新着Pick
SPD1YT1RNK64M8SE
食品スーパー
JPN

食品スーパー 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
総合・食品小売
>
食品スーパー
主に食料品を中心として販売する中規模以上の小売業で、セルフサービス方式にて販売する商店を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
【アマゾン】、食品スーパーはデマティック製MFCにAI!MFC導入スーパーが急増? - 後藤文俊
BLOGOS - 最新記事
|
■ロサンゼルス郊外ウッドランド・ヒルズ地区にアマゾンのスーパーマーケットがまもなくオープンする。ニュースサイトのブルームバーグは先日、同スーパーマーケットの店内画像を公開した。一方、別のニュースサイトは19日、このスーパーに小型ロボット物流のマイクロ・フルフィルメントセンター(Micro-Fulfillment Center:MFC)が導入されると報じた。ロサンゼルス市当局に提出されたアルコ...
1Pick
【Aのある風景】 食の企業の責任感 ムスリム思いハラル食品集める 業務スーパー 日本・食品・飲料
NNA.ASIA
|
2020年の東京五輪を控えた日本では食文化の多様化が進み、外食産業を中心にビーガン(完全菜食主義者)・ベジタリアン(菜食主義者)をはじめ、食への対応が迫られている。中でもここ数年で急速に知名度を上げたのが…
16Picks
希少な国産キヌアを北海道から全国に届けたい!|マクアケ - クラウドファンディング
Makuake(マクアケ)
|
高い栄養価・低カロリーで注目!スーパーフード「キヌア」 タンパク質、ミネラル、食物繊維を含み、その栄養価と機能性から注目が集まるスーパーフード「キヌア」は、ペルーやボリビアなどの南米アンデス地方原産のアカザ科の雑穀で、国内ではほとんど生産されていません。 クセが無くプチプチとした食感も楽しいキヌア。栄養価が高くて低カロリーなため、健康的にダイエットをしたい方などにもオススメの食材です。
3Picks
フードロス解決の鍵!「廃棄商品専門スーパー」の新しい仕組みに注目
TABI LABO
|
ドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”や“賞味期限の切れた食品”。最大で80%の値引きをして販売しているという。
59Picks
若手起業家にインタビュー 成功を収める上で必要なものは?
Forbes JAPAN
|
起業家として成功するには、自分が熱中できる問題を特定しなければならない。起業家のガレン・カーランメイソンにとっては確実にそうだった。大学院生だったカーランメイソンは、スーパーで健康的・倫理的・持続可能な食品を選ぶことに熱意を燃やしていたが、・・・
22Picks
トライアルやサントリーなど6社、小売業でAI推進するプロジェクト発足
BCN+R
|
郊外で食品や日用品などのスーパーセンターを展開するトライアルカンパニーは11月22日、サントリー酒類(サントリー)や日本アクセス、日本ハム、フクシマガリレイ、ムロオの6社で小売業のAI技術を推進する「リテールAI プラットフォームプロジェクト」を発足した。
11Picks
「ファンは必ず、人につく」日本一楽しいスーパー・佐竹食品でICC参加者が学んだ、梅原社長の迷いなき経営哲学とは【ICC KYOTO 2019レポート#12】
【ICC】INDUSTRY CO-CREATION
|
9月2日~5日の4日間にわたって開催されたICCサミット KYOTO 2019。その開催レポートを連続シリーズでお届けします。今回は、最終日の9月5日、大阪府吹田市で行われた特別企画「佐竹食品グループの現場見学と組織マネジメントの秘訣を学ぶ」の模様をお伝えします。ぜひご覧ください。
139Picks
アマゾン、新たな食品スーパー展開を計画--2020年にカリフォルニアで1号店開店へ
CNET Japan
|
食料品関連分野での市場シェア拡大を目指すアマゾンが、新ブランドの食品スーパーチェーンの展開を計画しており、2020年に第1号店をロサンゼルス郊外に出店する。
15Picks
本格的なコーヒーを自動で淹れるバリスタロボットをアマゾン傘下の高級スーパーが導入
マッシュメディア
|
米アマゾン・ドットコム(Amazon.com)傘下の高級志向の食品スーパーWhole Foods Market(ホールフーズ・マーケット)は、2019年10月、米スタートアップ企業Briggoが開発したバリスタロボット「
73Picks
米アマゾン、スーパー出店へ前進 年内にも1号店
The Wall Street Journal
|
米アマゾン・ドット・コムの食品スーパー出店計画が進んでいる。まずはロサンゼルス、シカゴ、フィラデルフィアを視野に入れている。複数の関係者が明らかにした。  ロサンゼルス地区では十数件のリース契約を締結した。第1弾は郊外で人口の多いウ...
14Picks
食料・飲み水求めてスーパー大混雑 「パンも水もない」
朝日新聞デジタル
|
東京都内のスーパーでは11日、台風19号に備えて食品などを買い求める人たちの長い列ができた。 東京都練馬区のスーパー「アキダイ」は11日朝、開店から野菜や飲料水を買い求める客で混雑した。来客数は普段…
1230Picks
アマゾンとライフが協業 年内にもネット生鮮通販
共同通信
|
アマゾンジャパン(東京)と食品スーパー大手ライフコーポレーションが生鮮品のネット通販事業で協業することが29日、分かった。アマゾンの生鮮も扱う有料会員向け通販事業「プライムナウ」にライフが出店し、年内にも都内の一部で始める。高齢化や共働き世帯の増加で生鮮通販の需要は高まっており、協業で市場の底上げを目指す。
1341Picks
フランス スーパーに対し賞味期限切れ食品の廃棄を公式に禁止
jp.sputniknews.com
|
フランスは、スーパーマーケットに対し、賞味期限切れの食品の廃棄を法的に禁止した世界で最初の国になった。テレビ「iTele」が伝えた。
1282Picks
世界初「すべて無料」のスーパー 値札なし、レジもなし
朝日新聞デジタル
|
オーストラリアのシドニーに「すべて無料」のスーパーがオープンした。賞味期限切れ前でも処分されてしまうような食品を大手スーパーなどから譲り受けて提供する。まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」問題に…
1180Picks
「アマゾンがもたらす未来」を理解するための7本のストーリー
WIRED.jp
|
高級自然食品スーパー「ホールフーズ・マーケット」を137億ドル(約1兆5600億円)で買収すると発表したアマゾンの新戦略が加速している。いったいアマゾンはどこへ向かい、何をもたらすのか──。『WIRED』日本版に掲載した7本のストーリーから、「アマゾンがもたらす未来」を読み解く。
523Picks
【直撃】いよいよ始まった、「アマゾンスーパー」第2章の勝算 
NewsPicks編集部
|
巨人アマゾンがネットスーパーの強化を図ろうとしている──。アマゾンが日本で生鮮食品を扱うようになったのは「Amazonフレッシュ」を始めた2017年4月。それから、2年。次の一手は、スーパーマー...
991Picks
Amazonのホールフーズ買収の狙いは464箇所もの一等地にある冷蔵庫付き「物流センター」
決算が読めるようになるノート
|
朝から凄いニュースが飛び込んで来ました。日経新聞から引用します。米アマゾン・ドット・コムは16日、米高級スーパー、ホールフーズ・マーケットを137億ドル(約1兆5000億円)で買収すると発表した。買収金額が非常に大きい上に、ネット企業ではなく、リアルの食料品スーパーが買収対象ということもあり、業界あげての大騒ぎになっています。 今回の$13.7Bという買収金額はアマゾンの歴代の買収と比べても...
746Picks
マック、無印が「セルフレジ」を導入するワケ
東洋経済オンライン
|
食品スーパーや量販店に加え、マクドナルドやアパレルのジーユー、無印良品、CD販売大手HMVなど、外食や…
732Picks
店舗大刷新のセブン 挑む70万円のカベ
読売新聞
|
さながら「食品スーパー」 セブン-イレブンは1974年に国内第1号店をオープンして以来、これまで店舗レイアウトを基本的に変えてこなかった。大半の店舗では、レジカウンターは入り口を入ってすぐ左側にあり、入り口の右手に雑誌・書籍コーナーを配置している。立ち読みをする客の姿が店外からガラス越しに見えるようにして、店内の“繁盛感”を演出する狙いがあった。そんなセブンの基本レイアウトが今、大きく変わろ...
721Picks
日本でも変わりつつある食品スーパーの常識
ITmedia ビジネスオンライン
|
日本の食品スーパーマーケット業界が転換期に差し掛かっています。今や単に食品を販売するだけでは消費者も物足りなくなり始め、新たな業態に変革しなければならない時代に突入しました。その切り口の1つが「グローサラント」です。どのようなものでしょうか?
食品スーパー 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
シンガポール
マレーシア
タイ