新着Pick
SPD1ZG4IK48V47O1
出版
JPN

出版 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
放送・出版
>
出版
書籍・雑誌などの出版物を、紙や電子などの媒体を問わず総合的に取り扱う企業群。輸出入事業を行う企業群も含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
日刊出版ニュースまとめ 2022.12.10
HON.jp News Blog
|
執筆者:HON.jp News Blog編集部 伝統的な取次&書店流通の商業出版から、インターネット...
292Picks
「書店ゼロ」全市町村の26%に 書店数は10年で3割減
毎日新聞
|
書店のない市町村が全国で26・2%に上ることが出版文化産業振興財団(JPIC)の調査で8日、分かった。全国1741市区町村のうち456市町村が書店の空白域となっている。人口減少による経営難や活字離れ、スマートフォンの普及による娯楽の多様化が背景にあり、全国の書店数はこの10年で約3割も減少。地方で
2Picks
発掘から半世紀経て報告書を出版 群馬・桐生市梅田の遺跡「不動穴洞穴」調査メンバー
上毛新聞ニュース
|
1970年代に本格的な総合調査が行われた群馬県桐生市梅田町の遺跡「不動穴洞穴」の発掘調査報告書が、半...
146Picks
英名門辞書が選ぶ2022年の流行語は「世間体を気にしない」
NewsPicks編集部
|
一年前、世界有数の辞書出版社であるオックスフォード・ランゲージズ(Oxford Languages。以下オックスフォード社)の編集チームは、律儀に世相を考慮した結果、2021年の「ワード・オブ・...
12Picks
未来の広告ビジネスとマーケターのあるべき姿とは?
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
今年3月に『広告ビジネスは、変われるか? テクノロジー・マーケティング・メディアのこれから』を上梓した安藤元博と、4月に『欲望で捉えるデジタルマーケティング史』を上梓した森永真弓。これまでの広告...
113Picks
劇的すぎる「山王」戦、「湘北」の秘密は最高な組織に必須の“リーダー”と“3要素”
ビジネス+IT
|
12月3日に新作映画「THE FIRST SLAM DUNK」が公開されることになったマンガ「スラムダンク」。バスケットボールに打ち込む高校生たちがプレイヤーとしても人間としても成長していく青春スポーツマンガですが、実は個性豊かなチームをまとめるマネジメント術や、優秀な人材を育てる教育術など、多くの学びを得ることができます。そこで今回は、『スラムダンク勝利学』を上梓し、スポーツドクターの第一...
433Picks
なぜいま海外で日本のマンガが爆発的に売れているのか? 欧米の出版関係者が語る“その熱狂”
クーリエ・ジャポン
|
いまや世界中で親しまれている日本のマンガだが、とくにここ数年、欧米でその販売数が飛躍的に伸びている。日本のマンガはいかにして世界のメインストリームとなったのか、英紙「ガーディアン」が現地の関係者たちを取材した。どれも「1巻」がない!12歳になる娘の誕生日プレゼントを探すため、私はランチタイムに大型書店のウォーターストーンズに向かった。娘のための本選びはうまくいったためしがないので、20代の書店員に
50Picks
時短で学ぶ「ファスト教養」人気の問題点と、本当に仕事に効く良書の選び方
Diamond Online
|
「実益のために教養を学ぶ」という人は、従来それほど多くはなかった。しかし近年は「仕事で役立つ」「上司に信頼される」として、教養はビジネスのためのツールになっているという。そうした状況を「ファスト教養」と名付けたのは『ファスト教養 10分で答えが欲しい人たち』(集英社新書)を上梓したライターのレジー氏。同氏に、ファスト教養が流行する背景や、今後の学びのあり方を聞いた。
122Picks
行動変容が体験を変える。一歩先行くCXの“仕掛け”
PR: ベイカレント・コンサルティング | Forbes JAPAN
|
戦略、デジタル、オペレーション、テクノロジーをカバーする総合コンサルティングファームのベイカレント・コンサルティングは、2022年9月に『感動CX』という書籍を上梓した。あえて端的にまとめるなら...
25Picks
佐賀の古民家から世界で戦えるweb3エンジニアを育成、「ソリディティハウス」とは?
