新着Pick
SPD1K63L7PI4U4WY
GMS
JPN

GMS 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
総合・食品小売
>
GMS
主に食料品、衣料品、日用品を総合的に品揃えをする大規模小売店で、セルフサービス方式にて販売する商店を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
モビリティとフィンテックをつなぐIoTを推進 ソフトバンク、住友商事、デンソー等がGMSに総額7億円を出資
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
モビリティの遠隔起動制御を実現する独自のIoT技術などを日本やASEAN各国で展開するGlobal Mobility Service(GMS)が、ソフトバンク、住友商事、デンソー、クレディセゾン、グロービス・キャピタル・パートナーズ、SBIインベストメント等(その他の事業会社は非公表)を割当先とした総額約7億円の資金調達の実施を発表した。
28Picks
自動車ローン返済滞納でクルマを遠隔停止―GMSが7億円の資金調達
TechCrunch Japan
|
 自動車の遠隔起動制御技術を活用したプラットフォームサービスを提供するGlobal Mobility Service(以下GMS)は4月20日、ソフトバンク、住友商事、デンソー、クレディセゾン、グロービス・キャピタル・パートナーズ、SBI… Read More
489Picks
【松岡真宏】ECが「2つの意味」で既存小売を破壊する
NewsPicks編集部
|
2017年は、小売・流通業界の中での勝ち組・負け組という考え方自体が溶解してくる年になる。従来は、百貨店やGMS(総合スーパー)が負け組としてシェアを奪われ、コンビニや専門店がシェアを拡大して勝...
25Picks
イオン、16年3―11月期は5.6%営業増益 GMSが改善
ロイター
|
イオン は11日、2016年3―11月期の連結営業利益が前年同期比5.6%増の853億円になったと発表した。改装効果などから総合スーパー(GMS)が持ち直している。また、ドラッグ事業や総合金融事業も引き続き伸長している。営業利益は、6―8月に増益に転換した後、9―11月期には約5割増と大きく伸びた。9―
485Picks
ドンキ27期連続増益の秘密は大手GMSと「真逆の戦略」
Diamond Online
|
ドンキは「驚安」という造語を武器に27期もの連続増収増益を続ける。その強さの源泉はどこにあるのだろうか。実はドンキはこれまでイオンやイトーヨーカ堂など大手総合スーパー(GMS)の真逆をやって成長している。
11Picks
中国で苦戦する日系小売り。撤退か我慢か
ニュースイッチ
|
中国で日系の総合スーパーマーケット(GMS)が、苦戦を強いられている。ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)は2016年内の撤退を決め、セブン&アイ・ホールディングス(HD)も北京のGMSについて「撤退も含め、事業の清算を考えている」(井阪隆一社長)としている。一方、セブン&アイHDは内陸部の四川省にある成都では、7店目となるGMSを17年に出店するなど好調だ。成長途上の中国市場を...
676Picks
鈴木敏文氏が語る、GMSの衰退に歯止めがかからない理由
Diamond Online
|
イトーヨーカ堂に入社後、セブン-イレブンを立ち上げ、日本一の流通グループを育て上げた「流通最後のカリスマ」が経営の一線を退いて4カ月。データを細かく分析し、仮説を立てて検証していくことで、変化著しい日本人の購買動向に対応し続け、常に抜きん出た結果を出してきた鈴木敏文氏に、自身の経営論を語ってもらった。
142Picks
イオン、16年6―8月期は営業増益に転換 GMSは赤字継続
Reuters
|
[東京 5日 ロイター] - イオン <8267.T>は5日、2016年3―8月期の連結営業利益が前年同期比0.1%増の723億円になったと発表した。3―5月期は20億円の営業減益だったが、6―8月期は21億円の増益に転じた。総合スーパー(GMS)事業は営業赤字幅が拡大したものの、ドラッグ・ファーマシー事業や総合金融事業などが好調に推移した。
197Picks
旧ダイエー、イオンに改装で赤字拡大のワケ
東洋経済オンライン
|
「売り上げを半年で元に戻そうとしたが、1年かかりそうだ」――。イオンで総合スーパー(GMS)事業を担当…
5Picks
イオン「スーパー改革」完遂へ。何で儲ける?
ニュースイッチ
|
イオンは、総合スーパーマーケット事業(GMS)の改革を2020年までに完了させる方針を中期経営計画で示した。中核子会社であるイオンリテールと2015年に完全子会社化したダイエーの収益構造改革が柱。両社の重複事業
49Picks
総合スーパー業績不振、消費者は何を期待し何を望む?
ニュースイッチ
|
流通大手3社のイオン、セブン&アイ・ホールディングス(HD)、ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)に共通する悩みが総合スーパーマーケット(GMS)の業績不振だ。事業環境の変化への対応が遅れ、商品などに消費者ニーズとの隔たりが生じている。各社は地域に合わせた店舗づくりやテナント導入で、生き残りを図る考えだ。 セブン&アイ・HD傘下のイトーヨーカ堂(東京都千代田区)は、2017年2月...
100Picks
ドンキ「居抜き物件」狙い成長 総合スーパー閉店ラッシュを好機に
SankeiBiz(サンケイビズ)
|
イトーヨーカ堂やユニーといった総合スーパー(GMS)の相次ぐ閉店ラッシュを好機と捉え、“虎視眈々(たんたん)”と閉鎖物件を狙うのが、ディスカウントストア大手のドンキホーテホールディングス(HD)だ。業績不振で撤退した店舗を改装して入居する「居抜き」と呼ばれる手法でローコストの出店を果たしつつ、独自の商品展開で集客力を強化し、売上高や利益を伸ばしている。2016年6月期の業績は売上高7595億...
35Picks
【イオン】稼ぎ頭は金融と不動産 本業のGMS改革は道半ば
ダイヤモンド・オンライン
|
2015年度の営業収益が初めて8兆円を超えた流通大手のイオン。ただ、稼ぎ頭は金融と不動産という状況は変わらず、苦戦が続く本業のGMSの改革は道半ばだ。
12Picks
イトーヨーカ堂の構造改革で、ドン・キホーテが街に溢れる!?
投信1(トウシンワン)
|
イトーヨーカ堂など、GMSの構造改革の方向性、ドンキホーテホールディングスの戦略などを考えます。
1Pick
流通大手、改善の兆し 29年2月期決算、スーパー改革が進展
産経ニュース
|
流通大手3社の平成29年2月期連結決算が12日、出そろった。懸案だった総合スーパー(GMS)事業は各社とも不採算店舗の閉鎖などの構造改革が進み、業績に改善の兆しが出ている。ただ、消費者の節約志向は根強く、顧客争奪戦が激しくなりそうだ。
2Picks
イオン、18年2月期は営業増益計画 ダイエーの黒字転換見込む
Reuters
|
[東京 12日 ロイター] - イオン<8267.T>は12日、2018年2月期の連結営業利益が前年比5.6%増の1950億円になるとの見通しを発表した。ダイエーの黒字化を見込むほか、総合スーパー(GMS)事業の構造改革も寄与する。
14Picks
40-50代が既存顧客のエイジングケア化粧品を若者にも
ニュースイッチ
|
富士フイルムは化粧品事業で、販売チャンネルやプロモーション活動を拡充する。エイジングケア化粧品ブランド「アスタリフト」の新製品投入を機に、予防意識を持つ20―30代を新たな顧客層に位置付ける。1日に刷新する化粧水などの発売に合わせ、店頭でカウンセリングを強化。美容部員も増員する方針だ。総合スーパーマーケット(GMS)のカウンター店舗を拡充し顧客との接点を増やす。既存顧客の40―50代を含め、...
24Picks
イオン、3―5月期はGMS不振などで営業減益 価格訴求強化
Reuters
|
[東京 6日 ロイター] - イオン<8267.T>は6日、2016年3―5月期の連結営業利益が前年比5.8%減の328億円になったと発表した。円高が海外事業の円換算収益にマイナスに働いたほか、総合スーパー(GMS)事業の不振も響いた。消費者の価格への視線は厳しくなっており、価格訴求を強化する方針を示した。
106Picks
半年でクレーム7500件から無印良品はなぜ復活できたのか - 良品計画名誉顧問 松井忠三
Diamond Online
|
1980年代当初のGMS各社のPB戦略は大手メーカーの協力も得られず、結果的に「安かろう悪かろう」と消費者の支持を得られなかった。そのなかで唯一、「無印良品」だけが支持を広げ急成長を遂げたが、大企業病の病勢が強まるなかで「無印」ブランドの信頼も急速に失われていく。そこで必要だったのは「立て直すための仕組み」だった。
GMS 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア