新着Pick
SPD162M82P8OH2UF
自動車用電装品
JPN

自動車用電装品 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
自動車用電装品
始動電動機、配電機、制御装置、イグニッション・コイル、照明等、自動車内で実装されている各種電装・電子部品およびECU(電子制御装置)を製造する企業群。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
【韓国】LGイノ、車用WiFi6Eモジュール開発[車両]
NNAアジア経済ニュース
|
【韓国】LGイノ、車用WiFi6Eモジュール開発[車両] 韓国のLGイノテックは2日、世界初となる車両用の6ギガヘルツ(GHz)帯Wi—Fi(ワイファイ)モジ...
35Picks
JAL、自動運転トーイングトラクター導入 国内初、成田空港で
Aviation Wire
|
国土交通省航空局(JCAB)は3月2日、航空貨物や手荷物の運送用コンテナをけん引する「トーイングトラクター」(TT車)について、国内では初となる自動運転のTT車を成田空港で導入すると発表した。空港を運営する成田国際空港 […]
212Picks
米当局、トヨタ「RAV4」調査 186万台、発火の恐れ
Jiji Press
|
【ニューヨーク時事】米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は1日までに、発火の恐れがあるとして、トヨタ自動車のスポーツ用多目的車(SUV)「RAV4」約186万台の調査を始めたと明らかにした。
5Picks
現代自動車が8万2000台をリコール=電池無償交換から何を読み解くべきか
EVsmartブログ
|
2021年2月26日、韓国の現代自動車が全世界で販売した電気自動車約8万2000台をリコール。約950億円で駆動用バッテリーを交換することが報じられた。
57Picks
自動車業界のサプライチェーンを襲う「電動化」の波
note(ノート)
|
おはよう人類。 先日、こういう話を書いた。 要約すると、半導体の供給問題は大別して「先端製品」と「枯れた製品」の双方で発生していて、解消は容易ではない(そもそも解消する手立てがない)といったような話だが、半導体供給不足が自動車業界にどのようなインパクトを生じているのか、という話を今回は書いてみたいと思う。 自動車と半導体を語る前に、実は自動車と広く「電装部品」というのは自動車が生まれた頃から...
106Picks
日産、「eパワー」発電用エンジンで世界最高熱効率50%実現
Reuters
|
[東京 26日 ロイター] - 日産自動車は26日、発電専用ガソリンエンジンで最高熱効率50%を実現できる技術を発表した。自動車用ガソリンエンジンの平均的な最高熱効率は30%台で、40%台前半が限界とされる中、新技術による最高熱効率は世界最高水準で、ハイブリッド車(HV)の燃費性能が大幅に改善できる。
2Picks
米当局、トヨタ「RAV4」調査=186万台、発火の恐れ
時事通信社
|
 【ニューヨーク時事】米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は1日までに、発火の恐れがあるとして、トヨタ自動車のスポーツ用多目的車(SUV)「RAV4」約186万台の調査を始めたと明らかにした。
2Picks
欧州市場に電動化商品投入へ、井関農機の勝算
ニュースイッチ
|
井関農機は欧州市場向けを中心に、電動化商品を投入する。景観整備向けに、電動の草刈り機や道路清掃機などのプロ用商品を数年内に発売する考え。家庭菜園やハウス栽培向けにも、電動のミニ耕運機などを投入する。井関農機は愛媛大学と共同で電動トラクターの研究を進めており、得られた知見を商品開発に生かす。 欧州市場では環境意識の高まりを背景に、自動車だけでなく草刈り機や道路機械分野でも電動化が加速するとみて...
13Picks
EVのリチウムイオン電池が燃えないために、バッテリーマネジメントにもASIL D対応
MONOist
|
電気自動車(EV)の火災に関する報道が後を絶たない。駆動用バッテリーであるリチウムイオン電池が異常な発熱から発火に至る要因は、リチウムイオン電池の製造品質以外にも複数存在している。EVの火災やそのリスクに関連したリコールで名前が挙がる自動車メーカーやバッテリーサプライヤーをみて分かるように、技術が未熟で経験の浅い企業だけの問題とは限らない。
11Picks
雪国に必須の機能! テスラの「ソーラー・ルーフ」に自動で雪下ろしする機能が追加される
ギズモード・ジャパン
|
Image:TESLA雪下ろしする屋根瓦とは画期的。電気自動車だけでなく、家庭用の太陽光発電や充電池システムも作っているTesla(テスラ)。同社では屋根瓦でありながらも太陽光パネルの「ソーラー・ルーフ」も販売しており、なんとこれが積もった雪を熱で溶かして雪下ろしをやってのける、というのです。ウィスコンシン州で生命保険の代理店をやっている、ジェイソン・ラッセンさんの動画でチェックしてみてください。
530Picks
曙ブレーキ、検査データを改ざん 11万4千件、2001年から
共同通信
|
曙ブレーキ工業は16日、国内4工場で製造する自動車用ブレーキ製品で、検査データを改ざんするなどの不正行為があったと発表した。
12Picks
ホログラムのトイレボタン? やっぱり、日本は未来に生きてるな
ギズモード・ジャパン
|
多くのトイレが自動洗浄機能付きになっていますが、「ビデ」や「おしり」や調節ボタンだけは物理ボタンなのが大半ですよね。 でも、今は非接触が求められる時代。そこで、ホログラムボタンを作ったんですって。これ、需要ありありでしょ!  ホログラムのボタンを実用化したのは、自動車用バックミラー大手の村上開明堂で、スタートアップのパリティ・イノベーションズと共同で開発したそう。
12Picks
世界シェア6割守り抜く!ファナック・安川電機・川重の産業ロボット大手の供給責任
ニュースイッチ
|
重い供給責任 産業用ロボット大手3社は「生産を多極化」し、供給責任を果たすことを至上命令としている。顧客である国内外の自動車、半導体メーカーなどに対して「迷惑をかけない」ため、外部環境の変化へ迅速に対応しなければならない。日本のロボット産業は高い競争力を誇り、世界シェア6割弱を占める。この地位を守りきるためにも、生産体制の整備に余念がない。 「ビジネスを永続的にするためには供給責任は大事。こ...
30Picks
「EV資源」の調達で世界を圧倒する中国。日本はどう向き合う?
ニュースイッチ
|
2030年までに二酸化炭素排出量のピークアウトを目標に掲げる中国は、電気自動車(EV)などに使う資源の調達で攻勢をかけている。特に、鉱石に放射性物質を含むレアアースや、電池向けに高品位品が必要なニッケルは生産のハードルが高く、他国に先行して供給網を固める動きが顕著だ。一方、日米欧の政府は原材料の確保策を打ち出し、脱炭素化をめぐる攻防が先鋭化している。 モーター用磁石に使うレアアースについて中...
10Picks
2025年までにEV用全固体電池の実用化目指す
月刊誌「Wedge」のウェブ版
|
電気自動車(EV)の普及に向けての動きが加速する中で、EV性能を大きく左右する高性能のバッテリー開発に熱い視線が注がれている。現在は液体の有機電解液が使われているリチウムイオン電池が主流だが、これに代わる新しいEV用バッテリーとして国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が2007年から同じリチウムイオン電池ではあるが、液体ではなく固体の無機電解質を使った全固体電池の開...
12Picks
クアンタムスケープ、EV向け固体電池技術で大きく前進-株価急伸
Bloomberg.com
|
電気自動車(EV)用バッテリーの新興企業である米クアンタムスケープは16日、技術開発の大きなハードルの一つを越えたと明らかにした。これを受け、同社の株価は時間外取引で一時12%急伸した。
20Picks
駆動用バッテリーのリユースへ中古車事業者も参入、リーフの電池は鉄道設備に
MONOist
|
電気自動車(EV)などの駆動用リチウムイオンバッテリーのリユースに向けた取り組みが活発化してきた。日産自動車と住友商事の共同出資会社であるフォーアールエナジーは、鉄道の踏切保安装置の電源に日産「リーフ」から取り出した再生バッテリーを試験導入する。また、中古車のインターネットオークションを手掛けるオークネットは投光器やライトなどLED製品を手掛けるMIRAI-LABOとともに、使用済みの駆動用...
15Picks
今年の生産分はすでに「完売」─電気自動車メーカー「リヴィアン」に投資家が注目する理由 | イーロン・マスクとは真逆のアプローチで“次のテスラ”へ
クーリエ・ジャポン
|
電気自動車(EV)の開発を手がける「リヴィアン」は、2009年創業のスタートアップだ。アマゾンは同社の技術を評価し、排出ガス削減に向けた戦略の中心として、同社に配送用トラックの開発を依頼している。まだ日本では聞き慣れないこの企業が、将来、自動車業界を牽引する存在になるかもしれない理由とは──。テスラ社の成長は、まるでロケット打ち上げのごとく天を衝く勢いであり、これに匹敵する会社を思いつくのは難しい
25Picks
米GMの21年業績、市場予想下回る見通し 半導体不足で
Reuters
|
[デトロイト 10日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が10日発表した2020年第4・四半期の利益は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の中、トラックとスポーツ多目的車(SUV)の売れ行きが良かったことで市場予想を上回ったが、21年の業績は自動車用の半導体チップが不足していることから市場予想を下回るとの見通しを示した。
15Picks
EV車の使用済み電池を再利用!伊藤忠が取り組む好循環サイクル
ニュースイッチ
|
2020年12月、伊藤忠商事(伊藤忠)が中国の電気自動車(EV)大手のBYDと組み、使用済みの車載電池の再利用に取り組むとの報道があった。世界トップのEV市場である中国で、バスやタクシーなどに搭載された電池を回収し、性能検査を済ませた上で伊藤忠が買い取り、大型の蓄電池にして販売するという。 車載用電池は、安全性などの理由からフル充電時のバッテリー容量が8割以下になると、取り外して交換すること...
自動車用電装品 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
アメリカ合衆国