新着Pick
SPD1HLZ1APVCKWJJ
トラック(企業物流)
JPN

トラック(企業物流) 業界

日本
業界一覧
>
運輸サービス
>
陸上輸送
>
トラック(企業物流)
輸送手段としてトラックを用いた、企業の調達物流、販売物流、社内物流、返品物流を担う企業群。荷主から物流業務の全てまたは一部の委託を受け持つ3PLを担う企業も含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
クラウドロボティクスプラットフォーム開発のRapyuta Roboticsは“物流ロボのサブスク化”を目指す
TechCrunch Japan
|
Rapyuta開発の倉庫用の“協働型”ピッキングロボット クラウドロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」を提供するRapyuta Robotics(ラピュタ・ロボティクス、以下Rapyuta)は2月17日、物流倉庫大手の日本GLPのグループ会社で配車支援サービス「配車プラス」提供のモノフル、ならびに産業用ロボットなどの製造を行う安川電機と資本業務提携を締結したことを発表した。リ...
6Picks
ロボティクスプラットフォーム開発のRapyuta Robotics、シリーズBラウンドで推定6.5億円を調達——モノフル、安川電機らと資本業務提携
THE BRIDGE
|
東京、バンガロール、チューリッヒに拠点を置き、クラウドロボティクス・プラットフォームを開発する Rapyuta Robotics は17日、シリーズ B ラウンドで資金調達したことを明らかにした。このラウンドは世界的物流施設大手 GLP の日本法人傘下の物流 DX 企業モノフルがリードし、産業用ロボット最大手の安川電機(東証:6506)が参加した。この2社以外にも投資家はいるが、現時点で明ら...
1Pick
払込票一体型独自帳票「GMO後払い」対応開始のお知らせ
通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
|
通販物流(EC,ネットショップ,カタログ通販,テレビショッピング)の代行、物流改善などの物流コンサルティング、物流システム開発・導入を行う会社です。
426Picks
楽天純損益318億円赤字 送料無料化予定通り
共同通信
|
楽天が13日発表した2019年12月期連結決算は、純損益が318億円の赤字(前期は1422億円の黒字)となった。出資先の米国企業の価値が大きく落ち込んだことが響いた。携帯電話事業や通販の物流機能拡充への投資もかさんだ。三木谷浩史会長兼社長は東京都内で記者会見し、通販サイト「楽天市場」で一部送料を無料化する新制度を予定通り3月18日に導入する考えを示した。
28Picks
医療情報を匿名加工し流通させるプラットフォーム、NTTデータが構築へ
ニュースイッチ
|
NTTデータが医療データの活用を支援する事業を今月始めた。医療情報を匿名加工し、流通させるためのプラットフォーム(基盤)を構築。将来は数百万人の医療ビッグデータ(大量データ)を実現し、研究者や製薬会社の研究部門の新薬開発などにつなげる。医療分野にデータを活用したイノベーションを起こすことで、医療業界の発展や医療費の削減に寄与する狙いがある。(取材・川口拓洋) 【国内ITで初】 NTTデータは...
244Picks
ヤマトHD、事業会社へ移行 24年3月期に売上高2兆円目標
共同通信
|
物流大手のヤマトホールディングス(HD)は23日、傘下のヤマト運輸などを吸収合併し、来年4月に純粋持ち株会社から事業会社へ移行すると発表した。
15Picks
流通額2000億円を超えたLINEショッピングの活用法とは? ECビジネスの拡大に役立つプッシュ&プル型マーケ事例
ネットショップ担当者フォーラム
|
LINEショッピングが、開始から1年半で流通額2000億円を突破した。堅調な成長を続ける背景には、LINE社が手がけるメッセージアプリ、決済アプリ、企業公式アカウントなど各種サービスとの連携と、そこから得られる膨大なユーザーデータの利活用にある。プル型&プッシュ型のマーケティング成功事例を紹介するとともに、LINEショッピング急成長の理由と、2020年に向けた展望に迫る
14Picks
誰も語らなかったZARA圧勝の秘密3 AIによる予測がZARAには有益だが、日本企業には無意味な理由 _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】
小売・流通業界で働く人の情報サイト_ダイヤモンド・チェーンストアオンライン
|
誰も語らなかったZARA圧勝の秘密3 AIによる予測がZARAには有益だが、日本企業には無意味な理由 。ダイヤモンド・チェーンストアオンラインではマーケター・経営者様必聴のセミナーや分析データ、その他小売・流通業界の最新情報をお届けします。
34Picks
Amazonの配送会社が急変し、熾烈になる競争。2020年EC物流大予測
Agenda note
|
キーワードは、「しのぎ合い」  ここ数年、EC物流は激変し、社会からの関心も高まってきている。そこで今回は2020年のEC物流が、どうなっていくのかを予測してみよう。  私は、2020年はEC事...
334Picks
「日本型IoTビジネス」の成否を分ける「2つ」の条件
NewsPicksアカデミア
|
あらゆるモノがインターネットにつながる「loT(Internet of Things)」。話題先行の”ブーム”から”実用段階”に移りつつあります。IoTは営業、製造、物流といった企業活動から私た...
16Picks
WMS(倉庫管理システム)とは何か解説 代表的な製品や選定基準、導入事例まで
ビジネス+IT
|
倉庫需要が止まらない。首都圏であれば、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)周辺など少し郊外に足を運ぶと、巨大な物流倉庫が多数建設されていることに気がつくだろう。10万坪単位の倉庫面積を持ち、トラックが上層階まで往来可能なランプウェイ施設を備えた「メガ倉庫」と呼ばれる物流倉庫が、次々と建設されているのだ。その倉庫内の業務遂行に不可欠なのが「倉庫管理システム(WMS)」だ。本記事では、WMSとは何か...
398Picks
【対談】流通の最先端・D2C。次に勝つ企業はどこか
NewsPicks編集部
|
今、流通業界で注目される「D2C」。「Direct to Consumer」の略で、メーカーが商品開発から広告宣伝までを内製し、消費者へ商品を直接販売するビジネス形態だ。直接販売が大きなポイント...
12Picks
うなだれたPepper、誰も並ばないセルフレジ。小売店舗の誰得テクノロジーはなぜ導入され続けるのか。2020年代を生き残るための3つの提案(FINDERS)
Yahoo!ニュース
|
「最新テクノロジーを導入しさえすればバラ色の未来」なんて来るわけがないIoT、AI、デジタルトランスフォーメーション…さまざまなテクノロジーのバズワードが小売・流通企業を賑わせている。今も昔もそうい - Yahoo!ニュース(FINDERS)
20Picks
物流界の革命児に聞く「コネクテッドロジスティクス」とはなにか?(夏目 幸明) @moneygendai
マネー現代
|
物流業界の変革者を取材した。大和ハウス工業傘下の物流ITソリューション企業・フレームワークスの秋葉淳一社長(56歳)だ。今や物流の常識となったSCM(サプライチェーンマネジメント)を日本に導入し、その後、物流の異次元的効率化を実現する、「コネクテッドロジスティクス」も実現。そんな秋葉氏に業界の未来について聞いた。
36Picks
「海外に出ない」日本の若者が気付けない自らの「貧困」:磯山友幸
新潮社 Foresight(フォーサイト)
|
最近の若者は「内向き志向」だと指摘されているが……(写真はイメージです)  昨年秋、50代の夫婦が、シンガポールに赴任している娘を訪ねた。娘は誰もが知る日本の大手物流会社で働く。夫婦は航空会社の規定…
30Picks
「海外に出ない」日本の若者が気付けない自らの「貧困」(新潮社 フォーサイト)
Yahoo!ニュース
|
昨年秋、50代の夫婦が、シンガポールに赴任している娘を訪ねた。娘は誰もが知る日本の大手物流会社で働く。夫婦は航空会社の規定いっぱいのスーツケースにギッシリと荷物を詰め込み、娘の元へと運んでいった - Yahoo!ニュース(新潮社 フォーサイト)
127Picks
あの騒動から半年...LIXIL・瀬戸社長が挑む年功序列の打破
ニュースイッチ
|
―CEO復帰から半年、2019年を振り返っていかがですか。 「波瀾(はらん)万丈の1年だった。会社の先行きに不安を持った社員もいたと思うが7月以降は順調だ。社員や流通店、施工店などのパートナーには迷惑をかけたが感謝している。潮田洋一郎氏による拡大路線を引き締める必要があった」 ―国内事業の活性化に向けて新方針「変わらないと、LIXIL」を打ち出しました。 「年功序列から実力主義に変えて強い筋...
26Picks
“よそもの”の力で熊本は変われるか 衰退する「地方路線バス」会社の挑戦
ITmedia ビジネスオンライン
|
2019年秋、熊本に新たな商業施設「サクラマチクマモト」が登場した。バスターミナルを中心とした再開発であり、主体となったのは九州産業交通ホールディングス。クルマ社会により地方のバス会社は苦戦を強いられているが、どのような狙いがあるのか。経営支援を受けているエイチ・アイ・エスと一体となり、新たな地方創生のモデルとなれるか――小売・流通アナリストの中井彰人氏が鋭く切り込む。
359Picks
【物流】アマゾンが進める「自前配送」。宅配会社は生き残れるか
NewsPicks編集部
|
「宅配クライシス」が発生したのは、今から2年前の2017年でした。宅配ドライバーのサービス残業問題に端を発し、荷主企業のEコマース企業などに対して半ば強制的に値上げをし、さらに総量を規制しました...
トラック(企業物流) 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン