新着Pick
SPD1VVWXC8SJJ0BY
自動車用金属加工部品
JPN

自動車用金属加工部品 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
自動車用金属加工部品
鉄、非鉄金属を原料として、ダイカスト、鋳造、鍛造、粉末冶金等の方法により、インテークマニホールド、エンジンバルブ等の各種自動車部品を製造する企業群。ピストン・ピストンリング、車体部品は本業界から除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
【インド】車部品ヒーロー、英同業の株式取得[車両]
NNAアジア経済ニュース
|
【インド】車部品ヒーロー、英同業の株式取得[車両] インドのコングロマリット(複合企業)ヒーロー・グループ傘下で、自動車部品や自転車を手掛けるヒーロー・...
8Picks
アマゾン出資のEVメーカー「リビアン」、評価額が2.9兆円に
Forbes JAPAN
|
アマゾンなどから巨額の資金調達を行った新興EV(電気自動車)メーカーの「リビアン(Rivian)」は現在、バッテリー駆動のピックアップトラックやSUV、配送用バンの製造準備を進めているが、投資会社のティー・ロウ・プライスが主導する調達ラウン・・・
3Picks
25年度の売上高2兆円=電動車市場拡大で―日立・ホンダ部品会社
時事通信社
|
 日立製作所とホンダ傘下の自動車部品4社が経営統合して設立した「日立アステモ」は18日、オンラインで事業戦略説明会を開いた。市場が拡大する電動車向け部品の販売を伸ばし、2025年度の売上高を約2...
6Picks
広告サポート型EV充電ステーションネットワークのVoltaが約130億円調達
TechCrunch Japan
|
広告により収益化する電気自動車充電ステーションネットワークを開発しているVoltaは、Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)管理の下で1億2500万ドル(約130億円)の新規資金調達を行った。 Voltaは食料品店、薬局チェーン、銀行、病院周辺の駐車場に設置された電気自動車用充電ステーションのネットワークを構築し、運営している。 声明によると、同社は55インチのデジタルディスプ...
4Picks
【日立×ホンダ】自動車部品の統合会社が始動「25年度に売り上げ2兆円目指す」
ニュースイッチ
|
日立アステモは18日、オンラインで事業戦略説明会を開き、電動車向け部品やシャシー、自動運転・先進運転支援システム(ADAS)などの4輪車、2輪車の注力分野でトップシェアを獲得し、競争力強化を図る方針を示した。売上高では2025年度までに21年度見込み比25%増の約2兆円を目指す。日立アステモのブリス・コッホプレジデント&最高経営責任者(CEO)は「スケールを拡大し、持続可能な事業を目指す」と...
16Picks
充電待ちをせず「バッテリーごと交換」という中国の仰天EVサービス! 一見画期的だがナンセンスなワケ
WEB CARTOP
|
過去にもバッテリーを共有するという提案は存在した  昨年、中国の企業が電気自動車(EV)の駆動用バッテリーのサブスクリプションをすると発表があった。バッテリーを所有するのではなく、利用するという発想だ。これにより、EVの車両本体価格から、バッテリー分を差し引いた金額でクルマを購入し、以後はバッテリー... The post 充電待ちをせず「バッテリーごと交換」という中国の仰天EVサービス! ...
4Picks
注目集めるNIOの新型EVセダンにLiDARを提供する「Innovusion」が数億円を調達
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
1月12日、新興自動車部品メーカー「均勝電子(Joyson Electronics)」は、自動運転車両向けのLiDARセンサーを開発するスタートアップ企業「Innovusion」に戦略投資を行ったことを明らかにした。マーケット情報によれば、今回の出資額は数千万元(数億円)だという。 均勝電子はインテリジェントコネクテッ
5Picks
コバルトが要らない新世代の電気自動車用リチウムイオンバッテリー
EVsmartブログ
|
世界で電気自動車の普及が進むにつれ、リチウムイオンバッテリーの需要が増えています。多くのバッテリーにはコバルトが使われていますが、その安定供給やより安価な素材の開発が課題になっています。
4Picks
ヒュンダイ系列社、EV用「冷却水分配・供給統合モジュール」開発成功 - コリア・エレクトロニクス
コリア・エレクトロニクス - コリア・エレクトロニクス
|
ヒュンダイウィア(現代ウィア)が電気自動車の駆動部とバッテリーの熱管理部品を統合したモジュールを韓国で初めて […]
12Picks
世界的なパワー半導体の需給逼迫、東芝や富士電機に商機
ニュースイッチ
|
最近の世界的な自動車減産の一因とされる電力制御用パワー半導体の需給が逼迫している。コロナ禍で落ち込んだ車生産の急回復を受けた欧州大手の供給不足に加えて、主要国での再生可能エネルギー投資拡大も需要を押し上げる。東芝や富士電機などは車電動化と脱炭素化で新たな商機も巡ってきそうだ。 パワー半導体は自動車や白物家電、ロボット、鉄道などの電力制御から、太陽光や風力発電の直流・交流変換まで幅広く使われる...
11Picks
「第2青函トンネル」実現の可能性は? “2階建て”構想の深度化に期待
ITmedia ビジネスオンライン
|
2020年11月、「第2青函トンネル」構想の新案が発表された。2階建てで、上階に自動運転車専用道、下階に貨物鉄道用の単線を配置する案だ。鉄道部分は輸送力が足りるか。急勾配も気になる。だが、新トンネルは必要だ。設計の深度化を進めて実現に近づいてほしい。
90Picks
「中国のテスラ」NIOがEV向け固体電池を発表 早ければ2022年にも実用化
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
中国の新興EV(電気自動車)メーカー「NIO(蔚来汽車)」が9日、年次発表会「NIO Day 2020」を開催し、EV搭載用バッテリーパックの新製品を発表した。容量は150kWhで、現在主流のリチウムイオン電池ではなく、固体電池になるという。関係者によると、EVへの搭載が実現するのは早くて来年になる。 従来のリチウムイ
254Picks
日本電産社長、マスク氏と「会談したい」-EVモーター供給に意欲
Bloomberg.com
|
日本電産の関潤社長はブルームバーグとのインタビューで、電気自動車(EV)メーカー、米テスラへのEV用駆動モーターの供給に意欲を見せた。日産自動車出身の関氏は、EV市場で世界覇権を狙うテスラに照準を合わせることで、車載事業の拡大に弾みをつけたい考えだ。
142Picks
ごみ収集車の臭気を「ハーブの香り」に 製造メーカーが花王と共同開発
ITmedia ビジネスオンライン
|
ごみ収集車などの開発、製造を行うモリタエコノス(兵庫県三田市)は、花王と共同でごみ収集車用の臭気抑制装置「ミラクルキヨラ」を開発した。
37Picks
25万7千キロ走っても、テスラのバッテリー劣化は10%以下
EVsmartブログ
|
オーナーにとっても購入を検討している人にとっても、電気自動車(EV)の走行用バッテリーの劣化は一大関心事です。最近の調査によると、テスラ・モデルSは25万7千キロメートル(16万マイル)走っても容量低下は10%以内であることがわかりました。
20Picks
HEVのほうがEVより地球にやさしいという真実。畑村耕一博士の「2021年の自動車用パワートレインの行方」
motor-fan.jp
|
優れたハイブリッドパワートレインを開発した日本メーカーだが、欧州の恣意的なCO2規制に翻弄されて、世界中がハイブリッドではなく電気自動車の普及に躍起になっている。電気自動車が地球に優しいという誤った世論を正しい方向に誘導することがエンジン研究者・技術者に求められる。 TEXT:畑村耕一(Dr.HATAMURA Koichi/畑村エンジン研究事務所 代表)
268Picks
自動車大手、年明け大幅減産へ 半導体が工場火災で不足
産経ニュース
|
自動車大手各社が年明けに大幅減産を余儀なくされることが30日、分かった。部品に使用する半導体の調達が難しくなるためで、少なくとも3社の生産が来年1月以降、4~5割程度減るとの予測も出ている。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で落ち込んだ自動車生産は、中国や米国向けの輸出で今年10月以降持ち直し、景気回復の牽引(けんいん)役となっている。裾野の広い自動車業界だけに、日本経済への悪影響が懸念される。
146Picks
新型FCV「ミライ」に続々採用、トヨタ系部品メーカーの技術力がスゴい
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車系の部品メーカーの製品が、トヨタが9日に発売した燃料電池車(FCV)の新型「MIRAI(ミライ)」に採用されている。アイシン精機などアイシングループでは、電動駆動モジュール「eAxle(イーアクスル)」が採用された。 イーアクスルは駆動用モーターやギア、インバーターなどの部品を一体化した電動駆動モジュール。これまでトヨタの高級車ブランド「レクサス」初の電気自動車(EV)の市販モデ...
109Picks
EVバッテリーで世界最先端を走る米「クアンタムスケープ」の強み
Forbes JAPAN
|
ドイツのフォルクスワーゲン(VW)やビル・ゲイツらが支援するバッテリー新興企業の「クアンタムスケープ(QuantumScape)」は12月8日、同社のEV(電気自動車)用バッテリーの性能が、現在市場に出回っているほとんどの競合プロダクトを上・・・
42Picks
パナソニックが新型電池開発へ、津賀社長は好調テスラにどこまで乗っかる?
ニュースイッチ
|
パナソニックは米テスラ向けの新型の車載用円筒形電池「4680」を開発する。2021年に住之江工場(大阪市住之江区)を中心に数十億円を投資して試作設備を導入し、大容量を実現する電極構造の高信頼な電池開発の工法を確立。テスラに提案する。米テキサスや独ベルリン近郊のテスラの電気自動車(EV)工場内での量産受託につなげる。高信頼技術で競合他社との差別化を図ることで、好調なテスラ向け事業の成長を後押し...
自動車用金属加工部品 概要
日本
中華人民共和国
タイ
インドネシア