新着Pick
SPD29JR4CJYPNFUV
テレビ
ALL

テレビ 業界

世界
業界一覧
>
機械・電気製品
>
民生用電子機器製造
>
テレビ
ブラウン管、液晶テレビ、プラズマテレビ等、各種テレビの最終製品を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
8Picks
Netflixが2019年の推奨テレビに選んだブランドとテレビは?
@DIME アットダイム
|
世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixは、2019年の「Netflix推奨テレビ」を発表した。本年、日本国内で販売されるモデルにおいて、ソニーとパナソニックより計6モデルを認証し...
58Picks
NHK、見逃しサービスも提供へ ネット同時配信に合わせ
共同通信
|
NHK、見逃しサービスも提供へ NHKは25日、総務省で開かれた有識者検討会で、2019年度の開始を目指すテレビ番組のインターネット...
23Picks
「ミンティア」のオンライン・オフライン統合施策 テレビCMでの非接触を特定しLINE広告でリーチ
MarkeZine
|
アサヒグループ食品が販売する清涼菓子「ミンティア」は、これまでテレビCMを中心とした広告展開を行い、18年連続で売り上げを成長させてきた。昨年から、あまりテレビを見ない層へのリーチを拡大し、インクリメンタルリーチを獲得することを目指し、電通が提供するテレビ視聴データとデジタル広告配信を連携させる「STADIA」とLINEの広告プラットフォーム「LINE Ads Platform」を組み合わせ...
297Picks
台頭するアマゾンの広告ビジネス ── グーグル、フェイスブックから広告予算を奪うアマゾンとその高評価の理由
Business Insider Japan
|
この記事は、Business Insiderのプレミアム・リサーチ・サービス「Business Insider Intelligence」の調査レポートをもとにしています。詳しくは、こちら。 アマゾンは、グーグル、フェイスブック、YouTube、従来のテレビといったプラットフォームから広告予算を奪...
13Picks
ネットでニュース記事を読む人は要約を読んだだけで内容を完璧に理解したと思い込みやすい
GIGAZINE
|
TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアの利用が当たり前となり、かつてはテレビや新聞で発信されていた情報がインターネットでも簡単に得られるようになりました。そして、1つのニュースについて多くの人が同時に自分の意見を語るという新しいメディアのあり方も成立しています。そんな中、「人はソーシャルメディア経由で記事を読んでも、要約や序文だけを読んで内容全てに目を通すことが少ない」とい...
【仮想通貨】LINEのLINKトークンをわかりやすく解説
暗号資産情報サイトCoin Hackab【コインハックラボ】
|
不夜城職場を定時退社にしたトップの一言 - 大和証券・利益を上げる働きやすさ
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
15Picks
CMの効果はどうやって判断している? TVCMをやるべきか考えるときに知っておきたいこと
ECzine
|
TSUTAYA、コスメのエクスボーテ、スキンケアのプロアクティブなど、異なるジャンルでデジタルマーケティングを推進してきたアクティブ合同会社CEOの藤原尚也さん。現在はファッションブランド「DoCLASSE」のCMO兼web事業部長もつとめています。それぞれの企業で藤原さんが成果をあげることができた理由とは。どう戦略をたて、実行に移してきたのか。本連載では、デジタル、店舗、テレビCMなどに精...
102Picks
テレビにはない“新たなスポーツ観戦のカタチ”。Player!が目指すファンビジネスとは
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
「スポーツは日々人々に感動を与える。しかしビジネスとして見たとき、着実に進歩をしているのだろうか?」 大学時代、この疑問を持ったのが株式会社ookami代表の尾形太陽氏だった。彼はスポーツファンビ…
14Picks
女性向け風俗は本当に「商売」として成り立つのか - ニュース3面鏡
Diamond Online
|
最近、テレビの情報番組などで取り上げられることが多い「女性用風俗」。男性向け風俗業に比べ、「いかがわしさ」の印象はより一層強く、その話題性の高さに比べ、「本当に存在するのか」など存在自体さえ疑う声も多い。実際に事業として成り立っているのか、本当に需要があるのか、取材してみた。
172Picks
北方領土「引き渡す計画はない」 プーチン大統領、訪日前に表明
共同通信
|
北方領土「引き渡す計画はない」 【モスクワ共同】タス通信によると、ロシアのプーチン大統領は22日放映のロシア国営テレビの番組で「(北...
124Picks
解約率は0.5%を保持&テレビCMも大胆に展開 SmartHRはなぜ急成長できたのか
MarkeZine
|
オイシックス・ラ・大地の西井 敏恭氏が、サブスクリプションを採用する様々な企業のキーパーソンと対談する「サブスクリプションモデル大解剖」。第4回は、人事・労務の負担を軽減するクラウドサービスを提供しているSmartHR代表取締役の宮田 昇始氏を迎え、同社のサービス設計や「解約率」に関する意外な考え方、スピーディな成長を支える組織体制について語ってもらった。
44Picks
プーチン氏「安倍首相が平和条約締結を望んでいることを確信」 国民との直接対話で
産経ニュース
|
【モスクワ=小野田雄一】ロシアのプーチン大統領は20日、国民からの質問に直接答える年1回のテレビ番組に出演した。国際情勢面では、欧米との対立は今後も続くとの見通しを示した上で、「ロシアは譲歩しない」との意思を表明。対日関係にも言及した。一方、回答時間の多くは内政問題に割かれた。経済低迷で政権支持率の低下傾向が続いている現状への危機感を反映したとみられる。
195Picks
DAZNはテレビを倒すのか?サッカー日本代表戦中継に激震
読売新聞
|
キックオフ時刻になってから、テレビで生中継されないと気づき、驚いた人も多かったはずだ。サッカーの男子日本代表が出場した南米選手権ブラジル大会、チリとの初戦。日本時間の18日午前8時(現地時間17日午後8時)から約2時間
315Picks
TikTokなど動画メディア群雄割拠時代、若者はどんな風に動画を消費してる?13の生活シーンから考察
MarkeZine
|
テレビ視聴率の印象が強いビデオリサーチが、実はデジタルマーケティング領域へのソリューション提供も長年担っていることはご存知だろうか。本連載では、「人」「モノ」「メディア」の3つの視点で生活者を捉え、詳細分析ができる大規模調査データベース「ACR/ex(エーシーアール エクス)」や同社が実施する各種調査を活用し、変化し続ける生活者のリアルを明らかにしていく。今回は「映像メディアと若者」をテーマ...
17Picks
動画マーケティングの新たな商習慣を創る
The Leaders
|
2015年の設立以来、目覚ましい成長を続けるベンチャーがある。「ビデオリリース」という新たなマーケティング手法を提供するNewsTVだ。同社代表の杉浦健太氏は、テレビ、PR、ネット広告など、多様...
97Picks
ソニー平井氏が実践した対話する経営者--麻倉怜士が聞くテレビ復活から今後のチャレンジまで
CNET Japan
|
ソニーの平井一夫氏が6月18日、会長から退く。厳しい市況だった就任時からテレビの復活、デジタルイメージングの認知度拡大まで、平井氏は社内外に何を話し、取り組んできたのか。オーディオ&ビジュアル評論家の麻倉怜士氏が聞いた。
397Picks
名刺アプリのSansanが明日19日にマザーズ上場、知っておくべき組織・ビジネス・成長戦略
Business Insider Japan
|
法人向け名刺アプリ「Sansan」で国内トップシェアをもつベンチャー、Sansanが6月19日、東証マザーズに上場する。 創業者の寺田親弘社長は現在42歳。 2007年の創業から丸12年、ベンチャーキャピタルなどから総額100億円以上の資金を調達し、「それ、早くいってよぉ」でおなじみのテレビCMを展...
10Picks
AI(人工知能)が変えてしまう!?AI時代のマーケターの役割とは
株式会社inglow(イングロー)
|
最近、プレスリリースのチェックをしていると、毎日のようにAI(人工知能)が行うサービスのリリースがあり、AIサービスが世の中に増えてきたことを実感しています。 TVでも、今後AIが変えていく日本の生活について、特集を組む番組も増えてきました。 今日は、そんなAIと仕事に関して、マーケター(マーケティング、広報、宣伝担当)に聞いた調査が発表されていましたので、紹介します。 AI(人工知能)はマ...
11Picks
「高齢者向け運転免許」は本当に必要か?新制度の気になる中身 - エコカー大戦争!
Diamond Online
|
日本経済新聞は2019年6月11日、朝刊1面トップで「高齢者向け新免許創設 メーカーは安全機能の開発競う」と報じた。これを受けて、テレビのニュース番組や情報番組で一斉に高齢者免許に関する特集を組んだ。背景には、全国各地で相次いで発生する高齢ドライバーによる重大事故への、国民から政府へ早期の対策を求める声がある。
テレビ 概要
世界
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
インドネシア
ベトナム
オーストラリア