新着Pick
SPD1U86I0ZD2SPQI
石油・ガス開発
JPN

石油・ガス開発 業界

日本
業界一覧
>
エネルギー
>
石油・ガス
>
石油・ガス開発
石油・ガスに関わる上流(探査・採掘・生産)から中流(輸送・貯蔵)、下流(精製)までのうち、主に上流で展開する企業群。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
植物のみでペットボトル=サントリーが試作品開発
時事通信社
|
 サントリーホールディングスは3日、植物由来原料のみを使用したペットボトルの試作品を開発したと発表した。現在は大半が石油由来のため、二酸化炭素の大幅な排出削減につながるという。2030年までの実...
19Picks
脱炭素がもたらす需給の歪み、石油開発の停滞で景気減速の懸念
ニュースイッチ
|
原油は中長期的にも需給がタイトとなり、相場には上昇圧力がかかりそうだ。当面は新興国の経済成長などもあって需要は減らないが、金融機関や機関投資家からの脱炭素要求の高まりで、足元では欧米メジャーが石油の上流開発を縮小している。2022年は中東産油国などの段階的増産で需給の緩和が見込まれ、暖房需要が増す今冬を過ぎれば相場に調整が入り得るが、再来する原油高などへの対応が引き続き課題となる。 国際エネ...
10Picks
欧米の偽善、国連会議で振りかざす「緑の植民地主義」を糾弾する
ニューズウィーク日本版
|
<先進国中で最も化石燃料への依存度が高いのがノルウェーだが、北欧をはじめ富裕国は、温暖化対策の名を借りてアフリカの貧困国に「天然ガス開発をやめろ」と告げている>欧州各国が天然ガス価格の高騰に悲鳴を上げ...
53Picks
米、メタン削減計画発表 石油・ガス産業を直接規制
Reuters
|
[2日 ロイター] - 米バイデン政権は2日、英グラスゴーで開かれている第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)に合わせ、石油・天然ガス産業から排出される温暖化ガスのメタンの排出量を削減する計画を発表した。
11Picks
ルーマニアが米製小型原子炉導入 中国メーカーとの協定破棄
産経ニュース
|
【グラスゴー(英北部)=塩原永久】バイデン米政権は2日、ルーマニア政府と協力し、同国に次世代原子炉である「小型モジュール炉(SMR)」を導入する計画を進めると発表した。海外で米国製の導入実績を作り、SMR開発の国際競争で先行する狙いだ。米政権は2050年の脱炭素化に向けた長期戦略で、原発を有力な温室効果ガスの無排出電源と位置づけ、導入を増やすシナリオも示した。
15Picks
米シェブロン、第3四半期利益は8年間で最高 石油・ガス高で
Reuters
|
[ヒューストン 29日 ロイター] - 米石油大手シェブロンが29日発表した第3・四半期決算は、利益が過去8年間で最高となった。石油・ガス価格の上昇、生産増加、自動車用燃料需要の回復などにより精製マージンが拡大した。
104Picks
トヨタとホンダ、日本の自動車レース専用の脱炭素車を共同開発へ
Reuters
|
[東京 25日 ロイター] - 日本の自動車レース「全日本スーパーフォーミュラ選手権」を主催する日本レースプロモーション(JRP)は25日、トヨタ自動車、ホンダと共同で、温暖化ガス排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラルの実現に向けた技術開発に取り組むと発表した。二酸化炭素(CO2)と水素を合成した環境に優しい燃料の使用や、植物由来の天然素材などを使った車両の開発を2022年から進める。
21Picks
【欧州天然ガス高騰の要因は?】カーボンニュートラルとエネルギー危機(ポスト石油戦略研究所 代表 大場紀章さん)-ひろこのスペシャリストに聞く!
YouTube
|
ひろこのスペシャリストに聞く!今回のゲストはエネルギーアナリスト/ポスト石油戦略研究所 代表 大場紀章さんをお招きし、「【欧州天然ガス高騰の要因は?】カーボンニュートラルとエネルギー危機」と題して、世界中が脱炭素化に向かう中、注目のエネルギー市場にフォーカス、エネルギー危機の内情について詳しく解説いただきます。(...
57Picks
損保ジャパンが「脱炭素保険」の開発で狙うビジネスチャンス
ニュースイッチ
|
損害保険ジャパンはカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)に向けた社会の動きをサポートするため、グループ横断の組織で顧客の要望を集めて分析し、新たな保険商品やサービスを開発する。2022年3月までに再生可能エネルギーや水素、アンモニアなどの事業に対応する新たな保険をスタートしたい考え。 世界的な脱炭素の流れの中で、損害保険業界も二酸化炭素(CO2)を多く排出する石炭火力発電所などの...
211Picks
NTTが四国電力買収でこじ開ける「電力大再編時代」の新たな扉
週刊エコノミスト Online
|
2040年度までに温暖化ガス排出の実質ゼロを目指し、再生エネ発電所開発を進めているNTTの「次の一手」に注目が集まっている。業界内では「脱炭素の切り札として四国電力を買収するのでは」との見方も広がっている。一見、これまでの常識ではありえない話にも思えるが、果たして――。
24Picks
世界のメタン削減、技術で支援 牛のげっぷ抑える餌、開発加速―政府:時事ドットコム
時事ドットコム
|
地球温暖化をもたらす温室効果ガスの一種、メタンガスの排出量を世界全体で削減する国際連携の枠組みが近く発足する。メタンは世界的に農業分野での排出割合が高く、稲作や牛のげっぷ、廃棄物などから出る。日本は環境に配慮した水田管理手法などの技術を海外に広げ、世界全体の削減を支援する方針だ。牛のげっぷに含まれるメタンを減らす餌の開発も加速する。 世界全体の温室効果ガス排出量の推計では、二酸化炭素(CO2...
37Picks
エクソン、大型石油・ガス開発事業の中止検討
The Wall Street Journal
|
エネルギーを巡る状況が目まぐるしく変化する中、米石油大手エクソンモービルの取締役会は投資戦略を見直しており、数件の大型石油・ガス開発事業を続行するかどうかを協議している。複数の関係者が明らかにした。  エクソン取締役会は5月にアクテ...
WSJスクープ
WSJ Japan
|
12Picks
北極圏の石油開発、禁止を提唱 EU、地球温暖化対策で
共同通信
|
【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表は13日、北極圏を巡るEUの新戦略を...
15Picks
「温室ガス実質ゼロ」に向け、トヨタ・産総研など共同研究開始
読売新聞
|
国立研究開発法人「産業技術総合研究所」とトヨタ自動車、豊田中央研究所は12日、2050年カーボンニュートラル(温室効果ガスの排出実質ゼロ)の実現に向けた共同研究の検討を始めたと発表した。エネルギーの効率的な活用や環境負
12Picks
エクソンやJERAなどアジアの排出削減で連携、新団体を設立-文書
Bloomberg.com
|
米石油大手エクソン・モービルやシェブロン、国内最大の発電会社JERA(ジェラ)など国内外の大手企業7社がアジア各国の温室効果ガス(GHG)排出削減で連携するため、新たに団体を設立することが分かった。
16Picks
米石油リグ稼働数、20年4月以来の高水準=ベーカー・ヒューズ
Reuters
|
[1日 ロイター] - 米石油サービス会社のベーカー・ヒューズが1日発表した週間データ(1日までの週)によると、米国内の石油・天然ガス掘削リグ稼働数は前週から7基増の528基と2020年4月以来の高水準となった。
21Picks
シェルの米メキシコ湾岸産油量、来年まで大幅減 ハリケーン受け
Reuters
|
[20日 ロイター] - 英・オランダ系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルは20日、ハリケーン「アイダ」の被害により来年初めにかけて同社の石油・ガス生産量が大幅に減少すると発表した。
27Picks
米シェブロン、低炭素事業に100億ドル 28年までに 気候変動対策
Reuters
|
[14日 ロイター] - 米石油大手シェブロンは14日、2028年までに低炭素燃料・事業に100億ドルを投資すると発表した。気候変動対策や温室効果ガスの排出量削減を巡り株主や政府から高まっていた圧力に対応する。
25Picks
アゼルバイジャンの「グリーン水素構想」を支援する日揮の思惑とは
ニュースイッチ
|
日揮ホールディングス(HD)はアゼルバイジャンの「グリーン水素構想」を支援する。太陽光や風力由来の電力を使った「グリーン水素」や「グリーンアンモニア」の生産を想定した設備建設の事業可能性を調査。石油や天然ガス、風力などカスピ海を中心に豊富な資源を持つアゼルバイジャンで二酸化炭素(CO2)を排出しない次世代エネルギーの開発につなげる。 事業化調査は経済産業省の「質の高いエネルギーインフラの海外...
石油・ガス開発 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン