新着Pick
SPD1HLZ1APVCKWJJ
トラック(企業物流)
JPN

トラック(企業物流) 業界

日本
業界一覧
>
運輸サービス
>
陸上輸送
>
トラック(企業物流)
輸送手段としてトラックを用いた、企業の調達物流、販売物流、社内物流、返品物流を担う企業群。荷主から物流業務の全てまたは一部の委託を受け持つ3PLを担う企業も含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
アマゾン買収合意の自動運転ベンチャーZoox「究極的な狙いは物流オートメーションでの活用」専門家指摘
Business Insider Japan
|
・ラックス・キャピタル(Lux Capital)のシャヒーン・ファルシュチによれば、思考能力を備えた知能ロボットなどによる自動化の新たな波がサプライチェーンを変えようとしている。 ・工場や倉庫、物流関連の企業は、人件費を抑えて生産性を向上させるため、遠からず新たなテクノロジーを導入することになる。 ...
10Picks
EVピックアップトラック開発のRivianが2670億円調達
TechCrunch Japan
|
世界初のEVピックアップトラック販売を目指しているEVメーカーのRivian(リビアン)は、投資管理会社であるT. Rowe Price Associates Incのアドバイスを受けたファンドなどがリードするラウンドで25億ドル(約2670億円)を調達した。 新規投資家のSoros Fund Management LLC(ソロス・ファンド・マネジメント)、Coatue(コーチュー)、Fid...
655Picks
【移動×食】なぜ3密を避けても、外食できるのか?
NewsPicks Brand Design
|
新型コロナウイルスが大きな打撃を与えた、外食業界。そんな業界に希望の火を灯す、スタートアップ企業の存在をご存じだろうか。 その企業こそ、フードトラック(キッチンカー)のプラットフォームサービスを...
16Picks
「物流スタートアップ500社カオスマップ2020(世界版)」が公開 2019年版を大幅アップデート
デジタルシフトタイムズ
|
株式会社soucoは、「物流スタートアップカオスマップ2020(世界版)」を公開した。 本カオスマップは2019年9月に提供を開始した「物流スタートアップカオスマップ2019」の最新版。掲載企業...
16Picks
自社ECのマーケットプレイス化、アパレル企業でトレンドに
DIGIDAY[日本版]
|
ファッション企業がオンラインマーケットプレイスに投資している。それにより、同プラットフォームで商品を販売する小規模ブランドの流通網を拡大する一方で、自社の収益の改善もはかっている。マーケットプレイスが彼らに提供するのは、信頼できるやり方で、コミュニティのニーズに応え、コミュニティとつながるための新たな手段だ。
15Picks
【最新版】自動運転技術開発ランキング。ウェイモ首位、フォード・GMら「レガシー勢力」も肉薄
Business Insider Japan
|
市場調査会社ガイドハウス・インサイツは、自動運転システム・モビリティサービス開発会社の2020年版ランキングを発表。1位はウェイモだった。 フォード子会社のフォード・オートノマス・ビークルズ、GM傘下のクルーズ、中国のバイドゥなどが続いた(ランキングにはサプライヤーや大型トラック専業の開発会社は含ま...
122Picks
【配車から宅配へ】Uberはギグワーカーの雇用と物流を支える要になる
Quartz × NewsPicks Brand Design
|
ウーバー(Uber)は配車サービスやフードデリバリーで有名だが、「物流会社」としても大きな意味を持つようになってきた。共同創業者で前CEOのトラビス・カラニックは2014年に「何でも5分以内に届...
11Picks
ソフトバンク出資の自動運転車「Nuro」 米大手ドラッグストアCVSと提携 薬の無人宅配サービスをスタート
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、「密」を避けるため、自動化や無人化への認識が著しく高まっている。短距離物流配送の自動運転企業などもこのビジネスチャンスを狙っている。 低速自動運転配達車など自動運転
17Picks
日野自動車がトラック運送にブロックチェーン導入、荷主のメリットは?
ニュースイッチ
|
日野自動車の子会社ネクスト・ロジスティクス・ジャパン(NLJ、東京都新宿区)は、2024年をめどにトラック運送にブロックチェーン(分散型台帳)技術を導入する。保安性が高いブロックチェーン技術を使うことで、物流のデジタル化を後押しする。荷物のトレーサビリティー(履歴管理)が向上するほか、デジタル化でトラックの積載効率を高めることで、トラック運転手の長時間労働の是正にもつながる。 ブロックチェー...
14Picks
コロナショック後におけるファッション流通企業の経営視点 -vol.1-
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
|
このコンテンツは FASHIONSNAP.COM が配信しています。
26Picks
【一挙公開】「ローカル」×「リアル」の攻略〜プラットフォーマーへの一手〜(全7回)
【ICC】INDUSTRY CO-CREATION
|
ITビジネスで「ローカル」×「リアル」を攻めるポイントとは? タクシー、印刷、物流、広告、ラクスル、小売、ロードサービス等の各分野で多地域展開を行うプラットフォーマー4社が、地方におけるパートナー企業とのアライアンス、マーケティング、人材採用、組織マネジメントなど、様々な視点から議論したセッションです。ぜひご覧ください!
104Picks
【#stayhomeを振り返る】デリバリーサービス企業が物流の要を担う(後編)
Quartz × NewsPicks Brand Design
|
これまで安価のプロモーション施策て消費者を取り込もうとしていたデリバリーサービス各社だが、この新型コロナウイルスの危機的な需要に際して、初めて価格を是正して経済的な利益とステークホルダー(レスト...
12Picks
アマゾン、「ロボットタクシー」開発企業に買収提案 狙いは物流の無人化、モビリティー分野への投資加速
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
米ウォールストリート・ジャーナルによると、米アマゾン・ドット・コムは自動運転技術のスタートアップ企業、米ズークス(Zoox)の買収に向けて協議中だという。
27Picks
アフターコロナにおけるファッション、流通、小売り企業の戦略とは ―商品・エリアを超えて実現する「マーチャンダイジング」とはー
エッセンス
|
株式会社ワールドにてSPA業態のビジネスモデルを構築、ユナイテッドアローズや良品計画、イオンリテールなど、様々な小売業のご支援を行う、西 謙太郎 氏に、アフターコロナにおけるファッション・流通・小売り企業の戦略についてお聞きしました。
127Picks
米政府が先進的半導体工場の国内建設に向けインテルやTSMCと協議か
TechCrunch Japan
|
ウォールストリートジャーナル(WSJ)のレポートによれば、ホワイトハウスの担当者が、現在インテルならびにTSMCと米国内への半導体工場の建設について話し合っているらしい。米国のハイテク企業と政府は、長年にわたりアジアのチップ工場への依存度を下げる努力をしてきた。その背景にあるのは、安全保障上の懸念、米中関税戦争、さらには世界中のサプライチェーンと物流を混乱させた新型コロナウイルス(COVID...
26Picks
求ム! 居抜きオフィス - 原状回復文化のアップデート -
東京R不動産
|
新型コロナウイルスの出現によって、働き方やオフィスのあり方について見直しを迫られるこれからの時代、戦略的にオフィスを移転する企業が直面するのは旧態依然とした“原状回復”の文化です。東京R不動産では、せっかく雰囲気よくつくったオフィスをさえない内装に戻すという残念な慣習を変えるべく、「居抜きオフィス」の流通を促進することで、「原状回復文化のアップデート」を目指します。KAKOMI;;;red;現在、
32Picks
物流ロボ、2027年に3兆円市場!崩れる「物流=労働」という常識 自動運転技術を活用
自動運転ラボ
|
世界の物流ロボット市場は2027年までに292億9340万ドル(約3兆1000億円)に達する見込み——。インドの市場調査会社The Insight Partnersが、こうした予測を掲載したレポートを発表している。 20 […]
12Picks
東南アジアのEC向け物流スタートアップNinja Van、シリーズDラウンドで2億7,400万米ドル以上を調達
THE BRIDGE
|
Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 東南アジアの EC 物流大手 Ninja Van は、2018年1月のシリーズ C ラウンド以降、少なくとも2億7,400万米ドルの新規資金調達を行ったことが、同社の公開申請書...
17Picks
新型コロナで過酷さ増すトラック業界、「女性ドライバー」が期待ほど増えない理由
ITmedia ビジネスオンライン
|
新型コロナで過酷さが増している業界の一つが物流だ。人手不足と高齢化を解決するために女性トラックドライバーへの期待が高まっているが、国交省が2014年からキャンペーンをやっているのに増えていない。まずは「トラガール」という呼称から見直し、男性本位の文化を変えるべきでは。
トラック(企業物流) 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン