新着Pick
SPD162M82P8OH2UF
自動車用電装品
JPN

自動車用電装品 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
自動車用電装品
始動電動機、配電機、制御装置、イグニッション・コイル等、自動車内で実装されている各種電装・電子部品を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
34Picks
船舶の世界にもハイブリッド化の波──エンジンとバッテリーが融合し、海運の新たな時代がやってくる
WIRED.jp
|
船舶用のハイブリッドシステムが進化している。船舶用エンジンとエネルギー関連製品のメーカーであるフィンランドのバルチラが、エンジンとバッテリーを統合した船舶用のハイブリッドシステムを本格展開し始めたのだ。点検回数や排出ガスを減らし、低燃費も実現できるという新しいシステムだが、その先には再生可能エネルギーだけで船が動く時代も見据えている。
114Picks
トヨタとCATL、新エネ車用電池の供給・開発で包括提携
Reuters
|
[東京 17日 ロイター] - トヨタ<7203.T>は17日、中国・寧徳時代新能源科技(CATL)<300750.SZ>と新エネルギー車(NEV)用電池の供給・開発などで、包括的パートナーシップを締結したと発表した。
18Picks
LEDメーカー、事業再編を活発化
LIMO
|
LEDメーカーが本格的な事業再編に取り組んでいる。これまで市場拡大の牽引役だった液晶用バックライト(BLU)と一般照明が、BLUは有機ELの普及、一般照明は急速な価格下落によって伸びなくなり、新たな成長領域へ打って出ざるを得なくなっているためだ。ただし、かつて「BLU」「一般照明」「自動車」と数えられたような明確な有望市場は現時点でなかなか見当たらず、メーカー各社は得意領域をベースにして、そ...
14Picks
自動車6社のBEV連合誕生で加速する、次世代電動化技術の行方
Diamond Online
|
トヨタとSUBARU(スバル)は6月、「中・大型乗用車用のBEV(バッテリー電気自動車)プラットホーム、およびCセグメントのSUVモデルBEVを共同開発することで合意した」と発表した。これまでスバルは独自でBEV開発を進めてきたが、今後はトヨタとの共同開発プロジェクトに一本化する。
100Picks
中国の産業用ロボット市場、2025年に1兆円の大台迫る
ニュースイッチ
|
富士経済(東京都中央区)は、中国の産業用ロボット市場が2025年に18年比2・7倍の9838億円に拡大するとの予測をまとめた。人手不足、人件費高騰、スマートフォンや自動車といった主要産業の需要好調などにより、中長期での堅調な市場拡大を予想。中でも組み立てや搬送系ロボットの大幅な伸びがけん引するとの見通しを示した。 19年は同11・3%増の4125億円を見込む。用途別では組み立てや搬送系のロボ...
25Picks
日本が米国の自動車追加関税を恐れる7つの理由ーチャートで読み解く
Bloomberg.com
|
茂木敏充経済財政・再生相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が精力的に進めている日米貿易協定交渉では、自動車と農産品が最大の焦点だ。特に自動車分野はトランプ米大統領が自国産業保護のため25%の追加関税を検討しており、発動されれば日本経済は相当の打撃を受けかねない。その理由を7つのチャートで解説する。
13Picks
公用車のテスラモデルX「高額すぎる」? 千葉・市川市
産経ニュース
|
千葉県市川市は2日、市長・副市長の公用車として導入した米電気自動車(EV)大手テスラのスポーツ用多目的車「モデルX」(車両価格約1100万円)を公開した。市は環境保護に取り組む姿勢をアピールできるとして同社のEV導入を決定。ただ、「高額すぎる」などとして導入の見直しを求める決議が市議会で可決されており、今後、市民に対して丁寧な説明が求められそうだ。
58Picks
テスラが自前でバッテリー開発を検討中との報道
TechCrunch Japan
|
自動車メーカーのTesla(テスラ)が、サプライチェーンの主要パートの1つを自前で抱えたらどうなるか、カリフォルニア州フリーモントの工場近くの秘密のラボで行われている研究を通じて検討中だ、とCNBCが報じた。テスラは現在、車載用のバッテリーパックと電池の製造をパナソニックに頼っている。これは全体の部品表の中で最も重要な構成要素といわなくても、重要なものの1つだ。 Teslaにとって、自動車メ...
18Picks
imec、エネルギー密度2倍の全固体電池を開発
EE Times Japan
|
ベルギーの研究開発機関imecは、ドイツ ベルリンで2019年6月17~19日に開催された「European Electric Vehicle Batteries Summit 2019」において、全固体リチウム金属電池のエネルギー密度を、従来の2倍に高めることに成功したと発表した。現在、電池の試作用製造ラインを拡張しているという。これにより、電気自動車(EV)の長距離走行実現への道が開かれる。
24Picks
日本に122個のメダルもたらした「競技用車いす」の知られざる匠たち
Diamond Online
|
2020年に開かれるパラリンピック東京大会では、22競技が実施される。障害者のスポーツを発展させている陰の功労者が、オーエックスエンジニアリングという競技用車いすのメーカーだ。アトランタ五輪以来122個にも及ぶメダル獲得に貢献した、彼らの実力とは。
11Picks
サンデン、急拡大する中国のEV市場に向けてヒートポンプを本格展開
財経新聞
|
サンデン・オートモーティブクライメイトシステムは、中国の自動車市場で最大のシェアを持つ上海汽車に対し、電気自動車用ヒートポンプの提供を本格的に開始した。
26Picks
マグネシウム合金を鋳造したクルマ用の車輪ホイール量産へ
ニュースイッチ
|
戸畑製作所(北九州市小倉南区、松本敏治社長)は、マグネシウム合金を鋳造した自動車用の車輪ホイールの量産に乗り出す。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などとの産学連携で車両メーカーの軽量化
186Picks
【直撃】「紅い日本電産」が、やってくる
NewsPicks編集部
|
「一度負けることくらいどうってことない」 日本電産が次の収益の柱と見込み、全精力をつぎ込む電気自動車(EV)の駆動用モーターシステム。だが、EV時代の「心臓部」だけあって、この領域に力を入れる企...
16Picks
「波は来てからでは遅い」(永守会長)-日本電産のEV待ち伏せ戦略
ニュースイッチ
|
日本電産が電気自動車(EV)をターゲットに車載事業の規模を大きく拡大する。100年に1度と言われる自動車業界の激変期。車の3要素「走る・曲がる・止まる」に関わるモーターなどの製品群をそろえる日本電産は、2025年をめどにEV用プラットフォーム(車台)事業へ参入し、同事業で30年度に約1兆円の売上高を目指す方針だ。強気に攻める背景には、車産業で聞こえ始めた“地殻変動の音”がある。 「マーケット...
44Picks
市川市、テスラ車を公用車に 環境重視でも「高額」懸念
朝日新聞デジタル
|
千葉県市川市は米電気自動車大手テスラのセダンとSUV(スポーツ用多目的車)の2台を市長、副市長の公用車として採用することを決めた。現在使用中の国産車と比べ割高だが、環境重視の姿勢をより明確に打ち出す…
27Picks
トヨタ、CATL・東芝などからも電動車用電池調達
Reuters
|
[東京 7日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は7日、電気自動車(EV)など電動車に使用する車載用電池を世界最大手の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)<300750.SZ>や比亜迪(BYD)<1211.HK><002594.SZ>、東芝<6502.T>、GSユアサ<6674.T>などからも調達することを明らかにした。
67Picks
日産、2020年に新型EV投入へ 四輪駆動のSUV
朝日新聞デジタル
|
日産自動車は、四輪駆動の電気自動車(EV)を、2020年に新たに投入する方針だ。駆動用モーターを前後に搭載する四輪駆動で、車高が高めで人気のSUV(スポーツ用多目的車)とする。日産は10年に世界初の…
11Picks
テスラ、SUV「モデルY」を加州で製造へ=CEO
Reuters
|
[2日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>のマスク最高経営責任者(CEO)は2日配信されたポッドキャストの番組「ライド・ザ・ライトニング」のインタビューで、スポーツ用多目的車(SUV)「モデルY」を米カリフォルニア州のフリーモント工場で製造すると述べた。
自動車用電装品 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
アメリカ合衆国