新着Pick
SPD1L4Y81HW1HOUJ
自動車販売
JPN

自動車販売 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
自動車関連小売
>
自動車販売
自動車メーカーと直接・間接的に特約店を契約を結び自動車を販売する小売企業群。但し、中古車の販売を主とする中古車ディーラーは除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
23Picks
トヨタもオンライン商談導入、自動車販売のネット活用はどこまで進む?
ニュースイッチ
|
自動車販売でインターネット利用を積極化する動きが相次ぐ。ビー・エム・ダブリュー(東京都千代田区)はネットで購入手続きが完了するサービスを開始し、トヨタ自動車はオンラインで商談できる仕組みを導入した。新型コロナウイルス感染症拡大で、消費者の非接触ニーズが高まっていることが背景にある。海外と比べてネット活用が遅れていると言われる日本だが、コロナ禍を契機に車という“大物”にもネットの波が押し寄せる...
585Picks
テスラが260万円台EV製造、約3年以内に-完全な自律走行性能も
Bloomberg
|
米電気自動車(EV)メーカーのテスラは、価格2万5000ドル(約263万円)のEVを約3年以内に製造する計画だ。同社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が22日に明らかにした。大衆市場向けの安価なEVの販売という長年の目標達成に動く。
44Picks
輸入車販売の4割を超えたSUV、日本に合った新型車が市場をけん引
ニュースイッチ
|
輸入車メーカーのスポーツ多目的車(SUV)が存在感を増している。日本自動車輸入組合(JAIA)によると、輸入車登録台数全体に占めるSUV(クロスオーバー車を含む)比率が年々伸びており、2020年8月は参考値ながら初めて40%を超えた。国内メーカーのSUVも好調だが、輸入車メーカーも国内初投入車や新型車で攻勢をかける。環境負荷低減に寄与する電動車のSUVも投入して販売拡大を狙う。(鎌田正雄) ...
43Picks
自動車販売 新型コロナで“オンライン”営業広がる
NHKニュース
|
【NHK】新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、ショールームでの対面の商談が常識だった自動車販売の現場でも、インターネットやS…
6Picks
テスラ、20年の販売50万台へ 車載電池部品を独自開発
共同通信
|
テスラ、20年の販売50万台へ 【ニューヨーク共同】米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は22日...
11Picks
中国の電気自動車メーカーWM Motorが1500億円超を調達、230万円台で3万台のEVを納車済み
TechCrunch Japan
|
中国の電気自動車のスタートアップであるWM Motor(WMモーター)は、ライバルであるTesla(テスラ)などによって競争が激化している中、超大型の資金調達を発表(WM Motorリリース)した。5年前に設立された同社は9月22日に、シリーズDラウンドで100億元(1540億円)を集めたのだ。調達した資金は、研究開発、ブランディング、マーケティング、販売チャネルの拡大に投下されるという。 ...
40Picks
トヨタ・ヤリスが月販1万台でも「微妙な空気」の販売現場! ヴィッツからの「車名変更」が落とす影
WEB CARTOP
|
約20年続いたヴィッツの名は偉大だった  2020年2月にそれまでのヴィッツがフルモデルチェンジのタイミングで、日本国内でもそれまでのヴィッツのグローバル車名であるヤリスとなって登場した。自販連(日本自動車販売協会連合会)統計によると、2月のデビューから8月までの累計販売台数は7万3989台、月販平...
3Picks
米テスラEV、20年世界販売50万台視野
共同通信
|
米テスラEV、20年世界販売50万台視野 【ニューヨーク共同】米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は22日...
72Picks
ベンツの燃料電池トラック、次世代型の航続距離は1000km超
ニュースイッチ
|
独ダイムラーの商用車事業の子会社ダイムラー・トラックは、2025年以降に燃料電池(FC)トラックを量産する。航続距離1000キロメートル以上の大型トラックで、23年には顧客へ試験供給を始める。航続距離約500キロメートルの大型電気自動車(EV)トラックについても24年には量産準備を完了させる計画。環境規制が進み化石燃料に厳しい目が注がれる中、航続距離に応じてFCトラックとEVトラックを販売す...
11Picks
コスト・機能で勝る中国EVメーカー、なぜテスラに勝てないのか
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
米EV(電気自動車)メーカー大手テスラの「モデル3」は今年上半期、中国国内で4万5000台を販売した。そのうち6月単月の販売台数は1万4954台で、新エネルギー乗用車の販売台数ランキング1位となった。これは中国のEV市場の販売総数の23%を占める。 「理想汽車(Li Auto)」の創業者・李想氏は、テスラの販売データに
98Picks
トヨタが先陣、車の完全オンライン購入時代は来るか コロナ禍で様変わりしそうな車の購入方法
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
ウィズコロナ時代、さまざまな業務が、対面ではなくオンラインで行われるようになったが、自動車業界においてもクルマのオンライン販売の動きが活発になってきた。
24Picks
テスラはもう時代遅れ?米GMと戦略提携のニコラに見る「自社生産しないEVスタートアップ」の強み
Business Insider Japan
|
・テスラは従来型の新規株式公開(IPO)で上場し、10年かけてプロダクトの販売にこぎ着けた。 ・ニコラ(Nikola)とフィスカー(Fisker)はそれより速く、ブランクチェック会社を利用したIPOでより大きな資金を調達し、しかもプロダクトの生産を急ぐため既存の自動車メーカーと手を組んだ。 ・ニコラ...
62Picks
国内新車販売8月は15.9%減、11カ月連続マイナス 減少率再拡大
Reuters
|
[東京 1日 ロイター] - 8月の国内新車販売(軽自動車を含む)は前年同月比15.9%減の32万6436台となり、11カ月連続で前年同月を割り込んだ。新型コロナウイルス感染拡大の影響が続いた。減少幅は4月の28.6%、5月の44.9%、6月の22.9%、7月の13.7%と縮小傾向にあったが、8月に入り再び拡大した。新車販売台数は、日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が発表したデータを足し合わせた。登録車(総排気量660cc超)は、前年同月比18.5%減の19万7832台で11カ月連続で減少となった。自販連は、新型コロナ感染拡大により、客足が遠のいた可能性があるとみている。ブランド別では、トヨタ自動車<7203.T>(高級車ブランド「レクサス」を除く)が9.8%減、日産<7201.T>が31.9%減、ホンダ<7267.T>は28.4%減となった。軽自動車(同660cc以下)も、同11.8%減の12万8604台で、11カ月連続の減少。ブランド別では、ホンダは21.1%減、スズキ<7269.T>が8.4%増、ダイハツ工業は19.4%減だった。9月以降の見通しについては、改善していくことを期待しているが「現時点では予測できない」(全軽自協)としている。
12Picks
パナソニックの車載電池はやっぱりテスラ頼み?100億円投資の真意
ニュースイッチ
|
パナソニックは米テスラと共同運営する電気自動車(EV)用電池工場「ギガファクトリー」(米ネバダ州)に増産投資する。佐藤基嗣副社長は「念入りに市場調査し、増産してもそれ以上の需要があり得ると判断した」と話す。コロナ禍によって全事業分野で業績が落ち込み、構造改革も遅れが目立つ中、テスラの好調なEV販売に活路の一つを見いだそうとしている。 投資規模は100億円超とみられる。2021年6月に新ライン...
33Picks
米GM、中国でEV拡充へ 今後5年で新型車全体の40%超に
Reuters
|
[上海 19日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>は19日、中国での電気自動車(EV)ラインナップを拡充し、今後5年に投入する車両の40%以上をEVにする計画を発表した。また、自動運転技術も強化し、約20%の利益を占める中国市場での販売減少を食い止めたい考え。
10Picks
コロナで激変するクルマ社会:テスラがこじ開けたEV大衆車時代に登場するホンダe(更新) | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
|
2019年、世界のEV販売台数は220万台に到達、すべての車の中でEVが占める割合は2.5%となった。  トップはテスラのモデル3の30万7500台、2位が北京汽車(BAIC)のEUシリーズ11万1047台、3位が日産リーフの6万9873台だ。トップ20の中にテスラのモデルが3つ入るなど、まさにテ
130Picks
テスラを追随できるのか?日本勢が新型EVで挑む「世界市場」への覚悟
ニュースイッチ
|
日系自動車メーカー各社が電気自動車(EV)に本腰を入れている。日産自動車が新型EVを2021年に日本や欧州、中国などで販売するほか、トヨタ自動車は4月に高級車ブランド「レクサス」で初となるEVを中国で発売。ホンダやマツダは年内に欧州市場へ投入する。欧州や中国などでの環境規制の厳格化を受け、EVは今後も市場が拡大する見通し。同分野では米テスラを筆頭に欧州大手や中国メーカーも触手を伸ばしており、...
12Picks
なぜ消えねばならない? パジェロ「消滅の理由」と今後の三菱の「SUV攻勢」
WEB CARTOP
|
より乗用車的に走れるSUVの台頭で徐々に販売台数が減少  今はSUVの人気が高いが、その先駆けは三菱パジェロだった。初代モデルは1982年に発売され、洗練された外観や上質な内装によりヒット商品となった。それまで山林で使う作業車だったオフロードSUVの流れが変わり、パジェロ以降、トヨタ・ランドクルーザ...
15Picks
テスラはなぜトヨタを抜けたのか~そこにある「ストックビジネス」の肝とは
LIMO
|
7月初め、米国の電気自動車(EV)メーカーのテスラが株式時価総額でトヨタを抜いたという衝撃的なニュースが流れました。テスラは2019年2月にディーラー販売網の廃止を発表。一部はショールームとして残すもののネット販売に移行しました。一定の走行距離など条件満たせば、返品も自由とされています。
自動車販売 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン