新着Pick
SPD162M82P8OH2UF
自動車用電装品
JPN

自動車用電装品 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
自動車用電装品
始動電動機、配電機、制御装置、イグニッション・コイル、照明等、自動車内で実装されている各種電装・電子部品およびECU(電子制御装置)を製造する企業群。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
9Picks
EV用電池の確保競争始まる 自動車メーカーのジレンマとは
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
自動車メーカー大手からも新エネルギー車(NEV)が相次いで発売されており、車載電池確保の競争がすでに始まっている。 昨年12月、米ゼネラル・モーターズ(GM)が韓国のLG化学とオハイオ州で車載電池の工
6Picks
GMとホンダが協業開発した配車サービス用電動無人運転車が登場
TechCrunch Japan
|
Cruise(クルーズ)は米国時間1月21日の夕方に、「量産準備が整った」無人運転車「Origin」を発表した。これは親会社のGMと投資家としてのホンダが、配車サービスに向けて何年もかけて協業してきた製品だ。 Cruiseのトレードマークであるオレンジ色と黒色で彩られた、シャトルのような形状の車両には、ハンドルやペダルがなく、高速道路を走行可能な速度で巡航できるように設計されている。インテリ...
1Pick
自動車用ターボチャージャー 市場シェアは巨大な成長を先に充電2019-2026
ABニュース 360
|
グローバル 自動車用ターボチャージャー マーケットリサーチレポートは、最新かつ驚くほど肯定部門とすべての包括的…
20Picks
燃料電池とは何か?:燃料電池の基礎知識1
製造/建設エンジニアの情報サイト「Tech Note」
|
地球環境問題への取り組みがこれ以上遅れると、将来世代の生存は危ういかもしれません。さまざまな取り組みが進められている中で、燃料電池はエネルギー・環境問題の解決に大きく貢献すると期待されています。長年の多くの研究開発により、最近では、家庭用燃料電池が導入され、燃料電池自動車が市販されるまでになりました。本連載では、今後ますます期待される燃料電池の基礎知識を解説します。
4Picks
GMクルーズがライドシェア用無人運転車を披露、寿命は160万km以上
MONOist
|
GM(General Motors)傘下の自動運転開発会社であるクルーズ(Cruise)は2020年1月21日(現地時間)、無人運転で走行するシェアリングサービス用の電気自動車(EV)「Cruise Origin」を披露した。GMやホンダとの共同開発で、量産を前提としたモデルだ。
2Picks
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで、800円台のクリップ式スマホ車載ホルダーや2,000円台の飲み物などが収納できる車用シートポケット・2枚セットがお買い得に
ライフハッカー[日本版]
|
Amazon(アマゾン)で毎日開催されているタイムセール。本日2020年1月24日は800円台のクリップ式スマホ車載ホルダーや2,000円台の飲み物などが収納できる車用シートポケット・2枚セットなど、今すぐ欲しい人気のアイテムがお得に多数登場しています。
13Picks
EVの性能でカギを握る温度管理、この企業を見逃すな!
ニュースイッチ
|
自動車メーカーの開発が加速する電気自動車(EV)。フェローテックホーディングス(HD)は“EVの温度”を操る重要な技術や製品を持つ。同社の戦略に迫る。 同社は半導体関連のシリコンウエハーや製造装置用の治具・消耗品の製造、販売が主力事業。半導体関連と並ぶ柱となるべく2018年1月にオートモーティブプロジェクトを立ち上げた。 フェローテックHD傘下のフェローテックのサーマルマテリアル部オートモー...
23Picks
タカタ、最大規模のリコール 米でエアバッグ部品1000万個を対象
Reuters
|
[8日 ロイター] - タカタが米国で交換用エアバッグのインフレーター1000万個をリコール(回収・無償修理)することが8日、明らかになった。自動車の安全に関連したリコールでは史上最大規模となる。
11Picks
クアルコムは全レベルの自動運転車に対応するSnapdragon Rideを発表
TechCrunch Japan
|
画像クレジット:Frederic Lardinois Qualcomm(クアルコム)は、米国時間1月6日、Snapdragon Rideと呼ばれる新しい自動車用プラットフォームを発表した。このプラットフォームは、あらゆるレベルの自動運転車に対応するように設計されたものだ。現在の乗用車のアクティブセーフティシステムから、やがて街中を定期運行することになるはずのロボタクシーまで対応できる。 この...
10Picks
エンジン博士畑村耕一「VWは本気か? EVとHEVの覇権争いが始まる?」:自動車用パワートレーンの将来
motor-fan.jp
|
マツダでミラーサイクル・エンジン開発を主導したエンジン博士の畑村耕一博士(エンジンコンサルタント、畑村エンジン開発事務所主宰)が、2020年のスタートにあたり自動車用パワートレーンの将来:2020年の年頭に当たって」を寄稿してくださった。第2回のテーマは、「EVのCO2排出量」だ。EVの走りを理想という博士だが、見ているのはW2W(油井から車輪まで)、LCAの視点が考えるEVである。 TEX...
37Picks
中国EVバッテリー:コスト問題、価格競争、日韓来襲で今年の冬は極寒か
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
2019年、自動車業界の冷え込みと時を同じくして、駆動用バッテリー業界も冷え込んだ。 今年に入って、駆動用バッテリー企業の再編が進んでいる。電気自動車(EV)の需要が落ち込んで販売が低迷し、業界ルール
19Picks
スズキ、新型ハスラー6年ぶり2代目、初の全面改良 室内空間拡大
産経ニュース
|
スズキは24日、軽自動車「ハスラー」を平成26年の初代販売開始以来初めて全面改良し、来年1月20日に発売すると発表した。初代はスポーツ用多目的車(SUV)とワゴンの中間的な「クロスオーバー」といわれる新ジャンルを軽で開拓してヒットしたが、2代目は室内空間拡大や先進安全機能強化などによる使い勝手と、アウトドアをイメージしたデザイン性をさらに強化。軽市場では各社の新型車投入が相次いでおり、今後も...
31Picks
「マークX」生産終了 51年の歴史に幕―トヨタ
時事ドットコム
|
トヨタ自動車は23日、セダン「マークX」の生産を終了し、1968年に登場した前身モデルの「コロナ マークII」以来となる51年の歴史に幕を下ろした。マークXは、2004年にマークIIの後継モデルとして誕生。最近はスポーツ用多目的車(SUV)やミニバン人気に押され、販売が落ち込んでいた。
14Picks
【スクープ】トヨタe-Paletteに「アピール用」と「量産廉価型」 自動運転OSにはAutoware採用
自動運転ラボ
|
トヨタが自動運転EV(電気自動車)のコンセプトモデルとして開発している「e-Palette(イーパレット)」に、少なくとも「アピール用モデル」と「量産用廉価モデル」とも呼べそうな2つのモデルが存在していることが、自動運転 […]
617Picks
何もない空中に触れる映像が浮かぶ…実用化近づく「鏡」の仕組み
ニュースイッチ
|
タンポポの映像が何もない空中に浮かぶ。綿毛に触れるとふわふわと飛んだ―。パリティ・イノベーションズ(京都府精華町)が開発した特殊なミラー「パリティミラー」を使って実現した映像だ。メガネ型ウエアラブル端末など特殊な道具を装着せずに空中映像が見られ、人の動きを捉えるセンサーと組み合わせると映像に触って操作できる。 すでに15cm角のサンプル品の提供を始めており、自動車や家電、エンターテインメント...
37Picks
IBM、コバルト代替の海水鉱物利用する新バッテリー技術開発
Reuters
|
[18日 ロイター] - 電気自動車(EV)向けのリチウムイオン電池に不可欠で高価なコバルトの代替品を開発する競争が激化する中、米IBM<IBM.>は18日、海水から抽出した原料を利用し、コバルトを必要としない新たなバッテリー技術を開発したと発表した。
自動車用電装品 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
アメリカ合衆国