新着Pick
SPD2JHRXWAJ7SAMZ
医療用医薬品
JPN

医療用医薬品 業界

日本
業界一覧
>
医薬・バイオ
>
バイオ・医薬品製造
>
医療用医薬品
医療用医薬品(病院や診療所において医師、歯科医師が治療に使用し、または処方する医薬品)の研究、製造を行う企業群。バイオ医薬品は除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
30Picks
中国60社超のマスク不許可 粗悪品排除狙う―米食品医薬品局
時事ドットコム
|
【ワシントン時事】米食品医薬品局(FDA)は7日までに中国企業60社以上に対し、米国市場向けに医療用高機能マスク「N95」を輸出する許可を取り消した。新型コロナウイルスに対応する物資の不足に乗じて信頼性の低いマスクが出回っており、不正業者を締め出す狙いだ。
19Picks
アプリで注文、薬剤師による「医薬品のデリバリー」開始
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
処方箋なしで医療用医薬品を販売している零売薬局「健康日本堂調剤薬局赤坂店」は、2020年2月25日より薬剤師による医療用医薬品の宅配を行う、「速薬デリバリー」のサービスを開始する。 速薬デリバリー…
10Picks
医師コンビが「治療用アプリ」で起業、禁煙に続き高血圧治療アプリを開発 - スタートアップ&イノベーション
Diamond Online
|
医師が薬ではなく、アプリを処方する時代が近づいている。改正薬事法の施行によりソフトウェアが医療機器に追加されたことで、存在感を日に日に高めているのが医療スタートアップのCureApp(キュア・アップ)だ。これまでニコチン依存症治療用アプリを開発してきた同社が1月末に高血圧治療用アプリの治験を開始した。
520Picks
ドラッグストアvs調剤薬局、激化する「処方箋」争奪戦の行方
ニュースイッチ
|
医療用医薬品の処方箋の“奪い合い”が激しくなりそうだ。ドラッグストアが調剤併設店舗を増やしており、品ぞろえの多さという従来の利便性を武器に処方箋応需枚数の上積みを狙う。一方、調剤を専門または主体にやっ
196Picks
がんゲノム医療、保険適用 検査で最適な薬を選定
共同通信
|
がんゲノム医療、保険適用 厚生労働省は29日、がん患者の遺伝子変異を調べ最適な薬を選ぶ「がんゲノム医療」用の検査システムについ...
30Picks
医薬知見×ITの「デジタル治療」、製薬企業が虎視眈々
ニュースイッチ
|
スマートフォンやデジタル端末用のソフトウエアを活用して疾患の診断や予防、治療などを行う「デジタルセラピューティクス」―。一般的なデジタル製品と違い、医薬品医療機器等法(薬機法)の承認に基づき、医療機器として扱うのが特徴だ。現在は北米が先行するが、日本では医療用医薬品以外の事業を育成したい製薬企業が高い関心を寄せており、じわり盛り上がりを見せている。(取材・小野里裕一) デジタルセラピューティ...
107Picks
医者に接待攻勢していたMRは今 ホンネ匿名座談会 〈AERA〉
AERA dot. (アエラドット)
|
医療用医薬品を医師に「営業」する専門職、MR(医薬情報担当者)。彼らの職場環境も大きく変わっている。Cさん:「AI(人工知能)に奪われる仕事」みたいなタイトルの記事があると、ついついクリックしちゃう...
99Picks
緊急避妊薬のスイッチOTC化に日本医師会が反対する理由
ダイヤモンド・オンライン
|
医師の処方箋が必要な医療用医薬品(処方薬)から、処方箋不要のOTC(大衆薬)に転用された医薬品をスイッチOTCという。国が主催する転用の検討会では7月に緊急避妊薬が俎上に上り、スイッチOTCにあらためて注目が集まっている。スイッチOTCのキーパーソンへのインタビューを全4回でお届けする。
61Picks
創業120余年、「新規事業への挑戦」
BizReach Regional | 地方から未来の働き方を探すウェブメディア
|
大礼服の男性に「仁丹」の文字──仁丹のロゴは、多くの人が脳裏に描けるマークだろう。森下仁丹は言わずと知れた、口中清涼剤「仁丹」のメーカーである。創業以来約120年間、大阪市中央区を拠点として、医薬品や医療用具、食品等の製造販売を中心に事業を展開している。明治から昭和にかけ「人々の万病を癒やす」という理念のもと、国内のみならず世界中に「仁丹」の市場を広げ、製薬業者としてゆるぎない地位を築き上げ...
11Picks
「精神疾患に対する医療用大麻の有効性」に疑問符
Forbes JAPAN
|
精神疾患の治療目的で、大麻由来の成分カンナビノイドが配合された薬を飲んでいる人は、新たに発表された研究結果を聞いて、肩を落としてしまうかもしれない。各種の医療用大麻には一般的に、さまざまな精神疾患に対する明白な治療効果がないことが明らかにな・・・
42Picks
がんゲノム検査システム、初承認 厚労省、保険適用で費用負担減へ
共同通信
|
がんゲノム検査システム、初承認 厚生労働省は13日、がん患者の遺伝子変異を調べ、効果が見込める薬を選ぶ「がんゲノム医療」用の検査システムの販売を初めて承認する方針を固めた。1カ月程度で医療機器として正式承認される。その後に公的医療保...
11Picks
米検察当局、オピオイドのメーカー・流通企業6社を刑事捜査
Reuters
|
[26日 ロイター] - 米連邦検察が、刑事事件として立件する可能性を念頭に、麻薬入り医療用鎮痛剤「オピオイド」の大量流通に関与したメーカーおよび医薬品卸6社を捜査していることが、規制当局への提出資料で明らかになった。
39Picks
帝人がベンチャーと組んで学んだこと
日経デジタルヘルス
|
連結の従業員数が1万5000人を超える帝人グループの中で、およそ2割を占める人員が携わっているのが医療用医薬品、在宅医療機器などのヘルスケア事業である。さらに近年は、グループ内のIT事業も躍進。こ…
38Picks
医師が処方する「治療用アプリ」田辺三菱製薬が開発へ スマホで患者支援、保険も適用
産経ニュース
|
田辺三菱製薬が、国内製薬大手で初めて「治療用アプリ」の開発に乗り出すことが5日、分かった。治療用アプリは、スマートフォンなどのアプリが患者(利用者)の症状や体重、体調、生活パターンなどを分析し、医学的データに基づき生活習慣などを指導して、病気の治療を支援する仕組み。医薬品でも医療機器でもない“第3の治療法”になる可能性があり、世界各国で開発競争が始まろうとしている。
37Picks
「大衆薬」M&A活溌化、本当の狙い
ニュースイッチ
|
欧米で一般用医薬品(大衆薬)ビジネスをめぐるM&A(合併・買収)が活発化している。英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)が米製薬大手ファイザーと合弁会社の設立を決めるなど、大規模な案件が相次ぐ。日本でも大正製薬がフランス企業の買収を決断した。一方、有識者からは医療用医薬品を主力とするメーカーが大衆薬事業を持つ意味はあるのかとの疑問も聞かれる。国内製薬各社は競争環境が変わる中、自らの生き...
36Picks
針を使わずに薬を皮下投与するデバイス「PRIME」、武田薬品の薬で製品化へ
マッシュメディア
|
注射を打つとなると多くの人が身構える。体に針を刺すので当然のことながら痛みを伴うからだ。 そうした痛みや不安をなくす医療用デバイス「PRIME」が間もなく商品化される。針を使わずに、皮膚の上から薬をジェット注入する
31Picks
医学会には薬の宣伝をする「御用学者」がいる---上昌広『医療詐欺』第1章より
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
このような医師と製薬会社のズブズブの関係は他にもあります。 2014年に入ってから明らかになったもののなかで有名なのは、やはりノバルティスファーマ社が裏で糸をひいていた「東大病院血液・腫瘍内科事件」ではないでしょうか。
24Picks
「あなたの薬はスマホアプリです」、デジタル治療時代の到来
ビジネス+IT
|
「スマートフォンのアプリを処方する」。医薬品や医療機器では治しきれない病や、高額で治療を受けられないことがある。それをテクノロジーによって解決するのが治療用アプリになる。医療費の高騰など医療課題の解決策としても期待が高まっている治療用アプリは、米国では「医薬品と同等の効果がある」とし、FDA(米国商品医薬品局)が承認したアプリがいくつもある。日本でも2014年の薬事法改正で、医療機器としての...
24Picks
国ははしごを外すと思う…浸透進む後発薬にくすぶる市場悪化の懸念
ニュースイッチ
|
国内の医療用医薬品市場で、先発医薬品と同じ有効成分を使った後発医薬品の浸透が進んでいる。政府は薬剤費節減のため、後発薬の数量シェアを2020年9月までに80%とする目標を提示。後発品利用を促す制度の効果もあり、18年9月時点の実績は72・6%に達した。しかし業界関係者の間では、80%達成後にはそうした促進策が少なくなり、市場環境が悪化するとの懸念がくすぶる。後発薬メーカーは生き残りに向け、合...
17Picks
ニコチン依存にうつ病やがんまで、「スマホアプリ」は第3の治療法になるか
ニュースイッチ
|
キュア・アップは、医薬品でも医療機器でもない、新しい治療法「治療用アプリ」の創出を目指すメドテック(医療×IT)ベンチャー。呼吸器内科医の佐竹晃太社長と、同じく医師でプログラミング技術を習得した鈴木晋最高デジタル責任者(CDO)が起業した。佐竹社長は「治療用アプリというソフトウエアで、病気に効果のある第三の治療法を実現する」と意気込む。 現在の医療では医療機器を使った処置と医薬品の服用が2本...
医療用医薬品 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
マレーシア
タイ