新着Pick
SPD1ED11LCMEUO8U
出版(フリーペーパー等)
JPN

出版(フリーペーパー等) 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
放送・出版
>
出版(フリーペーパー等)
主に事業主からの掲載広告料を元に定期製作され、無料または廉価で配布される情報誌の出版事業を行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
23Picks
国立国会図書館、書誌データを4月1日からだれでも無償で自由に利用可能と発表
HON.jp News Blog
|
国立国会図書館は2月19日、同館の提供する書誌データを4月1日から、利用目的に関わらずだれでも無償で自由に利用可能とすることを発表した。 国立国会図書館は、国内出版物を納本制度によって網羅的に収集し、全国書誌データを構築している。書店などで一般に購入できる書籍等の納入率は95%以上で、それ以外にも官庁出版物や地方自治体出版物、外国刊行日本語出版物など一般に流通しにくいものも多く含まれている。...
101Picks
意外とカンタンにできる「法人化」2つのメリット
ZUU Online|経済金融メディア
|
(本記事は、秋田谷紘平氏の著書『月10万円副業!』ぱる出版、2019年1月7日刊の中から一部を抜粋・編集しています) ■軌道に乗ってきて…新たな悩み 副業の規模が大きくなればなるほど、事業の税金は大きくなってきます。 例えば年商が1000万円を超えると、その2年後には消費税を納税しなくてはいけなくなるケースがあります。 状況にもよりますが、副業が認められている会社等で本人が副業している場合な...
40Picks
不動産投資に失敗した人たちの実情とは?
ZUU Online|経済金融メディア
|
(本記事は、斎藤智明氏の著書『絶対に知られたくない! 不動産屋の儲けの出し方』ぱる出版、2019年1月11日刊の中から一部を抜粋・編集しています) ■「結局、不動産投資に失敗した」人たちの事情 ●マイナス金利で投資ブーム再来、その裏に失敗投資家の大きな負債 金融機関(銀行等)は不動産投資において、融資を希望する人の「属性」(社会的地位)、「年収」、「購入しようとしている物件の担保価値」を評価...
650Picks
【2018年上半期】イノベーションとは何かを学ぶための書籍8選
Inc.
|
イノベーションはおそらく、この10年間で最も注目を集めているビジネストピックの1つだ。イノベーションを何らかの形で扱った書籍が毎年何百冊と出版されている。しかし、これだけ書籍やその他の情報源があ...
298Picks
マーケットで負けるのは、「求めるもの」を決めない人 - マーケット感覚を身につけよう
Diamond Online スキル・キャリア
|
社会派ブロガー・“ちきりん”さんの新刊、『マーケット感覚を身につけよう』の出版を記念する対談連載がスタート。最初のゲストは、『R25』の創刊や旧ライブドアのメディア事業、『VOGUE』等のデジタル事業という多彩なメディア経験を持ち、現在はLINE株式会社で活躍される田端信太郎さんです。
194Picks
反東京五輪、声を上げる人たち 漂う反対できない空気
朝日新聞デジタル
|
2020年の東京五輪開催に反対する人たちがいる。市民グループは東京でデモを続け、大学教授らは「反東京オリンピック宣言」という学術書を出版した。大きく取り上げられることが少ない、人たちの声を聴いた。 …
180Picks
「爆買い」の次は「爆留学」!? 東大に中国人学生が殺到する理由
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
中国人の若者が、日本へ「爆留学」を続けている。いったい彼らは何を求めて日本に来るのか――。留学生に丹念に取材をし『中国エリートは日本をめざす』を上梓したジャーナリストの中島恵氏に聞く。
124Picks
ダーウィンは正しかった、恐怖は人の強み
THE HUFFINGTON POST JAPAN
|
恐怖が人の心を活性化し、判断力を高めることを、京都大学霊長類研究所の正高信男(まさたか のぶお)教授らが実験で突き止めた。これは、恐怖感情を抱くことは認知情報処理を妨げるという、この1世紀の間信じられてきた心理学の定説を覆し、ダーウィンの主張を支持する知見といえる。心理学でもダーウィンの洞察は正しかった。ダーウィンが活躍した英王立協会刊行のRoyal Society Open Science...
95Picks
雇われない働き方を発信する税理士・井ノ上陽一氏インタビュー
Career Supli(キャリアサプリ)|あしたのシゴトが面白くなるウェブマガジン
|
自身の税理士事務所を運営し税理士として働く傍ら、月間40万PVのブログを運営し本の出版、さらにはセミナーの開催等、一見普通の税理士と思えないほどに多方面で活躍している、井ノ上陽一さん。現在、様々...
94Picks
エリート中高年が陥りやすい「ジジイ」の“生態”とは | 経済プレミアインタビュー | 編集部 | 毎日新聞「経済プレミア」
mainichi.jp
|
「他人をバカにしたがる男たち」著者・河合薫さんに聞く(1)  目上にはこびたりおもねったりする一方、部下たちには「前例がない」「責任は取れるのか」などが口癖になっている人があなたの周囲にはいないだろうか。そうした人を「ジジイ」と指摘し、その“生態”や彼らの不安の心理を暴く「他人をバカにしたがる男たち」(日本経済新聞出版社)が今年8月の出版から好調な売れ行きだ。著者で健康社会学を研究する河合薫...
81Picks
「角川インターネット講座 全15巻合本版(Kindle版)」が21,600円から2,700円(87%)のセール中
P2P today ダブルスラッシュ
|
【全15巻合本版】角川インターネット講座<角川インターネット講座> (角川学芸出版全集) 村井 純 KADOKAWA / 角川学芸出版 2015-11-25 by G-Tools 我らが白田先生も執筆陣に加わっている「角川...
69Picks
【速報】在特会元会長・桜井誠氏、都知事選へ立候補へwwwwwwwwww
NewsTimes
|
元在特会会長・桜井誠氏が都知事選に出馬する意向であることがわかった。都議会選挙は充分な日本再生への意見発信の場となり得ると考えたという。公約やその他出馬表明等は16日に行う予定とのこと。桜井誠氏都知事選に立候補へ本日午後、余命と緊急会談の中で、元在特会会長、桜井誠氏の都知事選への立候補が表明された。6月10日出版のジャパニズム31で既報の通り、桜井氏とは連携を模索していたが、国政選挙とは違うにして
67Picks
【入山章栄✕佐渡島庸平】未来のエンターテイメントのビジネスモデルを考える <第1回> - ぼくらの仮説が世界をつくる
Diamond Online
|
『ぼくらの仮説が世界をつくる』(ダイヤモンド社)を上梓した株式会社コルクの代表取締役・佐渡島庸平氏と、『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』を上梓した早稲田大学大学院経営管理研究科准教授・入山章栄氏が「エンターテイメント産業の未来」「日本の組織論のあり方」などについて語りあった。日々これからのエンターテイメントを現場で模索し続ける佐渡島氏と、世界中の事例を元に最先端のビジネスを...
13Picks
トランプ氏「敵だらけ」 側近らが著書で主張
共同通信
|
トランプ氏「敵だらけ」 【ワシントン共同】25日付の米紙ワシントン・ポストは、トランプ大統領の側近ルワンドウスキ氏らが、ホワイトハウスや情報機関など政府内でトランプ氏が「敵に囲まれている」と主張する著書を27日に出版すると伝...
54Picks
一流のリーダーが備えている「3つの要素」とは何か - プロフェッショナル・リーダー――難局を突破する「9つのスキル」
Diamond Online スキル・キャリア
|
プロ経営者として5年以上の間ミスミグループ本社の代表取締役社長等を務めてきた高家正行氏と、今年5月に『プロフェッショナル・リーダー』を上梓したアリックスパートナーズ日本共同代表の野田努氏。それぞれ経営プロフェッショナルと企業再生プロフェッショナルとしての立場から、日本企業に求められるリーダー像を語り合ってもらった。後編のテーマは、一流のリーダーになるための「3つの要素」について。
49Picks
ページめくりからスクロールへ——紙と電子を行き来する人物が語るデジタルコンテンツ体験の課題 - 佐藤慶一
BLOGOS - 最新記事
|
『ぼくらの時代の本』を上梓した作家・デザイナーのクレイグ・モドさん、家計簿アプリ「Zaim」代表の閑歳孝子さんが登壇したイベント「ぼくらの時代のデザインと技術」に参加してきました。クレイグさんはもともと自分で出版社を立ち上げ、できるだけ美しい本をつくりたいとの想いで活動してきた人物。デジタルの時代になってからは、スタートアップにかかわることが増え、新興企業のなかにライターや編集者の考え方や魂...
40Picks
会社は何のために存続させるのか 対談:青野慶久(サイボウズ社長)×篠田真貴子(東京糸井事務所CFO)【前編】
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
|
常に新しい働き方を提案してきたのがサイボウズ。社長の青野慶久さんは、自分がいなくなった後の企業の存続は次世代の人に託すという。リード・ホフマンらの著書『ALLIANCE アライアンス』の刊行を機に、…
37Picks
「批判」と「非難」の違いとは? 重要視すべきは高次のステージに上がるための「批判」
ライフハッカー[日本版]
|
タイトルからもわかるとおり、『言葉が人を「熱狂」させる』(豊福公平著、きずな出版)のテーマは「言葉」。人を動かす言葉について、自身の考え方を記しているわけです。しかし、そもそも言葉には、数学のように唯一の正しい答えがあるわけではありません。そこで著者は、「正解はないけれど、自身の体験した言葉を書こう」という思いに至ったのだといいます。それらをヒントにすれば、読者をそれぞれの答えへと導けるようになる
37Picks
『ゼロ・トゥ・ワン』のピーター・ティール来日! 世界を変える「0→1思考」を学ぶスペシャルイヴェント【11/18開催】
WIRED.jp 最新情報
|
「ペイパル・マフィア」の中心人物にして、シリコンヴァレーの伝説の起業家・投資家、ピーター・ティール。彼の新刊『ゼロ・トゥ・ワン』は、世界を変えんとするスタートアップのためのバイブルだ。本書の出版を記念して、ティールの来日が実現。11月18日に、スペシャルトークイヴェントを行う。堀江貴文、瀧本哲史ら、日本を代表するアントレプレナーやVCが集結する。
28Picks
香山リカ、『絶歌』から「元少年A」の脳の機能不全を読み解く
日刊SPA!
|
話題の書『絶歌』を読んだ。出版自体の倫理を問う声もあるが、何らかの精神的な病理を抱え、それが犯行にも関与しているはずの元少年のこの手記を読まないわけにはいかない。 世間の感想とはかなり違うと思うが、私は一読して「痛々しい」と思った。当時は精神鑑定で「行為障害」という診断...
出版(フリーペーパー等) 概要
日本
タイ