新着Pick
SPD14KORLLWIWT2T
多関節産業用ロボット
JPN

多関節産業用ロボット 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
生産用機械製造
>
多関節産業用ロボット
自動車用の溶接、塗装等で活用する多関節産業用ロボット(関節機構を駆動するアクチュエータ機能を持つ)を製造する企業群。関節を持たない電子部品自動装着装置等は本業界から除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
HMI用途やエッジデバイスに対応し、現場のDXを強化する産業用コンピュータ
MONOist
|
シュナイダーエレクトリックは、HMI用途やエッジデバイスに対応可能な産業用コンピュータ「PS6000」シリーズを発売した。Intel第8世代のCPUなどハイスペックな機能や性能を備え、製造現場のDX強化に貢献する。
3Picks
NVIDIA Jetson Nano搭載の産業用エッジAIコンピュータ、画像検査や予兆保全に
MONOist
|
コンテックは「NVIDIA Jetson Nano」を搭載した産業用エッジAIコンピュータ「DX-U1100」の受注を2021年2月1日より開始する。画像検査、予兆保全など現場でのAI推論処理を必要とする分野に適する。
10Picks
早大発ベンチャーが産業用ロボット向け3次元カメラを開発「高速高精度で安価」
MONOist
|
早稲田大学発ベンチャーの東京ロボティクスが産業用ロボット向けのセンサー事業に進出する。第1弾製品となる3次元カメラ「Torobo Eye」の「SL40」は、産業用ロボットの先端に取り付けられるサイズで、計測速度が業界最速クラスの10fps、奥行き計測のバラツキ誤差が±0.06mmの性能を実現。販売価格は100万~130万円を想定している。
12Picks
世界的なパワー半導体の需給逼迫、東芝や富士電機に商機
ニュースイッチ
|
最近の世界的な自動車減産の一因とされる電力制御用パワー半導体の需給が逼迫している。コロナ禍で落ち込んだ車生産の急回復を受けた欧州大手の供給不足に加えて、主要国での再生可能エネルギー投資拡大も需要を押し上げる。東芝や富士電機などは車電動化と脱炭素化で新たな商機も巡ってきそうだ。 パワー半導体は自動車や白物家電、ロボット、鉄道などの電力制御から、太陽光や風力発電の直流・交流変換まで幅広く使われる...
31Picks
高温ガス炉で水素製造、30年めどに技術開発/政府
電気新聞ウェブサイト
|
◆天然ガス価格並み目指す 政府は2050年カーボンニュートラルに向け、高温ガス炉を活用した水素製造の技術開発に注力する。今年、再稼働を見込む高温工学試験研究炉「HTTR」などを活用し、30年をめどに水素製造の技術開発を進める。「実質ゼロ」達成にはカーボンフリー水素が必要で、原子力技術を活用すれば大量、安価に供給できる可能性がある。発電、産業用の熱供給と併用することで、50年に天然ガス価格並み1ノ
22Picks
ロボットシェフ需要急騰、感染懸念と人材不足で加速する外食産業の調理ロボット導入
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
AI・ロボティクスの進化に伴い、ロボットが対応できるタスクの範囲は広がってきている。ただし、産業ごとに自動化できる範囲は異なる。 マッキンゼーは米労働統計局のデータなどを分析し、産業ごとにどれほど
16Picks
産業用センサー大手Teledyneが赤外線カメラのFLIRを約8300億円の現金と株式で買収へ
TechCrunch Japan
|
産業用センサー大手のTeledyneは、センサーメーカーのFLIRを株式と現金合わせて約80億ドル(約8300億円)での買収を予定しており、買収は年内に完了する見込みだ。Teledyneはプレスリリースで、FLIRの事業は既存の製品と競合するのではなく、補完的なものになると述べている。 FLIRのテクノロジーはiPhoneを含むモバイルデバイス向けに設計されたアドオンサーマルカメラを通じて、...
13Picks
協働ロボットで製造現場「再構築」へ、ファナックや安川電機の提案力
ニュースイッチ
|
協働ロボットが製造現場を「再構築」するカギになる。産業用ロボットは自動化や生産性向上を実現する最も有効な手段だが、コストやスペースの制約から、設備のレイアウトを大きく変える必要がある。そこで産ロボメーカーは人とともに作業が可能な協働ロボットを提案。既存設備を利用しながら人の代わりに活用できる。新型コロナウイルス感染対策の「3密」回避や省人化など、生産ラインも変化する環境への対応が求められる。...
24Picks
NVIDIAの中国のライバルHorizon Roboticsが約725億円の資金調達を目指す
TechCrunch Japan
|
先進的な欧米のチップに代わるものを提供しようと急ぐ中国の半導体メーカーであるHorizon Roboticsは、投資家から多額の資金を調達している。ロボットや自律走行車用のAIチップに特化し5年前に創業されたユニコーン企業である同社は米国時間12月22日、1億5000万ドル(約155億4000万円)の資金を確保したと発表した。 今回のラウンドは、Horizon Roboticsが求めている7...
22Picks
ハネウェル、生命科学ソフトウエア会社買収へ-全額現金13億ドル
Bloomberg
|
米複合企業ハネウェル・インターナショナルはライフサイエンスに特化した産業用ソフトウエア会社のスパルタシステムズを13億ドル(約1350億円)で取得することで、同社と合意した。ハネウェルのダリウス・アダムチック最高経営責任者(CEO)が2017年に就任して以降、最大規模の買収となる。
11Picks
トヨタなどがネオジム使用量5割減の磁石部材開発、中国依存リスク減らす
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車と大同特殊鋼、高効率モーター用磁性材料技術研究組合(MagHEM)は、ネオジムの使用量を従来比2割から5割減らせるネオジム磁石部材を開発した。車載用モーターに部材として供給できるようになり、次世代モーターの設計で使える。ネオジム磁石は最強の磁石で、自動車やロボットなどの大出力モーターに使われる。自動車の電動化が進むと、膨大な量のネオジムが必要なため、新磁石部材の希土類(レアアース...
32Picks
GEから学ぶメーカのサービス事業化を成功させるためのモノづくりの強化
note(ノート)
|
デジタルクロス様でのロボットコラムの6回目を書きました。今回のテーマは「ロボットのビジネスモデル」ということで、はやりのRaaS;Robot as a Serviceなど事例なども紹介しています。良ければ是非! IoTデータが変えるロボットのビジネスモデル【第6回】  ロボットは基本的には、モノを販売して終わる、いわゆる“売り切りビジネス”が主流だった。特に産業用ロボットなどは、主な顧客 d...
40Picks
竹中平蔵氏が提案のベーシックインカムが少子化対策になる理由
ニュースイッチ
|
先ごろ竹中平蔵氏が「国民全員に毎月7万円支給」というベーシック・インカム論を紹介したところ、SNS上で広がり炎上したというニュースが話題になった。まあ、制度化するとなればいろいろ問題はあるのだろうが、ぼくは近い将来かなり現実味のある話だと思っている。 ユヴァル・ノア・ハラリが言うように、AIや産業用ロボットによって人類の大半は無用階級(Useless Class)になる。それ以前にコロナ禍に...
69Picks
中国農業用ドローン「XAG」が業界最高額の190億円を調達、ソフトバンク・ビジョン・ファンド2号出資
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
農業用ドローン開発大手「XAG(極飛科技)」は、新たに12億元(約190億円)を調達したことを明らかにした。出資を主導したのは「百度資本(Baidu Capital)」とソフトバンク・ビジョン・ファンド2で、ほかに「創新工場(Sinovation Ventures)」「越秀産業基金(Yuexiu Industry In
26Picks
産業用ロボット市場、再び成長軌道に 2021年見通し
フロンティア・マネジメント
|
米中貿易摩擦、新型コロナウィルスの影響によって、成長を続けてきた産業用ロボット市場にも逆風が吹いている。新型コロナウィルスの感染者が欧米で再拡大していることで、ロボット市場にも不透明感がでてきて...
14Picks
デジタル時代の製造業、勝ち筋は80%をつかみ取る「人中心」の考え
MONOist
|
「ロボット新戦略」に基づき「ロボット革命」を推進するために民間主導で設立された組織的プラットフォーム「ロボット革命・産業IoTイニシアティブ(RRI)」は2020年10月27日、国際シンポジウム「製造ビジネス変革 日本の道」を経済産業省の共催で開催した。本稿では、その中で「日本の製造業の生きる道」をテーマとしたパネルディスカッションの内容を紹介する。
17Picks
LG化学が米アマゾンの物流自動化ロボット用バッテリー供給へ
ROBOTEER(ロボティア)
|
LG化学が米アマゾンに、物流自動化ロボット用のバッテリーを供給することが決まったと報じられた。供給が開始されるのは2023年から。製品は電気自動車メーカー・テスラにも供給されている円筒形電池だという。
14Picks
コロナ禍で再認識された3Dプリンタの価値、製造業の成長とイノベーション創出に欠かせない存在に
MONOist
|
HPは、グローバルイベント「HP INNOVATION SUMMIT 2020 ASIA」をオンライン開催した。同イベントでは、HPが行ったデジタルマニュファクチャリング/産業用3Dプリンティングに関する調査レポート「HP Digital Manufacturing Trend Report」の内容に触れつつ、3Dプリンタをはじめとするデジタルマニュファクチャリング技術を活用するパートナー企...
75Picks
ロボットの台頭が本格化、「ロボット密度」の高い国はどこか
Forbes JAPAN
|
マシンの台頭はすでに本格化している。国際ロボット連盟(IFR)が2020年9月24日に公表した最新データによると、2019年に全世界の工場で稼働していた産業用ロボットは270万台で、史上最多となった。2019年の世界全体のロボット出荷台数は・・・
(14件の記事)
17Picks
京セラが「協働ロボット事業」参入、売上高300億円へ
ニュースイッチ
|
京セラは協働ロボット事業に参入する。独自の人工知能(AI)活用技術を使い、プログラミング作業を大幅に削減した協働ロボットシステムを開発した。2021年1月の発売を目指す。 同じ製造ラインで少量多品種を生産する食品や化粧品、医療品メーカーなどでの活用を想定。今後協働ロボアームメーカーや3Dカメラメーカーなどと協力し、サービスを構築する。5年間で協働ロボ事業の売上高を年300億円に育てる方針。 ...
多関節産業用ロボット 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
インドネシア