輸出、過去最大 ワクチン普及で景気回復―7月
時事ドットコム
|
【ワシントン時事】米商務省が2日発表した7月の貿易統計(国際収支ベース、季節調整済み)によると、モノの輸出は前月比1.8%増の1485億9200万ドル(約16兆3500億円)と、単月で過去最大となった。新型コロナウイルスのワクチン普及に伴う経済再開を背景に、世界各地で景気回復が進んだことが寄与した。 過去最大を記録した消費財や産業用資材が輸出をけん引。輸入は1.2%減の2363億1400万ド...
産業用空調機器 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
ベトナム
アメリカ合衆国