新着Pick
SPD1YT1RNK64M8SE
食品スーパー
JPN

食品スーパー 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
総合・食品小売
>
食品スーパー
主に食料品を中心として販売する中規模以上の小売業で、セルフサービス方式にて販売する商店を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
8Picks
食品ロス削減へ、「採れたて度」で値段が変わる仕組み ネットスーパーで実験
環境ビジネスオンライン
|
日本総合研究所(東京都品川区)など5社は1月20日、ネットスーパーと消費者の家庭において、電子タグ(RFID)やセンシングデバイスなどのIoTを活用して、生鮮食品の「鮮度の可視化」と「個別追跡管理」を行い、食品ロス削減への効果を測定する実証実験を行うと発表した。鮮度に応じた価格で販売するダイナミックプライシングが消費者にもたらす行動変容による効果なども検証する。
4Picks
【Amazon Fresh】、怒涛の出店ラッシュ!LA空港近くにもオープンし半年間で10店舗目? - 後藤文俊
BLOGOS - 最新記事
|
■ネット通販最大手のアマゾンは1月、同社が開発した食品スーパーの「アマゾン・フレッシュ(Amazon Fresh)」を出店を加速させている。アマゾン・フレッシュはアマゾン傘下のホールフーズ・マーケットとは別事業のコンベンショナル食品スーパー。ホールフーズが扱わない一般的な食品を扱い、ハイテクショッピングカートで利便性を向上しながらボピスなどのオムニチャネルに対応する。アマゾンは14日、ロサン...
6Picks
凸版印刷 「鮮度の可視化と個別追跡管理」による食品ロス削減の実証実験行う
ニュープリネット
|
凸版印刷、 日本総合研究所、 伊藤忠インタラクティブ、 イトーヨーカ堂、 三井化学は、フードチェーン全体の効率化の方策を検討する 民間事業者による研究会 SFC構想研究会の活動として、 ネットスーパーおよび消費者の家庭における食品ロス削減に関する実証実験を実施する。 同実証実験では、 RFIDタグやセンシングデバイスなどのIoTを活用することで、eコマースを活用したフードチェーン上の食品情報...
19Picks
カナダのコンビニ運営大手、仏カルフールに合併案-1株20ユーロ
Bloomberg
|
カナダのコンビニ運営大手アリマンタシォン・クシュタールは13日、仏食品スーパー大手カルフールに対して拘束力を持たない合併案を最近提示したことを明らかにした。クシュタールは1株当たり20ユーロ(約2500円)での友好的合併を打診している。
27Picks
コロナ禍で「食事への罪悪感」増加のなぜ。健康志向がもたらす「食への責任」
ニュースイッチ
|
外出自粛期間中、スーパーの食品棚が空になった。外食ができなくなり、テイクアウトをはじめる店が急増した。自炊が増えた。免疫力を高める食品が注目された――。コロナ禍により、誰しもが大きな変化を受けたのは「食」ではないだろうか。健康志向の急激な高まりから、食事に関し健康を維持できるかどうかが重要視される傾向が強まった。食に課された役割が重くなっている現状が見えてきた。(取材・昆梓紗) コロナと健康...
59Picks
ホールフーズが選ぶ「2021年の食トレンド」 新型コロナの影響は?
Forbes JAPAN
|
新型コロナウイルスの流行は、食品の生産と入手をめぐる新たな習慣を生んだ。スーパーでは周囲の人と距離を取りマスクを着用して店内を急いで回ったり、食料品を店舗前や配送で受け取ったり、商品を消毒したりと、多くの人が買い物や料理、食事の仕方を変えた・・・
436Picks
コロナ背景にスーパーの年始休業が拡大 「計画的な買い物を」
NHKニュース
|
【NHK】新型コロナウイルスの感染拡大や人手不足などを背景に、食品スーパーの間では、正月三が日の営業を取りやめるなど来年の年始の休…
24Picks
「ECの限界」に直面したアパレル業界…じつは新しい「試着サロン」が突破口になる!
マネー現代
|
コロナ感染の拡大が止まらない米国では我が国以上にECが急拡大する一方、ECで注文して店舗の駐車場で受け取るカーブサイド・ピックアップが爆発的人気となって食品スーパーやディスカウントストアの売上を押し上げているが、アパレルだけは店舗売上の落ち込みをECで埋めるには遠い状況だ。その主要因がアパレル特有のフィットとサイズの壁で、ZOZOSUITから3DカメラAIまで次々と繰り出されるバーチャル・フ...
34Picks
スーパーの売り上げ 2か月ぶり増加 先行きに“懸念”も
NHKニュース
|
【NHK】全国の主なスーパーの先月の売り上げは、外出を控える動きが続いて食料品の売り上げが堅調だったことや、気温が下がって冬物の衣…
264Picks
「無印もはやカレー専門店」45種展開に400万食売上… 無印良品はなぜレトルトカレーに注力するのか?
