新着Pick
SPD29UCZZ7VBYAK7
通信端末・回線販売
JPN

通信端末・回線販売 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
家電・OA小売
>
通信端末・回線販売
携帯電話などの通信端末販売および通信回線契約の取次を行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
9Picks
12月の楽天モバイル通信障害、全回線の2割に影響 原因は「デッドロック」
ITmedia NEWS
|
楽天モバイルは、同社のMNOサービス「無料サポータープログラム」で2019年12月に発生した通信障害について、契約回線の約2割で正常な利用ができない状況だったと発表した。
36Picks
EU、すべてのスマートフォンに充電統一規格の採用を義務付けか
Engadget 日本版
|
欧州議会が、EU圏内で販売されるスマートフォンを含むすべての携帯機器について、統一の充電器採用を義務付けるための議論を開始しています。 といっても、この話自体は今に始まったものではありません。2009年には、充電規格をmicroUSBに統一するという了解覚書(MoU)がアップルやサムスン、HuaweiやNokiaなど14社によりなされており、独自端子を使っていたものも多かった当時の端末が、徐...
2Picks
NHKから国民を守る党 立花孝志のスタンプが作られてしまう 
ニコニコニュース
|
ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください あの「NHKから国民を守る党」の党首、立花孝志のLINEスタンプが販売開始されたぞ。 100コイン(250円)の有料スタンプとなっており、「ぶっ壊す」、「知らんがな」「了解」ばかりで、本…
22Picks
京セラのローカル5G戦略を聞く 基地局と端末を同時開発、5Gのみのスタンドアロンで勝負
ITmedia Mobile
|
次世代通信規格「5G」を用いた通信サービスを、企業や自治体などが限られたエリア内で提供する「ローカル5G」。そのローカル5Gに参入を計画し、基地局や端末の開発を進めているのが京セラだ。どのような戦略で市場開拓を進めようとしているのだろうか。
63Picks
ソフトバンク、端末購入補助プログラムの月額料金を0円に 「トクするサポート+」20年3月開始
ITmedia NEWS
|
ソフトバンクが新たな端末購入補助プログラム「トクするサポート+」を2020年3月中旬に始める。既存の「トクするサポート」(月額390円)とは異なり、月額料金はかからない。同社の回線を契約していないユーザーも利用できる。
19Picks
NTT東日本が総務省に「ローカル5G」の無線局免許を申請。企業向けの検証環境で5Gの活用法を探る
Engadget 日本版
|
2019年12月24日、NTT東日本は「ローカル5G」の無線局免許申請を総務省に行いました。 「ローカル5G」は、許可を受けた建物・エリアのみで5G回線が使用できるローカルエリア限定の通信規格です。特定の通信業者だけでなく、一般企業や自治体も申請・参入可能なため、幅広い分野での活用が期待されています。しかし、どのように活用したらいいのか悩む企業が多いのも確かです。 そこでNTT東日本と東京大...
15Picks
中国は報復を警告、ドイツがファーウェイを5G市場から排除なら
Bloomberg.com
|
ドイツが第5世代(5G)移動通信ネットワーク機器のサプライヤーから中国の華為技術(ファーウェイ)を除外するなら、中国は報復に出ると中国の呉懇・駐ドイツ大使が警告した。報復について具体的な説明はなかったが、数百万台のドイツ製自動車が中国で販売されている事実を指摘した。
18Picks
トラブル相次ぐ楽天、事業拡大に黄信号
ニュースイッチ
|
楽天で携帯電話料金の誤請求をはじめとしたトラブルが相次いでいる。格安スマートフォン顧客に対して月額料金の消費税率を誤って計算して請求。自社回線を持つ移動体通信事業者(MNO)として10月から試験提供している携帯電話サービスでは、料金請求に関するメールを誤って配信したことが発覚した。主力のインターネット通販だけでなく、通信などへ事業を拡大する楽天の成長に黄色信号が点灯しかねない。(取材・大城蕗...
14Picks
NRI、2025年度までの5G関連市場を予測、2025年には46%が5Gベースに
BCN+R
|
野村総合研究所(NRI)は11月27日に、2025年度までの5G対応端末の販売台数と契約回線数の予測とともに、特に5Gと関連が深い4つの領域についての市場規模予測を発表した。
107Picks
ソフトバンク、3G終了へ 24年、利用者減少で
共同通信
|
ソフトバンク、3G終了へ ソフトバンクは6日、第3世代(3G)携帯電話と呼ばれる前世代の通信回線のサービスを2024年1月下旬...
110Picks
PC代わりになるタブレット端末、増税後も3桁成長と爆売れ
BCN+R
|
タブレット端末の販売台数前年比が、9月30日週~11月4日週の期間、デスクトップPCとノートPCのそれを上回っていたことが、全国の家電量販店やECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」で分かった。第7世代のiPadが、有線・無線のマウスや、アップル純正のキーボード「Smart Keyboard」に対応したことで、PCのように利用できるようになったことが影響しているようだ。
156Picks
米、ファーウェイへの販売制限強化を検討=関係筋
Reuters
|
[ワシントン 29日 ロイター] - 米政府は、米国の技術が用いられている海外製品の中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への販売制限を強化する可能性があると、関係者2人が明らかにした。
14Picks
給油許可はタブレットで セルフGS、人手不足に対応―総務省消防庁
時事ドットコム
|
総務省消防庁は、セルフ式のガソリンスタンド(GS)で、従業員がタブレット端末を使って客の車に給油許可を出せるよう規制を緩和する。給油許可は現在店舗内で行う必要があり、人手不足で過疎地のGSの維持が難しくなる中、業務の効率化につなげる。経営の多角化もにらみ、敷地内で特産品の販売や宅配ボックスの設置も行えるようにする。関係省令を改正し、来年4月の施行を目指す。 現在セルフ式のGSでは、従業員が店...
33Picks
米、ファーウェイへの一部部品販売許可 企業への通知開始
Reuters
|
[20日 ロイター] - 米商務省は20日、米企業に対し、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]への一部の部品販売を許可するライセンスの発行を開始したと発表した。
28Picks
ローカル5Gとは何か? 総務省の狙いやNEC、パナソニック、東芝の動きなどを解説
ビジネス+IT
|
5Gの商用サービスが、日本でも2020年より始まる。5Gのメリットは高速、大容量、低遅延、そして1つの基地局により多くの端末が接続できること。そのため、「モバイル通信の体験を変える」と期待されているのだが、5Gのポテンシャルはそれだけではない。IoTやスマートファクトリーなど、企業や自治体のニーズへの活用だ。そこで総務省が打ち出した「ローカル5G」について、詳しく解説しよう。
54Picks
ファーウェイが日本で5Gスマホ発売へ シェア巻き返し狙う
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
共同通信社の報道によると、ファーウェイは来年日本で開催される東京オリンピック・パラリンピックを見据え、5G(第5世代移動通信システム)に対応したスマートフォンを日本市場でも複数販売する予定であると発表
462Picks
「動画見放題」通信制限も 総務省が指針案近く公表 年内にも実施
毎日新聞
|
スマートフォンで特定の動画サイトなどを無制限で視聴できる「ゼロレーティングサービス」について、総務省は通信制限も含めたルールを作る。大勢がスマホでネットに接続して回線が混雑する際に通信量の多い利用者から順に制限する。このサービスには携帯電話会社が相次ぎ参入しているが、アプリやコンテンツを提供する中
10Picks
NTTが披露する「人間の内面をデジタル化」の未来
ニュースイッチ
|
NTTは14、15の両日、NTT武蔵野研究開発センタ(東京都武蔵野市)で研究開発成果を披露する「R&Dフォーラム」を開く。今回のテーマは、澤田純社長が提唱した「IOWN(アイオン)」構想。通信ネットワークから端末まで光を使うことで、膨大なデータを迅速に処理する同構想を具現化し、スマートシティー(次世代環境都市)を構築する次世代技術を多数展示した。(編集委員・水嶋真人) 娘の習い事を何にするか...
58Picks
第4キャリアへの道険し?楽天モバイル無料サポーターで味わった天国と地獄
ギズモード・ジャパン
|
Image:楽天モバイルスリルを味わう日常に?日本の携帯電話キャリアは、ドコモとauとソフトバンクの3社になってから、もう久しくなります。えっ、でもいまでは、楽天モバイルとかmineoとかLINEモバイルとか、いろいろあるよ?そういいたいのは山々ですけど、これらはすべて、MVNO(仮想移動体通信事業者)とよばれ、通信をするための回線は、ドコモやauから借りてサービスを提供しているだけで、携帯電話キ
36Picks
アップルはアイフォーン出荷回復を来年と予想、5G背景に-関係者
Bloomberg
|
米アップルは「iPhone(アイフォーン)」の売り上げが再び伸びるのは来年になるとみている。第5世代(5G)移動通信規格対応の端末投入で需要が押し上げられるとの期待が背景だ。生産計画に詳しい関係者が明らかにした。
通信端末・回線販売 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン