新着Pick
SPD1U86I0ZD2SPQI
石油・ガス開発
JPN

石油・ガス開発 業界

日本
業界一覧
>
エネルギー
>
石油・ガス
>
石油・ガス開発
石油・ガスに関わる上流(探査・採掘・生産)から中流(輸送・貯蔵)、下流(精製)までのうち、主に上流で展開する企業群。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
米オキシデンタルとデボン、第2四半期利益が予想超え 原油高で
Reuters
|
[3日 ロイター] - 米石油・ガス大手オキシデンタル・ペトロリアムと同業のデボン・エナジーが3日発表した第2・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。新型コロナウイルス対策の移動制限の緩和とコロナワクチンの接種拡大で、燃料需要が押し上げられ、原油価格が回復したことが背景にある。
2Picks
米コノコ、第2四半期利益が予想上回る 価格高や生産増で
Reuters
|
[3日 ロイター] - 米石油大手コノコフィリップスが3日発表した第2・四半期(6月30日まで)決算は利益が第1・四半期の約2倍となり、アナリスト予想を上回った。原油・ガスの価格上昇や生産増加が寄与した。
4Picks
世界鉱山大手4社と連携。コマツが描く「多動力源ダンプトラック」開発
ニュースイッチ
|
コマツは、英豪系のリオ・ティントとBHPグループ、チリのコデルコ、スウェーデンのボリデンの世界鉱山大手4社と共同で、鉱山操業に伴う温室効果ガス(GHG)削減を狙う連携体「コマツGHGアライアンス」の発足で合意したと発表した。超大型ダンプトラックを対象に、ディーゼルエレクトリックや有線といった既存の動力源のほか、燃料電池や水素、リチウムイオン電池も選択肢に入れ、多動力源ダンプの開発を加速させる...
2Picks
コンチネンタルなど米石油生産3社、第2四半期決算好調 原油高で
Reuters
|
[2日 ロイター] - 米石油・ガス生産のダイヤモンドバック・エナジー、コンチネンタル・リソーシズパイオニア・ナチュラル・リソーシズの第2・四半期決算は、産業活動や旅行需要の回復に伴う燃料価格の上昇で堅調だった。
455Picks
「藻を第二の石油に」バイオベンチャーの大胆な戦略
NewsPicks編集部
|
藻は、石油の代わりになれるのか──。50年後には採掘できなくなるとされる石油。燃料やプラスチックといった、私たちの生活に欠かせないものの原料であるため、代替となる資源の開発が叫ばれている。そうし...
69Picks
シェルCEO、エネルギー移行戦略の加速を表明 裁判所判決受け
Reuters
|
[ロンドン 9日 ロイター] - 英・オランダ系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルのバンブルーデン最高経営責任者(CEO)は9日、先月のオランダ裁判所による判決を受け、エネルギー移行戦略を加速し、温室効果ガスの排出量を一段と削減する方法を模索すると表明した。石油・ガス事業の大幅な縮小につながる可能性が高いとみられる。
111Picks
東芝が開発、電力損失を最大40.5%低減できるパワー半導体
ニュースイッチ
|
東芝は、電力のオンとオフが切り替わる際の電力損失を最大で従来比40・5%低減できるパワー半導体を開発した。再生可能エネルギーシステムや電気自動車(EV)、鉄道、産業機器などに搭載される電力変換器を高効率化できる。カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)社会の実現に貢献する。 東芝が開発したのは、パワー半導体の一種である「IGBT(絶縁ゲートバイポーラトランジスタ)」。ゲート電極を三...
263Picks
IEA「石油投資ゼロ」が衝撃なワケ
Yahoo!ニュース 個人
|
IEA発表の「ネットゼロ」レポートでは、今後石油開発投資は必要ないという。気候変動問題が重視される昨今では「常識」にも聞こえるが、IEAの背景を知れば、実は日本にとって「衝撃的」なことだと分かる。
17Picks
供給網全体の温室効果ガス排出削減を支援、三井物産が自動車向けプラットフォーム開発
ニュースイッチ
|
三井物産はサプライチェーン(供給網)全体の温室効果ガス排出量を可視化し、削減を支援するプラットフォームの開発を始めた。サステナブル経営推進機構(SuMPO、東京都千代田区)と共同開発する。自動車や日用品などのメーカー向けを想定する。9月以降に実証実験を開始し、2022年以降の発売を目指す。 企業の製品・サービスが環境に与える影響を評価する「ライフサイクルアセスメント(LCA)」の可視化や環境...
13Picks
米国石油精製業における政策・技術開発動向及び石油・エネルギー業界の動向:JPECレポート【石油エネルギー技術センター】
www3.keizaireport.com
|
米国石油精製業における政策・技術開発動向及び石油・エネルギー業界の動向:JPECレポート-レポートの発表元:石油エネルギー技術センター
264Picks
ガソリン新車販売35年に停止、油田開発中止も-脱炭素でIEA工程表
Bloomberg.com
|
国際エネルギー機関(IEA)は18日、 2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする目標達成に向けた新たなロードマップを公表し、油田や天然ガス田、炭田の新規開発を現時点でストップしなければ、地球温度の危険な上昇に直面せざるを得ないとの見通しを示した。
345Picks
大気中のCO2直接回収技術を2兆円基金で支援へ 政府
産経ニュース
|
脱炭素社会に向けた機運が高まる中、政府が大気から直接、二酸化炭素(CO2)を分離・回収する「DAC」について、関連技術の開発支援を進めることが8日、分かった。脱炭素技術開発などを支援する2兆円の基金を活用。温室効果ガス排出量を2013(平成25)年度比で46%削減する目標期限の30(令和12)年度までに、CO2濃度が10~数%程度の大気からCO2を分離・回収する技術の実用化を目指す。
10Picks
M&Aを積極化するリンナイ。米国のガス給湯器市場に勝機
ニュースイッチ
|
リンナイは米国市場で給湯器の販売を拡大するため、M&A(合併・買収)を積極化する。同社が主力とするガスを使う瞬間式給湯器は米国市場全体の1割程度だが、米国で主流の貯湯式に比べて省エネルギー効果が高く、需要が拡大傾向にある。貯湯式からの買い替えが進むにつれ、将来的に瞬間式の市場規模は現在の約4倍の年間290万台規模になることが見込まれている。製品開発と販売網構築の両面から事業体制を拡充し攻勢を...
69Picks
化石燃料事業への融資停止を検討 アジア開発銀行、脱炭素化加速
共同通信
|
化石燃料事業への融資停止を検討 【マニラ共同】アジア開発銀行(ADB、本部マニラ)が、石炭や石油、天然ガス関連事業に対する融資の停止...
18Picks
地球の電力需要を満たす大きな可能性を持つ地熱テクノロジーでリーダーを目指す「Fervo」
TechCrunch Japan
|
地表の下に蓄えられた地熱を再利用可能エネルギーの生成に使う方法は、環境問題専門家や石油、ガス技術者らの注目を引きつけている未来に向けた新たなビジョンだ。それは、この技術が温室効果ガスを発生る炭化水素に依存しない発電方法であるからだけでなく、石油とガス産業が長年にわたって磨き続けてきたのと同じ技能と専門技術を使うからだ。
123Picks
欧州ではすでに本格化、洋上風力発電事業に米石油大手が初の投資
Forbes JAPAN
|
v米エネルギー企業シェブロンが、米石油大手として初めて、洋上風力発電事業に投資することがわかった。同社は、ノルウェーの複合企業モールド(Moreld)と契約を結び、洋上風力発電タービンを開発するオーセルギー(Ocergy)を支援する。一方、・・・
3Picks
JERA、米・火力発電所で水素利用へ 最大4割までの混焼が可能に
環境ビジネスオンライン
|
JERA(東京都中央区)は7月28日、同社が出資する米国・リンデンガス火力発電所で水素の利用を行うと発表した。事業会社が同発電所6号機で、隣接する石油精製事業者の石油精製所から供給される水素を含むガスと天然ガスの混焼を行えるよう、2022年頃の完工を目指し、既存のガスタービンの改造工事を進める。
石油・ガス開発 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン