新着Pick
SPD2A1DHJCOQBHEY
ソーシャルメディア
JPN

ソーシャルメディア 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
インターネットメディア
>
ソーシャルメディア
インターネット上における個人同士のつながりを起点としたコミュニケーションや情報共有を支援するサービスを運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
セレブ向けの病院から火鍋食材販売までTikTok親会社バイトダンスの多彩な投資先10社
Business Insider Japan
|
・TikTokを運営するバイトダンスが女性と子どもを対象とする医療法人グループを15億ドル(約2144億円)で買収したと報じられた。 ・だが、バイトダンスがソーシャルメディア以外の領域に興味深い投資を行ったのは今回が初めてではない。 ・教育企業からコーヒーチェーンまで、バイトダンスによるその他の投資...
1Pick
インフルエンサー がメディアエージェンシーの影の実力者に:「価値を証明するために四苦八苦する時代はとうに終わった」
DIGIDAY[日本版]
|
インフルエンサーはいまやメディア業界における陰の実力者だ。ソーシャルメディアであれ、ライブ配信プラットフォームであれ、クリエイターはグルメ、スポーツ、スキンケアなど、さまざまな分野で文化的なアンバサダーとして活躍している。そしてほとんどのエージェンシーはこうした新しいマーケティング手法への対応に積極的だ。
6Picks
「シンゾーほど平和に情熱を持った人いない」トランプ氏、安倍氏国葬で弔意
産経ニュース
|
【ワシントン=坂本一之】トランプ米前大統領は27日、自身のソーシャルメディアに安倍晋三元首相の国葬に合わせてメッセージを載せ、「彼は自分の国を愛し、日本が自由で安全であり続けるため懸命に戦った」と功績をたたえた上でメラニア夫人とともに弔意を表明した。
2Picks
イランでデモ隊と治安部隊が衝突、「独裁者に死を」唱える動画も
Reuters
|
[ドバイ 27日 ロイター] - イランでは女性の頭髪を覆うスカーフの着用が不適切だったとして拘束された女性が死亡したことへの抗議活動が激化しており、国営メディアやソーシャルメディアによると27日、数十の都市で機動隊・治安部隊とデモ隊が衝突した。
2Picks
ソーシャルメディアに投稿の動画、地元に溶け込む「杭州駐在者」が杭州の包摂性と魅力を紹介
共同通信 PR Wire
|
AsiaNet 98038 (2357) 【杭州(中国)2022年9月27日PR Newswire=...
114Picks
隠語や絵文字で禁止用語を表す「アルゴスピーク」がソーシャルメディアで激増
Forbes JAPAN
|
ソーシャルメディア上で「camping(キャンピング)」についての投稿を見かけても、それはテントの張り方や訪れるべき国立公園について話しているのではない可能性がある。この言葉は最近、まったく別のことを表す「Algospeak(アルゴスピーク・・・
21Picks
裏アカを使って自分を誹謗中傷。 子どもの「デジタル自傷」について知っておくべきこと
ハフポスト日本版
|
イメージ画像 2013年、イギリスで14歳のハンナ・スミスさんが自殺した。 彼女の父親はその後、スミスさんがネット上でいじめを受けていたことをメディアに語った。 スミスさんの家族に起きた悲劇は、ネット上のいじめ行為などを取り締まるため、ソーシャルメディアの規制強化を求める声を高めた。 しかしその数日後、意外な事実が発覚した。 スミスさんがいじめを受けていたオンライン・プラットフォームが、問題...
288Picks
アンチSNSアプリ「BeReal」を5カ月使ってみた…同様の機能をインスタグラムがテスト中だが再現できないだろう
Business Insider Japan
|
・「アンチ・ソーシャルメディア」アプリの「BeReal」が、2022年夏のアプリストア・ランキングでトップに浮上した。 ・「BeReal」ではユーザーは1日2分間だけ、フィルターなし、撮り直し制限のある写真を投稿することができる。 ・現在、インスタグラムで「IG Candid」と呼ばれる同様の機能を...
49Picks
「戦争の狂気止めたい」 ロ元兵士、暴露の手記
共同通信
|
ロシアのウクライナ侵攻に従軍した元空挺部隊兵士が29日までに、ソーシャルメディア上で戦争に反対する手...
77Picks
世界の女性がマリン首相に共感する理由
Forbes JAPAN
|
友人らとダンスやパーティーに興じる動画が流出したフィンランドのサンナ・マリン首相に、世界の女性から擁護や共感の声が集まっている。ソーシャルメディアで「#SolidaritywithSana」というハッシュタグが拡散し、マリンの「よく働き、よ・・・
17Picks
Instagram、アンチインスタアプリ「BeReal」にそっくりの機能を社内でテスト
CNET Japan
|
Instagramは、人気の高いフランスのソーシャルメディアアプリ「BeReal」にそっくりの「IG Candid」という機能を社内でテストしている。
21Picks
32の研究結果が教えるソーシャルメディア時代の子育て
Forbes JAPAN
|
学術誌『Current Opinion in Psychology(心理学の最新知見)』に掲載された新しい研究が、未成年のソーシャルメディアのより良い利用方法を模索している保護者向けに、今後の方向性を示している。論文の著者らは、親がガードレ・・・
39Picks
インスタは批判の嵐、YouTubeは強化、TikTokは鈍化。大混戦「短編動画」市場のゆくえ
ビジネス+IT
|
これまでソーシャルメディア市場では、インスタグラムは写真、YouTubeは比較的長めの動画などと、それぞれのプラットフォームにおけるコンテンツフォーマットはおおむね棲み分けられていた状況だった。しかしTikTokの登場により、各プラットフォームは、TikTokを意識した短編動画機能を追加し、その拡充に多大な投資を行っている。これに伴い、急成長していたTikTokの成長が鈍化するなど、短編動画...
22Picks
ソーシャルメディア での影響力を拡大するACミラン:「強固なミランを築くための持続可能なアプローチの中核だ」
DIGIDAY[日本版]
|
ヨーロッパのサッカーチームといえば、ACミランは誰もが知る存在だ。そして同チームは、現在、チーム史上最大のオーディセンスを抱えている。試合の視聴者だけでなく、世界中の何億人もの人々が定期的にクラブをフォローし、オンラインで約5億人がソーシャル上のコンテンツを見ていると推定されている。
87Picks
YouTube、米10代の人気トップ TikTok急上昇
The Wall Street Journal
|
米調査機関ピュー・リサーチ・センターによると、米国のティーンエージャーで常にインターネットを利用している人の割合は2015年の2倍近くに拡大した。ソーシャルメディア業界の勢力図の激動ぶりも浮き彫りになった。  米国の13~17歳を対...
1289Picks
インスタグラム崩壊。10億ユーザーの巨大なSNSを蝕む危機の正体
AppBank
|
TwitterやLineなど、数多く存在するソーシャルメディアプラットフォーム。しかし中でも、若者に人気があった「Instagram」は今後苦戦する可能性が高いとみられています。 Instagramが
13Picks
市場成長率は従来のEコマースの3倍。激戦が予想されるソーシャルコマースの注目トレンド
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
言わずと知れたビジュアル探索ソーシャルメディア、ピンタレストは6月、AI技術を活用したファッション用ショッピングプラットフォーム、イエスの買収を完了したことを発表した。イエスは、ユーザー自らが提供
142Picks
Z世代の部下がいるなら研究必須。1.2億DLの新世代SNS「Discord」とは
Forbes JAPAN
|
おはようございます(昼か夜だったらすみません)。いまやソーシャルメディアと言えば、世界の46億人、つまり人類の60%近くが利用する「インターネットの顔」とも言える存在となりました。ソーシャルメディアに接する理由はさまざまですが、1日の平均利・・・
17Picks
LUSHがインスタやTikTokを使った宣伝を中止「機会損失17億円でも価値観に従う」。代わる5つのPR手段とは
Business Insider Japan
|
カラフルな入浴剤などで知られるイギリスの化粧品会社LUSH(ラッシュ)は、社会的な関心の的になる以前から動物実験に反対し、サステナビリティを提唱してきた。そして今、同社はソーシャルメディアの弊害を排除するための新たな取り組みを始めている。 2021年、メタ(当時のフェイスブック社)の内部告発者による...
143Picks
中国人が愛し恐れる「ウィーチャット」、監視ツールか共闘の場か
Bloomberg
|
中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)が開発した「微信(ウィーチャット)」は単なるメッセージアプリではない。銀行取引やデート、ゲーム、ショッピング、ソーシャルメディアなど中国の日常生活で必要とするほぼ全ての機能を網羅し、ツイッターとスナップチャットを合わせたアクティブユーザー数より多くの人々が利用する世界最大級のソーシャルメディアプラットフォームだ。
ソーシャルメディア 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
タイ
ベトナム