新着Pick
SPD27MBYBEMGS8PM
ソフトウェア(一般消費者向け)
JPN

ソフトウェア(一般消費者向け) 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
ソフトウェア開発
>
ソフトウェア(一般消費者向け)
一般消費者向けに、家電量販店等で販売するパッケージソフトの開発や各種Webサービスを提供する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
Xenomaが示すスマートアパレルの未来、CES 2020で一般消費者向けプロダクトを発表(前編)
ZOZO FashionTechNews
|
東大発スタートアップであるスマートアパレル企業「Xenoma(ゼノマ)」は、CES 2020でスマートパジャマ「e-skin Sleep & Lounge」を発表、CES 2020イノベーションアワードを受賞しました。今回は、Xenomaの歴代のプロダクトを紹介して頂いたうえで、研究開発の裏側や、今回の一般消費者向けプロダクト展開の意図をお聞きしました。Xenomaの考えるスマートアパレルの...
2Picks
LOHACO、AIを活用したバーチャルメイク機能を導入 「商品を試せない」というECの課題の解決を目指す
デジタルシフトタイムズ
|
アスクル株式会社は一般消費者向け(BtoC)インターネット通販サービス「LOHACO(ロハコ)」のビューティカテゴリーにおいて、2月19日(水)18時よりバーチャルメイク機能を導入する。これは、...
2Picks
watchOS 6.1.3配信開始。iOS 12ユーザー向けのwatchOS 5.3.5もリリース
Engadget 日本版
|
アップルは18日(米現地時間)、Apple Watch向けの最新システムソフトウェアwatchOS 6.1.3を配信開始しました。また、iOS 12搭載のiPhoneとペアリングしているデバイス向けにwatchOS 5.3.5もリリースされています。 どちらも通知が届いていれば通知から、ないしはiPhoneのWatchアプリで「一般-ソフトウェア・アップデート」から確認して手動でインストール...
19Picks
15億円超を調達したSpatialは没入的VR/ARでオフィスのバーチャル化を狙う
TechCrunch Japan
|
VR/ARはまだ一般消費者向けプロダクトとしてはメインストリームとなっていないが、MR(混合現実)テクノロジーによってバーチャルオフィスを実現しようとするスタートアップが資金を調達することに成功している。 Spatialが提供するのは「ホログラフィック・オフィス」だ。これは共同作業のプラットフォームで 複数のオフィスワーカーが同一の3D仮想空間を共有し、人々をアバターで表示することにより少な...
63Picks
アップル、iPhoneのリースを検討? サービス事業への転換加速
Forbes JAPAN
|
アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は最近の投資家向け収支報告で、同社がiPhoneをサブスクリプションサービスとして提供することを検討していると示唆した。実現すれば、一般消費者向け製品からサービスへの転換において重要な一歩とな・・・
246Picks
iPadOS 13.1配信開始。マルチタスク強化、新ホーム画面、外付けドライブも管理可能に
Engadget 日本版
|
アップルがiPad向けの最新システムソフトウェアiPadOS 13.1の配信を開始しました。iPhoneと共通のiOSから独立した、初の「iPad専用OS」となります。 届いていれば通知から、あるいは「設定-一般 - ソフトウェア・アップデート」から確認して手動でアップデートできます。また、バージョン番号を同じくするiOS 13.1も同時に配信開始されています。iPadOSは、iOSと同じ基...
15Picks
EV導入が本格化するインド、政府の優遇政策やコストダウンでエコシステム形成が加速
バンガロール経済情報
|
インドのEV市場参入に向け、国内外自動車メーカーの動きが本格化しつつある。従来より公共バスや庶民の足である3輪リキシャ、2輪車のEV化への移行は進みつつあるが、ここにきて各メーカーは一般消費者向け乗用車の新型EVモデルを次々と発表している。 韓国の「現代自動車」は2019年7月、一般消費者向けにインド初のSUVタイプEV「KONA Electric」を販売を開始した。また、「タタ・モーターズ」「マ
55Picks
テスラがソフトウェアアップデートでSpotifyやYouTube、Netflixに対応
TechCrunch Japan
|
Tesla(テスラ)が、多くの新機能が使えるようになるソフトウェアアップデートの配信を始めた(バージョン10.0)。これらの新機能の中には、5000ドルする完全自動運転オプション付きの車であれば駐車スポットから駐車場内にいる自分のところまで車を自動運転で呼び出せる「Smart Summon」が含まれる。 これは、Teslaが一般向けに提供しているものの中で最も高度な半自動運転機能のひとつだ。...
83Picks
すべての「Made by Google」製品で再生資源を利用へ--2022年までに
CNET Japan
|
グーグルは、一般消費者向けハードウェア製品を対象とした持続可能性への取り組みについて概要を説明した。2022年までに、すべての「Made by Google」製品で再生資源を利用するという。
23Picks
LINE、プログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」始動
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
LINEは、プログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」において、プログラミング教育用のソフトウェア、オリジナル教材、出前授業を無料で今秋より一般向けに提供開始することを発表した。 …
332Picks
自宅でできる遺伝子検査が8月からスタート
ギズモード・ジャパン
|
これからは簡単で手軽に遺伝子検査ができます。 株式会社DeNAライフサイエンスは、一般消費者向け遺伝子検査サーヴィス「MYCODE(マイコード)」の提供を8月中旬から開始すると発表しました。これは、...
298Picks
DeNAの遺伝子検査サービス、8月12日から提供へ--Amazonで予約受付を開始
CNET Japan
|
DeNAが4月に設立したDeNAライフサイエンスは、一般消費者向け遺伝子検査サービス「MYCODE」を8月12日から提供する。
14Picks
LINEのプログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」、ソフトウェア・教材・出前授業を今秋より一般向けに無料提供開始
EdTech Media
|
LINE株式会社は、プログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」において、プログラミング教育用のソフトウェア、オリジナル教材、出前授業を無料で今秋より一般向けに提供開始することを発表した。
232Picks
アップルやグーグルを迎え撃つ、ペイパルの秘密兵器
Business Insider
|
ペイパル(PayPal)は、ネット上の一般消費者向け電子決済システムの先駆けとして有名だ。だが、親会社が3年前に行った買収のおかげで、同社は決済ビジネスのなかでも屈指の急成長を見せる有望分野にお...
227Picks
東芝、パソコン売却へ 台湾ASUSと交渉
共同通信 47NEWS
|
経営再建中の東芝が赤字続きのパソコン事業を売却する方針を固め、台湾大手のASUS(エイスース)と交渉に入ったことが16日、分かった。東芝のパソコンはかつて世界シェア首位に立つ看板事業だったが競争力が低下し、自力での立て直しは困難だと判断した。それぞれ中国企業への売却に踏み切った白物家電とテレビに続くリストラで、一般消費者向け事業から事実上撤退する。
211Picks
創業96年で営業赤字は一度もなし、旭化成はなぜ強いのか
ダイヤモンド・オンライン
|
過去40年間で、連結売上高の規模が約4倍、営業利益が約6倍となった総合化学メーカーの旭化成。かねて事業の多角化を進めてきたが、創業96年の歴史で営業赤字に転落したことは一度もない。食品包装用ラップフィルム「サランラップ」、戸建住宅「へーベルハウス」などの一般消費者向け製品も手掛ける2兆円企業は、どのような価値観を持つ集団なのか。
208Picks
無敵のアマゾンでも、モノタロウには勝てない理由
NewsPicks編集部
|
読者に伝えたい3つのポイント ・アマゾンは6月に間接資材を扱う「産業・研究開発用品ストア」を開設。一般消費者向けだけではなく法人向け市場も強化の動きが見える。 ・モノタロウは、日本の間接資材市場...
185Picks
元グーグルのチームを集めてFacebookが謎の「パーツ交換式デバイス」を開発中 特許から読み解く全容
Business Insider Japan
|
Facebookは、一般消費者向けの新しいハードウェアの開発に取り組むにあたり、グーグルの戦略を手本としているようだ。7月20日木曜日(現地時間)...
154Picks
コンピュータ化した自動車がもたらす利点と危険
MIT Technology Review
|
パロアルトを拠点とするテスラモーターズは、一般消費者向けとしては、おそらく世界で最もコンピュータ化が進んだ車を製造してきた。 2012年に発売されたセダン型の電気自動車「モデルS」は、17インチ...
152Picks
長距離トラックの運転をアシスト!人に代わって高速道路を走らせるソフトウェア「Embark」が開発中
マッシュメディア
|
自動車メーカーがこぞって開発を進める自動運転車。その多くは、一般消費者が乗る車を想定している。 しかし米国のスタートアップEmbark社が手がけているのは、長距離トラック向けの自動運転ソフトウェア。高速道路での運転ア
ソフトウェア(一般消費者向け) 概要
日本
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム
アメリカ合衆国