新着Pick
SPD1K63L7PI4U4WY
GMS
JPN

GMS 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
総合・食品小売
>
GMS
主に食料品、衣料品、日用品を総合的に品揃えをする大規模小売店で、セルフサービス方式にて販売する商店を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
51Picks
再送:イオン、18年3―5月期営業益は過去最高 GMSや国際事業が寄与
Reuters
|
[東京 4日 ロイター] - イオン<8267.T>は4日、2018年3―5月期の連結営業利益が、前年同期比8.2%増の396億円で過去最高益になったと発表した。総合スーパー(GMS)の赤字幅縮小や国際事業の黒字転換が寄与した。
271Picks
低所得でもクルマを持てる--貸倒率1%以下の“モビリティFinTech”を生み出したGMS
CNET Japan
|
従来ローン審査に通過できない低所得者層の人々が車両を購入できるFinTechサービスを、東南アジアを中心に展開するGMS。同社の代表取締役である中島徳至氏に、「モビリティ」と「Fintech」の融合によって目指すビジョンを聞いた。
34Picks
クルマを買えない世界の20億人を救う、新たな金融の仕組みーーGMSが11億円を調達
TechCrunch Japan
|
 自動車の遠隔起動デバイスを活用したプラットフォームを通じて、これまで金融にアクセスできなかった人たちに向けた新たな金融サービスを提供しているGlobal Mobility… Read More
26Picks
イオン、総合スーパーの利益率「ほぼ0%」の衝撃…不動産事業の利益額がスーパー上回る
ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る
|
イオン店舗(「wikipedia」より)  流通大手に共通する悩みは、衣料品や住居関連、食品などを軒並み扱う総合スーパー(GMS)の不振だ。ファストファッション…
13Picks
小売業がイートインとグローサラントに注力する理由
商業界オンライン
|
第18回は、「店舗におけるイートイン/グローサラントの役割」です。 皆さんも、スーパーマーケット(SM)や総合スーパー(GMS)のイートインで食事をしたことがあるのではないでしょうか。 イートインとは、昔はSMやGMSにしか見られなかったのですが、今はコンビニやドラッグストアなどにもありますよね。 もう一方のグローサラント。皆さん、ご存知でしょうか。初めて耳にしたとおっしゃる方も多いかと思い...
19Picks
イオンなら「ECのスタートアップ」成功できる
商業界オンライン
|
イオンの2018年2月期の決算が発表され、営業収益が前期比2.2%増の8兆3900億円、営業利益が13.8%増の2102億円となり、営業利益は6期ぶりに過去最高を更新した。事業別の内訳は以下のとおりである。収益の柱である「総合金融事業」と「ディベロッパー事業」と「ドラッグ・ファーマシー事業」が継続成長、「GMS事業」と「国際事業」が増益転換したことが、過去最高に貢献した。ディベロッパー事業で...
32Picks
イオン、19年2月期は14.1%営業増益計画 投資はインフラに傾斜配分
Reuters
|
[東京 11日 ロイター] - イオン <8267.T>は11日、2019年2月期の連結営業利益が前年比14.1%増の2400億円になるとの見通しを発表した。2期連続で最高益を更新する。総合スーパー(GMS)の改善が寄与する。投資はEC(電子商取引)やIT・物流に傾斜配分する方針。年間配当は4円増配の34円を計画している。
10Picks
流通大手3社、総合スーパーの業績改善 2月期決算 イオンは6期ぶり最高益更新
産経ニュース
|
流通大手3社の平成30年2月期連結決算が11日、出そろった。懸案の総合スーパー(GMS)事業は各社ともコスト削減などで業績が回復した。今期はてこ入れ策としてAI(人工知能)や新業態への進出などの積極展開を図る方針だ。
12Picks
ここが特徴「イオンスタイル座間のグローサラント化」
商業界オンライン
|
GMS(総合スーパー)は今、改革を求められている。イオンは新しいGMSのカタチを求めて取り組みを進めているが、この3月16日、「イオンスタイル座間」(神奈川県座間市)をオープンした。施設面積が約5万㎡、専門店数が約160のショッピングモール「イオンスタイル座間」の核店舗だ。ここでの売場づくりや商品構成の最新の取り組みを見ることで、イオンが目指す方向性を探ってみたい。
235Picks
イオン、20年度の営業収益10兆円目指す デジタル化推進
Reuters
|
[東京 12日 ロイター] - イオン<8267.T>は12日、2020年度の営業収益は10兆円(17年度計画は8兆3000億円)、営業利益は3400億円(同2000億円)を目指す中期経営計画を発表した。スーパーマーケットを地域ごとに再編するほか、GMS(総合スーパー)では衣料や住居余暇を専門会社化。また、IT・デジタル・物流投資を拡大してデジタル化を進め、アマゾンなどのEC事業者に対抗する。
678Picks
鈴木敏文氏が語る、GMSの衰退に歯止めがかからない理由
Diamond Online
|
イトーヨーカ堂に入社後、セブン-イレブンを立ち上げ、日本一の流通グループを育て上げた「流通最後のカリスマ」が経営の一線を退いて4カ月。データを細かく分析し、仮説を立てて検証していくことで、変化著しい日本人の購買動向に対応し続け、常に抜きん出た結果を出してきた鈴木敏文氏に、自身の経営論を語ってもらった。
494Picks
GMSの過去と未来、人口動態から見る2020年のイオン
SPEEDA総研
|
そもそもGMSとは何を指すかご存じだろうか。GMSは「General Merchandise Store」の略で、和訳では「総合スーパー」とすることが多い。総合スーパーも耳慣れないという人も多い...
489Picks
ドンキ27期連続増益の秘密は大手GMSと「真逆の戦略」
Diamond Online
|
ドンキは「驚安」という造語を武器に27期もの連続増収増益を続ける。その強さの源泉はどこにあるのだろうか。実はドンキはこれまでイオンやイトーヨーカ堂など大手総合スーパー(GMS)の真逆をやって成長している。
488Picks
【松岡真宏】ECが「2つの意味」で既存小売を破壊する
NewsPicks編集部
|
2017年は、小売・流通業界の中での勝ち組・負け組という考え方自体が溶解してくる年になる。従来は、百貨店やGMS(総合スーパー)が負け組としてシェアを奪われ、コンビニや専門店がシェアを拡大して勝...
271Picks
【SPEEDA総研】小売企業の動向をみる:2017年上半期
ユーザベース
|
先週の記事では、今夏のモノ消費をマクロ統計から見た結果、百貨店や総合スーパー(GMS)が持ち直し、衣料品や飲食料品がやや不調という曖昧な結果になった。今回は主に直近の決算結果から、小売企業の動向...
365Picks
セブン&アイ、「儲からない」ヨーカ堂はもう売却しかない!
ビジネスジャーナル
|
セブン&アイ・ホールディングス(HD)が9月18日、傘下の総合スーパー(GMS)、イトーヨーカ堂について「活性化が進まない店舗を中心に、約40店舗の閉鎖方針を固めた」と発表した。全店舗の2割に当たり...
326Picks
コンビニ上位3社、過去最高の営業益 沈む総合スーパー
朝日新聞デジタル
|
総合スーパー(GMS)が沈み、コンビニ頼みを強める小売業界――。流通各社の2015年8月中間決算が8日に出そろい、そんな傾向がより鮮明になった。コンビニ上位3社が過去最高の営業利益をたたき出す一方、…
216Picks
「ゆめタウンで買い物」に九州人がハマる理由
東洋経済オンライン
|
幅広い品揃えが売りの「総合スーパー(GMS)」の人気ナンバーワンはどこなのか。「オリコン日本顧客満足度ランキング」で検証しました。
GMS 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
マレーシア
タイ