新着Pick
SPD25ULVWGRFO957
ファインセラミックス
JPN

ファインセラミックス 業界

日本
業界一覧
>
素材・素材加工品
>
窯業・紙
>
ファインセラミックス
半導体、コンデンサ素子、光ファイバや医療用等に利用される誘電性・磁性・光学的な面などで高機能をもつセラミックスを製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
9Picks
〈基礎講座〉NAS電池
日刊自動車新聞
|
NAS(ナトリウム硫黄)電池とは、負極(マイナス極)にナトリウム(Na)、正極(プラス極)に硫黄(S)、両電極を隔てる電解質にファインセラミックスを用いた蓄電池です。通常の鉛電池と異なり、両電極...
8Picks
陶器がファインセラミックスへ進化を遂げたのはトイレのお陰だった!?
ニュースイッチ
|
TOTOは開業から2年を経た史料館「TOTOミュージアム」の展示内容を刷新、21日報道関係者に公開した。従来以上に体感を重視し、公共施設に設置したトイレの変遷や衛生陶器以外に利用されるファインセラミ
7Picks
【プレスリリース】廃熱から電気を作る新しいゼオライト型化合物を発見 ~間接型強誘電性で焦電発電の性能向上に期待~
日本の研究.com
|
2017.04.07 名古屋大学 プレスリリース 名古屋大学大学院理学研究科(研究科長:杉山 直)の谷口博基(たにぐちひろき)准教授、寺崎一郎(てらさきいちろう)教授、田辺賢士(たなべけんじ)助教らの研究グループは、ファインセラミックスセンタ...
5Picks
【プレスリリース】直径約23 nmのセラミックナノ粒子における原子位置の「ずれ」可視化に成功 ~「コンデンサ」の更なる小型・高性能化につながる可能性~
日本の研究.com
|
2019.09.04 九州大学 プレスリリース 九州大学大学院工学研究院の佐藤幸生准教授は同研究グループの青木舞元大学院工学府大学院生、寺西亮准教授、金子賢治教授ならびに北海道大学大学院理学研究院の武貞正樹准教授、一般財団法人ファインセラミックスセンターナノ構造研究所の森分博紀主席研究員、国立研究開...
5Picks
TDKら、高誘電率材料の設計システムを開発
EE Times Japan
|
ファインセラミックスセンターとTDK、京都大学、物質・材料研究機構(NIMS)らの研究チームは、マテリアルズインフォマティクス手法を応用して、高誘電率材料を設計するためのシステムを開発した。
4Picks
充放電中の全固体Liイオン電池内部の可視化に成功
EE Times Japan
|
パナソニックとファインセラミックスセンター、名古屋大学は2018年9月3日、電池内部のリチウムイオンの動きを充放電中に可視化する技術を共同で開発したと発表した。開発した技術により、全固体リチウム(Li)イオン電池の課題の一部が特定でき、同電池の実用化に向け「大きく前進することが期待できる」(パナソニックなど)という。
4Picks
スマホ効果で「ファインセラミックス」は絶好調!
ニュースイッチ
|
日本ファインセラミックス協会は2015年度のファインセラミックス国内生産総額が前年度比6・0%増の2兆4510億円となる見通しをまとめた。同11%伸びた14年度より成長速度は鈍化するものの、リーマン・ショック前の07年を超えて過去最大となる。高性能化が進むスマートフォン向けにセラミックコンデンサーなどの搭載点数が増えていることで市場が拡大。今後は”スマホ依存“からの脱却が業界に課せられた課題...
4Picks
マテリアルズインフォマティクスを応用した高誘電率材料設計システムの開発に成功
国立研究開発法人物質・材料研究機構 (NIMS)
|
マテリアルズインフォマティクスを応用した高誘電率材料設計システムの開発に成功~ 積層セラミックスコンデンサ誘電体材料の開発に新たな設計指針 ~ファインセラミックスセンター、TDK、京都大学、NIMSからなる研究チームでは、マテリアルズインフォマティクスを応用し、高い誘電率を有する常誘電体材料を理論計算から予測するシステムの開発に成功しました。
ファインセラミックス 概要
日本
中華人民共和国
アメリカ合衆国