新着Pick
SPD162M82P8OH2UF
自動車用電装品
JPN

自動車用電装品 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
自動車用電装品
始動電動機、配電機、制御装置、イグニッション・コイル、照明等、自動車内で実装されている各種電装・電子部品およびECU(電子制御装置)を製造する企業群。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
7Picks
トヨタら、ハイブリッド車用の新型電池を共同開発
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
トヨタと豊田自動織機は、急速な拡大が予想されるハイブリッド車(以下、HV)の開発・市場投入に対応するために、HV用の新型電池を共同で開発し、トヨタのHVへの搭載に向け、今後、車種や電池の仕様・性能…
11Picks
トヨタと豊田自動織機、ハイブリッド車用の新型電池を共同開発
トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト
|
トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)と株式会社豊田自動織機(以下、豊田自動織機)は、急速な拡大が予想されるハイブリッド車(HV)の開発・市場投入に対応するために、HV用の新型電池を共同で開発し、トヨタのHVへの搭載に向け、今後、車種や電池の仕様・性能等について検討を進めていきます。
13Picks
電池が欲しい!トヨタの調達先拡大が止まらない
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車と豊田自動織機は20日、ハイブリッド車(HV)用の新型電池を共同開発すると発表した。豊田織機が電池の製造を担い、全量をトヨタに供給する計画。搭載車種や電池の仕様・性能など詳細は今後詰める。HV市場の急速な拡大が予想されるなか、トヨタは電池の調達網を拡大する狙い。豊田織機は車載電池への参入で、自動車関連事業の底上げにつなげる。 豊田織機は今後3年程度で総額200億―300億円を投じ...
トヨタら、ハイブリッド車用の新型電池を共同開発
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
9Picks
テスラ、ダイカストに適した新アルミニウム合金を開発――電気自動車用部品に最適の特性
fabcross for エンジニア
|
米Tesla Motorsは、電気自動車(EV)用部品の製造に適した鋳造アルミニウム合金に関する特許を出願中だ。 大量生産される鋳造アルミニウム合金は、高い降伏強度を持つものと高い導電性を持つものの2種類に分けられる。例えば、自動車用車輪や航空機用エンジン部品などに使われるA356アルミニウム合金は、175MPaを超える高い降伏強度を有するが、電気伝導率は約40%IACS程度だ。逆に、100...
3Picks
FlywheelがPelotonとの特許訴訟で和解、オンライン授業を中止し自転車の下取りを提案
TechCrunch Japan
|
フィットネス・スタートアップのFlywheel(フライホイール)は、Peloton(ペロトン)により起こされた特許侵害に関する訴訟を解決した後、3月27日に同社のオンライン授業 「At Home」の提供を終了する。FlywheelのAt Homeを契約している現在の顧客には、Pelotonの自転車の下取りオファーがメールで送信された。 Pelotonによると、交換用の自転車は整備再生品だが、...
6Picks
ジャガー・ランドローバーが都市型のライドシェア用電気自動車を発表、2021年の試験運用を目指す
TechCrunch Japan
|
Jaguar Land Rover(ジャガー・ランドローバー)は、つい目を奪われてしまういつもとはずいぶん違う形状のコンセプトカーを発表した。それはProject Vector(プロジェクト・ベクター)という名の4輪の都市型電気自動車で、一般的な乗用車というよりは、空港で走っている低床のシャトルバスのようだ。 これは、ライドシェア用電気自動運転車が主流になるであろう将来を見据えた自動車メーカ...
14Picks
テスラ ライドシェアアプリをリリースへ ロボタクシー実現の前に有人運転で市場参入
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
テスラがいよいよライドシェア市場に参入する。EV専門のニュースサイト「Electrek」は、テスラがライドシェア用アプリケーションのリリースを計画していると報じた。同社がすでに発表している自動運転車に
13Picks
フォード、自転車乗りのために電光絵文字ジャケットを作る
ギズモード・ジャパン
|
Image:FordEurope/YouTube絵文字が交通安全の手助けに。自動車メーカーのFord(フォード)が、背中を電光掲示板にして絵文字で後続車に意思を伝えられる自転車乗り用のジャケットを発表しました。日本の道交法だと、軽車両扱いの自転車は基本的に車道を走らなければいけません。ですが、バイクのようにウィンカーやテールランプがないので、同じ道を走る自動車にこちらの意思を伝えることができないん
139Picks
CATLとテスラ、車載電池供給で合意 サプライチェーン現地化進むか 
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
中国産テスラ車のバッテリー供給にようやくめどが付いた。中国のリチウムイオン電池大手「寧徳時代(CATL)」は3日、テスラに車載用リチウムイオン電池を供給すると発表した。テスラのイーロン・マスクCEOも
14Picks
「自動運転の目」LiDAR内蔵のランプ開発へ 小糸製作所、米Ceptonの株式取得
自動運転ラボ
|
自動車用照明製造大手の株式会社小糸製作所(本社:東京都港区/取締役社長:三原 弘志)は2020年2月5日、「自動運転の目」と呼ばれるセンサーのLiDAR(ライダー)を製造・販売する米Cepton Technologies […]
40Picks
トヨタの「ミライ」技術、世界一周航海の旅に出る
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車は船舶向けの燃料電池(FC)システムを開発した。自社の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の搭載部品を用いて、船舶用のコンパクトなシステムに仕立てた。再生可能エネルギーで世界一周航海を目指すフランスの「エナジー・オブザーバー号」に提供する。トヨタがFC技術を船舶向けに応用するのは初めて。 トヨタの欧州事業を統括するトヨタモーターヨーロッパが船舶用のFCシステムの再設計から...
