新着Pick
SPD2A1DHJCOQBHEY
SNS
JPN

SNS 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
インターネットメディア
>
SNS
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Web上で社会的ネットワークの構築を促進するサイトであり、ユーザープロフィール・検索、日記機能、コミュニティ機能等を有するもの)を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
6Picks
3人の中、一人が見ている反腐敗をテーマにしたドラマ「人民的名義」が中国で大ヒット
note(ノート)
|
中国ドラマ「人民的名義(The name of the people)」がその放送開始からヒットし、視聴者や世論の大きな注目を集めている。CNN、BBC、中国の口コミサイトは中国大手SNSサイト「豆瓣(Douban)」で、同作品の評価は9.0ポイントという好スタートとなり、第4話放送時には9.1ポイントに達した。このドラマは中国のソフトな強みを見える新時代がくる。『君の名前は』と同じように自...
205Picks
「電話に出るのが嫌で会社行きたくねぇ」新入社員の気持ちに激励 「完璧に電話取れるなんて誰も思ってないから安心しろ」
キャリコネニュース
|
メールやSNSでのやり取りが身近な今の新入社員の中には、会社にかかってくる電話対応が苦手という人もいる。 2ちゃんねるでは4月18日、「新入社員だけど電話が怖くて取れない」というスレッドが立った。スレ主はよほど電話が嫌いなのだろうか、 「先輩たちは取れよって思ってるんだろうな……」 「会社行きたくねぇ……ほんと電話苦手」 と心境を吐露した。 新人じゃなくても「よく聞き取れなかったりうまく舌や...
305Picks
「つぶやき」でインフル流行を予測、人工知能が言語から解析 SNSがインフラに
SankeiBiz(サンケイビズ)
|
奈良先端科学技術大学院大学(奈良県生駒市)の研究グループが、ツイッターの投稿内容からインフルエンザの患者数や流行のピークを予測する手法を開発した。国の調査よりも早くピークを把握でき、花粉症や感染性胃腸炎など他の感染症にも応用が可能で、広く利用できるようシステム実用化を検討している。
13Picks
Facebookが描くSNSの未来像--「ソーシャル」こそがVRの本質
CNET Japan
|
Facebookはこのところ、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)への取り組みを強化している。暴力的な事件現場を生配信されるなど、さまざまな問題を抱える同社のプラットフォームは、今後どこへ向かっていくのだろうか。
17Picks
日本のネットを騒がせる「マストドン」、その課題と可能性をえふしん氏に聞いた
TechCrunch Japan
|
 編集部:ここ数日間で日本でも急激に話題となっているSNS「Mastodon」(マストドン)。ポストTwitterとの呼び声も高い同サービスは、インターネットに慣れ親しんだ(主におじさん)世代でブームとなり、瞬く間に若者など広い層に広がった。 Read More
8Picks
「ジワジワ系フェミニズム」で始まる?日本の男女平等
NewSphere
|
「フェミニスト」という言葉にあなたはどんなイメージを持っているだろうか?エマ・ワトソンを始めとするハリウッドセレブや有名ブロガー。彼らがフェミニストとしてSNSで自らの主張を発信するようになった昨今、世界ではフェミニズムをより身近に感じる人が多くなっている。特に欧米の先進国では、男女共にフェミニスト的思考を持つことは「もはや、当然の一般教養」となりつつある。そんな中、我が国日本では男女共に平...
10Picks
若年層に効くインフルエンサーマーケティングの最新事例を紹介!SNS世代の心を掴むプロモーション手法とは?【セミナーレポート】
ソーシャルメディアマーケティングラボ
|
YouTuberやインスタグラマーなどを企業のブランディングやプロモーションに活用する「インフルエンサーマーケティング」の最新動向や成功事例などを解説したセミナーをレポートします!   株式会社VAZ 代表取締役社長
46Picks
いまさら聞けない分散SNS Mastodon(マストドン)。誤解の多い連合タイムラインを解説
Engadget 日本版
|
ここ数日で急激に話題となっている新しいSNSサービス、Mastodon(マストドン)。その始めかたや基本的な使いかたはすでにEngadgetでも公開しています。 「マストドン」を徹底解説。Twitterとの違い、魅力から使い方、オススメサーバーまで(世永玲生) 今回はそもそもMastodonとはどんなサービスなのかと、誤解している人が多い連合タイムラインの表示を含む3つあるタイムラインの違い...
90Picks
なぜ嫌いな人のSNSをわざわざ見てしまうのか?
文春オンライン
|
Q大嫌いな人のSNSをわざわざ見にいって、腹を立てることがやめられません大嫌いな人のSNSをわざわざ見にいって、腹を立てることがやめられません。見れば必ず不快になるとわかりきっているのに、どうしてわざ…
18Picks
アサヒ飲料、三ツ矢サイダーの新CM取りやめ…SNS上で「危険」の声
スポーツ報知
|
アサヒ飲料は18日、俳優・神木隆之介(23)と女優・芳根京子(20)が出演していた三ツ矢サイダーの新CM「僕らの爽快編」を中止にすると発表した。同社は公式サイトで「この度、三ツ矢サイダーの新CM『僕らの爽快編』につきま【社会】
610Picks
若者にとって「クール」なモノって何なの? 10代が好きなSNS・動画サービス
ギズモード・ジャパン
|
Cool! かつては自分も10代の若者であったはずなのに、あっと言う間に「若者」のことがわからなくなってしまいました。何が流行ってて、何がヤバくて、何がカワイイのか、もうさっぱり…。ただ、時代の流行...
24Picks
「たった15人しか登録できないSNS」が存在する意味
ライフハッカー[日本版]
|
今の時代、友達を作ることは本当に簡単になりました。必要なのは、少しの度胸と自信、そしてソーシャルメディアを使う最低限のリテラシー、といったところでしょう。 記事を読む
12Picks
マストドンに飛びついて「これはすばらしい!」みたいなこと言ってるやつは目立ちたいだけのアホ
今日も得る物なしZ
|
とりあえず登録しておくかみたいな人はともかく、これは素晴らしい革新的だポストtwitterだみたいなことを言ってるのは完全なアホ。 自由でオープンソースなSNSですと言っておきながらエロは遮断されるわ突然全情報がリセットされるわ海外のサーバーが突然消滅してなかったことになってメールアドレスとパスワードだけぶっこ抜かれるわ(後述)でどこが自由なんですかという気持ち。 俺の予想では1ヶ月持たずに...
10Picks
盛り上がりつつある「Mastodon」、セキュリティは大丈夫?
ITmedia エンタープライズ
|
Twitterのような使い勝手のSNSとして、ここ数日で急速に注目が集まっている「Mastodon(マストドン)」。早くもそのセキュリティを心配する声が上がっていますが、その心配は正しいとも過剰だとも言えます。
12Picks
「社員が会社を好きか」が競争力の根源になる!社員を喜ばせるサービスを
ニュースイッチ
|
「働いている人が会社を好きかどうかが、最終的には競争力の差になる」。名古屋のベンチャー企業、スタメンの加藤厚史社長はこう話す。同社は福利厚生などの社内制度活性化と社内SNSをミックスさせたサービスを提供。社員が制度を利用すればするほど、社内のコミュニケーションが活性化する仕組みづくりに取り組んでいる。福利厚生が社員のためになっていない? 現在、売り手市場も影響して、企業が採用活動に使う費用は...
290Picks
10代に人気のSNS、米国ではSnapchatが1位--Instagramの追従策は効果薄?
CNET Japan
|
Piper Jaffrayが実施した調査で、米国のティーンエージャーが月に1度でも利用したソーシャルプラットフォームと好きなソーシャルプラットフォームの両方で、SnapchatがInstagramをわずかに押しのけてトップに立った。
208Picks
東大が入学式 学長「言葉、鍛え上げて」
共同通信 47NEWS
|
東大が入学式 東大の入学式が12日、東京都千代田区の日本武道館で開かれ、2回目の推薦入試の合格者71人を含む新入生3120人が学生生活のスタートを切った。 五神真学長は式辞で、会員制交流サイト(SNS)など新たな情...
6Picks
【2017年4月版】人気SNSの国内&世界のユーザー数まとめ(Facebook、Twitter、Instagram、LINE)
blog.comnico.jp
|
2017年4月時点で公開されているSNS各社や公表データをもとに集計しました。
112Picks
高校球児のスマホ事情。敵情報はツイッターで、気合い注入はLINEで
集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva
|
一瞬、耳を疑った――今回のセンバツ出場校のなかに、Wi-Fiを完備した寮を持つ学校があるというのだ。 今や高校生がスマートフォンを持つのは当たり前の時代。スマホを使ってツイッターやLINEなど、SNSでコミュニケーションを取るのは日常茶飯事だ。スマホは中高生にとってマストアイテムといってもいい。そん…
SNS 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン