新着Pick
SPD1U86I0ZD2SPQI
石油・ガス開発
JPN

石油・ガス開発 業界

日本
業界一覧
>
エネルギー
>
石油・ガス
>
石油・ガス開発
石油・ガスに関わる上流(探査・採掘・生産)から中流(輸送・貯蔵)、下流(精製)までのうち、主に上流で展開する企業群。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
米石油・ガス掘削リグ稼働数、9週連続増加=ベーカー・ヒューズ
Reuters
|
米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した22日までの週の米国内石油・天然ガス掘削リグ稼働数は、前週比5基増の378基と昨年5月以来の高水準となった。過去数カ月のエネルギー価格の上昇を背景に9週連続で増加した。
15Picks
訂正-米バイデン政権、国有地での石油・ガス掘削許可を停止
Reuters
|
[21日 ロイター] - ロイターが21日に閲覧した米内務省の命令文書(20日付)によると、バイデン政権は、国有地・水域(訂正)における石油・ガス鉱区のリース権と掘削許可について、法的および政策面での影響を検討するため、暫定的に停止した。
2Picks
化石燃料の“クリーン化”で期待されるCCS技術、現状は機能不十分。シェブロンの西オーストラリア州の天然ガス事業。操業以来の5年間、ほとんどCO2を吸収できず。技術リスクを露呈(RIEF)
一般社団法人環境金融研究機構
|
オーストラリアの西オーストラリア州で開発が進むゴルゴン(Gorgon)天然ガス(LNG)プロジェクトで、開発…
4Picks
大阪ガス、CO2削減技術を強化=藤原社長、脱炭素「真正面で向き合う」
時事通信社
|
 大阪ガスの藤原正隆社長は24日までにインタビューに応じ、二酸化炭素(CO2)と水素から天然ガスの主成分であるメタンを合成する「メタネーション」の開発を強化する考えを示した。太陽光や風力など再生...
2Picks
大阪ガス 「メタネーション」実用化へ 2050年に温室ガス実質ゼロ目指す
産経ニュース
|
大阪ガスは、二酸化炭素(CO2)と水素から都市ガスを生成する技術「メタネーション」を2030年までに実用化させる方針を明らかにした。メタネーションはCO2削減につながるとして国内外で研究が進んでいる。大ガスは高効率で生成する独自技術の開発にも取り組んでおり、これらの活用などで政府が掲げる50年の温室効果ガス排出「実質ゼロ」達成を目指す。
40Picks
スペースXが宇宙船Starship用の洋上基地建設のために採掘リグを2基購入
TechCrunch Japan
|
SpaceX(スペースX)の次期宇宙船はテキサス州で開発中だ。同社CEOのElon Musk(イーロン・マスク)氏は以前、開発監督の募集広告が掲載された後にスペースXがStarshipの運用のためにフローティングスペースポートを建設する計画だと明かしていた。そして今回、同社はこの目的のために2基の石油採掘リグを購入した。この情報はspaceflight.comのMichael Baylor(...
5Picks
いすゞが「CASE」に1000億円!ボルボと連携で投資効率高める
ニュースイッチ
|
いすゞ自動車は今後3年間でCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)関連の開発に1000億円程度を投じる。開発競争が激しくなっているCASE領域への先行投資を積み増す考え。世界的に加速するカーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)に合わせて電動化などに力を入れる。ただ過度な開発投資を防ぐため、スウェーデンのボルボ・グループなど他社との連携を生かし投資効率を高める。 いすゞ...
48Picks
25年までに全タクシーをEVに、MKグループが目標 航続距離「性能向上に期待」
京都新聞
|
タクシーのMKグループは19日、2025年までに保有車両の全てを電気自動車(EV)に切り替える目標を明らかにした。今後、車両をEVに順次交換し、現行車両の一部を占める液化石油ガス(LPG)車タイプのタクシーを今年8月には運行停止する。
49Picks
仏トタル、インドの再生エネルギー事業に25億ドル投資
Reuters
|
[パリ 18日 ロイター] - フランス石油大手トタルは、インドの再生可能エネルギー開発企業アダニ・グリーン・エナジー(AGEL)の株式と同社保有の太陽光発電事業の取得で、25億ドルを支払う。
33Picks
「東電の手口はいじめ」協業ベンチャーが怒る訳
東洋経済オンライン
|
電力・ガス小売ビジネスのシステム開発を専門にするベンチャー企業が、提携先である東京電力グループの小売企業などを相手に、損害賠償請求訴訟の準備を進めていることがわかった。ITベンチャーの「パネイル」(名…
31Picks
高温ガス炉で水素製造、30年めどに技術開発/政府
電気新聞ウェブサイト
|
◆天然ガス価格並み目指す 政府は2050年カーボンニュートラルに向け、高温ガス炉を活用した水素製造の技術開発に注力する。今年、再稼働を見込む高温工学試験研究炉「HTTR」などを活用し、30年をめどに水素製造の技術開発を進める。「実質ゼロ」達成にはカーボンフリー水素が必要で、原子力技術を活用すれば大量、安価に供給できる可能性がある。発電、産業用の熱供給と併用することで、50年に天然ガス価格並み1ノ
40Picks
今年の米ファンド、運用成績トップはテック株と仮想通貨関連
Reuters
|
[ニューヨーク 28日 ロイター] - モーニングスターによると、今年の米投資信託と上場投資信託(ETF)は米テクノロジー企業と仮想通貨(暗号資産)に集中的に投資したファンドが最も高い成績を挙げた。その一方で石油・ガス関連を中心に運用したファンドは100%近いマイナスとなった。
51Picks
課題は「HV頼り」からの脱却、電動車普及への道筋
ニュースイッチ
|
政府が電動車普及への議論を加速している。菅義偉首相が2050年に温室効果ガス排出量の実質ゼロを掲げる中、産業の裾野が広い自動車産業の動きは国民生活とも密接に関わる。脱炭素化への機運の高まりを受け世界的な普及や開発をめぐる競争は熾烈(しれつ)さを増す。政府の音頭に対し民間を巻き込んで足並みをそろえた道筋を描くには険しいハードルが待ち構える。 経産省、旗振り役 電動車普及へ議論加速 10日に自動...
17Picks
CO2回収技術に魅せられた東大生が描く資源循環、火星開拓にも?
ニュースイッチ
|
温室効果ガスの排出を2050年には実質ゼロとする目標を打ち出した日本。実現には省エネや水素エネルギーの活用拡大に加え、やむなく大気中に排出されたCO2を取り除く「ネガティブエミッション」も求められる。その候補技術として注目される「直接空気回収(DAC)装置」の開発をきっかけに、脱炭素社会の実現にまい進するのが、一般社団法人炭素回収技術研究機構(CRRA、シーラ)代表理事・機構長で、東京大学2...
16Picks
「水素」関連株の5銘柄を紹介! 燃料電池や水素発電 に欠かせない「水素」は、菅首相が掲げる「温室効果 ガスの排出量ゼロ」を後押しする注目の“国策テーマ” - 「お宝銘柄」発掘術!
Diamond Online
|
「水素」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。菅首相は、2050年までに温暖化ガスの排出量を「実質ゼロ」にする目標を掲げました。温暖化ガスの排出量を減らすにはさまざまな方法があります。まずは、我々一人ひとりが生活習慣を改善する、あるいは自動車や家電などの燃費や効率を上げることで「省エネ」を推進していく方法があります。また、技術開発により、エネルギーや製品などの生産・製造の際に出る...
(19件の記事)
26Picks
銅は枯渇しないのか~「脱炭素・電気エネルギー社会」の死角 - 木代泰之
論座(RONZA)
|
世界が目指す「脱炭素」。その先に来る「電気エネルギー社会」は、温室効果ガスを減らす半面、多種類の金属を大量消費する社会でもある。クリーンな太陽光発電は、石油・石炭発電に比べて銅や銀、スズ、アルミニウ
13Picks
中国が初めて独自開発した深水油田群が稼働
www.afpbb.com
|
【9月24日 Xinhua News】中国海洋石油集団(CNOOC)はこのほど、中国が初めて独自開発した深水油田群「流花16-2油田群」が完成、稼働したと明らかにした。
15Picks
AI搭載のフィットネスアプリ開発するドイツ拠点のFreeleticsが約26億円を調達、身体と精神の健康をAIがコーチング
TechCrunch Japan
|
AIを搭載したフィットネスコーチングアプリを開発するFreeletics(フリーレティックス)が、シリーズBの資金調達を2500万ドル(約26億円)で締めくくった。このラウンドをリードしたのは、米国を拠点とするJAZZ Venture PartnersとCauseway Media Partnersで、石油・ガス事業などを手掛けるKKCGグループの支援も受けている。 今回の調達は、2018年...
13Picks
シェル、生産コスト最大40%削減へ 再生エネへの移行加速
Reuters
|
[ロンドン 21日 ロイター] - 英・オランダ系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>は、石油・ガス生産コストを最大40%削減することを検討している。経費節約で事業を見直し、再生可能エネルギーと電力市場へさらに重点的に取り組む。関係筋がロイターに明らかにした。  
石油・ガス開発 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン