新着Pick
SPD1XBKMOW5OU7CY
エンジン部品
JPN

エンジン部品 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
エンジン部品
エンジン部品である燃料噴射装置、燃料ポンプ、ラジエーター、ピストン、ピストンリング等の部品を製造する企業群。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
20Picks
エンジン部品減少に備えトヨタがサプライヤー支援、その中身とは?
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車は豊田通商と組み、中小サプライヤーの販路拡大を支援する。豊田通商の取引先である日本や中国、欧州などの企業をトヨタのサプライヤーに紹介する。トヨタ以外の完成車メーカーや異業種に販路を広げてもらう。電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)など内燃機関を持たない電動車の普及に備え、エンジン部品を中心としたサプライヤーの事業成長をグループで後押しする。   トヨタはこのほど豊田通商の協力...
16Picks
日産の「eパワー」に欠かせない駆動部品メーカー、増産に動く
ニュースイッチ
|
愛知機械工業(名古屋市熱田区、桜井亮社長)は、2019年度の駆動部品の生産台数を前年度比25%増に引き上げた。日産自動車の独自ハイブリッド技術「eパワー」向け増減速機を中心に生産量を増やす。生産ラインの集約や効率化を進め、稼働率向上を図る。 日産が手がけるエンジンで発電してモーターで走るeパワーの搭載車の販売が好調に推移しており、同技術向けの増減速機が生産拡大に寄与する。 このほか新たに立ち...
24Picks
三菱重工から「H3」ロケット部品を受注したホンダ系サプライヤー
ニュースイッチ
|
日刊工業新聞2019年10月2日 田中精密工業はグループ会社で次期基幹ロケット「H3ロケット」用部品を受注した。100%子会社のタナカエンジニアリング(富山市)が三菱重工業からエンジン部品と機体バルブ部品を受注した。タナカエンジの航空宇宙関連部品の売上高は部品製造事業の7%を占めるまでに拡大した。 今回受注したのは、H3ロケットの水素と酸素の混合比を最適化するのに寄与する燃料噴射部品をはじめ...
13Picks
EV時代の到来に向けて「脱エンジン」を宣言、大手部品メーカーの真意
WIRED.jp
|
自動車業界において電気自動車(EV)を重視する戦略が加速するなか、大手自動車部品サプライヤーのコンチネンタルが「脱エンジン」に動きだした。ガソリン車やディーゼル車などのエンジンに関連する予算を削減し、資金の投入をEV部門に集中していくことを明らかにしたのだ。戦略的な移行ともいえる今回の決断は、果たして業界全体の動きを先導することになるのか。
27Picks
三菱重工が航空機部品の新工場 約80億円投資
産経ニュース
|
三菱重工業は19日、長崎造船所(長崎県長崎市)の敷地内に航空エンジン部品の新工場を建設すると発表した。投資額は約80億円。10月に着工し、令和2年中に稼働させる。三菱重工は愛知県で航空機エンジン部品を製造しているが、需要が旺盛で既存工場は手狭になっていた。長崎造船所で航空機部品を製造するのは初めてという。
11Picks
協働ロボット導入相次ぐトラック業界、背後に新潮流「CASE」あり
ニュースイッチ
|
日系商用車メーカーの工場で協働ロボットの導入が相次いでいる。UDトラックスと三菱ふそうトラック・バスがエンジンの組み立てラインに試験的に導入したほか、日野自動車は2025年度までに大型トラックの部品生産に導入を広げる。人手不足対策の一環にするとともに、単純作業はロボットに任せて人手は次世代対応など付加価値の高い仕事に振り向ける。 UDトラックスは上尾工場(埼玉県上尾市)の大型エンジンの組み立...
12Picks
【タイ】ケーヒン、トヨタからエンジン部品を初受注[車両]
NNAアジア経済ニュース
|
【タイ】ケーヒン、トヨタからエンジン部品を初受注[車両] 二輪・四輪車部品の製造・販売を手掛けるケーヒン(東京都新宿区)はこのほど、タイでトヨタ自動車向けのガ...
288Picks
航空機エンジン部品はもはや3Dプリンターなしでは作れない!
ニュースイッチ
|
航空機エンジンは大きくて複雑だが、驚くほど小さな部品がその性能に大きな違いを生み出すこともある。今からさかのぼること10年、GEアビエーションとフランスのサフラン・エアクラフト・エンジンの合弁企業である
275Picks
リチウム電池の寿命が12倍向上。安永が正極板で新技術を確立
ニュースイッチ
|
安永は電気自動車(EV)などに使われるリチウムイオン二次電池(LIB)で、正極板の集電体と活物質の結合を高める技術を確立した。活物質がリン酸鉄リチウムの場合、電池の寿命が従来の12倍以上となることを評価試験で確認した。今後、ユーザー評価も踏まえて、同技術を活用した電極板製造装置の普及を図る。車両用はもとより家庭やビルに設置する蓄電池での採用も目指す。 同社はエンジン部品と工作機械が主力で、2...
262Picks
EVでエンジンが消える? 苦悩する社長たち
NHKニュース
|
世界の自動車市場で一斉に動き出した電気自動車への移行。「EVシフト」に、今、日本の自動車の部品業界がかつてない危機感を募らせています。動力がエンジンからモーターに変われば、7000点もの精密なエンジン部品が不要になってしまうからです。いったいどんな思いで、この急速なEVシフトを見つめているのか? 大手の自動車部品メーカーの社長を追いかけました。(経済部記者 吉武洋輔)
239Picks
トヨタ 国内の組み立てライン8日から6日間停止 
NHKニュース
|
トヨタ自動車は、グループの鉄鋼メーカー「愛知製鋼」の工場で先月8日に起きた爆発事故により、エンジンなど鉄を材料とする部品の供給に支障が出てい…
161Picks
GEが金属3Dプリント部品をフルに使った小型ジェットエンジン
ニュースイッチ Newswitch
|
3Dプリンターで作り出した金属部品ばかりでできた小型ジェットエンジンを、米GEのエンジニアが試作した。本物の旅客機に搭載するエンジンではなく、長さ30cm、高さ20cmのラジコンの模型飛行機に使われるようなシン
148Picks
フォルクスワーゲン、4万円のコスト増を嫌って排ガス不正に手を染めた疑い
THE HUFFINGTON POST JAPAN
|
フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル車排ガス不正問題に関する騒動が始まって以来、世界最大の自動車部品サプライヤーであるボッシュ社は、同社の言い分を周知させるのに躍起になっている。ボッシュはVWに、コモンレール噴射システムや排ガスの後処理および計測モジュールなどと併せて、エンジン・マネージメントのテスト用ソフトウェアを供給していた。VWはそれらを使って米国での排ガス規制を逃れてきたのだ。ドイ...
82Picks
金属3Dプリンタの衝撃、なぜGEは航空機のエンジン部品を量産したのか
ビジネス+IT
|
発明王トーマス・エジソンが創業に携わったゼネラル・エレクトリック(以下、GE)。同社は今、金属3Dプリンタで新たな製造の世界を切り拓こうとしている。GE アディティブ 日本統括責任者 トーマス・パン氏が金属3Dプリンタの最新動向と同社の取り組みを解説した。
114Picks
【トヨタ社長の歴史的英断】数万点の部品&エンジン技術者の職を奪いかねないEV化推進
ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る
|
トヨタ社長の豊田章男氏(つのだよしお/アフロ) すべてが反EV勢力    電気自動車(EV)開発が難事業なのは、トヨタに限らない。最近、EV開発・販売に強く傾斜…
94Picks
日産、「ノート」にEV。電池は初の外部調達
ニュースイッチ
|
日産自動車は今秋にも主力小型車「ノート」に、新たな駆動方式を採用した電気自動車(EV)仕様を追加し、日本で発売する。生産は追浜工場(神奈川県横須賀市)で行う。基幹部品の駆動用電池はパナソニック製を採用、EV用としては初めて外部調達する。現行ノートはガソリン車仕様のみだった。それにEVの航続距離の短さをエンジンで補う「レンジエクステンダー(航続距離延長装置)付きEV」を追加する。同方式を採用し...
85Picks
マツダ、23万台リコール エンジン部品に不具合
共同通信
|
マツダ、23万台リコール マツダは8日、エンジンのバルブスプリングと呼ばれる部品や制御プログラムに問題が見つかったとして、スポーツタイプ多目的車(SUV)「CX―5」など4車種計23万5293台(2012年2月~18年7月生産...
87Picks
整備出身のJAL新社長が目指す“壊れない飛行機”
ニュースイッチ
|
4月1日に就任した日本航空(JAL)の赤坂祐二社長。早々、中長距離LCC(格安航空会社)設立を打ち出した一方、飛行中の航空機からエンジン部品が落下するトラブルも発生。攻守両面で、かじ取りが問われている。赤坂社長に安全運航への思いやLCC、成長のカギを聞いた。 ―航空機の安全運航は最大の課題です。 「あらためて責任の重さを痛感している。整備出身者として、もっとやるべきことがあると強く感じている...
86Picks
世界初、3Dプリンターでジェットエンジン部品量産化 高い精度と耐熱性・耐久性が要求される製品に使われるようになった理由とは
JBpress(日本ビジネスプレス)
|
ジェットエンジン製造最大手の米ゼネラル・エレクトリック(GE)が、3Dプリンターで部品の量産を行い、3Dプリンター製部品を拡大しようとしている。世界で初めて、3Dプリンターを用いた部品を搭載した小型旅客機用のLEAPエンジンは、2016年から営業運航に入っている。
70Picks
古い自動車エンジンを分解再生、その早回し動画という魅惑的な世界(動画あり)
WIRED.jp
|
クラシックカーのエンジンを完全分解し、まるで新品のように修理再生する作業の早回し動画が人気だ。汚れた古い機械の塊が完全にバラバラにされ、部品を修理したり交換したりして、磨かれて新品のようになっていく様子が早回しになっている様子は圧巻だ。ついつい次々に観てしまう魅惑的な動画の世界を、まずはご覧あれ。
エンジン部品 概要
日本
中華人民共和国