新着Pick
SPD2A1DHJCOQBHEY
SNS
JPN

SNS 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
インターネットメディア
>
SNS
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Web上で社会的ネットワークの構築を促進するサイトであり、ユーザープロフィール・検索、日記機能、コミュニティ機能等を有するもの)を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
20Picks
第5回:「バズらせて」と言われたら?--SNSの運用目的に立ち返ろう
ZDNet Japan
|
前回はKGI・KPIを達成するための運用として、広告やキャンペーンについて解説しました。今回は「SNSでバズらせて!」という上司への対応に悩んでいる方に向けて解決のヒントを紹介します。
156Picks
4Pから4E戦略へ。人との距離が近いSNS時代の「ブランド力」の高め方
ライフハッカー[日本版]
|
品質の「差」が小さくなり、売り上げを伸ばすことが難しくなっているいま。「ブランド力」を高めることが必要なのだと訴えるのは、『ブランディングが9割』(乙幡満男 著、青春出版社)の著者。
29Picks
4E戦略:SNS時代に求められるマーケティングについて調べたのでまとめたよう
note(ノート)
|
こんにちは、清水です。私はふだんスタートアップでメンズメイクに関する事業をやっています! ほとんどの人が「マーケティング」という言葉を聞いたことがあると思います。マーケティングとは、「誰に対して、何を、どのようにして売るか」。つまり、「売れる仕組みを作る」ことです。 そのためのステップに4P戦略が使われています。 スタバやアップルのような「強いブランディング」が自社でもできる理由時々、「海外...
7Picks
海外のSNSで略語が多用される理由、「IDK」「ASAP」ってなんだ? - ニュース3面鏡
Diamond Online
|
英語学習の際に次のような“素朴な疑問”を感じたことはないでしょうか?「knowやknifeの「k」は読まないのになぜあるのか」「なぜgoの過去形はwentになるのか」。実は学校でなんとなく習った英語のルールには必ず理由や背景があります。大人になって英語を学び直す場合、ただ知識を暗記するよりも、単語や文法への疑問を解決することでより頭に入りやすくなるでしょう。そこで今回は、翻訳家・伏木賢一氏監...
17Picks
Twitter「みんながマスクを着用したら編集機能を追加します」とツイート
Yahoo!ニュース 個人
|
SNS『Twitter』は、同社公式アカウントにて「みんながマスクを着用したら編集ボタンを追加します」と7月3日に発表しました。
5Picks
感動、絆、SNS……。「共感」が支配する世の中にうんざりしているアナタが読むべき『反共感論』
本がすき。
|
『反共感論』白揚社 ポール・ブルーム/著 高橋洋/翻訳 政治や商売、コミュニケーションや恋愛であれ、人間にとって不可欠な要素に「共感」がある。共感は一般に「他人の経験を経験すること」と理解され、不正や苦しみに苛まれている他者を手助けする動機となる。 共感が人間にとって重要であることを否定する人はいない。だからといって、共感は必ずしも人を「正しい方向」に導くわけではない。読者も感じていることだと思わ
2Picks
#TikTok最強のSNSは中国から生まれる 9分解説
楠山祐輔 yusuke kusuyama HP - OFFICIAL
|
#TikTok #バイトダンス #黄未来『TikTok 最強のSNSは中国から生まれる』を9分で解説2019/12/05明快キングチャンネル登録者数 1.08万人今回ご紹介するのは、2019年10月3
1Pick
「マスクして」店員の言葉に女性が激昂、SNSで批判集まる - 女性自身
BLOGOS - 最新記事
|
新型コロナウイルスの感染者が急増している米テキサス州で2日、公共の場でのマスク着用を義務づける法令が施行された。その数日前、1人のセブンイレブン店員が災難に見舞われていた。USA Todayが報じている。先月29日の夜、セブンイレブンにマスク未着用の女性客がやってきた。店の入り口にはマスク着用をお願いする張り紙がしてあったが、女性客は何食わぬ顔で入店し、いくつかの商品をピックアップ。しかしレ...
88Picks
夜空に火球? 爆発音も? 未明の関東 投稿相次ぐ
NHKニュース
|
【NHK】2日未明、東京など関東の各地で、爆発音がしたという投稿がインターネットのSNSで相次ぎました。同じような時間帯に“光の玉…
3Picks
SNS中傷対策、国が実効性点検 事業者の自主的投稿削除で
共同通信
|
SNS中傷対策、国が実効性点検 総務省は2日、インターネット上の誹謗中傷対策について有識者会議を開き、会員制交流サイト(SNS)事業...
1Pick
SNSでの攻撃に負けない「防御と反撃」の方法 中傷をまともに受け止めすぎて塞ぎ込んだりしないために
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
群馬県が、ネット上で誹謗中傷の被害を受けた人に対して、支援する条例の制定を検討していることが明らかになりました。相談を受け付ける窓口の設置も検討しています。条例は県民のネットリテラシー向上を目指すものとして位置づけ、7月には有識者による検討会を設置して議論をはじめる予定とのことです。
32Picks
世界的企業3割が広告一時停止も FBなどSNSにヘイト対応要求
共同通信
|
世界的企業3割が広告一時停止も 【ニューヨーク共同】世界的な著名企業の約3割がフェイスブック(FB)など会員制交流サイト(SNS)へ...
3Picks
SNSなどをまとめてQRコードで交換! デジタル名刺アプリ「handshake」登場
マッシュメディア
|
Ruten株式会社は、オンラインで出会った人々が自分のデジタル情報をまとめて交換できるデジタル名刺アプリ「handshake」をリリースした。 デジタル名刺のニーズ近年、「Z世代」や「デジタルネイティブ」という言葉が広
98Picks
テック企業への就職紹介状を売買するサイトに賛否両論フェイスブックとグーグルが特に人気
Business Insider Japan
|
・あるウェブサイトでは、テック企業への就職希望者が匿名で、テック企業社員からの紹介状を1件につき20ドルから50ドルで購入できるようになっている。 ・ビジネス系SNSの「Blind」が作ったサービス「Rooftop Slushie」は、2019年のオープン以来、1万件以上の紹介を仲介している。フェイ...
2Picks
ドコモ、SNS誹謗中傷の電話相談を無料開放8/31まで
リセマム
|
NTTドコモは2020年7月1日から8月31日まで、SNSの誹謗(ひぼう)中傷関連の相談に限りサポートサービス「ネットトラブルあんしんサポート」の「ネットトラブル電話相談」を無料で開放している。対象はドコモ回線契約者。1人1案件のみ相談できる。
15Picks
デマ・フェイクニュースを若い人ほど共有・拡散…総務省が「新型コロナ」情報流通調査の結果発表
FNNプライムオンライン
|
感染が広がり、連日のように発信される新型コロナウイルスに関する情報。しかし、SNSなどで気軽に発信できるようになったからか、中にはデマ情報が混ざっている場合もある。2月には「新型コロナウイルスの影響でトイレットペーパーが不足する」という情報が拡散され、買い求める客が各地で殺到。店頭では品切れとなってしまった。他にも、「新型コロナウイルスは熱に弱く、お湯を飲むと予防に効果がある」などの間違った...
13Picks
TikTok広告をわかりやすく徹底解説!【2020最新版マーケティング活用法】ビジネスでのティックトック使い方大解剖
SORENA|若年層マーケティング専門メディア
|
TikTokは最近、優秀な広告媒体として他のSNSを凌駕するほどになり、マーケティングに関わる人なら誰でも知っているメディアになりました。この記事では、そんなtiktokの広告メニューやビジネス活用法、使い方を初心者にもわかりやすく説明しています。
135Picks
ZHDとLINEの経営統合完了、予定の10月から遅れる見込み
Reuters
|
[東京 30日 ロイター] - ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)<4689.T>とSNSサービスのLINE<3938.T>は30日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、経営統合の完了時期が当初予定していた2020年10月より遅れるとの見通しを明らかにした。
24Picks
米コカ・コーラ社、SNSでの広告を30日間停止 SNS上の人種差別を問題視
BBCニュース
|
米コカ・コーラ社のジェイムズ・クインシー会長兼最高経営責任者(CEO)は声明で、「世界にもソーシャルメディアにも、人種差別の場所はない」と話し、ソーシャルメディアに対し「説明責任と透明性の改善」を求めた。
201Picks
「地方の副業求人」が急増、コロナ後に約4倍に。企業は首都圏の人材確保に本腰
Business Insider Japan
|
地方の企業による、副業の求人数が増えている。 SNSによる転職マッチングサービスWantedly(ウォンテッドリー)は6月25日、新型コロナウイルスの求人への影響に関する調査結果を発表した。 調査では東京・神奈川・埼玉・千葉以外を「地方企業」と定義。このうち「副業」というキーワードを含んだ地方企業の...
SNS 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
マレーシア
タイ