新着Pick
SPD1A0KWAZBP8T1H
総合商社
JPN

総合商社 業界

日本
業界一覧
>
中間流通
>
総合卸
>
総合商社
重厚長大産業から外食等のサービス産業まで幅広い事業領域において、輸出入貿易、販売、流通、投資業務を行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
【例文あり】「総合商社」志望動機の魅力的な伝え方
就活の教科書 | 新卒大学生向け就職活動サイト
|
そこでこの記事では「総合商社の志望動機を魅力的に伝える例文」を解説します。 合わせて、「総合商社の志望動機を魅力的に伝えるコツ」や「総合商社の志望動機を魅力的に伝える時にやってはいけないこと」 ...
26Picks
伊藤忠商事会長「コロナ禍こそ人と会ってなんぼ」
文藝春秋digital
|
時価総額と株価で三菱商事を抜き、史上初めて総合商社のトップに立った伊藤忠商事。「商社マンは現代の商人」と語る岡藤正広・会長CEOに話を聞いた。 <この記事のポイント> ●在宅勤務は「生産性が上がる」と言われるが、それは全くの嘘 ●ラクすることが新しい働き方と勘違いされている面がある ●国が配布した布マスクは、先に他社が請け負っていたが、数が多く単独ではこなせなくなったため、政府から相談されて...
1113Picks
バークシャー、5%を超える商社株を取得-伊藤忠や三菱商など5社
Bloomberg
|
米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイは日本時間31日、日本の5大総合商社株を5%をわずかに上回る比率まで取得したと発表した。伊藤忠商事、三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅の5社をそれぞれ取得した。それぞれの株式について、長期保有を目的としており、価格次第では最大9.9%まで保有比率を高める可能性があるとした。
11Picks
伊藤忠、業界で“一強時代”幕開けか容赦ない敵対的TOBや中国巨額投資の大胆経営
ビジネスジャーナル
|
日本の大手総合商社の事業戦略が大きな変革を迫られている。その背景の一つとして、新型コロナウイルスの発生や中国経済の成長の限界などによって、これまで収益を支えた資源ビジネスが業績と財務面の重石となり始めたことがある。
16Picks
総合商社業界「3冠」目前の伊藤忠、報じられない“2つの爆弾”
ビジネスジャーナル
|
「週刊ポスト」(小学館)の仕事で、「日本郵政グループをもし、土光敏夫さんが経営すればどう変わる。どう変える」という記事を書いていて、「もし伊藤忠商事の岡藤正広会長CEOが三菱商事を経営したら、どう変える」を書いてみたらおもしろいと思った。6月に「2021年3月決算も三菱商事が首位...
14Picks
アズワンの物流倉庫を徹底解剖、省人化をさらに進める新コンセプト「GTR」とは?
ビジネス+IT
|
自動化技術を用いた省人化がいま猛烈な勢いで進みつつあるのが物流分野だ。作業者の歩行距離を減らす「GTP(Goods-To-Person)」から、さらにロボットの近くまでモノを持ってくる「GTR(Goods-To-Robot)」という考え方が生まれ、活用され始めている。科学機器や病院・介護用品の総合商社であるアズワンの新しい物流倉庫「スマートDC」では、村田機械の自動倉庫にMUJINやシャープ...
239Picks
澤田社長の知られざるファミマ改革、コンビニは「日本の家族」になれるか
ニュースイッチ
|
伊藤忠商事によるファミマ子会社化でコンビニ業界は変わるのか コンビニエンスストアのビジネスモデルが転換期を迎えている。 この7月8日、総合商社の伊藤忠商事は、グループ内のコンビニ大手「ファミリーマート」を完全子会社化すると発表した。狙いは、伊藤忠商事の取引先の販路拡大に加え、過渡期のコンビニ事業における経営判断の迅速化とされる。 具体的な動きはこれからだが、今後、AIを活用した業務効率化、顧...
60Picks
“ファミマ完全子会社化”が伊藤忠を真の総合商社トップにする?
MONEY PLUS
|
コンビニ業界と総合商社がここ数年で連携を強化しています。 日本を代表する「五大商社」の一角である伊藤忠商事は8日、子会社であったファミリーマートに対し株式の公開買い付け(TOB)を実施しました。伊
676Picks
【1分解説】伊藤忠のファミマ株TOBを3つの視点で整理
NewsPicks編集部
|
総合商社とコンビニの距離がまた一歩、近づいた。伊藤忠商事は7月8日、ファミリーマートの株式公開買い付け(TOB)で株式の保有割合を引き上げ、ファミマ株を上場廃止する計画を発表した。伊藤忠の狙いは...
17Picks
総合商社の秘密
NewsPicks
|
平成ノブシコブシの吉村崇氏と産業医の大室正志氏がお送りする「OFFRECO.」。第5回目のテーマは「総合商社の秘密」。ゲストは元トーメン(現・豊田通商)で元レノボ・ジャパンCEOの留目 真伸氏、元三菱商事で10X財務責任者の山田聡氏、三井物産を経てTikTokなど中国のマーケティングを行う黄未来氏、商社を財務的視点から分析する田中慎一氏の4名。平均年収1467万とも言われる5大商社の「給料」...
96Picks
総合商社各社、食料事業強化 コロナ禍での収益安定事業に
産経ニュース
|
総合商社各社が、食料関連事業の強化を相次いで打ち出している。伊藤忠商事が、事業買収などで北米地域での豚肉事業の加工能力を6割増加させるほか、丸紅はサーモンの陸上養殖事業に参画した。商社をめぐっては、新型コロナウイルスの感染拡大で、自動車や金属、鉄鋼、化学品といった主力事業が落ち込んでいる。これら事業の回復が不透明な中、食料関連は、安定的な収益が見込める事業として、位置づけが高まっている。
541Picks
【直撃】伊藤忠は「リテール金融」をどう育ててきたのか
NewsPicks編集部
|
総合商社ナンバーワンの座をめぐる競争が注目される三菱商事と伊藤忠商事。2019年度は純利益で伊藤忠がトップに立つとの見方もあったが、フタを開けてみれば三菱商事が逃げ切った。だが、株式市場の伊藤忠...
430Picks
【戦略】「DX」で商社は変わるのか
NewsPicks編集部
|
総合商社の株価が割安な原因、それは事業が多岐にわたるがゆえに、株式市場から低めの評価を受ける「コングロマリット・ディスカウント」のためだと説明されることが多い。これを打破するには、既存の事業を掛...
1789Picks
【三井物産トップ】変われなければ、商社は「不要」になる
NewsPicks編集部
|
総合商社のビジネスモデルが大きな転換点を迎えている。かつてトレーディングで2000年代には資源投資で純利益を大きく膨らませ、2010年代の原油安を経て、現在は事業投資へと大きく舵を切っている。キ...
908Picks
【10分解説】創業から最新決算まで。サクッと学ぶ5大商社のリアル
NewsPicks編集部
|
日本を代表する大企業にして、莫大な純利益を稼ぐ総合商社。特に決算発表の季節になると、トップ5社の社名を目にする機会が増える。だが、総合商社は個人の消費者との接点が少ないため、社会的な知名度に反し...
864Picks
【商社】コロナで需要蒸発。最新決算から見る「崖っぷち度」
NewsPicks編集部
|
新型コロナウイルスの感染拡大と原油価格の低迷が総合商社の業績を襲っている。総合商社大手5社の2020年3月期決算は、三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅が減益に、伊藤忠商事だけが増益となった。原油...
13Picks
商社の深層:コロナショックが直撃!三菱商事を抜き「伊藤忠」が総合商社1位になる日=種市房子 | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
|
総合商社2位の伊藤忠商事の時価総額が、同1位の三菱商事に肉薄している。  伊藤忠の株価上昇と三菱商事の株価低迷が時価総額接近の背景にある。伊藤忠の株価はコロナショックで世界同時株安に見舞われた3月に急落したものの、その後持ち直し、5月21日時点で前年同期比10%高。これに対して、三菱商事株は同1
64Picks
三井物産、5割減益予想に透けるコロナの深刻度
東洋経済オンライン
|
大手総合商社の中で最初に決算発表を行った三井物産。新型コロナウイルスの感染拡大の先行きを見通せないとして、業績予想の公表を見送る大手企業が相次ぐ中、三井物産は今2020年度の業績見通しと新たな中期経営計…
15Picks
総合商社の決算まとめ--増配発表の三菱商・伊藤忠を再評価
ZDNet Japan
|
大手総合商社5社の前期(2020年3月期)決算が出そろった。コロナショックで世界景気が急激に悪化し、原油など資源価格が急落している最悪の環境下だが、丸紅以外は意外にしっかりした内容だったといえる。
14Picks
住友商事がコロナ禍で三重苦、浮上する「あの商社」との合併論【決算報20春】 - ダイヤモンド 決算報
Diamond Online
|
昨年、創立100周年を迎えた住友商事が試練にさらされている。コロナショックの深刻度は総合商社の中で最も“ヤバイ”とされ、2020年度は1000億円以上の利益が吹き飛ぶ可能性もある。経営が苦しくなると決まって浮上するのが、あの商社との合併論だが……。
総合商社 概要
日本
大韓民国