新着Pick
SPD1HLZ1APVCKWJJ
トラック(企業物流)
JPN

トラック(企業物流) 業界

日本
業界一覧
>
運輸サービス
>
陸上輸送
>
トラック(企業物流)
輸送手段としてトラックを用いた、企業の調達物流、販売物流、社内物流、返品物流を担う企業群。荷主から物流業務の全てまたは一部の委託を受け持つ3PLを担う企業も含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
バッテリー駆動のAGVから電力もらい長持ち!有線ドローンが在庫を管理する
ニュースイッチ
|
ブルーイノベーション(東京都文京区、熊田貴之社長、03・6801・8781)は、飛行ロボット(ドローン)を活用した在庫管理システムで、独ドックス・イノベーション(カッセル市)と業務提携した。同社が開発した、有線ドローンと無人搬送車(AGV)を組み合わせた完全自動棚卸しシステムを、ブルーイノベーションが日本企業の物流倉庫向けにカスタマイズし展開する。2021年度に30社以上からの受注を目指す。...
1Pick
【DX塾:物流】「完璧」を目指す日本人と「最適」を目指す欧米人、DXが進むのは? - ビジネスWebマガジン「Future Stride」
ビジネスWebマガジン「Future Stride」|ソフトバンク
|
物流にイノベーションを起こした企業は、DXにより業界の地図を大きくかえようとしているがいずれも日本企業ではない。では日本の物流はどのようにDXしていけば良いのかー。ヨーロッパ最大の戦略コンサルティング会社であるローランド・ベルガーのパートナー、小野塚 征志氏を講師に招き、その解を伺った。
109Picks
アマゾンエフェクトで出版取次は生き残れるのか。「電子書籍」と「直取引」が焦点に
ニュースイッチ
|
アマゾンの荷物を乗せたトラックは、もはや街の風景の一部になった。新型コロナウィルスの感染拡大は、ネットショッピングを広く生活に浸透させた契機の一つとして、後世の歴史教科書に載ることになるのかもしれない。 アマゾンは、外出自粛などの影響でニーズが急拡大し、一時は物流が悲鳴をあげるほどだったという。そして先日、2020年下半期に、国内の物流拠点を4か所も新設することを発表した。日本におけるビジネ...
79Picks
物流最適ルートを300万通りから30分で!トヨタ系と富士通が「デジタルアニーラ」駆使
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車のIT系子会社、トヨタシステムズ(名古屋市中村区)と富士通は、北米の実データを用いて自動車製造部品の物流で最適となるルートを30分以内に見いだすことに成功した。デジタル回路による近似的量子計算技術「デジタルアニーラ」を活用し、トラック配送による膨大なルート数から、300万通り超の候補を抽出し、全体コストが最小となる最適解を導き出した。大規模な物流網の効率化につながるため、トヨタシ...
33Picks
メルカリ、赤字の米事業に光明 コロナ禍が追い風 売買高5割増狙う
産経ニュース
|
フリーマーケットアプリ大手のメルカリで赤字続きの米国事業に光明が見えてきた。新型コロナウイルス禍による巣ごもり需要を追い風に、アプリ上での売買高を示す「流通総額」が4~6月期に黒字化の目安とする月間1億ドル(約106億円)を突破したからだ。グローバル企業への脱皮には米市場での成功が欠かせないが、競争は厳しさを増しており、正念場が続く。
139Picks
フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題
Frontier Eyes Online
|
UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。
10Picks
宅配便の「再配達無料」はどう考えてもおかしい
東洋経済オンライン
|
大島弘明氏(以下、大島):新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、緊急事態宣言が出た後も、物流はエッセンシャルワーカーと位置付けられ、トラックドライバーは通常業務を続けました。どんな気持ちで荷物を運…
30Picks
アパレル企業の自社ECモール売上もまとめてみた!
Topseller.WebStyle
|
先週はモールが専業のファッションECモールを中心に流通総額をまとめましたが、今回はアパレル企業が自社ブランドを複数展開している「自社ECモール」に焦点を当ててみました。マルチブランド戦略を取っているアパレル企業は自社内に複数ブランドを保有していて、ブランド毎にECサイトを作っていたら管理もめちゃくちゃ大変です。それを一括でモールにしてしまったのが自社ECモールですね。ブランド横断で顧客を回遊させる
16Picks
セブン・ファミマ・ローソンが物流で連携。トラックを共同化
Impress Watch
|
セブン‐イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ3社は、チェーン横断的な共同配送物流の実証実験を実施。物流の共同化の効果の検証や、新たな物流連携の拡大・効率化の検討を行なう。
17Picks
D2Cモデルをスタートアップ企業に活かすには?
note(ノート)
|
小売業のオンライン化を考える上で ヒントになるのが、アパレルです。 アパレル? と思うかもしれませんが、小売業の 流通総額(EC)も多く、世界のブランド との違いが明確だからです。 しかも、コロナ禍の最中、レナウンが破綻しました。 以前からの長期的な減収に加え、 株主とのトラブルも発生していたなか、 2020年初の上場企業の倒産となったことから言える ように日本においてのアパレルのECは 前...
12Picks
まるでミニ四駆!? 未来のEV産業はイスラエルの企業が覇権を握るかも
for Ride(フォーライド)
|
EVの次世代プラットフォームはミニ四駆のシャーシみたいになるかも。ボディを載せ替えるだけでセダンにSUV、トラックなどなどいろんなクルマに変身!カヤバや三菱商事、日野自動車といった日本企業ともコラボレーションしています。
15Picks
地方企業がぶち当たるデジタルトランスフォーメーション(DX)5つの壁
note(ノート)
|
こんにちは 、クアンドの下岡です。クアンドは地方産業・レガシー産業のアップデートを目指すスタートアップで、これまで九州(主に福岡・北九州)を中心に製造、流通、金融などレガシーな産業領域において地方老舗企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に携わってきました。 地方企業のDXプロジェクトに携わる中で、失敗するケースはいつも同じような壁にぶつかっているなぁと感じており、今回は地方企業がD...
23Picks
ファッションECモール売上比較表
Topseller.WebStyle
|
ECを生業にしておりますと必ずといっていいほど付き纏う「モール運用」。自社ECを一番伸ばしていきたいのが企業・ブランドの本音ではありますが、モールはモールでそこでしか取れない売上を獲得できるという事で、ECによる売上の最大化を狙う際には欠かせない販路です。しかし出店の際に気をつけておかなければならないのがECモールの規模感、つまり流通総額でしょうか。この流通総額の中でブランドは売上を奪い合う訳なの
15Picks
アマゾン買収合意の自動運転ベンチャーZoox「究極的な狙いは物流オートメーションでの活用」専門家指摘
Business Insider Japan
|
・ラックス・キャピタル(Lux Capital)のシャヒーン・ファルシュチによれば、思考能力を備えた知能ロボットなどによる自動化の新たな波がサプライチェーンを変えようとしている。 ・工場や倉庫、物流関連の企業は、人件費を抑えて生産性を向上させるため、遠からず新たなテクノロジーを導入することになる。 ...
10Picks
EVピックアップトラック開発のRivianが2670億円調達
TechCrunch Japan
|
世界初のEVピックアップトラック販売を目指しているEVメーカーのRivian(リビアン)は、投資管理会社であるT. Rowe Price Associates Incのアドバイスを受けたファンドなどがリードするラウンドで25億ドル(約2670億円)を調達した。 新規投資家のSoros Fund Management LLC(ソロス・ファンド・マネジメント)、Coatue(コーチュー)、Fid...
676Picks
【移動×食】なぜ3密を避けても、外食できるのか?
NewsPicks Brand Design
|
新型コロナウイルスが大きな打撃を与えた、外食業界。そんな業界に希望の火を灯す、スタートアップ企業の存在をご存じだろうか。 その企業こそ、フードトラック(キッチンカー)のプラットフォームサービスを...
17Picks
「物流スタートアップ500社カオスマップ2020(世界版)」が公開 2019年版を大幅アップデート
デジタルシフトタイムズ
|
株式会社soucoは、「物流スタートアップカオスマップ2020(世界版)」を公開した。 本カオスマップは2019年9月に提供を開始した「物流スタートアップカオスマップ2019」の最新版。掲載企業...
127Picks
【配車から宅配へ】Uberはギグワーカーの雇用と物流を支える要になる
Quartz × NewsPicks Brand Design
|
ウーバー(Uber)は配車サービスやフードデリバリーで有名だが、「物流会社」としても大きな意味を持つようになってきた。共同創業者で前CEOのトラビス・カラニックは2014年に「何でも5分以内に届...
トラック(企業物流) 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン