新着Pick
SPD1VY4EXIZ3BP2G
建設機械
JPN

建設機械 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
業務用機械製造
>
建設機械
油圧ショベル、ホイールローダ、建設用クレーン等、土木・建設作業に使われる機械を製造する企業群。鉱山機械を含む。フォークリフト、動力工具、建設用途以外のクレーンは除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
ソフトバンクが5G活用で建機を遠隔操作する狙い
ニュースイッチ
|
ソフトバンクとワイヤレス・シティ・プランニング(WCP、東京都港区)、大成建設は2019年12月、第5世代通信(5G)を活用してトンネル工事現場における作業員の安全確保を図る実証実験を行った。ソフトバンクの可搬型5G設備を工事現場に設置。各種センサーで毒性ガスなどのデータを収集して危険な兆候が検知された場合は作業員へ警告するとともに、1400メートル程度離れた建設機械を遠隔で操作可能な環境を...
73Picks
「小型建機」市場が大躍進、コマツや日立以上に期待の “建機のベンツ”とは?
ビジネス+IT
|
2010年代、建設機械で特に大きく伸びたジャンルが「小型・ミニ建機」だ。最大手の小松製作所(コマツ)や日立建機もこの分野を戦略的に強化しているが、輸出の躍進を引っ張った主役が、長野県の竹内製作所だった。2020年代も国土強靱(きょうじん)化、人手不足対応、電動化、新興国市場の立ち上がりなど、小型・ミニ建機の成長を後押しする要素は尽きない。小型・ミニ建機をめぐるこれまでの10年と今後の展望を解...
11Picks
コマツが電動ミニショベルを初の商用化!市場を作る覚悟を示す
ニュースイッチ
|
コマツは、電動ミニショベルを日本の建設機械メーカーとして初めて商用化する。まず需要を見極めるため国内でレンタル機を展開していく。電動化により新規顧客の開拓につなげると同時に、環境負荷軽減に寄与する。新型コロナウイルス感染拡大の収束が見込まれる4月以降に積極的な訴求を行う考えだ。 新たに投入する「PC30E―5=写真」は、3トンクラスのミニショベルで、同出力のエンジン車と同等の掘削性能を持ちつ...
115Picks
クボタが今期過去最大の設備投資へ、3割増の1150億円を投じる理由
ニュースイッチ
|
クボタは2020年12月期の設備投資額を過去最大の1150億円(前期比32・6%増)とする方針を固めた。計画ベースながら年1000億円超の投資は同社では初めて。主力の農業機械や小型建設機械では北米などの市場で海外大手との競争が激しくなる。排ガス規制強化に伴う電動化に加え、スマート農業実現に向けた自動化対応、日米欧の開発拠点強化、22年までをめどとする全社的な統合基幹システム再構築などに振り向...
72Picks
KDDIら、5Gを活用し道路工事の遠隔自動化の実証に成功
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
KDDI、大林組、NECが、5Gを活用し、3台の建設機械 (以下、建機) の遠隔操作と自動運転システムを搭載した振動ローラの同時連携に加え、工事に必要な施工管理データのリアルタイム伝送・解析による…
84Picks
クボタが米国に新拠点、最先端の農機開発へ“自前主義”脱却
ニュースイッチ
|
クボタは、主力の農業機械などの技術革新を加速する新組織「イノベーションセンター」を拡充する。6、7月に相次ぎ開設した日本、欧州に続き、農機の重要市場と位置付ける米国にも2020年に拠点を設ける。自動化など最先端の農機や建設機械の開発では“自前主義”から脱却し、外部の柔軟な意見を取り入れる。同センターでは大学やスタートアップなどとの連携強化も見据える。 イノベーションセンター所長で、20年1月...
665Picks
コマツは完全無人、クボタは自動田植機。建機・農機の自動化が止まらない!
ニュースイッチ
|
日本の生産年齢人口の減少とともに、社会全体で人手不足が叫ばれている。とりわけ、建設、農業といった現場の労働力不足は深刻で、対策は待ったなしだ。そんな中、建設機械・農業機械メーカー各社がこれまでの技術
354Picks
ブルドーザーが知らせる経済の動き-コマツの稼働データ、統計と相関
www.bloomberg.co.jp
|
ブルドーザーや油圧シャベルは、役所の経済統計より早く経済の動きを教えてくれるかもしれない。建設機械で世界2位のシェアを占めるコマツは建機の稼働状況を示す「KOMTRAX(コムトラックス)」のデータを毎月10日前後に公表、主要経済指標の公開前に投資家にヒントを与えている。
269Picks
2025年度には技能労働者130万人減、ゼネコンで進む省人化
ニュースイッチ
|
ゼネコン各社が建設作業にロボットやICT(情報通信技術)などを活用した省人化工法の開発・導入を進めている。複数のロボットや建設機械をシステム化して自動的に作業したり、工場で生産した部材を現場で据え付
210Picks
【神戸製鋼データ改竄】他部門の不祥事は「人ごと」? 多角化・縦割りで反省共有されず
産経ニュース
|
神戸製鋼所がグループ会社9社による不正を新たに公表したことで、関連会社を含むグループ全体への不信が広がっている。建設機械、プラント製造などへ多角化を推し進め、子会社200社以上を抱える神戸製鋼。しかし関連性の薄い事業が並ぶ縦割り構造が企業統治の機能不全を招き、不正の温床となってきた。
198Picks
コマツ、工場IoTを5000工程まで拡大。協力会社も参加し生産改革へ
ニュースイッチ
|
コマツはIoT(モノのインターネット)を活用した生産改善を、自社と協力会社の合計で約5000工程にまで広げる。工場の稼働状況などを見える化するため、2016年度中に15年度比2・6倍となる325台のタブレットを、工作機械やロボットなどの生産設備に配置する。建設機械の需要が低迷する中、IoTを活用した生産の対象を広げ、競争力を高める。 コマツはすでに溶接ロボットに稼働状況を管理する制御装置を取...