あたらしい経済
|
ブロックチェーンエンジニアから、突然 佐賀県に呼ばれて…… 2016年よりイーサリアムの高速化に関わる研究と開発を行い、今年DAO(自律分散型組織)型自治プロトコル「Alga(アルガ)」を発表、さらにDAOの可能性を説いた書籍『僕たちはメタ国家で暮らすことに決めた』を上梓した、落合渉悟氏。 エンジニアとしてだけでなく、思想家として、研究者としてマルチに活躍する彼から、ある日「佐賀に遊びに来てくださ
130Picks
ブックオフが「新時代の図書館」と言える深い理由
東洋経済オンライン
|
古本屋チェーンとして一世を風靡し、現在ではCDやDVD、家電やブランド品なども扱う総合リユース店として知られるブックオフ。創業当初は「出版文化を破壊する」存在として批判されることもありましたが、とくに地…
23Picks
「判断」はIQ、「決断」はEQ EQ理論の第一人者が語る、意思決定と判断の違い
ログミー
|
経営者やリーダー向けに、「経営」「マネジメント」をテーマとした各種セミナーを開催する経営者JPのイベントに、日本におけるEQ理論の第一人者でEQ関連書籍を多数出版している株式会社EQ会長の髙山直氏が登壇。経営者JPの代表・井上和幸氏と共に、言葉や表現を磨く意味や、髙山氏が挨拶の際に一言付け足す理由などを語りました。
12Picks
市が整備の防災公園、「KADOKAWA」が管理運営辞退…事件受け公共事業の推進「困難」
読売新聞
|
【読売新聞】 和歌山県海南市は、南海トラフ巨大地震などの大規模災害に備えて整備中の「市中央防災公園」(仮称)で管理運営を行う予定だった出版大手「KADOKAWA」(東京)が事業への参加を辞退したと発表した。市は改めて事業者を選ぶ。
56Picks
「1分間だけ考える」3つの習慣で、やらなければならないことに手をつけられるようになる
ライフハッカー・ジャパン
|
『「すぐやる人」になる一番かんたんな方法』(藤由達藏 著、ぱる出版)より、すぐやれない人が身につけたい1分でできる3つの習慣について解説します。
60Picks
「人脈は、狭ければ狭いほどいい」誰とどう生きるかを見つめなおすヒントになった師匠のことば
ライフハッカー・ジャパン
|
『君は誰と生きるか』(永松茂久 著、フォレスト出版)より、人との関係性を見つめ直したい時に役立つ考え方と金言を紹介します。
99Picks
ジェレミー・シーゲル「どれだけ金融市場が混乱しても、長い目で見れば株式は必ず儲かる」
クーリエ・ジャポン
|
金融市場は不確実だ。しかし、株式投資研究の世界的権威であるペンシルバニア大学ウォートンスクールのジェレミー・シーゲル名誉教授(金融論)は、それでも株式への長期投資からは持続的なリターンが得られるという。シーゲルの著書『株式投資』は、1994年の初版発行以来、投資家に株式取引のガイドブックとして使われてきた。最近刊行された第6版(未邦訳)での議論につき、2022年9月に開催されたウォートンのカンファ
15Picks
英訳本「竜馬がゆく」ついに出版 私費で手がけた商社マンの熱意
産経ニュース
|
作家・司馬遼太郎さん(1923~96年)の代表作「竜馬がゆく」の英訳本が今夏、ペーパーバックとして刊行された。型破りの行動力と世界的視野で、日本の近代化を後押しした坂本龍馬(1835~67年)を壮大に描いた青春小説。その世界観を海外に届けたいと、熱心なファンの尽力で4年前から英語で電子書籍化され、今回全4巻が紙の本となった。翻訳出版に携わった高橋著(あきら)さん(58)は「世界の若者がこれを...
27Picks
「できる人のマネ」で終わる人と、「自分のやり方」を生み出せる人との決定的な差
Diamond Online
|
『起業家の思考法 「別解力」で圧倒的成果を生む問題発見・解決・実践の技法』を出版した株式会社じげん代表取締役社長の平尾丈氏。25歳で社長、30歳でマザーズ上場、35歳で東証一部へ上場し、創業以来12期連続で増収増益を達成した気鋭の起業家だ。平尾氏と対談するのは、株式会社ナレッジワークCEOの麻野耕司氏。2010年に株式会社リンクアンドモチベーションの最年少執行役員(当時)に着任。2016年に...
22Picks
マクドナルドが持つ「ほんとうの強み」…レイ・クロック、藤田田、原田泳幸が凄かっただけではない
マネー現代
|
創業50周年を迎えた日本マクドナルド株式会社がその歩みを振り返る『日本マクドナルド 「挑戦と変革」の経営―“スマイル”と共に歩んだ50年』(東洋経済新報社)を刊行した。2000年代初頭に大胆な値下げで客をつかんで上場するもその後BSE(狂牛病)騒ぎの影響もあって客足が遠ざかって赤字に転落、あるいは2010年代前半にあったカウンターメニュー廃止での炎上、使用期限切れ鶏肉問題(のちに日本には輸出...
37Picks
「母さん、顔どうしたの?」日本語能力試験教材にDV描写 出版社謝罪「暴力肯定の立場にない」...変更へ
J-CAST ニュース
|
語学テキストなどを手がけるアスク出版(東京都新宿区)は、2010年から販売している日本語能力試験の教材に家庭内暴力(DV)を思わせる描写があったとして、22年11月7日に公式サイトなどで謝罪した。今後、内容を変更するとしている。「また父さんに殴られたの?」内容を変更するとしたのは、外国語を母語としない人に向け実施されている日本語能力試験のテキスト「日本語総まとめN3 読解」の「英語・中国語・韓国語
出版 概要
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア