新着Pick
SPD162M82P8OH2UF
自動車用電装品
JPN

自動車用電装品 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
自動車用電装品
始動電動機、配電機、制御装置、イグニッション・コイル、照明等、自動車内で実装されている各種電装・電子部品およびECU(電子制御装置)を製造する企業群。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
電気自動車の電池にも使われる「コバルト」は石油より早く枯渇する?
EVsmartブログ
|
コバルトは多くの電気自動車用電池に使われている金属です。テスラが「コバルトフリー」の電池を採用することがニュースにもなっていますが、はたしてコバルトとはどんな「資源」なのでしょう。知っておきたい基礎知識からまとめてみます。
2Picks
NASAの技術を搭載した車内専用空気清浄機がキャンペーン開始
ギズモード・ジャパン
|
「AFL CAR SANIFIER」はNASAの基礎技術を元に開発された「AFLPCO(光触媒技術)」とイオン技術「AFL PLASMA」による毎秒2,000万個放出されるイオンで、嫌な匂いを強力に効率よく除去する車用空気清浄機です。
75Picks
イーロン・マスク氏が「テスラ車が搭載するHEPAフィルターを使った高性能家庭用空調システムをいつか開発する」と発言
TechCrunch Japan
|
Elon Musk(イーロン・マスク)氏は以前、Tesla(テスラ)車が誇る「生物兵器防衛モード」を自慢していたが、これは高効率HEPA空気濾過のおかげもあって、悲惨な状況に直面しても車内に高品質な空気を提供できるよう設計されている。マスク氏はTwitterで、いつか家庭用の空調システムに同様の空気濾過システムを提供したいと投稿した。 テスラは主に自動車メーカーだが、SolarCityの買収...
14Picks
EVが数分で満充電できる?植物材料で性能高めたスーパーキャパシター
Engadget 日本版
|
Hong Liang テキサスA&M大学の研究者が、植物を材料とする新しいスーパーキャパシターを開発しました。この技術が実用化されれば、現在は数十~数時間かかる電気自動車の充電時間が数分で完了するようになると考えられます。 現在、電気自動車用にはリチウムイオン電池がよく使われています。これは電池としてエネルギー密度の高さが優れているから。しかし重く製造コストが高いこと、そして満充電までにかか...
28Picks
電気自動車用バッテリーの最前線〜テスラ「ミリオンマイルバッテリー」とは?
EVsmartブログ
|
テスラがもうすぐ実現するといわれている「ミリオンマイルバッテリー」。100万マイル=約160万km走行できる超長寿命のリチウムイオン電池です。もうすぐ開催と噂の「バッテリーデー」を前に、池田篤史さんにまとめていただきました。
10Picks
アマゾン、独メルセデスに1800台超の配送用EV発注 パリ協定の目標より10年早く二酸化炭素排出を実質ゼロに
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
米アマゾン・ドット・コムは8月28日、独自動車大手ダイムラーの乗用車部門メルセデス・ベンツに対し、配送用の電気自動車(EV)1800台以上を発注したと明らかにした。
12Picks
パナソニックの車載電池はやっぱりテスラ頼み?100億円投資の真意
ニュースイッチ
|
パナソニックは米テスラと共同運営する電気自動車(EV)用電池工場「ギガファクトリー」(米ネバダ州)に増産投資する。佐藤基嗣副社長は「念入りに市場調査し、増産してもそれ以上の需要があり得ると判断した」と話す。コロナ禍によって全事業分野で業績が落ち込み、構造改革も遅れが目立つ中、テスラの好調なEV販売に活路の一つを見いだそうとしている。 投資規模は100億円超とみられる。2021年6月に新ライン...
14Picks
中国CATL、新種のEV用電池開発 ニッケル・コバルト不使用
日刊工業新聞電子版
|
【上海=ロイター時事】米電気自動車メーカー(EV)、テスラのサプライヤーである中国の車載電池大手・寧徳時代新能源科技(CATL)は15日、ニッケルやコバルトを使わない新種のEV用電池を開発していると明...
16Picks
自動車部品の生産が終わるのはいつ? 「打ち切り」までの道のり
MONOist
|
今回解説する自動車業界用語は「量産品と補給品/打ち切り」です。基本的な用語ですが、区別を聞くと意外とすぐに答えられない、また補給品や打ち切りは実務で非常に問題の起きやすい所でもあります。この記事でぜひ定義、また現状を知っていただけたらと思います。
14Picks
ノースボルトが電気自動車用バッテリーのギガファクトリー用に30億ドルを投資
EVsmartブログ
|
先日独占インタビュー記事をお届けしたピーター・カールソン氏が率いるバッテリースタートアップのノースボルトが、巨大工場用に30億ドルを調達しました。名だたる世界的金融機関が出資しており、注目度の高さが伺えます。
69Picks
コロナで激変するクルマ社会:テスラでもトヨタでもない……「コロナ後のクルマ」の大本命がNEVである理由
週刊エコノミスト Online
|
「コロナ時代のクルマの主役はゴルフカートをベースとした低速の近郊用電気輸送車のNEV (Neighborhood Electric Vehicle)になる」と前回の原稿「コロナで消えるガソリン車…本命は超小型電動カート」で触れたところ、ガソリン車ファンからさまざまなコメントを頂いた。
12Picks
集合住宅へのEV充電器設置事例【4】賃貸マンション駐車場に大家さんと居住者がテスラ用を設置
EVsmartブログ
|
集合住宅への電気自動車用充電器設置について、具体的なノウハウを知る事例レポート第4弾。埼玉高速鉄道鳩ヶ谷駅前の賃貸マンションで、大家さんが電柱からメーターまで、住民がメーターから充電プラグまでを設置した事例をご紹介します。
13Picks
【くるま問答】電気自動車なのに「鉛バッテリー」も搭載するのはなぜ。駆動用バッテリーだけではダメなの? - Webモーターマガジン
web.motormagazine.co.jp
|
HV(ハイブリッドカー)やPHEV(プラグインハイブリッドカー)、EV(電気自動車)など大容量の駆動用バッテリーを搭載するクルマには、ガソリン車と同様に鉛バッテリーも採用されている。なぜ、わざわざ2種類のバッテリーを搭載しているのだろうか。
10Picks
CATL、メルセデス・ベンツとバッテリー技術で提携強化 主要サプライヤーに
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
8月5日、独ダイムラー傘下の乗用車事業会社メルセデス・ベンツと、電気自動車(EV)用電池メーカー「CATL(寧徳時代)」が、バッテリー技術分野における提携関係を一層強化すると発表した。メルセデス・ベンツは、CATL製のバッテリーモジュールを搭載し、航続距離が700km(WLTP基準)となるラグジュアリーEVセダン「EQ
11Picks
テスラの新バッテリー戦略『ロードランナープロジェクト』〜より安価で高性能な電気自動車用電池開発へ
EVsmartブログ
|
テスラがカリフォルニア州フリーモントにある自社工場の2階を大幅に改築し、バッテリーの研究と大量生産に注力するべく申請したことが明らかになりました。海外で報じられた内容をご紹介します。
12Picks
欧州の電気自動車用バッテリー企業『ノースボルト』社ピーター・カールソンCEOインタビュー【パート1】
EVsmartブログ
|
電気自動車用バッテリーのスタートアップとして注目されるノースボルトのCEO、ピーター・カールソン氏へのインタビューが『CleanTechnica』に掲載されました。
16Picks
テスラの蓄電事業は小規模ながらQ2に着実な伸び
TechCrunch Japan
|
Tesla(テスラ)の蓄電事業は第2四半期に加速し、同社の4四半期連続の黒字達成にもわずかながら貢献した。米国時間7月22日に発表された四半期決算で明らかになった。 商用・住居用の蓄電事業ならびにソーラー事業の売上はテスラの事業全体においてはわずかなものだ。同社の売上の大部分は自動車部門が占める。しかし第2四半期決算は、蓄電事業、特に2019年にローンチされた発電所規模の蓄電プロダクトである...
17Picks
電池をしっかり確保したい!トヨタが内製化で調達量積み増しへ
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車は車両製造を担う田原工場(愛知県田原市)で、車載用リチウムイオン電池の生産に乗り出す。すでに生産ラインの整備に着手しており、準備が整い次第、量産を始める。トヨタが車両工場で車載電池を生産するのは初めて。世界的な環境規制の高まりを受け、ハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)など電動車の需要は拡大基調にある。電池の内製化で調達量を積み増すとともに、工場の稼働率向上...
142Picks
テスラ猛追の新興EV企業「リビアン」に投資家が熱狂する理由
Forbes JAPAN
|
アマゾンが出資するEV(電気自動車)メーカー「リビアン(Rivian)」は、ピックアップトラックやSUV、アマゾン用の配送トラックの生産を計画している。同社は、生産開始前のEVメーカーとしては史上最高額となる、25億ドル(約2670億円)を・・・
12Picks
日産「キックス」が時速80km以下でほぼエンジンを動かさない秘密
ニュースイッチ
|
新型「キックス」はスポーツ多目的車(SUV)に初めて独自のハイブリッド車(HV)システム「eパワー」を搭載した。既存のeパワー搭載車「ノート」などと比べ、走りの力強さだけでなく、気持ちよさにもこだわって開発した。 力強さではeパワーの制御を徹底的に磨き上げ、出力は従来比で約20%向上した。eパワーはエンジンを発電用のみに使いモーターで駆動する。これまで販売したノートなどから収集したデータをビ...
自動車用電装品 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
アメリカ合衆国