新着Pick
SPD14KORLLWIWT2T
多関節産業用ロボット
JPN

多関節産業用ロボット 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
生産用機械製造
>
多関節産業用ロボット
自動車用の溶接、塗装等で活用する多関節産業用ロボット(関節機構を駆動するアクチュエータ機能を持つ)を製造する企業群。関節を持たない電子部品自動装着装置等は本業界から除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
<独自>多機能イージス艦新造へ 代替案 地上用レーダー搭載 防衛大綱小幅改定
産経ニュース
|
政府が配備を断念した地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア(地上イージス)」の代替策について、新たにイージス艦を建造する方針を固めたことが28日、分かった。防衛省は地上イージスのレーダー「SPY7」を搭載する方向で調整を進めている。政府はこれまで弾道ミサイル防衛(BMD)に特化した専用艦も選択肢としていたが、複雑化した脅威に対処するため、多機能のイージス艦が必要と判断した。
4Picks
スタンフォード大が開発のロボットアームは2種類のAIがコントロールを直感的に!
マッシュメディア
|
スタンフォード大学の研究チームは、直感的で高速なロボットアームの制御技術を開発した。従来、多関節のロボットアームを制御するのはむつかしく、時間もかかる。 研究チームによるアプローチでは、ジョイスティックでの操作を単
2Picks
災害対策ドローンが続々導入! 防衛省が所有台数を増やすワケ
ニュースイッチ
|
防衛省は2021年度に、災害用飛行ロボット(ドローン)を計25機、導入する。現在の災害用ドローン所有数は404機。20年度末までに40機を追加導入する予定で、21年度にさらに25機増やし、合計469機体制とする。全国の都道府県すべてと陸上自衛隊の各師団に行き渡るようにし、それぞれ複数機の運用体制を整える。ヘリコプターや航空機より機動性の高いドローンを多数そろえて、台風や豪雨、地震などの災害へ...
12Picks
コロナ禍で再認識された3Dプリンタの価値、製造業の成長とイノベーション創出に欠かせない存在に
MONOist
|
HPは、グローバルイベント「HP INNOVATION SUMMIT 2020 ASIA」をオンライン開催した。同イベントでは、HPが行ったデジタルマニュファクチャリング/産業用3Dプリンティングに関する調査レポート「HP Digital Manufacturing Trend Report」の内容に触れつつ、3Dプリンタをはじめとするデジタルマニュファクチャリング技術を活用するパートナー企...
15Picks
京セラが「協働ロボット事業」参入、売上高300億円へ
ニュースイッチ
|
京セラは協働ロボット事業に参入する。独自の人工知能(AI)活用技術を使い、プログラミング作業を大幅に削減した協働ロボットシステムを開発した。2021年1月の発売を目指す。 同じ製造ラインで少量多品種を生産する食品や化粧品、医療品メーカーなどでの活用を想定。今後協働ロボアームメーカーや3Dカメラメーカーなどと協力し、サービスを構築する。5年間で協働ロボ事業の売上高を年300億円に育てる方針。 ...
12Picks
高出力な全固体電池の実用化へ!大阪技術研が厚さ10分の1の固体電解質シート
ニュースイッチ
|
大阪産業技術研究所(ORIST)は、厚みが30マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以下と薄膜ながら強度を備えた自立型のリチウムイオン電池用固体電解質シートを開発した。量産技術もめどをつけた。従来の固体電解質に比べ厚みが10分の1以下で、電気抵抗が小さいのが特徴。電極とともに積み重ねられ、大容量、高出力の全固体電池の実用化へ応用が期待される。 全固体電池は電気自動車(EV)やIoT(モ...
10Picks
産業用IoTゲートウェイが工場セキュリティの穴に、トレンドマイクロが警鐘
MONOist
|
セキュリティベンダーのトレンドマイクロは2020年10月13日、スマート化された産業制御システムのサイバーセキュリティリスクを明らかにするために行った実証実験の結果について、メディア向けオンラインセミナーで発表。産業用IoTゲートウェイがセキュリティ対策の盲点となっている状況があることを紹介した。
75Picks
ロボットの台頭が本格化、「ロボット密度」の高い国はどこか
Forbes JAPAN
|
マシンの台頭はすでに本格化している。国際ロボット連盟(IFR)が2020年9月24日に公表した最新データによると、2019年に全世界の工場で稼働していた産業用ロボットは270万台で、史上最多となった。2019年の世界全体のロボット出荷台数は・・・
(14件の記事)
13Picks
船舶や鉄道などの移動体向け純水素燃料電池モジュール開発を加速:時事ドットコム
時事ドットコム
|
[東芝エネルギーシステムズ株式会社]-NEDO事業を受託し、大型モビリティに向けた高出力燃料電池モジュールを開発-東芝エネルギーシステムズ株式会社は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「燃料電池等利用の飛躍的拡大に向けた共通課題解決型産学官連携研究開発事業」の1テーマとして「大型モビリティに適応する多用途型燃料電池モジュールの研究開発」を受託しました。委託期間は...
20Picks
「宇宙向け汎用ロボット」は、もはや“夢”ではない:国際宇宙ステーションでの実証実験に挑むGITAIが見据える未来
WIRED.jp
|
日本発の宇宙ロボットスタートアップのGITAIが、2021年に国際宇宙ステーション(ISS)で汎⽤ロボットの技術実証実験を実施する。世界が夢見てきた「宇宙向け汎用ロボット」の実現に向けた大きな一歩となる今回の実験。そこにはどんなハードルがあり、いかに乗り越えようとしているのか。そして、次のステップは──。実験の先にGITAIが見据えるロボットの未来について、最高経営責任者(CEO)の中ノ瀬翔...
28Picks
ロールスロイス、新たな資金調達計画を発表-最大50億ポンド目指す
Bloomberg
|
航空機用エンジンメーカーの英ロールスロイス・ホールディングスは、新規に最大50億ポンド(約6800億円)を調達する計画を明らかにした。航空産業は新型コロナウイルス感染拡大の影響で歴史的な打撃を受けており、ロールスロイスは資金調達で生き残りをかける。
14Picks
駅の立ち食いそばはロボットが茹でる!月11万円でレンタルへ
ニュースイッチ
|
コネクテッドロボティクス(東京都小金井市、沢登哲也社長、03・4520・5786)は、外食店向けそばゆでロボット(写真)のレンタル価格を月11万円(消費税抜き)に設定した。そばを作る時間も大幅に短縮し、1食当たり従来2分50秒だったのを1分10秒にした。 外食産業はコロナ禍による来客減少と、ソーシャル・ディスタンスの客席削減で厳しい環境にある。アルバイト店員のほぼ半額の賃金と感染防止を武器に...
19Picks
NvidiaのArm買収戦略を見ても、インテルが「勝てる」と考える理由。エッジAI市場を制するカギは?
Business Insider Japan
|
・クラウド上ではなく、末端のデバイス上で先進的な人工知能(AI)を動かす「エッジコンピューティング」は、自動運転車から産業用ロボットまで、ここ最近の大きなテクノロジーの進化の根幹をなすものだ。 ・インテルはエッジコンピューティング市場が2024年までに650億ドル(約6兆8000億円)規模に成長する...
10Picks
日立がエリクソンと共同で5Gの産業活用へ、ロボットの遠隔操作をエッジAIで支援
MONOist
|
日立製作所の米国法人である日立アメリカ社は、エリクソンの協力を得て、同社研究開発部門の一部であるシリコンバレーリサーチセンター内に専用5Gネットワークを構築したと発表した。
17Picks
ヘルスケア業界で導入されるVR5つの事例 by ReadableTech編集部
BizLeap
|
バーチャルリアリティは世界中のあらゆる産業に変化をもたらしていますが、中でも医療分野は手術計画、恐怖症治療、痛みの緩和、ロボット手術、スキルトレーニングなどを含むVRを最も多く採用している分野の一つです。 VRは医療従事者が安全な環...
25Picks
コロナ禍で変わる食品産業、キユーピーが「フレッシュストック」で目指す成長
ニュースイッチ
|
キユーピーは業務用の商品や技術を家庭向けに活用する取り組みを加速する。新型コロナウイルス感染拡大で外食産業が厳しい環境に置かれ、業務用の収益が低迷。こうした中、業務用の製品開発などで培った技術を家庭用に応用することで、収益性を高める。業務用が売上高の99・5%を占めるタマゴ事業では、利益率の高い加工品や家庭用商品を強化し、売上高営業利益率を現状の約7・5%から10%に引き上げることを目指して...
&産業春秋/大坂なおみの成長
日刊工業新聞 電子版
|
12Picks
GITAI、宇宙用ロボットアームの実証実験をISSで実施へ 2021年度を計画
sorae
|
宇宙ロボットスタートアップGITAIと米国民間宇宙企業Nanoracks社は共同で、2021年度に国際宇宙ステーション(ISS)のBishopエアロック船内にてGITAIロボットによる汎用作業遂行技術実証を行うことを発表
15Picks
村田機械が3Dロボット倉庫システムを量産へ
ニュースイッチ
|
村田機械は3Dロボット倉庫システムの量産体制を犬山事業所(愛知県犬山市)で整える。既存建屋を用い、年内にシステム中核を担うロボット台車「BOT」の少量生産を開始。2021年度内に月産400台規模の体制を構築する。同システムは多品種少量の物流作業の自動化ニーズに対応する。無人搬送車(AGV)で商品棚を運ぶ物流手法と比べ、空間使用効率、ピッキング効率、省人化で優れている。 3Dロボット倉庫システ...
86Picks
イヌ型ロボット「Spot」によく似た、手のひらサイズSTEM教育ロボット「Bittle」
CNET Japan
|
お手頃価格で入手できる、Spot風の小型4足歩行ロボット「Petoi Bittle」を紹介しよう。4本足で巧みに段差を乗り越えたり、ひっくり返っても自力で起き上がれたりするなど、Spotを彷彿とさせる。プログラミングすることで、さまざまな動作が実行可能。基板やボディはパズルのように組み立てられて、STEM教育用の教材としても使えるだろう。
多関節産業用ロボット 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
インドネシア