173Picks
【実証実験】5G通信×建設機械自律制御で建設現場の業務効率化を目指す
Future Stride
|
5G商用化を直前に控え、物流や医療などさまざまな分野で5Gを使った実証実験が行われている。大手ゼネコンの大成建設が、ソフトバンクと共同で実施した5G通信による建設機械の無人化施工の実証実験につい...
188Picks
コマツ、創業100周年の2年後にも無人建機を商用化 「現場の省人化」加速へ
SankeiBiz(サンケイビズ)
|
建設機械世界2位のコマツが、創業100周年の平成33年にも無人運転の建機を商用化する計画が2日、分かった。油圧ショベルカーと不整地面を走れるクローラー(無限軌道…
100Picks
コマツ社長:中国市場の悪化は想定以上-鉱山事業含め改革を実施
www.bloomberg.co.jp
|
コマツ は需要の減少に対応するため、中国の拠点や資源国の鉱山機械事業で人員削減などを含む構造改革に踏み切っている。建設機械の世界最大市場である中国で需要減に歯止めがかからず、4-6月期の建機需要は前年同期と比べほぼ半減のペースで推移しているという。
96Picks
経営者ならば、 技術の目利きであれ - DHBR
Diamond Online
|
建設機械メーカー大手のコマツは、約20年前からGPS(全地球測位システム)など先進技術の活用により高い機械稼働率を実現してきたが、大橋徹二氏が2013年に社長に就任して以来、その動きが加速している。業界に先駆けてドローンを測量に使用し、土木工事プロセス全体の3次元データをクラウドで一元管理するなどして、施工効率を飛躍的にアップ。2017年10月から同システムをオープン化し、業界全体での生産性...
66Picks
建機、中国需要底入れは本当か。コマツの4-9期は増収に
ニュースイッチ
|
建設機械大手4社の2016年4―9月期連結決算が出そろい、いずれも円高の影響を強く受けて減収だった。アジアや中近東などでの販売も落ち込んだことで業績が低迷した。一方、公共投資が再び増えつつある中国ではコマツが増収になり、前年同期に4割減収だった日立建機も6%減と歯止めがかかった形だ。各社とも中国市場の先行きに慎重な見方を示しているものの、潮目が変わる可能性が出てきた。 円高進行が各社の収益を...
57Picks
コマツ、4─9月期営業利益は21%減990億円 中国販売不振
Reuters
|
[東京 28日 ロイター] - コマツ<6301.T>が28日発表した2015年4─9月期の連結営業利益は、前年同期比21.2%減の990億円だった。円安効果はあったものの、主力の建設機械は中国での販売が約4割落ち込むなど新興・資源国での販売が振るわなかった。
31Picks
「過酷な労働環境」イメージで人材不足の現場、コマツは他社と解決する
ニュースイッチ
|
コマツの研究開発の根底にあるのは、建設機械が利用される鉱山や建設現場が抱える課題を解決することだ。現在、最も喫緊な課題として挙げられるのが人手不足。人口減少だけでなく、過酷な労働環境というイメージが強いため、人材が集まらない。この課題を解決するためにも、他社とのアライアンスの必要性を感じている。その取り組みについて、岩本祐一専務執行役員CTO(最高技術責任者)に聞いた。(編集委員・松沢紗枝)...
46Picks
【日立建機】収益拡大の要は巨大情報インフラだ
ニュースイッチ
|
建設機械の稼働状況を監視する日立建機のサービス「コンサイト」の開発部長を務める猪瀬聡志は、若手だったころ建機の油や汗にまみれながら、顧客に対応した経験を持つ。FAXが当時の連絡手段で、情報のやりとり
43Picks
コマツ4─6月期営業益は過去最高、中国の建機需要「想定より少し弱い」
Reuters
|
[東京 27日 ロイター] - コマツ<6301.T>が27日発表した2018年4─6月期の連結業績(米国会計基準)は、営業利益が前年比85.8%増の960億円となり、四半期ベースで過去最高益となった。主力の建設機械・車両部門は北米やアジアを中心に堅調だった。中国向けも売り上げは大幅に増加したが、需要の伸びは想定よりは弱かった。
建設機械 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア