新着Pick
SPD1K63L7PI4U4WY
GMS
JPN

GMS 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
総合・食品小売
>
GMS
主に食料品、衣料品、日用品を総合的に品揃えをする大規模小売店で、セルフサービス方式にて販売する商店を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
セブン&アイ、構造改革道半ば 株主総会、スーパーに質問集中「社員教育がなってない」
SankeiBiz(サンケイビズ)
|
セブン&アイ・ホールディングスは25日、定時株主総会を開き、井阪隆一社長ら経営陣を再任した。“カリスマ経営者”だった鈴木敏文前会長との確執を経て、井阪体制が誕生してから丸1年。カリスマが育てた主力のコンビニエンスストアでさらなる成長をうかがう一方、苦戦する総合スーパー(GMS)や百貨店の構造改革は道半ばだ。
12Picks
教員は学習随伴者 ドイツの先端教育事例(下)
教育新聞 電子版
|
南西ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州では、中等教育段階(5学年から)にGMS(ゲマインシャフトシューレ=社会的な学校)が急増している。2016/17年現在、304校を数える。初等学校を除く学校数が約1600校であるので、GMSは無視できない規模である。
33Picks
自動車ローン返済滞納でクルマを遠隔停止―GMSが7億円の資金調達
TechCrunch Japan
|
 自動車の遠隔起動制御技術を活用したプラットフォームサービスを提供するGlobal Mobility Service(以下GMS)は4月20日、ソフトバンク、住友商事、デンソー、クレディセゾン、グロービス・キャピタル・パートナーズ、SBI… Read More
17Picks
モビリティとフィンテックをつなぐIoTを推進 ソフトバンク、住友商事、デンソー等がGMSに総額7億円を出資
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
モビリティの遠隔起動制御を実現する独自のIoT技術などを日本やASEAN各国で展開するGlobal Mobility Service(GMS)が、ソフトバンク、住友商事、デンソー、クレディセゾン、グロービス・キャピタル・パートナーズ、SBIインベストメント等(その他の事業会社は非公表)を割当先とした総額約7億円の資金調達の実施を発表した。
488Picks
【松岡真宏】ECが「2つの意味」で既存小売を破壊する
NewsPicks編集部
|
2017年は、小売・流通業界の中での勝ち組・負け組という考え方自体が溶解してくる年になる。従来は、百貨店やGMS(総合スーパー)が負け組としてシェアを奪われ、コンビニや専門店がシェアを拡大して勝...
26Picks
イオン、16年3―11月期は5.6%営業増益 GMSが改善
ロイター
|
イオン は11日、2016年3―11月期の連結営業利益が前年同期比5.6%増の853億円になったと発表した。改装効果などから総合スーパー(GMS)が持ち直している。また、ドラッグ事業や総合金融事業も引き続き伸長している。営業利益は、6―8月に増益に転換した後、9―11月期には約5割増と大きく伸びた。9―
1Pick
リネットジャパンとグローバルモビリティサービス、カンボジア フィンテック事業で提携
IoTニュース:IoT NEWS
|
リネットジャパングループ株式会社(以下、リネットジャパン)とモビリティIoTベンチャーGlobal Mobility Service株式会社(以下、GMS)は、リネットジャパンのカンボジアにおけるフィンテックを活用した自動車、バイク、オート三輪車、農業機器等のリース事業において、事業提携を前提とした実証実験の実施につい
484Picks
ドンキ27期連続増益の秘密は大手GMSと「真逆の戦略」
Diamond Online
|
ドンキは「驚安」という造語を武器に27期もの連続増収増益を続ける。その強さの源泉はどこにあるのだろうか。実はドンキはこれまでイオンやイトーヨーカ堂など大手総合スーパー(GMS)の真逆をやって成長している。
678Picks
鈴木敏文氏が語る、GMSの衰退に歯止めがかからない理由
Diamond Online
|
イトーヨーカ堂に入社後、セブン-イレブンを立ち上げ、日本一の流通グループを育て上げた「流通最後のカリスマ」が経営の一線を退いて4カ月。データを細かく分析し、仮説を立てて検証していくことで、変化著しい日本人の購買動向に対応し続け、常に抜きん出た結果を出してきた鈴木敏文氏に、自身の経営論を語ってもらった。
142Picks
イオン、16年6―8月期は営業増益に転換 GMSは赤字継続
Reuters
|
[東京 5日 ロイター] - イオン <8267.T>は5日、2016年3―8月期の連結営業利益が前年同期比0.1%増の723億円になったと発表した。3―5月期は20億円の営業減益だったが、6―8月期は21億円の増益に転じた。総合スーパー(GMS)事業は営業赤字幅が拡大したものの、ドラッグ・ファーマシー事業や総合金融事業などが好調に推移した。
11Picks
中国で苦戦する日系小売り。撤退か我慢か
ニュースイッチ
|
中国で日系の総合スーパーマーケット(GMS)が、苦戦を強いられている。ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)は2016年内の撤退を決め、セブン&アイ・ホールディングス(HD)も北京のGMSについて「撤退も含め、事業の清算を考えている」(井阪隆一社長)としている。一方、セブン&アイHDは内陸部の四川省にある成都では、7店目となるGMSを17年に出店するなど好調だ。成長途上の中国市場を...
197Picks
旧ダイエー、イオンに改装で赤字拡大のワケ
東洋経済オンライン
|
「売り上げを半年で元に戻そうとしたが、1年かかりそうだ」――。イオンで総合スーパー(GMS)事業を担当…
49Picks
総合スーパー業績不振、消費者は何を期待し何を望む?
ニュースイッチ
|
流通大手3社のイオン、セブン&アイ・ホールディングス(HD)、ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)に共通する悩みが総合スーパーマーケット(GMS)の業績不振だ。事業環境の変化への対応が遅れ、商品などに消費者ニーズとの隔たりが生じている。各社は地域に合わせた店舗づくりやテナント導入で、生き残りを図る考えだ。 セブン&アイ・HD傘下のイトーヨーカ堂(東京都千代田区)は、2017年2月...
100Picks
ドンキ「居抜き物件」狙い成長 総合スーパー閉店ラッシュを好機に
SankeiBiz(サンケイビズ)
|
イトーヨーカ堂やユニーといった総合スーパー(GMS)の相次ぐ閉店ラッシュを好機と捉え、“虎視眈々(たんたん)”と閉鎖物件を狙うのが、ディスカウントストア大手のドンキホーテホールディングス(HD)だ。業績不振で撤退した店舗を改装して入居する「居抜き」と呼ばれる手法でローコストの出店を果たしつつ、独自の商品展開で集客力を強化し、売上高や利益を伸ばしている。2016年6月期の業績は売上高7595億...
35Picks
【イオン】稼ぎ頭は金融と不動産 本業のGMS改革は道半ば
ダイヤモンド・オンライン
|
2015年度の営業収益が初めて8兆円を超えた流通大手のイオン。ただ、稼ぎ頭は金融と不動産という状況は変わらず、苦戦が続く本業のGMSの改革は道半ばだ。
12Picks
イトーヨーカ堂の構造改革で、ドン・キホーテが街に溢れる!?
投信1(トウシンワン)
|
イトーヨーカ堂など、GMSの構造改革の方向性、ドンキホーテホールディングスの戦略などを考えます。
4Picks
メディア・コンテンツとジェンダー 駒澤大学GMS学部2017年度「実践メディアビジネス講座I」シリーズ講義の開講にあたって
THE HUFFINGTON POST JAPAN
|
私の職場である駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部では、「実践メディアビジネス講座I」というタイトルで、外部の方々をお呼びしてお話をしていただくという授業を行っている。 毎年統一テーマを設定し、シリーズ講義として展開しているが、2017年度は「メディア・コンテンツとジェンダー」としてみた。 メディアやコンテンツの領域におけるジェンダー問題は、ジェンダー研究の主要な関心テーマの1つで...
14Picks
40-50代が既存顧客のエイジングケア化粧品を若者にも
ニュースイッチ
|
富士フイルムは化粧品事業で、販売チャンネルやプロモーション活動を拡充する。エイジングケア化粧品ブランド「アスタリフト」の新製品投入を機に、予防意識を持つ20―30代を新たな顧客層に位置付ける。1日に刷新する化粧水などの発売に合わせ、店頭でカウンセリングを強化。美容部員も増員する方針だ。総合スーパーマーケット(GMS)のカウンター店舗を拡充し顧客との接点を増やす。既存顧客の40―50代を含め、...
GMS 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア