新着Pick
SPD29PYM80XHQV6W
自動車・産業用ゴム製品
JPN

自動車・産業用ゴム製品 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
自動車・産業用ゴム製品
ゴムライニング、ゴムホース、伝導用ベルト、ワイパー等、ゴムを原料としたあらゆる自動車、産業用製品を製造する企業群。但し、自動車用のタイヤは本企業から除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
FullDepth、機動力、耐久性、利便性を追求した本格派産業用水中ドローン「DiveUnit300」販売開始
DRONE - explore the future
|
株式会社FullDepthは、産業用水中ドローン「DiveUnit300」の販売を開始した。FullDepthは、水中ドローンの自社開発など軸に展開する筑波大学発のスタートアップ起業である。■DiveUnit300(ダイブユニット300)最大潜行可能深度300m本体・セントラルユニット(ノート...
14Picks
日本産業再生のヒントは手工芸品の特徴にあった!
ニュースイッチ
|
使うにつれ価値が成長する。手工芸品に見られるこの特徴に、日本産業再生のヒントがある。 【手工芸品に学ぶ「極み」】 今からもう30年以上も前のこと。当時自動車開発に従事していた私は、自らの結婚式で次のような新郎のあいさつをした。「私たちが開発している車は、購入時が最も価値が高いようです。そして使用時間の経過とともに、残念ながら価値は徐々に下がっていきます。しかし、手工芸品には時の流れとともに価...
11Picks
【THE 事例集】製造業×ブロックチェーン – 自動車業界編 part.1 –
BaaS Info !!
|
日本の産業で最も重要な一つである自動車ですが、この業界では数年前から様々なユースケースが出てきています。将来、自動運転が当たり前になる世の中で、ブロックチェーンはどのような役割を果たしていくのでしょうか。現在行われている事例から見ていきます
203Picks
AGCの「ガラスサイネージ」何がスゴい?
ニュースイッチ
|
AGCとビズライト・テクノロジー(東京都千代田区)は、AGCのガラスサイネージ製品「インフォベール」が鉄道車両用サイネージとして世界で初めて埼玉高速鉄道に採用された。埼玉高速鉄道の60車両、合計48
98Picks
スマートホーム市場でアップルの逆襲なるか…アマゾンとグーグルに対抗
Business Insider Japan
|
・アップルはスマートホーム市場でアマゾン とグーグルに大きく遅れを取っている。アマゾンのアレクサ対応のEchoは人気があり、グーグルも幅広い製品を投入している。 ・ブルームバーグによると、アップルはこれに対して、スマートホーム用ソフトウエアとデバイスの開発チームを新しく作り、HomePod以外の新製...
10Picks
日野のコンセプト「FlatFormer」のエアレスタイヤ製作を支えた3Dプリント技術
MONOist
|
日野自動車が「第46回東京モーターショー2019」に参考出品したモビリティコンセプト「FlatFormer」のエアレスタイヤのモデル製作に、ストラタシスの産業用3Dプリンタ「Stratasys F900」が採用された。
72Picks
日本電産、下方修正しても車載モーターに巨費を投じる永守会長の勝算
Diamond Online
|
日本電産が自動車の駆動用モーターに経営資源を集中している。2020年3月期の業績予想を下方修正してまでも駆動用モーターに追加投資し、累計で1兆円の投資も辞さない構えだ。日系企業としては珍しい大胆な成長戦略とも言えるが、市場の伸びが未知数の電気自動車(EV)への依存には危うさもはらんでいる。
13Picks
7年ぶりのフルモデルチェンジで激変した新型カローラの開発者を直撃!「全グレード3ナンバーです」 (2019年10月24日)
エキサイトニュース
|
9月17日にフルモデルチェンジしたカローラ。その大変身がチマタの話題を集めている。ということで、自動車ジャーナリストの小沢コージが、トヨタ自動車MS製品企画ZEチーフエンジニア・上田泰史(うえだ・や....
122Picks
強まるプラスチックへの逆風 石油メジャーにはさらなる打撃に
Forbes JAPAN
|
電気自動車がガソリンを燃料とした車に取って代わる中、石油・ガス製造業者はガソリンとディーゼルエンジン用重油のの需要低下に備えている。しかしこうした企業は、石油化学製品市場ではいまだに多くの石油が原料として必要であると考え、安心してきた。しか・・・
12Picks
Teslaの家庭用充電池「Powerwall」、2020年春から日本の住宅でも利用可能に
ギズモード・ジャパン
|
Image:TESLA災害時でも停電に気付かぬまま電力供給。電気自動車メーカーTeslaは、自動車用の電池だけでなく太陽光発電した電力を蓄える、13.5kWhの充電式リチウムイオンバッテリー「Powerwall」も作っており、それが2020春から、日本の一般家庭でも利用ができるようになります。REUTERSいわく、実は2016年から日本で注文を受け付けていたものの、太陽光発電開発を促進するための最
10Picks
テスラの中国でのEV生産に当局がゴーサイン
TechCrunch Japan
|
中国の産業を管轄する大臣は、政府の自動車製造メーカー承認リストにTesla(テスラ)を加えた。このリスト入りは、同社の中国での電気自動車(EV)生産が認可されたことを意味する。 ロイターが、中国工業情報化部(MIIT)の大臣が出したリストにTeslaが含まれたと報じた。中国のテックサイトもまたこのニュースを報じ、MIITの承認のスクリーンショットを掲載した。Teslaはリストの一番上に載って...
10Picks
テスラが家庭用蓄電池を2020年春に国内発売 価格は99万円
Engadget 日本版
|
電気自動車を手がけるTeslaの日本法人テスラモーターズジャパンは10月15日、家庭用蓄電池「Powerwall(パワーウォール)」を2020年春頃に日本国内で販売すると発表しました。既にWebサイトにて予約を受け付けており、価格は99万円(税別)です。 Powerwallは2015年から初代製品が販売されていましたが、今回日本で販売するのは、その2世代目となる製品です。 ▲Powerwal...
44Picks
ヘンテコな形の建物でもアルゴリズムで組み上げちゃうロボット
ギズモード・ジャパン
|
Image:ETHZürich/YouTubeモジュール合体で、100平方メートル超の床面積に2階建ても作れる!チューリッヒ工科大学が、スイスの不動産開発業者ERNEAGHolzbauと共同で、建物を産業用のロボット・アームであらかめじめ組み立ててしまう技術の研究をしています(いわゆるプレハブ工法ですね)。たくさんのロボットアームが木材を運び、電ノコなどの工具で削って建物のフレームを組み立てるので
11Picks
PolteがLTE信号によるデバイス追跡技術で約14億円を調達
TechCrunch Japan
|
Polte(ポルテ)は1250万ドル(約14億円)を追加で調達した。同社は、4G(将来的には5Gも)信号を利用して商業用や産業用の追跡サービスを構築している。その主な利点は、GPSで位置情報を取得し携帯通信で送信するよりも、携帯通信のみのほうがはるかに消費電力が少ない点だ。 米国時間10月11日の資金調達ラウンドは、PolteのシリーズAラウンドの延長である。2017年にPolteは600万...
12Picks
京セラが「世界初」の新型リチウムイオン電池を量産化、卒FITユーザーを取り込めるか
スマートジャパン
|
京セラが粘土(クレイ)状の材料を用いて電極を形成する「クレイ型リチウムイオン蓄電池」の量産化を決定。高い安全性と長寿命、低コスト化が可能なのが特徴で、採用第1弾製品として住宅用蓄電システムを2020年に販売する計画だ。
12Picks
中国が引き金を引く電池部材の淘汰、それでも旭化成の首位揺るがず
ニュースイッチ
|
CASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)に代表される自動車産業の大変革は、材料や部品にも変化を促す。旭化成の代表例は、電動車向けに需要の増えるリチウムイオン電池用セパレーター(絶縁材
22Picks
ミスは成果に変える。「命綱」の会社で女社長が実践する仕事のコツ
ライフハッカー[日本版]
|
『ミスを「成果」に変える──命綱を作っている女性社長の仕事術』(藤田尊子、自由国民社)の著者は、「命綱」を製造する株式会社基陽の代表取締役。「命綱」(正式名称=墜落制止用器具安全帯)は、建設に携わる人々の命を預かる重要な製品。そのため、ひとつのミスも許されません。
15Picks
自動運転車を支える部品メーカーの未来技術とは?
FUJITSU JOURNAL
|
次世代の自動車といえば、自動運転機能のみが注目される傾向が見られるが、実際にはそれ以外の部分でも、クルマのロボット化が進んでいる。 日本の住友ゴムやAGC、小糸製作所などが開発している新たなセンサー機能を持つスマートタイヤ/ヘッドライト/シート、ウィンドウアンテナも大きな役割を果たしていく。新たな技術潮流の中で生き残るために、関連産業も自らの製品のあり方を見直し、改革を推進しているのである。
59Picks
「修理する権利」のために動いたアップル、修理業者へのツール提供が意味すること
WIRED.jp
|
アップルが契約を結ばない独立系の修理事業者にも部品や修理用のツールなどを提供する方針を明らかにした。米国における消費者の「修理する権利」の保証を求める動きを受けたもので、今後はアップル製品の修理において選択肢が増えることになる。しかも、実はアップル自身にとってもプラスに働くかもしれない。
210Picks
【正念場】ルネサスは「敗戦の歴史」に名を連ねるのか
NewsPicks編集部
|
日の丸連合の敗戦の歴史は続いてしまうのかー。「日の丸半導体」として2010年に発足したルネサスエレクトロニクスが岐路に立たされている。もともと自動車用半導体で世界シェア1位を誇っていたが、近年は...
自動車・産業用ゴム製品 概要
日本
マレーシア
タイ
フィリピン
アメリカ合衆国