新着Pick
SPD17DV55S8H6ZDJ
電力(再生可能エネルギー)
ALL

電力(再生可能エネルギー) 業界

世界
業界一覧
>
公共サービス
>
公共インフラ
>
電力(再生可能エネルギー)
太陽光や水力、風力、バイオマス、地熱などの再生可能エネルギーを用いて、発電から貯蔵、電力卸、企業、家庭等への供給までの全てまたは一部を主要業務とする企業群。独立系発電事業者(IPP)も含む。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
58Picks
経産省、電力会社でない企業が電力供給できる仕組み検討
TBS NEWS
|
経済産業省は、電力会社ではない企業が、再生エネルギーを念頭に家庭などに電力供給できるようにする新たな仕組みについて検討を始めました。  現在、再生エネルギーで発電される電力は、原則として、電力会社が管理する電線を通じて、家庭など消費者に届けられています。経済産業省は8日、有識者会議を開き、一部の地域に限って電力会社ではない企業でも配電網の管理を行い、電力を供給できる新たな仕組みについて検討を...
15Picks
機械学習で電力運用を最適化──AI蓄電池は再生可能エネルギーを普及させる装置になるか
Ledge.ai
|
電力業界は今、限られた資源の有効活用や地球温暖化対策のため、再生可能エネルギーを活用した持続可能な社会の実現を目指し変革の最中だ。本稿では家庭用蓄電池にAIを搭載した株式会社Looopの執行役員 堤 教晃氏に、電力×AIの可能性について伺った。
23Picks
再生可能エネルギーが化石燃料を抜く=英国で初
MITテクノロジーレビュー
|
英国の2019年第3四半期の電力供給において、風力、バイオマス、太陽光といった再生可能エネルギー源が40%を占めた。一方、化石燃料(英国においては実質的にすべてガス)は39%であったことが、カーボン・ブリーフ(Carbon Brief)の気候変動アナリストらによって明らかになった。残りの21%の大半は原子力によるものだ。再生可能エネルギーが化石燃料を抜いたのは、1882年に英国で発電所が稼働...
89Picks
リチウムイオン二次電池の基礎知識と歴史をちゃんとおさえる【ややムズ】
ニュースイッチ
|
リチウムイオン二次電池(LIB)に関する用途と市場は、最近大きく変貌し飛躍的に拡大しつつあります。特に、車載用としてハイブリット車、電気自動車での拡大、再生可能エネルギーの大規模導入による電力貯蔵や家庭・ビル用電源としての使用、携帯用電子機器の関係では、映像の記録再生機能を持つ携帯電話やワイヤレスのインターネット接続など、コードレスの電子機器があたりまえの時代になりました。また、電動アシスト...
21Picks
Utility3.0のキーワードは「地域」
U3イノベーションズ
|
電力ネットワークが直面する課題は、災害の激甚化と頻発に対するレジリエンス強化、再生可能エネルギーの大量導入への対応、人口減少・過疎化に伴う需要・収入減、高経年化対策など多岐にわたります。 社会の負担するコストを抑制しつつ、こうした変化に対応するためには、まず、既存の系統の活用を進めるとともに、新たな技術を適切に取り込む規制の改正やインセンティブ付与等の仕組みづくりが必要になるでしょう。 こうした情
121Picks
経産省、大規模再生エネ促進 固定買い取り→市場価格上乗せ
産経ニュース
|
経済産業省が、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)の見直しに乗り出している。大規模な太陽光発電や風力発電などでは、現行のFITを取りやめ、電力の市場価格に一定額の補助金を上乗せする仕組みに変更する方向で、議論を進めている。再生エネを主力電源に育成すると同時に、家庭や企業の負担を減らす狙いだ。
24Picks
「再エネ100%」を義務づけたハワイ 太陽、風、海……自然の恵みをフル活用
朝日新聞GLOBE+
|
2045年に全電力を再生エネルギーで。ハワイ州は全米で初めて「再エネ100%」を義務づける法律を制定した。もちろん日本とは人口規模も違い、単純に日本のお手本になるわけではない。まだまだ課題もある...
29Picks
パナソニックも再エネ100%利用へ、大企業の切り替えが止まらない
ニュースイッチ
|
パナソニックは2050年までに世界全拠点で使う電気全量を再生可能エネルギーに切り替える。先行して“再生エネ100%”を目指すソニーやリコーなどが、国や電力会社の制度を活用しながら再生エネの利用を増やしている。再生エネは不安定で高額と敬遠されがちだったが、大企業が先頭に立って利用を拡大することで普及や価格低下が促される。 「再生エネでのモノづくりを顧客から求められるようになった。要望に応えたい...
57Picks
再生可能エネルギー 電力需給のコントロールで普及へ 環境省
NHKニュース
|
政府は太陽光などの再生可能エネルギーを「主力電源化」することを目指していますが、天候によって発電量が大きく変わり需給バラ…
36Picks
すべての電力を再生可能エネルギーで供給する鍵は「地中」にあり:地熱発電の展望と課題
WIRED.jp
|
再生可能エネルギーだけで米国の電力をすべて供給する鍵は「地中」にあった──。地熱エネルギーで米国の電力の20パーセントを賄えるという試算が、このほど環境系シンクタンクによって発表された。再生可能エネルギーとして風力や太陽光などが注目されるなか、これまでほとんど注目されてこなかった地熱発電。地震を引き起こす危険性も指摘されるが、政策支援や技術開発があれば有効に活用できると指摘されている。
12Picks
再生可能エネルギー主力電源化制度改革小委員会と持続可能な電力システム構築小委員会を設置します (METI/経済産業省)
www.meti.go.jp
|
経済産業省は、中長期的将来をも見据え、脱炭素化の要請を背景とした再エネの主力電源化に向けた更なる環境整備と、安定供給を確実に実現していくための電力システムの持続可能性の確保を両立させていくための制度の在り方を一体となって検討するべく、総合資源エネルギー調査会基本政策分科会の下に、「再生可能エネルギー主力電源化制度改革小委員会」と「持続可能な電力システム構築小委員会」を設置することとしました。
16Picks
ブロックチェーンを系統運用に応用するメリットは?
電気新聞ウェブサイト
|
電力・エネルギー分野でのブロックチェーン技術の応用は、ピアツーピア(P2P)電力取引が代表的であり最も取り組まれている事例だが、その応用はP2P取引にとどまらない。再生可能エネルギーを中心とする電源情報のトラッキング・証書化、資金調達プラットフォーム、電気自動車(EV)の充電管理、バッテリーの充放電やデマンドレスポンス(DR)の履歴管理などがP2P以外の主な事例である。実証段階ではあるが、ブ...
26Picks
大規模太陽光発電、買い取り除外に 再エネ支援策見直し
朝日新聞デジタル
|
再生可能エネルギーでつくった電気を大手電力会社に全量買い取ってもらえる固定価格買い取り制度(FIT)について、経済産業省は5日、新設の大規模な事業用太陽光発電と風力発電を対象から外す見直し案の概要を…
16Picks
都庁、電力の8割を再生エネに バイオマス発電を率先利用
共同通信
|
都庁、電力の8割を再生エネに 東京都は1日から、新宿区の都庁本庁舎で使う電力の約8割をバイオマス発電による再生可能エネルギーに切り...
22Picks
エネルギービジネスのプラットフォームは、送配電用とビジネス用の二層構造に
電気新聞ウェブサイト
|
わが国においてあるべき送配電ネットワークの新しいプラットフォームは、まだまだ議論・政策検討の途上である。一方で再生可能エネルギーや需要側資源はいや応なく増加し、現在の制度では地域によっては早晩、ネットワークの健全性維持すら危うくなりかねない。あるべき電力システムの姿を考えると、送配電側プラットフォームに加えて現在の発電・小売り側のビジネス革新・プラットフォーム形成も重要な鍵となってくる。 k...
292Picks
「リチウムイオンよりも優れた電池」の可能性と現実
Bloomberg
|
クリーンなエネルギーというビジョンを抱く人たちは、世界には現在のものよりも優れた電池が必要だと主張してきた。懐疑的な消費者に向けて電気自動車を売り込み、再生可能電力で送電網を動かすことのできる電...
84Picks
日本は世界3位の地熱資源大国なのに発電所建設が進まなかった3つの理由
Diamond Online
|
2011年の福島第一原発事故直後、再生可能エネルギーとして一躍脚光を浴びたのが「地熱エネルギー」。火山国の日本にとって、うってつけの発電方法に思えるが、現在、地熱発電の電力供給量が54万kWと総発電量の0.2%にすぎないのはなぜか。地熱発電の歴史と現状や、将来について、九州大学名誉教授で現在地熱情報研究所代表の江原幸雄氏に話を聞いた。
131Picks
欧州でのEV大量普及、現在の発電事情では難しい
Diamond Online
|
エネルギー系シンクタンクのドイツのアゴラ・ヴェンデとイギリスのサンドバッグは1月、EU(欧州連合)における発電方法別電力シェアを発表した。それによると、2018年は風力、太陽光、バイオマスといった再生可能エネルギーで発電された電力が全体の32.3%となり、17年に比べて2%上昇した。
348Picks
仮想通貨以外のブロックチェーン応用例が動き出す 投票システム、宅配ボックス、電力の発電元など多岐にわたる
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
仮想通貨以外の用途としてブロックチェーン技術を使う取り組みが増えている。投票システムや宅配ボックスでの応用が実験されているほか、企業や地方自治体が利用した電力のうち再生可能エネルギーの内訳がわかるサービスが予定されている。
電力(再生可能エネルギー) 概要
世界
台湾
シンガポール
マレーシア
フィリピン
オーストラリア
インド
アメリカ合衆国