新着Pick
SPD276Q52630MABU
倉庫
JPN

倉庫 業界

日本
業界一覧
>
運輸サービス
>
陸上輸送
>
倉庫
自ら倉庫(個人向け収納用スペース等を含む)を保有し、施設のスペースと保管サービス(保管、荷役、場合、仕分けや輸送など)を他の会社に提供するサービスを主体とする企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
2025年売上高5000億円をめざすホームセンター業界大手のコーナン、アリババグループとの連携強化で成長戦略を描く - AlibabaNews Japanese - アリババニュース
AlibabaNews Japanese - アリババニュース
|
「日本企業にとって、中国の宅配会社や倉庫会社を利用するにあたっては、未知の部分がまだまだ多く、どうしても万一の不安がつきまとってしまう。しかしながら、今回、日本でも有数のホームセンター、コーナン商事とのインタービューを通して、アリババグループ傘下のスマートロジスティクス企業、菜鳥網絡(Cainiao、ツァイニャオ。以下菜鳥)を利用することへのためらいは安心感に変わり、加えて、コストやリードタ...
10Picks
Future Acresがブドウ収穫を助ける自律農作物運搬ロボット「Carry」を発表し起ち上げ
TechCrunch Japan
|
今後、最も成長が見込まれるロボット分野は何かと聞かれると、私はしばしば農業を挙げる。この技術は倉庫業務やロジスティクスのような場ですでに強力な足がかりを持っているが、米国の、そして世界の農業コミュニティを見れば、ヒューマンアシスト・オートメーションの数多くの可能性を想像せずにはいられない。
182Picks
世界規模の「ウイルスモニタリング」でパンデミックを防げ
NewsPicks編集部
|
昨年の夏、マイケル・ミーナ博士は冷蔵倉庫会社と、ある契約を結んだ。新型コロナウイルスの感染拡大で、飲食店の多くが休業や閉店に追い込まれたため、倉庫会社には冷凍庫が余っている。一方、ハーバード大学...
17Picks
フォークリフトに取って代わるFetchの最新の倉庫ロボット
TechCrunch Japan
|
サンノゼを拠点とするロボット企業Fetchは、米国時間1月28日の朝、最新のロボットを発表した。PalletTransport 1500は、倉庫のフォークリフトを置き換えるために特別に設計された自立型ロボットだ。このロボットはパレットをピックアップして配送するように設計されており、最大2504ポンド(約1140kg)まで運ぶことができる。 このデバイスは、Toyota(トヨタ)を含むさまざま...
10Picks
売れる商品をAIが可視化 新システム
FNNプライムオンライン
|
働く人に役立つプラスαな考え方に注目する「αism」。倉庫で眠っている在庫が、宝の山に。コロナで大打撃を受けたアパレル業界の新たな光となるかもしれない。丸の内にあるセレクトショップ「MUSEUM OF YOUR HISTORY」で、11月の下旬に行われていた店内のレイアウト変更。目につくところに移動されたのは、この時期にはちょっと寒い薄手のシャツ。店員「今までだと、こういう薄いものは下げてお...
13Picks
物流ロボットの「Quicktron」がシリーズC+で約103億円を調達 AMR企業初の科創板上場を目指す
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
物流ロボットを活用した倉庫ソリューションを提供する「快倉(Quicktron)」が、シリーズC+で約1億ドル(約103億円)を調達した。出資者はドイツの物流機器メーカー「KION Group」、「サウジアラムコ」傘下のベンチャーキャピタル「Prosperity7 Ventures」、「交銀国際(BOCOM Intern
90Picks
仏で2千人超集まり闇パーティー コロナ規制破り警察に抵抗
共同通信
|
仏で2千人超集まり闇パーティー 【パリ共同】フランス西部リユロンの使われなくなった大規模倉庫で昨年12月31日夜から、新型コロナウイ...
50Picks
リモート市場、10年後4倍 世界228兆円、業界予測
共同通信
|
リモート市場、10年後4倍 電子情報技術産業協会(JEITA)は16日、工場や倉庫の自動化、テレワークなどを支える「ITリモート...
82Picks
ストレスの少ない仕事ランキング 1位は「倉庫・工場での作業」 ビズヒッツ調査
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
ビズヒッツは、働く男女532人を対象に「ストレスの少ない仕事に関する意識調査」を実施し、そのデータをランキング化して公表した。 仕事の主なストレス原因は「プレッシャー」や「対人関係」 ストレスの少
252Picks
コストコを狙うアリババ、中国ブランド初の会員制倉庫型店舗をオープン
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
10月1日、アリババ傘下の次世代スーパー「盒馬鮮生(Hema Fresh)」が、中国初の国内資本による会員制倉庫型店舗「盒馬X会員店(Hema X member store)」を上海にオープンした。 盒馬X会員店の第1号店は上海市浦東新区の「森蘭商都(SunLand Mall)」の地下1階にあり、敷地面積は盒馬生鮮のほ
15Picks
ロボット導入後にアマゾン倉庫で負傷事故が増加!?…その理由とは
ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
|
ロボット導入で事故増加!?  EC世界最大手・アマゾンの物流倉庫にロボットが導入された後、事故の数が業界平均値よりほぼ2倍に増えているという主張が提起された。アマゾン側は作業者の安全のため些細な事故まで報告するようにした […]
1006Picks
【DX新時代】モノのビッグデータを生む新素材「塗布型RFID」がつくる未来
工場や倉庫から物流拠点、小売り店舗まで。リアルなモノの情報をデジタルで管理するための次世代管理技術として期待される「RFIDタグ」。この技術をさらなる普及に向けて革新したのが、今年1月に東レが発...
20Picks
アマゾン、コロナで一時停止した生産性向上目標を復活=BBG
Reuters
|
[14日 ロイター] - 米アマゾン<AMZN.O>が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため一時停止するとしていた倉庫での生産性向上目標を、復活させたことが分かった。ブルームバーグが、従業員による訴状を基に報じた。
53Picks
米Amazonの主張に反し、ロボット導入の倉庫で重傷災害が業界平均の2倍に増加との調査報告
Engadget 日本版
|
Marcos del Mazo via Getty Images 米Amazonは数千万ドルを投じたロボットの導入により、物流センター業務の効率と安全性を高めていると宣伝してきました。 しかし、非営利メディアのRevealは、調査報告センター(Center for Investigative Reporting)から入手した情報とAmazon社内の安全報告書と150か所のアマゾンフルフィルメ...
14Picks
目指すは中国版マツキヨ 日本商品が買える越境EC「美刻生活」が1.5億円以上調達
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
日本の商品を扱う越境ECプラットフォーム「美刻生活(Meike Shenghuo)」の運営会社「馬賽瑪拉科技(Masai Mara)」がエンジェルラウンドで「惟一資本(We Capital)」から約1000万元(約1億5000万円)以上を調達した。今回調達した資金はB2Cオンラインショッピングモールの拡大や前置倉庫モデ
207Picks
インド最大の小売Reliance Retailが2番手Future Groupの事業を3580億円で買収
TechCrunch Japan
|
インド最大の小売チェーンであるReliance Retail(リライアンス・リテイル)はインドでの支配的地位をさらに確固たるものにする、より簡単な方法を見つけた。2番目に大きなチェーンの事業の大半の買収だ。 インド8月29日夜にReliance Retailは、Future Group(ヒューチャー・グループ)の小売と卸売事業、ロジスティック、倉庫保管事業を34億ドル(約3580億円)で買収...
3440Picks
生き残った社員は「7%」。老舗がベンチャー企業に化けた日
NewsPicks編集部
|
だれもが知っている有名企業から、急成長中のスタートアップ、またはファッションや自動車の高級ブランドまで、新しいアイディアを実現させるために訪ねる「秘密企業」が東京湾岸にある。それが1950年に設...
151Picks
京セラ事例に学ぶ! 月2万円で成功した現場主導のDXとは?
<PR>マイナビニュース
|
[提供:アステリア] 40万点もの在庫を紙のリストで管理していた京セラの物流倉庫が、現場に合ったモバイルアプリを専門知識なしで作成し、業務効率を大幅に改善しました。本稿では、その成功の秘訣をご紹...
109Picks
ドローンが医薬品の在庫管理、迅速な対応も可能に
ニュースイッチ
|
ブルーイノベーション(東京都文京区、熊田貴之社長、03・6801・8781)はHTG(大阪市中央区)と共同で、飛行ロボット(ドローン)や無人搬送車(AGV)を活用した医薬品倉庫向け在庫管理システムの開発に乗り出す。2021年度の製品化を計画し、2022年度に医薬品メーカーの倉庫向けなど500件での導入を目指す。 同システムでは、医薬品の品番や種類を、ドローンからの撮影画像やICタグで確認。日...
倉庫 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
インド
アメリカ合衆国