1Pick
自販機のペットボトルやめました 脱プラごみで住友理工
朝日新聞デジタル
|
自動販売機でペットボトル飲料は扱いません――。自動車用ゴム製品大手の住友理工(名古屋市中村区)は20日、本社ビルで年1万本売れていたペットボトル飲料の販売をやめたと発表した。プラスチックごみによる海…
15Picks
人類史上初。誰もつくれなかった「緩まないねじ」を開発した日本人の、伝説すぎるエピソード
ギズモード・ジャパン
|
Image:Mugendai(無限大)発明した人のエピソードがハンパない。電話、車、インターネットなど、人々の生活を変える発明品は多く生まれてきました。そして近年、人類史上、誰も到達できなかった発明が生まれたことをご存知でしょうか。それこそが「緩まないねじ」。IBMが運営するWebメディアMugendai(無限大)では、その張本人が登場。発明したねじはもちろん、エピソードがとにかくすごいんです。人
23Picks
燃料電池とは何か?:燃料電池の基礎知識1
製造/建設エンジニアの情報サイト「Tech Note」
|
地球環境問題への取り組みがこれ以上遅れると、将来世代の生存は危ういかもしれません。さまざまな取り組みが進められている中で、燃料電池はエネルギー・環境問題の解決に大きく貢献すると期待されています。長年の多くの研究開発により、最近では、家庭用燃料電池が導入され、燃料電池自動車が市販されるまでになりました。本連載では、今後ますます期待される燃料電池の基礎知識を解説します。
13Picks
EVの性能でカギを握る温度管理、この企業を見逃すな!
ニュースイッチ
|
自動車メーカーの開発が加速する電気自動車(EV)。フェローテックホーディングス(HD)は“EVの温度”を操る重要な技術や製品を持つ。同社の戦略に迫る。 同社は半導体関連のシリコンウエハーや製造装置用の治具・消耗品の製造、販売が主力事業。半導体関連と並ぶ柱となるべく2018年1月にオートモーティブプロジェクトを立ち上げた。 フェローテックHD傘下のフェローテックのサーマルマテリアル部オートモー...
23Picks
タカタ、最大規模のリコール 米でエアバッグ部品1000万個を対象
Reuters
|
[8日 ロイター] - タカタが米国で交換用エアバッグのインフレーター1000万個をリコール(回収・無償修理)することが8日、明らかになった。自動車の安全に関連したリコールでは史上最大規模となる。
11Picks
クアルコムは全レベルの自動運転車に対応するSnapdragon Rideを発表
TechCrunch Japan
|
画像クレジット:Frederic Lardinois Qualcomm(クアルコム)は、米国時間1月6日、Snapdragon Rideと呼ばれる新しい自動車用プラットフォームを発表した。このプラットフォームは、あらゆるレベルの自動運転車に対応するように設計されたものだ。現在の乗用車のアクティブセーフティシステムから、やがて街中を定期運行することになるはずのロボタクシーまで対応できる。 この...
10Picks
エンジン博士畑村耕一「VWは本気か? EVとHEVの覇権争いが始まる?」:自動車用パワートレーンの将来
motor-fan.jp
|
マツダでミラーサイクル・エンジン開発を主導したエンジン博士の畑村耕一博士(エンジンコンサルタント、畑村エンジン開発事務所主宰)が、2020年のスタートにあたり自動車用パワートレーンの将来:2020年の年頭に当たって」を寄稿してくださった。第2回のテーマは、「EVのCO2排出量」だ。EVの走りを理想という博士だが、見ているのはW2W(油井から車輪まで)、LCAの視点が考えるEVである。 TEX...
自動車用電装品 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
アメリカ合衆国