新着Pick
SPD162M82P8OH2UF
自動車用電装品
JPN

自動車用電装品 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
自動車用電装品
始動電動機、配電機、制御装置、イグニッション・コイル、照明等、自動車内で実装されている各種電装・電子部品およびECU(電子制御装置)を製造する企業群。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
31Picks
指紋ピッで車の設定を「あなた好み」に!中国Goodixの技術、自動運転車を共有する時代に活躍
自動運転ラボ
|
生体認証技術を開発する中国Goodixの自動車用指紋認証ソリューションに注目が集まっている。このソリューションを使えば、認証パネルにピッと指をかざすだけで、さまざまなクルマの設定をすべてその人好みにパーソナライズ化できる […]
32Picks
中国EV大手が新型車載用電池 日本勢と競争、600キロ走行
共同通信
|
中国EV大手が新型車載用電池 【北京共同】中国の大手電気自動車(EV)メーカー「比亜迪(BYD)」は29日、性能を高めた新型の車載...
2Picks
いまだに鉛蓄電池の補機用カーバッテリーが主流である理由
battery.info
|
EV車やハイブリッド車に使用されているリチウムイオン電池ですが、ガソリン車の補機用カーバッテリーは鉛蓄電池が主流になっているためあまり使われていません。実は、リチウムイオン電池が補機用バッテリーとして鉛蓄電池と比較したときに大きな課題が3つ存在するのです。
4Picks
Wallboxの家庭用電気自動車双方向充電器が待望のエディソン賞を受賞
EVsmartブログ
|
ヨーロッパの電気自動車充電機器をリードする、スマート充電会社のWallboxが、今週、社の双方向充電器である『クエーサー』が2020年エディソン賞の『エネルギーと持続可能性部門』を受賞したことを発表しました。
19Picks
テスラのEV電池自社生産が本気か 中国最大手「CATL」はライバル続出 
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
3月16日、世界最大手の電気自動車用の電池メーカー「寧徳時代(CATL)」の株価が9.87%の暴落を記録し、終値が119.06元(約1900円)となった。暴落の直接的原因は3月13日に同社の株主が発行
14Picks
ホンダ、軽蔑するトヨタの“猿真似経営”で普通のメーカー化…聖域・技術研究所にメス
ビジネスジャーナル
|
ホンダが創業者の本田宗一郎氏のこだわりを捨て去る組織改革に乗り出す。ホンダは4月1日付けで、本田技術研究所が手がけている市販用四輪車の開発部門をホンダ本体に移管することを決めた。しがらみのない技術研究所で自動車開発に専念できることが、技術でライバルをリードするホンダの競争力の源泉...
11Picks
GMが電気自動車戦略のコアとなるモジュラー式アーキテクチャー「Ultium」を公開
TechCrunch Japan
|
GMは米国時間3月4日、新しい電気自動車用アーキテクチャーを公開した。これは、GMの将来のEV計画の基盤となるもので、コンパクトカーから業務用トラック、大型の高級SUV、高性能車、さらにこの夏に発売が予定されている新型Bolt EUV Clossover(ボルトEUVクロスオーバー)に至る、同社の車種に幅広く採用される。 Ultium(アルティウム)と呼ばれるこのモジュラー式アーキテクチャー...
11Picks
驚異のバランスで荷物を積み下ろす車輪付き物流用ロボット「Handle」で完全に無人で倉庫内作業が進むデモムービー
GIGAZINE
|
運搬用の自動運転車などの物流技術を開発するOTTO Motorsが、キモいと話題の四足歩行ロボット
20Picks
電池が欲しい!トヨタの調達先拡大が止まらない
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車と豊田自動織機は20日、ハイブリッド車(HV)用の新型電池を共同開発すると発表した。豊田織機が電池の製造を担い、全量をトヨタに供給する計画。搭載車種や電池の仕様・性能など詳細は今後詰める。HV市場の急速な拡大が予想されるなか、トヨタは電池の調達網を拡大する狙い。豊田織機は車載電池への参入で、自動車関連事業の底上げにつなげる。 豊田織機は今後3年程度で総額200億―300億円を投じ...
トヨタら、ハイブリッド車用の新型電池を共同開発
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
10Picks
テスラ、ダイカストに適した新アルミニウム合金を開発――電気自動車用部品に最適の特性
fabcross for エンジニア
|
米Tesla Motorsは、電気自動車(EV)用部品の製造に適した鋳造アルミニウム合金に関する特許を出願中だ。 大量生産される鋳造アルミニウム合金は、高い降伏強度を持つものと高い導電性を持つものの2種類に分けられる。例えば、自動車用車輪や航空機用エンジン部品などに使われるA356アルミニウム合金は、175MPaを超える高い降伏強度を有するが、電気伝導率は約40%IACS程度だ。逆に、100...
14Picks
テスラ ライドシェアアプリをリリースへ ロボタクシー実現の前に有人運転で市場参入
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
テスラがいよいよライドシェア市場に参入する。EV専門のニュースサイト「Electrek」は、テスラがライドシェア用アプリケーションのリリースを計画していると報じた。同社がすでに発表している自動運転車に
13Picks
フォード、自転車乗りのために電光絵文字ジャケットを作る
ギズモード・ジャパン
|
Image:FordEurope/YouTube絵文字が交通安全の手助けに。自動車メーカーのFord(フォード)が、背中を電光掲示板にして絵文字で後続車に意思を伝えられる自転車乗り用のジャケットを発表しました。日本の道交法だと、軽車両扱いの自転車は基本的に車道を走らなければいけません。ですが、バイクのようにウィンカーやテールランプがないので、同じ道を走る自動車にこちらの意思を伝えることができないん
139Picks
CATLとテスラ、車載電池供給で合意 サプライチェーン現地化進むか 
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
中国産テスラ車のバッテリー供給にようやくめどが付いた。中国のリチウムイオン電池大手「寧徳時代(CATL)」は3日、テスラに車載用リチウムイオン電池を供給すると発表した。テスラのイーロン・マスクCEOも
14Picks
「自動運転の目」LiDAR内蔵のランプ開発へ 小糸製作所、米Ceptonの株式取得
自動運転ラボ
|
自動車用照明製造大手の株式会社小糸製作所(本社:東京都港区/取締役社長:三原 弘志)は2020年2月5日、「自動運転の目」と呼ばれるセンサーのLiDAR(ライダー)を製造・販売する米Cepton Technologies […]
40Picks
トヨタの「ミライ」技術、世界一周航海の旅に出る
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車は船舶向けの燃料電池(FC)システムを開発した。自社の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の搭載部品を用いて、船舶用のコンパクトなシステムに仕立てた。再生可能エネルギーで世界一周航海を目指すフランスの「エナジー・オブザーバー号」に提供する。トヨタがFC技術を船舶向けに応用するのは初めて。 トヨタの欧州事業を統括するトヨタモーターヨーロッパが船舶用のFCシステムの再設計から...
15Picks
人類史上初。誰もつくれなかった「緩まないねじ」を開発した日本人の、伝説すぎるエピソード
ギズモード・ジャパン
|
Image:Mugendai(無限大)発明した人のエピソードがハンパない。電話、車、インターネットなど、人々の生活を変える発明品は多く生まれてきました。そして近年、人類史上、誰も到達できなかった発明が生まれたことをご存知でしょうか。それこそが「緩まないねじ」。IBMが運営するWebメディアMugendai(無限大)では、その張本人が登場。発明したねじはもちろん、エピソードがとにかくすごいんです。人
自動車用電装品 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
アメリカ合衆国