新着Pick
SPD1K63L7PI4U4WY
GMS
JPN

GMS 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
総合・食品小売
>
GMS
主に食料品、衣料品、日用品を総合的に品揃えをする大規模小売店で、セルフサービス方式にて販売する商店を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
65Picks
イオン、今期営業益見通しを上方修正 GMSの赤字幅縮小が寄与
Reuters
|
[東京 4日 ロイター] - イオン<8267.T>は4日、2018年2月期の営業利益計画を上方修正すると発表した。粗利改善や経費構造改革の進展から、総合スーパー(GMS)事業の営業損失が想定を上回って改善している。
25Picks
GMS中島社長が語る「Fintech×Iot」で誰もがクルマを買える社会へ
GLOBIS 知見録 最新記事
|
知の創造勉強会日本・東南アジアにおけるFintech×Iotビジネスの挑戦(2017年7月27日開催/グロービス経営大学院 東京校)自動車の遠隔起動制御技術を活用したプラットフォームサービスを提供するGlobal Mobility Service。同社が開発したIoTデバイスは自動車を遠隔から起動制御することができ、ローンの支払いが延滞しているドライバーの自動車を止めることができる。これによ...
7Picks
7&iHD、3―8月期は5期連続で最高益 国内外でコンビニ好調
Reuters
|
[東京 12日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス <3382.T>は12日、2017年3―8月期の連結営業利益が前年比7.2%増の1944億円になったと発表した。5期連続で最高益を更新した。国内外でコンビニが好調なほか、総合スーパー(GMS)や百貨店も損益が改善した。会社側の営業利益予想は1908億円だった。
5Picks
流通大手3社決算、セブンとイオンが過去最高益 赤字店舗の閉鎖など採算改善
産経ニュース
|
流通大手3社の平成29年8月中間連結決算が、12日出そろった。総合スーパー(GMS)は赤字店舗の閉鎖などで採算が改善されたほか、コンビニエンスストアや金融事業などが利益を押し上げ、セブン&アイ・ホールディングス(HD)とイオンの2社は、本業のもうけを示す営業利益が過去最高だった。
29Picks
イオン、3―5月期は11%営業増益 節約志向に対応して値下げ実施へ
Reuters
|
[東京 5日 ロイター] - イオン <8267.T>は5日、2017年3―5月期の連結営業利益が前年比11.4%増の366億円になったと発表した。第1・四半期としては、2年ぶりに過去最高を更新した。7事業中6事業で損益が改善。主力のGMS(総合スーパー)事業は、前年同期の102億円の営業赤字から67億円の赤字となり、最大の改善幅で寄与した。
1Pick
イオン、「最高益」の実態 「絶好調」部門と「停滞」事業
J-CASTニュース
|
流通大手イオンの2017年8月中間連結決算(10月4日発表)は、営業利益が前年同期比17.5%増の850億円となり、11年ぶりに過去最高を更新した。金融や不動産、ドラッグストアという稼げる部門が堅調なところに、課題の総合スーパー(GMS)部門の損益が改善したためだ。ただ、本業でもあるGMS部門はなお営業赤字を解消できておらず、最高益を喜んでばかりもいられないのが実情だ。
36Picks
自動車ローン返済滞納でクルマを遠隔停止―GMSが7億円の資金調達
TechCrunch Japan
|
 自動車の遠隔起動制御技術を活用したプラットフォームサービスを提供するGlobal Mobility Service(以下GMS)は4月20日、ソフトバンク、住友商事、デンソー、クレディセゾン、グロービス・キャピタル・パートナーズ、SBI… Read More
3Picks
イオン/3~8月はGMS、ドラッグ事業など5事業が増益で過去最高の増収増益
流通ニュース
|
イオンが10月4日に発表した2018年2月期第2四半期決算は、売上高4兆1686億300万円(前年同期比1.4%増)、営業利益850億4000万円(17.5%増)、経常利益855億7100万円(17.
18Picks
モビリティとフィンテックをつなぐIoTを推進 ソフトバンク、住友商事、デンソー等がGMSに総額7億円を出資
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
モビリティの遠隔起動制御を実現する独自のIoT技術などを日本やASEAN各国で展開するGlobal Mobility Service(GMS)が、ソフトバンク、住友商事、デンソー、クレディセゾン、グロービス・キャピタル・パートナーズ、SBIインベストメント等(その他の事業会社は非公表)を割当先とした総額約7億円の資金調達の実施を発表した。
12Picks
教員は学習随伴者 ドイツの先端教育事例(下)
教育新聞 電子版
|
南西ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州では、中等教育段階(5学年から)にGMS(ゲマインシャフトシューレ=社会的な学校)が急増している。2016/17年現在、304校を数える。初等学校を除く学校数が約1600校であるので、GMSは無視できない規模である。
2Picks
イオン/GMS事業は営業損失104億5900万円、イオンリテールで利益改善
流通ニュース
|
イオンが10月4日に発表した2018年2月期第2四半期決算によると、GMS事業は、売上高1兆5251億6900万円(0.2%減)、営業損失は104億5900万円(前期より99億6000万円の増益)とな
1Pick
gloops、『大乱闘!!ギルドバトル』のサービスを11月30日15時をもって終了…7年を超えるサービスに幕
Social Game Info
|
gloopsは、ソーシャルゲーム『大乱闘!!ギルドバトル』のサービスを11月30日15時をもって終了する。それに先立ち10月31日より課金アイテムの販売を終了する。本作は、GMS(当時の社名)から2010年7月に「Mobage」でリリースされたソーシャルゲームで、約7年4ヶ月で幕を下ろすことになる。「ギルド」重視の対戦型シミュレーションゲームとして、登録ユーザー数は144万人を超えるなど人気...
8Picks
イオン、足を引っ張る「スーパー部門」 不調のワケは?
ZUU Online|経済金融メディア
|
スーパーマーケットの苦戦が続いている。業界全体の既存店売り上げは4ヶ月連続のマイナス。総合スーパー(GMS)業界最大手のイオン <8267> と2位のセブン&アイHD <3382> の既存店も低迷している。特に、イオンの3-5月のGMS部門は赤字だった。イオンのスーパー部門が不調の理由に迫ろう。 ■スーパーマーケットの既存店は4ヶ月連続マイナス 日本スーパーマーケット協会が9月21日に発表し...
488Picks
【松岡真宏】ECが「2つの意味」で既存小売を破壊する
NewsPicks編集部
|
2017年は、小売・流通業界の中での勝ち組・負け組という考え方自体が溶解してくる年になる。従来は、百貨店やGMS(総合スーパー)が負け組としてシェアを奪われ、コンビニや専門店がシェアを拡大して勝...
486Picks
ドンキ27期連続増益の秘密は大手GMSと「真逆の戦略」
Diamond Online
|
ドンキは「驚安」という造語を武器に27期もの連続増収増益を続ける。その強さの源泉はどこにあるのだろうか。実はドンキはこれまでイオンやイトーヨーカ堂など大手総合スーパー(GMS)の真逆をやって成長している。
26Picks
イオン、16年3―11月期は5.6%営業増益 GMSが改善
ロイター
|
イオン は11日、2016年3―11月期の連結営業利益が前年同期比5.6%増の853億円になったと発表した。改装効果などから総合スーパー(GMS)が持ち直している。また、ドラッグ事業や総合金融事業も引き続き伸長している。営業利益は、6―8月に増益に転換した後、9―11月期には約5割増と大きく伸びた。9―
678Picks
鈴木敏文氏が語る、GMSの衰退に歯止めがかからない理由
Diamond Online
|
イトーヨーカ堂に入社後、セブン-イレブンを立ち上げ、日本一の流通グループを育て上げた「流通最後のカリスマ」が経営の一線を退いて4カ月。データを細かく分析し、仮説を立てて検証していくことで、変化著しい日本人の購買動向に対応し続け、常に抜きん出た結果を出してきた鈴木敏文氏に、自身の経営論を語ってもらった。
142Picks
イオン、16年6―8月期は営業増益に転換 GMSは赤字継続
Reuters
|
[東京 5日 ロイター] - イオン <8267.T>は5日、2016年3―8月期の連結営業利益が前年同期比0.1%増の723億円になったと発表した。3―5月期は20億円の営業減益だったが、6―8月期は21億円の増益に転じた。総合スーパー(GMS)事業は営業赤字幅が拡大したものの、ドラッグ・ファーマシー事業や総合金融事業などが好調に推移した。
GMS 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
マレーシア
タイ