新着Pick
SPD2A1DHJCOQBHEY
SNS
JPN

SNS 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
インターネットメディア
>
SNS
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Web上で社会的ネットワークの構築を促進するサイトであり、ユーザープロフィール・検索、日記機能、コミュニティ機能等を有するもの)を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
116Picks
SNSでインセンティブ報酬を獲得。発信力を育てる「SNS報奨金制度」とは
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
【テテマーチの社内制度】 ◯「SNS報奨金制度」 【制度内容】 Twitter、note、You tubeの個人アカウントで発信した情報の、いいねやPV数に応じて社内で規定したインセンティブ報酬が…
34Picks
中の人が人気にならなくていい 森美術館のSNS担当者が見出したフォロワー数40万人への道筋
MarkeZine
|
森美術館のSNS運用を担当している洞田貫晋一朗さんがそのノウハウを書き下ろした『シェアする美術』(翔泳社)。SNSマーケティングにおいて「中の人」が注目を集めることも多い昨今、洞田貫さんは「必ずしも中の人が人気にならなくていい」と言う。では、森美術館ではどのようにして4年間でSNSフォロワー数を4倍の40万人超にしたのだろうか。その方法論について尋ねた。
8Picks
天皇陛下、皇室のSNS活用に前向き 親しい知人に相談も
BLOGOS - 最新記事
|
「天皇陛下が即位を前に、親しい知人に、長い間あたためてこられたであろうアイディアを相談され、意見を求められたそうです。その内容とは、これから皇室が新時代を迎えるにあたり、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を有効活用することについてどう思うか、というものだったそうです。陛下のよき相談相手でいらっしゃる雅子さまも、共に真剣にご検討されていると聞いています」【写真】雅子さまは流暢な英...
14Picks
“信頼”を可視化。ブロックチェーン技術を使った新SNS「bajji(バッジ)」
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
2019年6月26日、bajjiは、新規サービス第一弾『bajji(バッジ)』ベータ版をリリースしたことを発表した。 『bajji(バッジ)』は、ブロックチェーン技術で信頼を見える化し、個人同士の…
15Picks
新時代のマーケティング戦略論 <第1回>SNSマーケティング(前編)
講談社C-station
|
マーケティングの様相の変化をキーワードと共に考えるコラム連載、今回のテーマは「SNSマーケティング」。SNSで起こったトレンドやプロモーションの具体的な事例からSNSユーザーを巻き込むための共通項を導き出し、SNSを主戦場としたマーケティングに必要な観点を考察します。
33Picks
若手社員や家族に陰で嫌われる「残念なおじさん」にならない方法 - グローバル仕事人のコミュ力 澤円
Diamond Online
|
最近、困った言動をする「おっさん」や「おじさん」を話題にしたWebの記事やテレビ番組、ブログやSNSの投稿などをよく目にします。そこで今回は、ふとした言動で「残念なおじさん」にならないための処方箋を、自戒も込めつつお話しします。
2Picks
『SNSはクスッと笑って楽しんでもらうもの』 - せき 健一郎
BLOGOS - 最新記事
|
『SNSはクスッと笑って楽しんでもらうもの』との考えから、あまり固い話しはしません。しかし、年金の話が注目されました。僕のライフワーク『尊厳ある生活保障』の一部分について、お話しをさせてくださいὠaお願いがあります。ぜひ、私たちの老後について、一度ゼロから、考えてみてください。そのきっかけになればと、この文章を記しました。===================================...
21Picks
なぜトヨタ社長スピーチはアメリカで絶賛されたのか。日本人に足りないものがそこにはあった
Business Insider Japan
|
「あなた自身のドーナツを探しなさい」 5月18日、ボストン郊外のバブソン・カレッジの卒業式で、同校経営大学院の卒業生である豊田章男トヨタ自動車社長がスピーチを行った。(日本語字幕付きはこちら) なぜか日本ではあまり広く報道されていなかったようだが、SNSで大きな反響を生んだこのスピーチは、いろんな意...
15Picks
AIがSNS上で鬱病を早期発見する
note(ノート)
|
研究者らは、ソーシャルメディアの投稿の分析に使用すると、現在の最先端技術よりも10%臨床的鬱病の早期発見を高めることができる2つの機械学習技術を実証した。 研究の手始め チームのメンバー、スペインのA Coruña大学の教員は、6月14日にJournal of Medical Internet Research( https://www.jmir.org/ )にオンラインで発表した。 A C...
108Picks
森美術館のSNS運用、インスタ映えを狙わない戦略とは? 話題となった展覧会を成功に導いた舞台裏
MarkeZine
|
国内の美術館では指折りのSNSフォロワー数を誇る森美術館。2018年に話題となったレアンドロ・エルリッヒ展も、その裏には巧みなSNSマーケティングがありました。中の人である洞田貫晋一朗さんが書き下ろした『シェアする美術』より、その舞台裏を紹介します。
539Picks
【ゆうこす】タグ映え、mixi、SNSの今を語る
NewsPicks編集部
|
ツイッター、インスタグラム、YouTubeなどSNSの総フォロワー数は150万超え。今若い女性に支持されるインフルエンサーの一人、ゆうこすが『共感SNS』を上梓した。ゆうこすのフォロワーは、10...
12Picks
SNSが生み出した「他人との時間の共有」がマーケティングにもたらす意味とは。
ACCUENT BLOG
|
最近、とある人のフェイスブックを見ていて思ったことがある。 それは、『タイムラインに表示されるこの人が閲覧した…
56Picks
クランクを回したくて仕方ない! 携帯ゲーム機「Playdate」ハンズオンレヴュー
WIRED.jp
|
ソフトメーカーのPanicが発表し、SNSでも話題になった携帯ゲーム機「Playdate」。いち早くプロトタイプを試してみてわかったのは、このゲーム機が「新鮮さ」×「手軽さ」×「ゲームの中毒性」の掛け合わせによってつくられた「罠」である、ということだった。
55Picks
Twitterで「複垢」を使いこなす若者たち 「高齢化」するFacebook
BuzzFeed
|
Twitter、Instagram、Facebook、TikTok。世代ごとにどんなSNSを「最も利用している」のか、傾向がはっきりと分かれた。
16Picks
「座って接客」はアリ? ナシ? 日本式接客について訪日外国人に聞いてみた
ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
|
スーパーなどのレジ係。店員が高齢であったり、お客さんのいないときは座っていてもいいのでは……? そんな投稿がSNSで話題を呼んでいる。果たして日本の接客は「トゥー・マッチ」なのだろうか? 客の前でスマホいじりも当たり前 […]
19Picks
「個」を大切にしたマーケティングが新たな顧客体験価値をもたらす : FUJITSU JOURNAL(富士通ジャーナル)
FUJITSU JOURNAL(富士通ジャーナル)
|
モバイルデバイスやSNSの普及による販売チャネルの多様化で消費者の購買行動は大きく変化しています。そうした状況の中で、顧客とのエンゲージメントを維持・強化するため、一人ひとり異なる「個」をリアルタイムに正確に捉え、的確にヒットするアクションへと繋げていくことが必要です。イノベーティブなデータ活用方法を共創したお客様のデジタルマーケティング事例を中心に、2017年5月18日~5月19日に開催し...
55Picks
猫耳大臣、SNSで瞬く間に拡散 会見生中継、撮影ミス
朝日新聞デジタル
|
パキスタンで今月中旬、州大臣の記者会見を生中継するのに使われた携帯電話の「猫耳アプリ」が起動していたため、猫に扮したような姿がネット中継される珍事があった。州政府は「撮影者のミス」と釈明したが、動画…
13Picks
歯科医療者向けSNSの「1D」が3500万円の資金調達、歯科材料通販大手と提携し会員獲得基盤を強化
TechCrunch Japan
|
歯科医療者向けのSNS「1D」提供のワンディーは6月17日、歯科医院向け通販を手がけるフィードと資本業務提携を締結し、同社を引受先とする3500万円の第三者割当増資を実施したと明かした。 昨年TechCrunch Japanが主催したイベント「TechCrunch Tokyo 2018」内のピッチコンテスト「スタートアップバトル」のファイナリストであるワンディーにとって、今回が初の資金調達と...
12Picks
アメリカの州公式のインスタアカウントが映え過ぎてウットリ
ギズモード・ジャパン
|
Image:Instagram行ってみたいところばかり。アメリカに住んでいた時、私はほとんどロサンゼルスから出ませんでした。犬を飼っていたのと出不精だったのが主な原因ですが、ロサンゼルスとニューヨーク以外から来た人たちの「あそこは本当に何にもない」という言葉を鵜呑みにして、興味すら持たなかったんです。でも、SNSでコアな情報に触れられる今となって、当時の出不精をとても後悔しています。だって、どこも
SNS 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
マレーシア
タイ