新着Pick
SPD2A1DHJCOQBHEY
SNS
JPN

SNS 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
インターネットメディア
>
SNS
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Web上で社会的ネットワークの構築を促進するサイトであり、ユーザープロフィール・検索、日記機能、コミュニティ機能等を有するもの)を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
SNSに溢れる「黒塗りの画像」は、過去の苦闘の記録を“塗りつぶす”ことになりかねない
WIRED.jp
|
黒人のジョージ・フロイドが白人の警察官から暴行を受けて死亡した事件に抗議するために、TwitterやInstagramに黒塗りの四角形の画像を投稿する動きが加速している。だが、黒塗りの画像がSNSのフィードに溢れることが、結果的にこれまで地道に続けられてきた人種差別や警察への抗議活動の記録を“塗りつぶす”ことになりかねないと、反発の声も上がっている。
2Picks
テラハ木村花さんの死とトランプ大統領激怒…SNSのヤバすぎる現実
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
デジタル資本主義の行方を占う3つの出来事が、5月末、立て続けに起こった。
3Picks
ツイキャス運営のモイ、音声SNS「パルミン」公開 2Dアバター同士で通話
ITmedia NEWS
|
ツイキャス運営のモイが、2Dアバターを介して音声通話ができるSNS「パルミン」をリリースした。コミュニケーションがとりやすくなるよう、顔出しせずに交流するサービスとして開発したという。
27Picks
【SNS分析】世界はコロナ疲れ?3月ピークに「新型コロナ」投稿減少。「第2波」はなぜかバズらず
Business Insider Japan
|
世界各国のSNS(掲示板などの情報も含む)について解析し、インバウンド需要などのコンサル業務を行う「ソリッドインテリジェンス」は6月2日、新型コロナウイルスに関するSNSへの投稿が世界でどのように行われているか、分析結果を公表した。 新型コロナウイルスという単語を含む投稿は、中国では2月をピークに減...
7Picks
木村花さん事件とトランプ対Twitterと「遅いSNS」
ITmedia ビジネスオンライン
|
(1) 世界の国々はSNS(ソーシャルネットワーク)規制で悩んでいる。(2) SNS規制には副作用があり、複数の視点から考える必要がある。(3) 英国の提言の中で「SNSで議論を遅くする仕組みを作れ」という意表を突く指摘がある。複雑だが、重要な話だ。今こそSNS規制を考える時だ。
78Picks
SNSが黒く染まる。広がる「Black Out Tuesday」とは? 黒人差別に抗議、米音楽業界で大規模なストライキ実施へ
ハフポスト日本版
|
ジョージ・フロイトさんが警官に首を押さえつけられ亡くなった事件を受け、全米で抗議デモが拡大している。音楽業界では、現地時間6月2日、「Black Out Tuesday(ブラック・アウト・チュースデイ)」と称したストライキを決行し、抗議を表明する動きが出ている。 「#TheShowMustBePaused」ハッシュタグが広がる 事件発生後、SNSではミュージシャンや音楽業界関係者を中心に、「...
204Picks
「Blackout Tuesday」の人種差別抗議キャンペーン、ハッシュタグの濫用に懸念の声も
CNET Japan
|
人種差別への抗議と黒人コミュニティーへの連帯を示すためのキャンペーン「Blackout Tuesday」が米国時間2日に行われ、SNS上には黒く塗りつぶされた画像を含む投稿が溢れた。
126Picks
【SNSの罪と罰】“インターネットの息苦しさ”を考える
NewsPicks Studios
|
「WEEKLY OCHIAI」では、新型コロナウイルスについての最新情報の解説とコロナショックがもたらす新しい未来の可能性をめぐる“ハードトーク”をお届けしていますが、前回は「SNSの誹謗中傷」...
10Picks
「言葉の凶器でメッタ刺し」「匿名の悪意」ネットの誹謗中傷、経験した芸能人憤り
産経ニュース
|
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上で誹謗(ひぼう)中傷を受けた女子プロレス選手、木村花さん(22)の急死が波紋を広げている。著名人にとってSNSは活動をアピールする重要なツールである一方、デマや中傷を招く諸刃の刃となりえる。インターネット上で他人を匿名でおとしめる行為は長年問題視されてきたが、アプリの進歩などで大量の情報をより早く伝えられるようになった近年、深刻さは増している...
238Picks
レビューを書いて、暗号通貨を貯める。「打倒・食べログ」を標榜するグルメSNSの勝算
Forbes JAPAN
|
「表参道、肉、ランチ」。その日そのときの外食に迷ったとき、スマホ上から冒頭のようなキーワードを打ち込み、飲食店を検索する人は今やほとんどだろう。このビジネスモデルで思いつくのが、食べログやぐるなび、Retty。彼らの強みは、何と言ってもユー・・・
1Pick
イギリス、同棲してないカップルの「性行為禁止」でSNS沸騰
Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ
|
6月1日、イギリスで新しいロックダウンの規則が追加された。この日から、家族を除き、正当な理由なく屋内で2人以上の人間が集まることが禁止されたのだ。つまり、別の家に住むカップルが、一方の家に行くこと、ひいては性行為することが、取り締まりの対象となった。 これまでは「妥当な言い訳」なしに家を出ることが禁止されており、5月後半から徐々に規制が緩和されたが、今回の修正案により、恋人の家に行くこと自体が禁
634Picks
20代中国人が告白する「若者が天安門事件を語らない理由」
Business Insider Japan
|
学生の民主化運動を中国共産党指導部が武力弾圧した天安門事件から6月4日で31年。 インターネットやSNSが普及する一方で、中国政府による情報統制はこの数年さらに厳しくなっている。日本では「技術革新で国民監視がしやすくなり、事件のことは気軽に話せない」「事件がなかったことにされているため、若者はそもそ...
5Picks
大谷、大坂選手らが暴行死に抗議 SNSに黒い無地の画面で
共同通信
|
大谷、大坂選手らが暴行死に抗議 【ニューヨーク共同】米ミネソタ州での白人警官による黒人男性暴行死事件を巡り、米大リーグ、エンゼルスの...
6Picks
匿名の刃~SNS暴力考:「表現の自由」と被害者救済 事業者の社会的責任とは 総務省有識者会議座長・曽我部真裕教授
毎日新聞
|
会員制交流サイト(SNS)上の誹謗(ひぼう)中傷を巡り、発信者の情報開示のあり方やSNSを運営する事業者の責任について議論が盛り上がっている。「表現の自由」を守りながら被害者救済をどう図るべきなのか。憲法学者であり、総務省の有識者会議「発信者情報開示の在り方に関する研究会」の座長やSNS事業者でつ
17Picks
ローソン新パッケージに賛否。ステイホームで起きた王者セブンとのコンビニPB戦争
Business Insider Japan
|
2020年春から一新したローソンのプライベートブランド(PB)のパッケージデザインが、攻めている。 今までのコンビニの常識からは考えられない「おしゃれ」なデザインに、SNS上での評価は「かわいい」もしくは「わかりづらい」の二極化。同社のマーケティング責任者にその背景を聞いてみた。 「パケ買い」か「超...
1Pick
SNSでの誹謗中傷、有名人も次々に被害告白…投稿者は「刑事責任」を問われる可能性も
弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
|
女子プロレスラーで誹謗中傷を受けていた木村花さんの死去を受け、有名人が次々に自身の思いを語っています...
1Pick
SNSの誹謗中傷「電話番号も開示対象にすべき」に賛同多数、総務省の有識者会議
弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
|
総務省の有識者会議「発信者情報開示の在り方に関する研究会」第2回会合が6月4日、ウェブ会議で開かれた...
28Picks
なぜ広告なしで50万人のフォロワーが集まるのか? 「映え」より「なじむ」で熱狂を生む、インスタマーケの最前線
note(ノート)
|
VAZ代表の森泰輝が、識者との対談を通じて「SNSマーケティングの真髄」を探っていく連載ブログ「森泰輝のSNS道場」。今回の対談相手は、インスタグラムのマーケティングに強みを持つ株式会社FinTの大槻祐依さんです。 FinTは運営する自社メディア「Sucle(シュクレ)」のInstagram総フォロワー数が50万人を超え、運用を代行するアカウント数は50を突破。大槻さんは、若者の心を掴んで離...
5Picks
【ニューノーマルの時代・東浩紀】SNSで増幅する社会パニック。“ステイホーム”で露わになった格差
Business Insider Japan
|
ポストコロナ時代の新たな指針、「ニューノーマル」とは何か。各界の有識者にインタビューをしていくシリーズ。 5回目は、思想家であり出版社「ゲンロン」の創業者でもある東浩紀さん。東さんは緊急事態宣言下で、社会がパニックになり「自粛=絶対善」になってしまったことが大きな問題だったと振り返ります。コロナ禍か...
SNS 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
マレーシア
タイ