新着Pick
SPD162M82P8OH2UF
自動車用電装品
JPN

自動車用電装品 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
自動車用電装品
始動電動機、配電機、制御装置、イグニッション・コイル、照明等、自動車内で実装されている各種電装・電子部品およびECU(電子制御装置)を製造する企業群。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
5Picks
【自動車×AI最前線】自動運転用の道路検出および3Dイメージング!※ソフトウェアDL可【人工知能最新論文】
アイブン
|
世の中の全ての道が、使いやすく舗装されているわけではない。舗装された道を前提として自動運転車を信頼しすぎると、…
26Picks
トヨタ・鉄鋼大手、鋼板値上げ合意=異例の物流費考慮
時事通信社
|
 トヨタ自動車が鉄鋼大手各社と、自動車用鋼板の購入価格引き上げで大筋合意したことが22日、分かった。値上げ幅は普通乗用車1台分に相当する鋼板1トン当たりで数千円程度とみられる。トヨタは今回、鉄鉱...
12Picks
進化する日系EMS企業、M&Aも活発化
LIMO
|
シークスなど大手日系EMS(電子機器の受託製造サービス)企業が元気だ。海外生産拠点の新増設やM&Aの動きも活発化している。背景には、車載や空調関連機器の需要が世界的に堅調に推移しており、中長期的にも拡大傾向にあるためだ。特に車の安全運転支援システム(ADAS)や電気自動車(EV)などのエコカーニーズの増大で、車1台あたりの電装化比率の向上が追い風となっている。さらに、顧客のOEMメーカーの脱...
39Picks
SUV車による「歩行者死亡事故」率は一般車の2倍、英調査
Forbes JAPAN
|
米国の州知事高速道路安全協会(GHSA)は今年2月、2018年の交通事故による歩行者の死者数が過去28年で最悪になったと報告し、背景には大型のSUV(スポーツ用多目的車)の人気があると指摘した。英国の運輸当局が先日発表したデータでも、類似し・・・
11Picks
トヨタと車載用電池供給契約したBYD「ほかにも供給契約を結んだメーカーも」
ニュースイッチ
|
急速に発展する中国の電気自動車(EV)社会。進境著しい自動車業界の中でも、ひと際目立つのが中国EV 最大手で車載用電池の製造でも世界第3位のBYD(比亜迪)の活躍ぶりだ。特に注目されるのは、2020年春に日本市
157Picks
5Gで需要急増!?、問い合わせ殺到「液晶ポリマーフィルム」の実力
ニュースイッチ
|
第5世代通信(5G)機器向けに需要が急増しそうなのが液晶ポリマー(LCP)フィルム。低ノイズ・低消費電力、超微細化などの特徴でフレキシブルプリント配線板(FPC)用基材に有望視されている。中小企業ながら、その量産に乗り出すのが共同技研化学(埼玉県所沢市、浜野尚吉社長、04・2944・5151)。回路パターンとなる銅箔(はく)との強固な密着性も競合品にはない武器の一つだ。 「自分が社長でなかっ...
14Picks
ATMの耐久テストを行なうロボット・アーム。もう他人が触った画面を触らないよう、全部これに任せたい
ギズモード・ジャパン
|
Image:ABBRobotics/YouTube身体が不自由な人でも、音声操作で代わりにやってくれたら便利。きっと皆さんは、どこかで家具や自動車の部品をテストするロボットを見たことがあるかと思います。彼らは商品が消費者の手に渡ってもすぐ壊れないことを確かめるべく、終わりのない作業を延々と繰り返します。このたび産業用ロボットメーカーとしての地位を固める多国籍企業ABB社が新しく公開した動画には、完
21Picks
テスラの「Megapack」はピーク時電力を供給する巨大バッテリーシステム
TechCrunch Japan
|
Tesla(テスラ)は新しい公共規模のエネルギー蓄積製品としてMegapackを発表した。同社が南オーストラリアで天然ガス利用の「ピーカー」発電所の代替手段として展開した巨大バッテリーシステムに基づいている。 Megapackは、Teslaが提供する3番目にして最大のエネルギー蓄積システムだ。同社は、住宅用にPowerwall、商業用にPowerpackというシステムも販売している。 Tes...
12Picks
ノキアが家庭用Wi-Fiルーターの新製品、そのコスパの高さに見えた「本当の狙い」
WIRED.jp
|
かつて携帯電話市場で一世を風靡したノキアが、消費者市場に帰ってきた。機能の割に手ごろな価格の家庭用Wi-Fiルーターの新製品を発売したのだ。いまやビジネス向けが主力のノキアが家庭用製品を投入した理由を探ると、どうやらその視線は消費者だけを捉えているわけではなさそうだ。
17Picks
自動運転時代にブームくる!?、クルマのシートで「ゆるスポーツ」
ニュースイッチ
|
テイ・エステックがIoT(モノのインターネット)やアプリケーション(応用ソフト)を組み合わせ、次世代シートシステムを提案している。シートにスポーツの要素を取り入れて新たな競技を考案するなどシートに座る楽しさを訴求する。「愛されるシート」と名付けたシステムとして仲間作りを進めつつ、従来の自動車用シートの役割にとどまらない社会的課題の解決にもつなげる。(文=山岸渉) 「地球環境を考えるとシートを...
228Picks
トヨタが本気で取り組む「全固体電池」とは何か
東洋経済オンライン
|
2019年6月、次世代車開発の大きなカギを握る車載用電池に関する2つの大きなニュースが流れた。トヨタ自動車は7日、車載用電池で中国CATLやBYD、東芝、ジーエス・ユアサコーポレーション、豊田自動織機と連携するこ…
110Picks
「電車にバッテリー」搭載ついに新幹線にも、停電時の避難が円滑に
Diamond Online
|
東海道新幹線の新型車両に、停電時でも走行できるバッテリーが搭載される。高速鉄道では初だが、実は地下鉄では、すでにバッテリー搭載車が走っている。東日本大震災の教訓から開発が急ピッチで進んだ鉄道の非常用バッテリーは、災害時だけでなく、普段の省エネにも寄与する優れものだ。
18Picks
排泄介助がネック…日本の介護職、外国人労働者からも「選ばれない」という絶望
ビジネスジャーナル
|
今年4月1日施行の改正出入国管理法で制度化された在留資格「特定技能」に14業種が指定された。14業種とは、介護、ビルクリーニング、素形材産業、産業機械製造業、電気・電子情報関連産業、建設、造船・舶用工業、自動車整備、航空、宿泊、農業、漁業、飲食料品製造業、外食業。法務省関係者によ...
36Picks
船舶の世界にもハイブリッド化の波──エンジンとバッテリーが融合し、海運の新たな時代がやってくる
WIRED.jp
|
船舶用のハイブリッドシステムが進化している。船舶用エンジンとエネルギー関連製品のメーカーであるフィンランドのバルチラが、エンジンとバッテリーを統合した船舶用のハイブリッドシステムを本格展開し始めたのだ。点検回数や排出ガスを減らし、低燃費も実現できるという新しいシステムだが、その先には再生可能エネルギーだけで船が動く時代も見据えている。
115Picks
トヨタとCATL、新エネ車用電池の供給・開発で包括提携
Reuters
|
[東京 17日 ロイター] - トヨタ<7203.T>は17日、中国・寧徳時代新能源科技(CATL)<300750.SZ>と新エネルギー車(NEV)用電池の供給・開発などで、包括的パートナーシップを締結したと発表した。
19Picks
LEDメーカー、事業再編を活発化
LIMO
|
LEDメーカーが本格的な事業再編に取り組んでいる。これまで市場拡大の牽引役だった液晶用バックライト(BLU)と一般照明が、BLUは有機ELの普及、一般照明は急速な価格下落によって伸びなくなり、新たな成長領域へ打って出ざるを得なくなっているためだ。ただし、かつて「BLU」「一般照明」「自動車」と数えられたような明確な有望市場は現時点でなかなか見当たらず、メーカー各社は得意領域をベースにして、そ...
14Picks
自動車6社のBEV連合誕生で加速する、次世代電動化技術の行方
Diamond Online
|
トヨタとSUBARU(スバル)は6月、「中・大型乗用車用のBEV(バッテリー電気自動車)プラットホーム、およびCセグメントのSUVモデルBEVを共同開発することで合意した」と発表した。これまでスバルは独自でBEV開発を進めてきたが、今後はトヨタとの共同開発プロジェクトに一本化する。
103Picks
中国の産業用ロボット市場、2025年に1兆円の大台迫る
ニュースイッチ
|
富士経済(東京都中央区)は、中国の産業用ロボット市場が2025年に18年比2・7倍の9838億円に拡大するとの予測をまとめた。人手不足、人件費高騰、スマートフォンや自動車といった主要産業の需要好調などにより、中長期での堅調な市場拡大を予想。中でも組み立てや搬送系ロボットの大幅な伸びがけん引するとの見通しを示した。 19年は同11・3%増の4125億円を見込む。用途別では組み立てや搬送系のロボ...
27Picks
日本が米国の自動車追加関税を恐れる7つの理由ーチャートで読み解く
Bloomberg.com
|
茂木敏充経済財政・再生相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が精力的に進めている日米貿易協定交渉では、自動車と農産品が最大の焦点だ。特に自動車分野はトランプ米大統領が自国産業保護のため25%の追加関税を検討しており、発動されれば日本経済は相当の打撃を受けかねない。その理由を7つのチャートで解説する。
自動車用電装品 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
アメリカ合衆国