ORICON NEWS
|
家具や生活用品にとどまらず、衣料品や食品も一定の人気を維持する無印良品。特にカレーに関しては45種類ものラインナップを揃え、「無印もはやカレー専門店」と話題を呼んでいる。同店は20年以上前からレトルトカレーを販売しており、いまや人気商品 の売上は年間400万食に上る。さらに今年は、店舗の棚から各種カレーが消えるほどの人気爆発となった。スーパーなどに卸しているわけでもなく、無印良品に行かないと...
128Picks
「変わらなければ離婚される」ホールフーズCEO、アマゾンによる買収を"結婚"に例える
Business Insider Japan
|
アメリカの高級食品スーパー「ホールフーズ」のCEOジョン・マッキー(John Mackey)氏にとって、アマゾンによる買収はまさに"結婚"だった。そして今、ホールフーズは"離婚"されないように努力しなければならない。 ホールフーズとアマゾンの関係について、マッキー氏は11月4日に放送された『Frea...
85Picks
アリババ、食品スーパーのサン・アートに追加出資-3800億円投じる
Bloomberg.com
|
中国の電子商取引会社アリババグループは、約36億ドル(約3800億円)を投じて中国で食品スーパーを展開する高鑫零售(サン・アート・リテール・グループ)に追加出資すると発表した。直接・間接含めた出資比率は約72%に高まる。
491Picks
【業務スーパー 社長】過去最高売上高を更新中、人気の秘密は?
NewsPicks編集部
|
「業務スーパー」をご存じでしょうか。「業務用の店じゃないの?」と思っている方もいるかもしれませんが、「一般のお客様大歓迎」の食品スーパーです。
14Picks
大手食品スーパーチェーンのKrogerが中西部でゴーストキッチンとデリバリーを実験
TechCrunch Japan
|
米中西部最大の食料品スーパーのひとつであるThe Kroger Co.,が、インディアナポリスのスタートアップClusterTruckとパートナーして、オンデマンドデリバリーとゴーストキッチンのブームに乗ろうとしている。 数年前から投資家の心を捉えているゴーストキッチンのようなものは、スーパーマーケットがその適地のように見える。そして、スタートアップ企業のビジネスモデルが大手のナショナルブラ...
402Picks
アマゾン、食品スーパー「Amazon Fresh」1号店をオープン--スマートカートも導入
CNET Japan
|
アマゾンは、食品スーパー「Amazon Fresh」の1号店をカリフォルニア州ロサンゼルス郊外のウッドランドヒルズにオープンすると発表した。ただし、当初は招待制になるという。
65Picks
「脱・総菜」がカギ コロナ禍で好調の食品スーパー、乗り越えるべき50年来の“タブー”とは?
ITmedia ビジネスオンライン
|
巣ごもり需要で軒並み好調の食品スーパーだが、今後は「脱・総菜」の取り組みがカギを握りそうだ。そのために必要なものとして、小売・流通アナリストの中井氏は50年来親しまれている食品スーパーのある売り方を挙げる。
85Picks
コロナが食習慣に与えた7つの変化
Forbes JAPAN
|
流行が過ぎたと思われていた食品の復活や、買い物の時間帯の変化、スーパーへの食品供給増大に伴う食品廃棄の増加など、食品業界では新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により予想外の変化が生じている。以下に、そうした主なトレンドを7つ紹・・・
10Picks
入れるのは一部の招待客だけ! オープン直後のAmazon Freshで買い物をしてみた
Business Insider Japan
|
アマゾンは8月下旬、アメリカのカリフォルニア州ウッドランドヒルズに新たな食品スーパー「Amazon Fresh(アマゾン・フレッシュ)」の1号店をオープンした。だが、中に入ることができるのは、限られた招待客のみだ。 Amazon Freshは、格安の食料品店と伝統的なスーパー、ホールフーズ(Whol...
15Picks
アマゾン初の食品スーパー「Amazon Fresh」がオープン、のぞいてみた
Business Insider Japan
|
・アマゾンはアメリカのカリフォルニア州に食品スーパー「Amazon Fresh(アマゾン・フレッシュ)」の1号店をオープンした。 ・Amazon Freshでは、コカ・コーラやクラフト(Kraft)のマカロニ・アンド・チーズといった有名ブランドの商品の他、ホールフーズ(Whole Foods)のプラ...
12Picks
西松屋にしまむらディスカウント店が「新常態」で著しく伸びている理由 - News&Analysis
Diamond Online
|
ディスカウント型店舗がかつてない伸びを続けている。コロナ禍の中、これまで小売業で伸長してきたのはドラッグストアや食品スーパーだったが、こうした業態の伸びは一段落。代わって、低価格型の店舗の売上高の伸びが鮮明になっている。これは果たして何を意味するのか。
食品スーパー 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
シンガポール
マレーシア
タイ